ニートの履歴書

河井無太郎

昨日は深夜徘徊の第2弾に行ってきましたよ。
image
夜の9時に渋谷からスタートしたわけだけど、平日といえ都心だとこの時間帯はまだまだ人がたくさんいますね。中学の頃はよく渋谷のまんだらけとアニメイトに来ていたけれど、用事もないので最近はめっきり行かなくなってしまった。それでも時折は、渋谷HMVのJ-WEVEグルーブラインの公開生放送スタジオを見学しに行っていたけど、スタジオは六本木ヒルズに移ってからは全くと言っていいほど行かない。

昔は治安が悪かったのに今では浄化されて普通の街になってしまったね。その頃に渋谷の街を深夜徘徊とかしたら危なかったかもね。

image
ここに中坊の頃にアニメイトがあったんだよな。今では学習塾が入っているみたいで、今ではまんだらけとかがある方へ移転してしまった。渋谷って街並みは変わらないけど店の入れ替わりは激しくて、少し行かなくなるだけでわからなくなるね。

image
渋谷は繁華街のイメージが強いけど少し外れると、高低差の激しい場所なのに住宅街がこうしてひしめいているんだよ。今は絶縁のHigeも10年近くボロクソに住みながら渋谷区民をしていたんだよな。家の鍵が南京錠という志村けんのコントみたいな所によく住んでいたよ。いくらボロクソでも歩いて数分で渋谷の繁華街に出られるのは魅力的だったんだろう。

image
中心部を外れると車が通るくらいで人は全然歩いていないね。昨日は凄く暑くて夏と変わらなかったよ。1時間くらい歩い頃には汗が凄くて、常時飲みのをガブ飲みしながら歩いていたね。今まで意識していなかったけど街中って割と公園が多くてね、トイレに行きたくなる頃に都合よく公園があるんだよ。暑かったし酒飲みなながらでも良かったかもしれんよ。
image
夜の公園の薄暗さが気持ちを落ち着かせてくれるよ。夜の雰囲気と暑さと微妙な疲労感が、ダルさを消して頭がクリアにしてくれる。

公園って探すと必ず一匹くらい猫がいるんだよ。この公園にも猫がいたんだけど、写真を撮ろうとして近付くとすぐに逃げられて中々撮らしてくれない。でも街中では何枚か撮れましたよ。
image

image

これ以上近付くと逃げますね。それでもこの猫は近付けた方で、他の猫は10m以上離れていてもすぐに逃げられてしまう。二枚目の写真なんて黒猫だからシルエットしか見えないよ。

そろそろ終点も近くなって来て、ここからが深夜徘徊の本当にスタートと言える。 
image
こういったアーケードの場所も防犯の為か、営業が終了した深夜でも煌々と明かりが点いているんだよね。確かにこの方が安全な気はするよ。住宅街歩いていても街灯が明るくてそんなに暗くないんだよ。

そんな中でこんな街灯があったよ。
image
何でアニメ調の巫女が街灯になってんだよ。こういうのは一体誰が考案したんだろうね。割と新しい感じだったので最近採用されたとは思うのだけど、秋葉原とかでも何でもない普通の通りであるわけだから、これが時代なのかね。
image
言っとくけどこれ一個だけじゃなくて、この道ずっと巫女の街灯が続いているんだよ。この時は深夜2時頃だったけど、めちゃくちゃ明るいし危険な雰囲気ゼロだし、これは防犯になるよ。
この通りの良さは昼間ではなく深夜に魅力を発揮する。たぶん昼間に来たら街灯が巫女である事に気が付きもしなかったろうな。
image
ただ捨ててあるだけでなくて、こういう面白を添えて捨ててあるのが何とも言えないよね。一応、建前として捨ててあるのではなく、誰かにあげる為に置いてあるって事なんだろうけど、誰がやったか知らないけれれど普通に不法投棄なんだよな。


朝焼けを見ようと思っていたので漠然と海の方へ向かって歩いていたら、いつの間にかに羽田空港まで来てしまっていたよ。
image
海岸へ行こうにも東京湾は埋め立て地だらけで何らかの施設に占領されてしまってるんだよ。だから太平洋を眺めようにも必ず行く手には巨大な何かがある。朝焼けを見たいのだったら一般人が来るのを前提としたお台場とかじゃないと難しいそうだね。でも車や電車以外でお台場って深夜に行く事は可能なのだろうか。徒歩で行こうにもレインボーブリッジの遊歩道は夜は閉鎖されてしまっている。
image
せっかくここまで来たので空港の中に入る事にしたよ
image
羽田空港に来たのはフィリピンからの帰国以来だよ。深夜なので空港客の大半は椅子のところで寝ていたね。ずっと休み無しで歩きっぱなしだったので、椅子に座り長めの休憩をとっていると強烈な眠気がきてしまい、このまま椅子に寝転んで一泊してしまおうかと思ったよ。あまり長く座っていると本当に寝てしまうので、外の空気に触れようと展望台へ出た。
image
早朝に出発する便の準備が行われていたよ。当分は飛行機に乗る事なんてないだろうな。展望台にはちらほら人がいて、こんな時間にいるにだから全員飛行機の利用客だろう。俺以外の人間は数時間後には空の上にいるんだよな。ただの散歩で羽田空港まできているような物好きな人達ではないんだよ。

image
空港から始発の電車に乗ろうと駅へ向かっている途中に朝焼けになって来たよ。朝飯は築地で食べようかと思ってたけど、眠気には勝てず帰る事にした。

電車の椅子に座った途端に寝てしまった。でも不思議に降りる駅に着くと目が覚めるんだよね。

今回の深夜徘徊も結構良かったよ。歩く禅みたいなもので精神統一できたし普通に楽しかった。少しは生きる活力を補充出来た気がするので、暫くは退屈な感情を抑制出来そうだよ。

