2chオカルト板・怖い話・洒落怖怪談の厳選まとめ

2chのオカルト板・怖い話・洒落怖の怪談などをまとめたブログです。怖い話を厳選して掲載。閲覧注意。

女の子の和人形

428 :本当にあった怖い名無し:2013/04/23(火) 01:39:01.91 ID:sXBldoZl0
自分が小学生のとき体験した話です。 

小学校の裏に小さな山があって、そこには地元では有名な神社があり、
学校の帰りにいつも友達とかくれんぼなどをして遊んた。 

日が暮れてかくれんぼも終わり、友達と集まっていると、 
ふと神社のお賽銭の箱の隣あたりに、古い女の子の和人形が置いてあることに気づいた。 
今考えたら供養か、何か意味のある人形だと思う。 
友達と「こえーなぁ~」とか言いあっていたのだが、 
俺が友達に勇気を見せてやろうと、その人形に石を投げたのだが、 
なんと一球目が見事命中。 
こともあろうか、人形の顔面のど真ん中に当たり、 
カパッと人形の顔面が外れ、人形の中にスポッと入ってしまった。 
人形は顔面が真っ黒(穴が開いてるため)になり、尋常ではない雰囲気になってしまったので 
友達とみんなで「うわーーーっ!!」って叫びながら逃げ帰った。 

続きを読む

犬と外国人の幽霊

325 :本当にあった怖い名無し:2013/04/16(火) 02:49:19.78 ID:bbUo9sbH0
うちの祖母は犬と外国人の幽霊に遭遇してたよ。

20年ぐらい前、アメリカの閑静な古びた住宅街に父親の仕事で3年ぐらい暮らしてたんだ。
俺は小学校低学年、家は古びた雰囲気の、ホームアローンの家を二回りぐらい小さくした感じ。

そこに祖父母が夏の間だけ遊びに来てたんだが、
祖母がそこの居間にあるソファーで転た寝する度に、
二匹のゴールデンレトリバーみたいな犬と女の人が出てくる夢をみてたそうな。 
ある日、祖母がうとうとしてたら、いつものように犬二匹と女性が現れて、居間で楽しそうに遊んでたんだと。 
すると珍しく犬の一匹がてくてくやってきて、祖母の膝に顎を乗せたもんで、祖母は思わず撫でちゃったと。
暫く撫でてたら、ふっと犬が離れていって、気付けば女性も犬も居なかった、って教えて貰ったのを覚えてる。 

で、後日お隣に住んでる老作家さんに尋ねてみた。うちの家の前の住人を知らないか、と。 
すると、数十年前に確かに若い夫婦と犬二匹が住んでた、と教えてくれたんで、あれも幽霊なのかと思ったわけ。 

……ちっとも怖くないな。ステロタイプ以外の幽霊もいるって話をしたかっただけ。なお祖母はまだ存命だ。 
死んだじいちゃんとたまに夢で会ってるらしいぞ。
年の瀬に心臓が止まりかけたときは、「まだ来んでよか」って言われたとさ。

Sの家

308 :本当にあった怖い名無し:2013/04/15(月) 20:06:51.53 ID:HS7XKN2VO
私が小学六年生の頃、とても仲がいいSという友人がいました。 
遊ぶ場所はだいたい彼のアパートで、
その日も彼と、他の友人三人くらいと一緒に、当時流行っていたゲームなどで遊んでいました。 
そうして遊んでる途中、Sは思い出したように私達に言いました。 
「しばらく家では遊べないかも」と。
どうやら、近々同じ市内の違う場所に作った一軒家に引越しをするそうで、色々と準備をするそうです。 
とは言ってもSは準備を家で手伝う気もないようなので、引越しの準備が済むまでは外で遊ぼうか、という事になり、
その日は引っ越し先の家の場所を聞いて、解散しました。 

その日の夕食、両親にその事を雑談程度として話したのですが、母から少し気になることを聞きました。 
どうやらSが引っ越す先は以前、火事で何人かが亡くなった一軒家が建っていた場所だそうです。 
続きを読む

どうせドライブするなら廃道を探索


212 :1/9:2013/03/07(木) 23:06:53.10 ID:bthiYXPN0
20年ほど前、俺が実際に体験した、いまだに信じられない話を書こうと思います。 
というのも、俺の周りには超常現象的なものに詳しい人物が全くいないので、
今から書く実際に体験した出来事を一体どう解釈したらいいかわからないからです。 

