ニートの履歴書

河井無太郎

プロレスラーや格闘家って早死にだと思う。
健康を度外視して強い体を作る為に、内臓に負担をかける大量の食事や、トレーニングを何年も続けている。馬場も猪木も糖尿だし、膝や腰などを壊しているレスラーは数え切れない。

去年に極真の黒澤浩樹54歳で亡くなったが、いくら鍛えているとはいえ、あれだけの至近距離で素手で殴り合うフルコン空手をしていたら相当な内臓へのダメージがあったはずだ。プロレスラーや格闘家でで内臓疾患が多いのは、内臓への物理的なダメージも関係しているのかねと思ってしまう。

かねがね格闘家やプロレスラーほど不健康で怪我の多い職業はないと思っている。他のスポーツと違って体に受けるダメージが違いすぎる。いくら体に気を使ったところで、それ以上のダメージを日々体に受けているわけだから、長生き出来ないものだと思いながらやっている人は多いだろう。

2009年に試合中にバックドロップを受けて亡くなった三沢光晴は、首が相当悪い状態で痛くて重い物が持てずトレーニングが全然出来なかったらしい。よく晩年は「体がプヨプヨで練習してない」とか揶揄されていたが、そこまで首の状態が悪かった。それでバックドロップを受けたわけだから首が保つわけがない。三沢と同じくらい激しいプロレスをしていた全日本プロレスの四天王達は全員引退してしまった。小橋と田上は癌になり、元気なのは途中で休養に入った居酒屋ラーメン屋の川田くらいかね。それにしてもプロレスラー格闘家の癌は多いよ。40過ぎたくらいで皆んな身体を壊し始める。主な原因は大量の食事と試合も含めたトレーニングのし過ぎだと思うけどね。それでもやり続けるのは、昔ランデルマンがミルコに勝った後に言っていたが「本当は怖えーよ、ミルコなんかと戦いたくない。でもお前らの為に戦ってるんだよ!」この言葉に集約されていると思う。そんなランデルマンも若くして亡くなってしまった。

この前に、試合中のアクシデントで頸髄損傷して首から下がマヒしてしまった高山善廣をテレビでやっていたのを見た。カメラが回っている時は元気そうにしていたが、普段はどんな状態でいるのだろうと思ってしまう。ジャンボ鶴田がB型肝炎で入院していた時に、誰かがお見舞いに来ると、いつもの明るいジャンボ鶴田でいたらしいが、1人でいる時は「なんで俺だけこんな目に合わないといけないんだ」と言い絶望していたという。中学の時にジャンボ鶴田の講演会へ行き本人の口から直接聞いたが、もうプロレスが出来ないというのを医者に言われ現実を受け入れられず「俺は今すぐあんたにバックドロップ食らわせて倒す事だって出来るんだぞ」とジャンボ鶴田の温和な印象からは想像も出来ないほど荒れしまっていた。
アンディー・フグも急性骨髄性白血病になった際にファンへ向けて「病気になって再びリングに戻ってきます。押忍。」という如何にも鉄人らしい言葉を残していたが、証言によると病室では「死にたくない」と言い、ずっと泣きじゃくっていたらしい。高山はどうしているんだろうね。



 にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

さくらももこが死んだと聞いて凄いショックを受けた。
こんなのもショックを受けるものなのかと驚いてるよ。 まさか西城秀樹と共に平成最後の年に亡くなるとはね。平成の終わりを感じるよ。

確かまだ母親もヒロシも生きていたと思う。友蔵や祖母のメガネも長生きだから長寿家系のはずだったんだけどな。

近年はさくらももこのエッセイは読んでいなかったんだよね。途中から息子と豪遊した話ばかりで面白くなかったから。 初期の頃は飲尿健康法を試した話しだとか、ぶっ飛んだエピソードが面白かった。姉貴が21歳の時にお見合いを強要させれて大暴れしたエピソードとか家族の事をネタにしまくっていた。本人も含めて酷いエピソードが多すぎた気がする。