また来月あたりにやろうかね。
 

 にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

無職 ブログランキングへ


続きを読む

福山雅治のコンサート中に、演出上発射された紙テープがライブスタッフの目に直撃して、眼球破裂したというニュースを見たよ。

また働く意欲がなくなったよ。金よりも目ん玉や指の方が大事なので、こういう取り返しのつかない事故に合うくらいならホームレスの方が全然いいよ。生活の為に働くのに生活を壊す結果になってしまっては元も子もなくなってしまう。

怪我だけでなく健康も大事で、仮に順風満帆だったとしても大病をしてしまえば全ての生活に影響が出てしまう。俺もそろそろ健康診断をしないとな。社会保険に入ってた頃は一年に一回は健康診断をやっていたが、今では自主的にやらないと自分の健康状態なんてわからないもの。2,3年前に自主的に健康診断を受けに行った時は何の問題もなかったけど、今やるとどうなんだろうね。血糖値とかは検査しないとわからないからな。一応、糖尿病予防でウエイトトレーニングはしているが調べるにこしたことはない。

今考えると完全無職の時の食生活は最悪だったな。1日の中で食事くらいしかイベントがないので、食事に対する依存状態が酷いんだよ。それもあって毎日15km走ったりウエイトトレーニングしてバランスを保っていたけど、もし全く運動をしていなかったヤバかったかもね。あの痩せ体型のくらげネコさんでさえ無職になったら10kg体重が増えたって話してたからな。でも53kgからの63kgだから普通なんだけどね。

ダイエットも兼ねて明日は深夜徘徊に行って来ますよ。イベントがあると不思議と少し元気になってくるよね。下らない平日が少しマシに思えてくるよ。もしかしたら築地で朝飯食ってくるかも。

 にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

無職 ブログランキングへ


今日はドラクエ6をやった以外には何もやらなかったな。
細かいことを書けば、本読んだり、アニメ見たり、散歩したり、買い物したりはしたが、自分は何をやってんだろうって感じが否めない。

平日も下らないけど土日も実に下らない。休日のメリットなんて休みの前日に翌日を気にしないで酒を飲めるくらいしかないよ。別に不幸や絶望とかは思わないけど、実に下らない日々をおくっているなと思うよ。映画の主人公とかだったらここで旅に出るんだろうな。

糞詰まらない生活を維持する為に日銭を稼ぐくらいだったら、どこかへ行ってしまう方が人間的なんではないかと考えてしまうよね。まったく合理性のない考えだけど、ドラクエの中で暮らしたいとか妄想してしまうもの。

火曜日は天気も良く日中は29度にもなるらしいので、また深夜徘徊にでも行ってくるよ。前回は週末だったので、今回は平日の深夜の街を徘徊したいね。猫でも探しながら海を目指して朝焼けでも見てこようかね。
image


もし一緒に行ってもいいよって人がいたら連絡を下さい。誰からも連絡が来なければ1人で行ってきます。

メール                 kawai29saineetblogcomic@yahoo.co.jp
カカオトーク      kawaimutarou

集合は29日の火曜の夜9時に渋谷です。


 にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

無職 ブログランキングへ


続きを読む

映画「幸福の黄色いハンカチ(1977)」をHuluで見た。
山田洋次の男はつらいよシリーズと学校シリーズは全作品見たけれど、それ以外の作品って見たことがなかったんだよね。でも見るとすぐに山田洋次作品だって分かる世界観で、渥美清やタコ社長倍賞千恵子などの寅さんファミリーも出演していて、男はつらいよファンの人間なら楽しめる内容になっていた。

刑務所を出たばかりの高倉健が演じる島と、女に振られた非モテの武田鉄矢と、傷心旅行の桃井かおりの三人が道すがら北海道で偶然出会い、行き先が一緒な事から行動を共にする話。

寅さんもそうだけれど道すがらの人と交流をとりながら物語が進んでゆく。1人では物語って進んでいかないわけで、でもどこか遠慮して他人へ踏み込まないようにしてしまう。人間受け身だと何も変わらないんだよな。最初の災いがなければ出会う事もなかったのに、何の因果か災い転じて福になり、3人ともハッピーエンドで終わる。

作り込んであるストーリーではないので深く考えず、雰囲気や情緒を楽しむのがいいと思うよ。70年代の日本の景色とかが見れていい。
image

高倉健って高倉健なだよな。何の役をやっても高倉健になってしなう。山城新伍が「あんな大根いないよ」と言っていたが、キムタクがどの役をやってもキムタクになってしまうのと一緒なんだろう。

 

 にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

無職 ブログランキングへ


今週は長く感じたな。
一週間を振り返っても何も思い出せないくらい同じ毎日だった。たぶん来週も再来週も一緒なんだと思う。

もう日記ではなくなってるよね。よくわからない主張を書いたり映画のレビュー書いたりと、その日の出来事を何も書いてない。最近まともな日記書いたには深夜徘徊くらいだよ。家にいても本を読むか映画を見るくらいなもんで、必然的にレビュー日記になってしまう。

そういやこむぎこさんが彼女と別れたってさ。この前にこむぎこさんとスカイプで通話した時に、彼女の存在の話を聞いたばかりなのに。最初は嘘彼女かと疑ったけど、どうやら本物らしく、これでクロヒトに続くかと期待していたのに。農家に嫁ぎたい女性は、こむぎこさんオススメだよ。

 にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

無職 ブログランキングへ


↑このページのトップヘ