大学生の頃、俺は本当にどうでもいい日々を送っていた。 
夢も目標もなく、部活やゼミやサークルにも所属せず、ただひたすら漫然と過ごす怠惰な生活。 
やることといえば、そんな俺と同じような目的のない仲間、KとSとドライブすることだったが、
それにも次第に飽きて、どうせドライブするなら廃道を探索しようと、誰ともなく言い出した。
廃道とは、使われなくなった道路や閉鎖された道路のことを指すらしいが、
俺達はあくまで車でいける範囲でしか行きたくなかったので、閉鎖された道路と言うよりは、
大きい道路ができたために使われなくなった道路とか、どこにつながってるのかわからないような細い脇道を、
Kの所有するジムニーでドライブするだけのものだった。 
飽きっぽくてやる気もない俺達だが、これはとても楽しくて飽きなかった。 
廃道が見せる非日常的な空間が、俺達の気質に合ったのかもしれない。 

ある日、Kが「いい場所を見つけたんだよ、今から行ってみないか?」と言ってきた。
新しい廃道探索のスポットを見つけたということだ。 
午後2時過ぎだったが、何の予定もない俺とSは当然今から行こうということになり、Kの車で現場へと向かった。

続きを読む

全身黒ずくめ

118 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 12:05:55.96 ID:t4qKPEpb0
昨年の夏の話。 

その夜は友人との飲み会で、かなり帰りが遅くなった。
終電も逃し、このまま朝まで飲み明かすかーって話だったんだけど、私は次の日用事があったので帰ることにしたんだ。
私の自宅は新宿からそう遠くなく、タクシーに乗ればすぐに着くけど、
まあ歩けない距離じゃないし、酔い覚ましがてら歩いて帰るかってことで、暗い夜道を一人で歩いた。


119 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 12:10:02.74 ID:t4qKPEpb0
賑やかな繁華街を離れ、住宅街に入る。
夜風が気持ちいなあなんて考えながら歩いていると、
突然、暗がりから小学校低学年くらいの全身黒ずくめの男の子が現れて、「むかえにきました!」って私に言うんだ。
私が「え?」って戸惑っていると、
男の子は私の顔をじーっと見つめた後、「あっ、ごめんなさい!間違えました」って走って行っちゃった。

続きを読む

金縛りの様子を撮ったビデオ

744 :1/6:2013/02/22(金) 21:36:45.29 ID:UqHBPBbG0
以前、一度だけどうにも奇妙な体験をしたことがある。 

金縛りというものは多くの人が経験してると思うが、
あれは脳の錯覚で、本当は寝ているだけなのに、
起きていると脳が勘違いをしてしまうために起こる現象なのだと一般的には言われていて、
俺も全くそうだと思う。 
じゃあ、金縛りが起きた時、実際にその様子を他者的視点から見たらどう見えるのか。 
俺はそのことに興味がわき、実際に自分の寝姿をビデオに撮ることにした。 
寝る前にカメラをセットし、寝てる間に金縛りに遭ったと思ったら、朝起きてビデオを確認するという段取りだが、
そう都合よく金縛りに遭遇することもなく、始めてから2ヶ月くらいは空振りの日々が続いた。

ある日の夜、ついにそのときが訪れた。 
その日は特に疲れたということもなく、今日も空振りだなと特に期待せず眠りについたのだが、
眠ってから、感覚的に4時間後(自分の中では夜中の3時くらい)に金縛り直前特有の嫌な感覚が襲ってきて、
直後に意識が覚醒したと思うと同時に体が硬直。 
ついに来たか!という興奮と、冷静になろうとする感情が入り乱れる。 
今回の目的は、金縛りになることもそうだが、この状態をいかに長く持続させるかが重要だ。 
長時間金縛り状態を保たないと、ビデオを見たときにどこがそれだったのかわからない可能性が高いからだ。 
俺はリラックスしすぎないように手や体を動かそうとしながら、
やはり動かないな、などと妙に冷静な状態を保つことができ、金縛りになってから5分くらいは経った感覚があった。
続きを読む

ファミレスの駐車場

544 :本当にあった怖い名無し:2013/02/18(月) 21:59:39.94 ID:k3l9/SrZ0
3年位前の話。

車で旅行をした帰路、あるファミレスに立ち寄った。
疲れていて一刻も早く休憩したかったので、普段はしない頭入れ駐車(前進駐車)をした。
食事をして、ファミレスを出ようと車に乗りエンジンを掛けてギアをRに入れると、
ピーという音(センサーの警告音)とともにバックモニターに小さな男の子が映った。
男の子はしゃがんで地面に何か書いてるみたいな動きをしているが、まったく車に注意を払おうとしない。

