花粉症予防法

花粉症にはフローリング

花粉症の人は、家の床をフローリングにすると良いと言われています。ここでは、なぜ花粉症にはフローリングが良いのか、ということを見ていきましょう。
花粉症の症状が出るのは、花粉を吸い込んだ時です。身体の中にある免疫系という仕組みが作り出した抗体が、花粉に反応して、花粉を除去しようとするため、花粉症の症状である涙やくしゃみ、鼻水や咳が出ます。つまり、花粉症の最も効果的な予防法は、花粉を吸わないことなのです。
花粉は国内の地域によっても異なりますが、だいたい初春から初秋までの間に飛びます。花粉症の人がこの時期外出すると、途端に花粉症の症状に悩まされることになります。そして、花粉は、髪の毛や衣服に付いて、家の中にも入り込みます。ただし、家の中は外のように風が吹いているわけではないので、花粉は床に溜まることになります。
そこで、フローリングと絨毯の差が出てきます。花粉が床に落ちた後、絨毯などがあるとそこに絡まり、掃除機をかけてもなかなかきれいにはできなくなってしまいます。一方のフローリングなら、絡まるものがないので、花粉は拭き取ることできれいになります。
もし家の中にいても花粉症の症状がひどいという場合には、床のリフォームや、絨毯の撤去などをして症状が改善するかどうか試してみてください。

花粉症対策とヨガ

花粉症対策として注目を集めているものの一つにヨガがあります。

ヨガは近年健康やダイエットを目的として女性を中心にブームを巻き起こしました。

ヨガは体のゆがみを正し、肩こりや疲労をとるとともに、精神的にリラックスする効果があります。
心に安らぎを与えることにより免疫バランスを整えます。
免疫バランスは花粉症の症状と密接に関わっており、実際にヨガを始めたことで花粉症の症状が大きく改善されたという人が少なくありません。

ヨガにはさまざまなポーズがあり、ホットヨガやパワーヨガなど種類もいくつかあります。
ヨガで重要となるのが「呼吸」で、ヨガのポーズをする時の基本となる呼吸は、鼻から吸って口から吐き出す「腹式呼吸」です。
体の中にたまっている悪いものを吐き出し、きれいな空気を吸い込むという考え方は、さまざまな病気に有効な呼吸法「鼻呼吸」に通じるものがあります。
運動不足解消にもなり、自宅やスタジオなど花粉が飛んでいない場所でできるメリットもあります。

ヨガには「ジャラ・ネーティ」という鼻の浄化方法があります。
これは日本の「鼻うがい」と似ているもので、食塩水によって鼻の中を洗浄する方法です。
日本で「鼻うがい」は鼻の粘膜保護の面から賛否が分かれていますが、ヨガで行われる「ジャラ・ネーティ」は歴史も長く、継続的に行うことで鼻の粘膜を丈夫にし、花粉やホコリなどのアレルギー物質へ反応を抑えると言われます。
最初は苦しく感じられる方法を、日頃から練習することで免疫力そのものを高めていくことが大事だと考えられています。

この「ジャラ・ネーティ」を花粉症対策として取り入れる時にはヨガの指導者、耳鼻科医師などの指導を受けてから行うことが望まれます。


目のかゆみ・目の充血

花粉症の目の不快な症状は季節性のアレルギー性結膜炎ともいわれ、スギやヒノキなど季節限定のものが抗原となっておこるアレルギー症状です。

花粉症の目の症状はかゆみとともに目やにや涙が出て、ひどくなると痛みをともなうこともあり、また目・鼻の症状とともに頭痛や肌のかゆみなども併せて起こることがあります。

目の花粉症を防ぐ対策は花粉が目に入らないよう、また入っても貯蓄しないように気をつけることが重要です。
そのためには外出時にサングラスや花粉対策眼鏡などを着用することが効果的です。

人工涙液を点眼し、目に入り込んだ花粉を洗い流すことも一つの方法です。

そして花粉が多く飛ぶ日には窓を閉め、外出は控えるようにします。

室内に入ってしまった花粉はこまめに掃除をすることで貯めないようにします。

また花粉の飛散時期の前から予防的に抗アレルギー剤を点眼する予防点眼も症状を軽減する効果があります。

コンタクトレンズ使用者やドライアイ、アトピー性皮膚炎を持つ人は、特に症状が重くなる可能性が高いので十分な注意が必要です。

花粉症を根本的に治すには、今のところ原因物質をなくすか、本人の体質を変えるしかありません。
しかし原因物質である花粉を発生する木をすべて伐採することも、急激に体質を変えることも現実には不可能です。
したがって、花粉症と上手くつきあっていくこと得策といえます。

目の花粉症は失明に至るような重大な疾患ではありませんが、その症状は日常生活に支障をきたすほど不快になることもあります。
症状についてよく理解し、日常注意することを守りながら上手く付き合っていきたいものです。





外出時の花粉症対策

花粉症になってしまうと、花粉が飛び散っている時期に外出することほど苦痛な事はないと思います。出来れば家で引きこもっていたいですよね。そうすれば花粉に悩まされることも無く快適に生活が出来ると思います。

しかし、花粉の時期に一歩も外に出ないということはできませんよね。外出するときには花粉に対する対策をしてから出かけるようにすれば症状は最小限で済むかもしれません。

対策として大切なものはマスクです。それも普通のマスクではなくて花粉症用の鼻と肌の隙間がなくてぴったり密着するようなマスクがいいと思います。

マスクの他に対策用としてのグッズはメガネです。普通のメガネだと隙間から花粉が入ってきてしまうのであまり意味が無いので、ゴーグルみたいな隙間が無いようなメガネにすればいいと思います。

また、花粉と言うのは色々なところに付着します。洋服や髪の毛なども例外ではありません。洋服はニットなどを着ていると毛糸の隙間と隙間に花粉がくっついてしまいます家に入るときにいくら払っても払いきれるものではありません。できれば、ナイロン地の洋服などツルツルしたものを着るようにすればいいと思います。

髪の毛もかなり花粉がついてしまうと思いますので、出来れば帽子をかぶるなどの対策をするのがいいと思います。

以上のような状況をすべて実行した場合、見た目ちょっと怪しい人になりますよね。見た目重視するか症状軽減を重視するかその時々で判断すればいいとは思いますが、花粉症の対策をするということは結構大変なことなんだと言う認識を持っているようにしましょう。



花粉症にかかりやすい人

同じ環境の中にいても花粉症にかかりやすい人、かかりにくい人がいます。ではどうしてこういう違いが出てくるのでしょうか?

本人の体質にもよると思いますが、アレルギー性の皮膚炎やぜんそくなどを起こしたことがある人は身体にアレルギー反応が出やすい体質であると思われます。ですから、花粉症のようなアレルギー反応も起こしやすいのではないかと思います。

またアレルギー体質というのは遺伝するケースも多いみたいで、家族の中にアレルギーをもっているひとがいる場合は、子供にもアレルギーの体質が遺伝するという場合も多いようです。

花粉症に限らずアレルギー症状に悩んでいる人は人口の15%ほどいるのではないかとされています。人数で出してみたら日本だけで1500万〜1800万人はアレルギー症状がある人って考えるとすごい数ですよね。

花粉症になる確率というのは年代とか地域によっても違うとされています。
年代から見てみると、30代以下の人に花粉症の人というのが多く見られていて、加齢になるにつれて抗体が少なくなるからか花粉症になる人が少なくなってくるようです。

また、地域による差ですが田舎より都市の方に花粉症になる人が多いという結果が出ています。これは田舎では花粉がまっても土に還ってしまうのでいいのですが、都市はアスファルトやコンクリートなど還る場所がないので、空気中にまってしまうために花粉症にかかってしまう可能性が高くなるということなのです。




花粉症と体質改善

同じように花粉を吸っていても花粉症になる人もいれば、ならない人もいます。
これは体質の違いによるもので、体質を改善することは重要な花粉症対策の一つです。
体質改善には日常の生活習慣を見直す必要があります。

食生活では肉類や乳製品を控え、魚や野菜、穀類を多くとるように心掛けます。
高たんぱく高カロリーの欧米型の食事ではなく、昔ながらの和食は体質改善に最適です。

そして十分な睡眠をとり規則正しい生活をすることも大切なことです。
不規則な生活や睡眠不足は自律神経の失調をおこし体力も低下します。
体力の低下は花粉症の症状を悪化させてしまいます。

また喫煙は花粉症の大敵であるため辞めたいものです。
タバコを吸う事は大気汚染の中に身をおいているようなもので花粉症の症状を悪化させてしまいます。

飲酒は一般的にはアレルギーを悪化させるものですが、赤ワインや日本酒を適当量飲むことは身体をあたためる効果があり、花粉症の症状緩和に効果的です。
ただしビールは身体を冷やし症状を悪化させる可能性があります。

また適度に運動することも大切です。
水泳、乾布摩擦、日光浴など適度な運動を継続的に行うことで体力もつき、ストレス解消にもなります。

体質の改善には漢方薬を利用する方法もあります。
様々な種類があるため、自分の症状や体質を専門医と相談の上薬の種類を決めます。

花粉症と生活習慣は密接に関わっています。
常日頃からよい生活習慣を心掛けて過ごすことが花粉症に負けない体質をつくるのです。




花粉症と空気清浄機

花粉症の季節にはどんなに部屋を閉め切っても、人の出入りなどで花粉が侵入してしまいます。
部屋の中に入ってしまった花粉を取り除くためには空気清浄機を利用するのもよい方法です。

空気清浄機とは空気中の目に見えない粒子や臭いを除去するための空調家電製品です。

かつてはタバコの臭いやペットの臭いを取り除くためのものでしたが、最近では花粉症やアレルギーの増加によって一般家庭での利用が拡がってきました。

花粉症対策として空気清浄機を選ぶときにはフィルターつきであることが重要です。
花粉の大きさより細かい目のフィルターである必要があります。

そして適応面積が広いものほど部屋の空気を循環させて多くの花粉を吸収します。
自分の部屋の2倍から3倍のものを選ぶとより効果的です。

また空気清浄機を最大限に生かすためには設置する場所も重要です。
置き場所によってはその効果が発揮されないことがよくあります。

そこで特に注意したいのは「高さ」です。
主に花粉を吸収させたい場合には床に近いところに置きます。
花粉は空中で舞い上がった後、床に落ちていくためです。

反対にタバコの煙や臭いを吸収させたいときには少し高い位置に置きます。
これはタバコの煙や臭いが上へ行く特性があるためです。

そして吸い込み口と噴出口にはモノを置かないことが基本です。
人に気流が直接当たらず、運転音が気にならない位置、またエアコンの気流が直接当たらない位置であることも大切です。

空気清浄機は窓を開けられない花粉症の季節にはとても便利なものです。
上手に活用して十分な効果をあげたいものです。




花粉症とアロマセラピー

アロマセラピーが花粉症に効果があるって知っていますか?アロマの香りやマッサージオイルだけで花粉症に効果があるなんて、なんか気休めっぽい感じがしますよね。日本ではあまり知られてはいませんが、海外の方ではメディカルアロマという感じで医学的にアロマが使用されているのです。そこで、「ネトル」というハーブがアレルギー性の症状を緩和させてくれるものとして、昔から愛用されているものなのです。

アロマのエッセンシャルオイルで花粉症に効果があるものとして一番有名なのはティートリーというオイルです。花粉症や風邪のときののどの消毒作用など、殺菌効果があるものとして知られています。

また、花粉症対策としては甜茶を飲む人が増えています。その上にシソの中にもアレルギーを抑えてくれる成分が含まれているようです。ですから、シソのサプリメントなどが人気です。

下記に花粉症の症状緩和に効果があるオイルをご紹介したいと思います。

【ユーカリ】
抗菌性が強くて、鼻とかの粘膜の炎症を抑えてくれる効果があります。ユーカリには1.8シネオールという炎症を抑えてくれる成分が多く含まれています。ユーカリは感染症の治療に使われていたという話もあるように、現在ではのど飴や軟膏などの医薬品にも含まれているようです。

【ティートリー】
強い殺菌効果があり、免疫力を刺激してくれる作用が期待できるために花粉症の対策にもなると思います。香りはすっきりしているために使いやすいですが、苦手な人もいると思いますので試してみてから使ってみることをお勧めします。





copyright © 2008 花粉症の予防対策 all rights reserved.