しかしエッセイ読む限り不摂生してた感じはするんだよね。夕方に起きて寝起きにビール飲んだりしてたみたいだし、生活は不規則だったんだろう。それでも当時旦那だった集英社の社員の年収の何十倍も稼いでいたからタチが悪い。

殆どの人はさくらももこの素顔は知らないと思う。昔にオールナイトニッポンのパーソナリティをやっていた時期があって、 声がアニメのまる子の声優のTARKOに似ていて驚いた記憶がある。噂によるとオーディションで自分に似た声の人を選んだらしい。

ラジオから流れる一人称が「あたしゃ」だったのを聴いて、あの漫画はまんま自分の事を書いていたんだなと知った。

本来ならばクレヨンしんちゃんと同様に、子供に悪影響を与えるような歪んだ性質がある漫画だったけれど、いつの間にかに両方とも国民的アニメになってしまった。藤木への対応とか普通にイジメとも思えるし、藤木も藤木で不幸の手紙のエピソードは本当に卑怯でイジメられても仕方ないと思った。

さくらももこは、ミドリちゃんみたいな気持ち悪いタイプの子供とかも容赦無く描いていたからな。実際に小学生の頃にあんな感じなのがいたし、小学生のリアルを思い出させられるよ。ダイの大冒険で100年に一回くらいしか話さないミストバーンってキャラがいて、小学生の時に全然喋らない奴にミストバーンってあだ名つけられたりしていた。その辺の小学生のエグい部分も露骨に描いていたのも人気なった理由なんだろうな。

 にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

先週プロレスを観に行ったのに書かんかった。
書こうと思えばかけたけれども念頭になくなってしまっていた。ブログはセミリタイア状態なので気軽に更新して行くことにしたよ。

でも久々のプロレス観戦で楽しめましたよ。
試合開始前にプロレス行進曲が流れて、昔深夜にやっていた全日本プロレス中継を思い出したよ。もし全日本の選手大量離脱がなかったらまだ続いてたのかね。それとも結局はノアと一緒でリーマンショックの煽りで打ち切られていたのだろうか。


第1試合はベテラン有名選手による8人ダッグマッチでスタート。
旧全日本は渕と秋山と大森(元ノーフィアー)しかいないんだよね。
1番年長の渕が1番頑張っていましたよ。渕のオリジナル技の低空ドロップキックを連発していた。

全試合見てみて、比較的王道スタイルは残したままでいたので良かった。でも旧全日本とは別物なんだよね。

年内にはもう一回くらいプロレス見に行こうと思うよ。
11月に仙台ガールズが後楽園に来るので、それにしようかね。

 にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

デブメガネさんと会って来た。
仕事辞めて家にいて退屈だから毎日ストロングゼロ飲んでると言ってた。水道橋博士も運転免許の件で、謹慎中にする事なくて昼間から酒飲んでたというけれど、そうなってしまうのかね。デブメガネさんは元々酒を飲まない人で、付き合い長いけど今までに一回も一緒に酒飲んだことないくらいなのに。

ダイエットしていたけれど中断して普通に食ってしまってるらしい。家にずっといて親の介護やりながら禁欲生活までしていたら精神的にもたないだろね。



プロレス参加は締め切りました。


 にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

今週の土曜日にプロレスを観に行くよ。
三沢が死んで以来、プロレス会場へは足を運んでいないから、10年振りくらいになるのかね。最後に行ったのはhigeと2人で観に行ったノアだったと思う。廊下に永源が突っ立てたので握手を求めたら、もう引退しているからと断れた思い出がある。

プロレス会場では全試合が終わった後にグッズ売り場で選手が売ってたりするんだよ。昔の全日とかでは、後ろでジャイアント馬場がパイプ椅子に座っているという光景が普通に見られた。

もし行きたいという人がいたら早めに連絡下さい。既に3人行く人は決まっています。

8月18日
場所 後楽園ホール 
主催 全日本プロレス 18:30分開始
B席4000円

メール  kawai29saineetblogcomic@yahoo.co.jp
カカオトーク  ID  kawaimutarou


 にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

続きを読む

このページのトップヘ