続きを読む

年を越す時に自分の姿を見てはならない

213 :本当にあった怖い名無し:2013/02/11(月) 23:18:24.67 ID:c/3apnkc0
実家の風習?というか慣習なんですが、
『年を越す時に自分の姿を見てはならない』というのがあります。 
鏡はもちろん、水に映った姿も、例えば塗りのお盆に自分の姿が映ったものでもいけないらしいです。 
『見てはいけない』というのはよくある話なのですが、映った姿は死ぬ時の姿なので見てはいけないそうです。 
だから実家では、年越し蕎麦は早い時間にいただいて、遅くには眠ってしまうのが常でした。 
小さい頃はそれでもよかったのですが、
大きくなるにつれ深夜まで見たいテレビがあったり、友達と弐年参りにいってみたかったり、誘惑は多くなっていきます。

ある年、どうしても年越しでテレビを見たかった私は、一人で23時過ぎまでおきていました。 
親には24時までに寝るように言われていましたが、風習なんて信じていなかったので大丈夫だと思っていました。 
テレビを見ながら、PHSで私は時報を聞いていました。テレビの中でもカウントダウンをしていました。 
私は初めての夜更かしでどきどきしていました。
『23時59分40秒をお知らせします・・・・・・50秒をお知らせします・・・・』
時報が50秒をお知らせしますと告げた時、急にリモコンに触っていないのにテレビが消えました。 
その時、私は自分の姿がブラウン管に映ったのを見ました。 
反射的に目を閉じると、時報が0時を告げました。 
0時が過ぎると何事もなかったかのようにテレビがふっとつきました。

続きを読む

マジキチアパート

186 :本当にあった怖い名無し:2013/02/11(月) 20:15:48.58 ID:vEmkQBSL0
ここってオカルト板ってくらいだから、やっぱオバケ関係じゃなきゃダメか。
キチガイ9.5割、推定オバケ0.5割ならあるんだけど、ええのんか。


191 :本当にあった怖い名無し:2013/02/11(月) 21:26:54.07 ID:vEmkQBSL0
単に大学4年間住んでた激安アパートがマジキチ住人しかいなかったって話。
都内だけど家賃3万円代、某物件サイトにも火事マークで載ってるとこ。
バルコニーと建物全体が変な形というか、ミニ四駆でいう肉抜きしてて、2階の部屋から全階の廊下が見える。
オバケ臭い部分以外は箇条書き。オバケエピソードは2レスになってしまう、スマン。

マジキチ住人エピソード
・入り口の集合ポストのとこの掲示板に『苦情のありました覗きはヒトではありませんので過度な反応は控えて下さい』。
・3階建ての2階真ん中を借りてて、全方向から奇声とか呻き声とかあらゆる声が聞こえてくる。
・左隣りのポストに外側からリカちゃんの胴体が詰め込まれてて、毎月増える。
・上の住人が墨汁溶かした水で風呂とリビング浸水させて、俺の部屋の天井がボツボツの真っ黒になる。
・「お母さんです」と、一見檀蜜を老けさせたみたいな小綺麗だけど目つきが尋常ではない初老の女性が、
 21時~23時前後に定期的に訪問。(1階の人で、全部屋にやってた)
・雨どいから小便が流れてくる。
・好奇心から泊りにきた友人2人がバルコニー衝立で隠れながら住人観察して、
 「動きがSIRENだわ…」と本気で青ざめてた。(SIRENはゲームで、いわゆるゾンビ)
・挙句に「俺ここに住むならホモになる」と言われて、友人2人に朝まで抱きつかれながら寝た。(アッーーは無し)

続きを読む

守護霊と前世

168 :本当にあった怖い名無し:2013/02/11(月) 17:58:16.64 ID:QJjwdxA30
実は、今でも何が起こったか理解できていない『人生の7不思議』の1つ。 
あまりにも不可解な出来事で、うまく説明できない気がして誰にも話したことがなかったのだが、
備忘録としてここに記してみたいと思う。 

中学一年生の時の話。
新しい環境に慣れ、周りが見え始めた6月のある日、工藤さんという同じクラスの子に話しかけられた。 
女はいつの時代も群れたがる生き物だけど、そのクラスも例外ではなく、
一番発言力のある第1グループ、対立する第2グループ、
そのどちらでもない今でいう腐女子の集まりの第3グループという、
3つのグループに分かれていた。 
喧嘩しているわけではないのに、グループが異なるとほとんど会話することがない。つくづく女って面倒な生き物だ。 
私は第1グループ、工藤さんは第3グループに所属していて、
入学から2ヶ月たっているというのに彼女と話すのははじめてで、名前もうろ覚えだった。 
「守護霊って、本当にいると思う?」 
話しかけられたことも驚きなのに、脈絡もなく突然言われ、どう答えるべきか悩んでいると、 
「実は、君の守護霊が見えるんだ。知りたい?」
当時、マイバースデーというなんちゃってオカルト雑誌を愛読していた私は、 
「え、み、見えるの?」 
半信半疑で会話にのってみることにした。 

続きを読む
スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: