2chオカルト板・怖い話・洒落怖怪談の厳選まとめ

2chのオカルト板・怖い話・洒落怖の怪談などをまとめたブログです。怖い話を厳選して掲載。閲覧注意。

福島の保育所

661 :本当にあった怖い名無し:2011/09/24(土) 13:12:45.28 ID:pQvps9U50
福島から5月頃、関東に避難してきた。 
それまでの地元は、避難制定地域よりもわずか数キロ離れているってだけ。 
数キロ先は『もと人里』で誰もいない。でも自分達の場所は衣食住していいよ、の地域。 
目に見えない恐ろしいものと戦い続けるくらいなら、と転居を決意。
転居に伴い、子どもは4月末まで保育所に預けていたんだけれど、
その保育所の登所最終日に起こったことを今から書こうと思う。

その最後の日も、変わらず朝から預けにいった。 
「寂しくなります、お世話になりました」と先生方へ挨拶し、園児達へのささやかなものを渡し、 
いつものように子どものクラスでおむつなどを準備していた。 
そこへおじいちゃん(見た目判断だが)と一緒にAくんが登所してきた。 
4才クラスに4月から入所した子で、何度か「おはよー」と声かけしたことがある。 
その時もいつものように「Aくんおはよう」と声をかけた。 
するとAくんは私のところにまっすぐ歩いてきて、両手でおにぎりのようにしている手を差し出してくる。 
なんだろう、泥だんご?折り紙のなにか?など色々考えていると、
Aくんは無表情のまま、三角にしているおにぎり型の手、指と指の間からその中身を見せてきた。 

知っているだろうか、カマドウマという虫を。 
うさぎ虫とか、ぴょんぴょん虫とか、そんな呼び名もある。 
鳴きもせず、音も出さず、個人的に生命力の強い虫だと思っている。 
ティッシュ箱で思い切り「べし!!」と上から潰し、
死骸が気持ち悪いので旦那にとってもらおうと呼んできて、ティッシュをそっとどけると既にいない。 
え!?どこ行った!?と見回すと、天井に張りついていたり。 
前に飛ぶかと思いきや、真横ジャンプもしてくるというキモさ。 
私はこの、はちきれんばかりの腹をしたグロテスクで跳躍力の高いカマドウマが大嫌いだった。 

Aくんの手の中には、カマドウマの中でも特大クラスに入るようなものが入っていた。 
多分私の顔が物凄いことになっていたんだろうと思う、先生が「どうしました?」と駆け寄ってきた。 
まさに、その時。
続きを読む

守られる者

263 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 22:33:20 ID:s8u9lMd70
ブラジル北西部アマゾナス州のカラウアリ近郊でこのほど、
アマゾンの熱帯雨林に迷い込んで行方不明となっていた3歳の男児が12日ぶりに保護された。
体中を虫に刺されており、脱水症状で入院したが命に別条はないという。 

男児は「誰かがバナナとスイカと水をくれた」と話したが、現地は人けのないジャングル。 
「神様に守られたとしか思えない」(地元の警察官)と周囲を驚かせている。 

地元紙によると、男児はネイルソン・デリマ君。
9月15日、自宅近くで遊んでいるうちに姿が見えなくなり、約80人の村人が捜索したが見つからなかった。
一帯にはジャガーやタカなど、どう猛な肉食の野生動物が生息しているため、両親も生還をあきらめた。 

しかし同27日、約5キロ離れた森の中で猟師がデリマ君を発見。丸太に腰掛けて歌を歌っていたという。 

http://sankei.jp.msn.com/world/america/071005/amr0710051003002-n1.htm


264 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 23:38:17 ID:/MHj+FFY0
>>263 
守られる者は守られる、ということなのだろう。 
特に子供は、大人に見えないものが見えたりする。概して素直だからな。 
スイカをくれた誰かというのが、サルだったりすることもある。 
道を教えてくれたのが、ジャガーだったりもするだろう。 
守られるというのはそういうことだ。 


269 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 08:24:01 ID:h7Ve9w9O0
昔、アラスカだかドイツだかで、旅行中に森で行方不明になって、
氷点下15度だかになる地域だから、生還をあきらめていた子供が見つかった話もあったな。 
子供は軽い池沼だったんだけど、
野生の狼2匹が穴掘ってそこに子供入れて、かわるがわる暖めてくれたんだって。 
子供のジャンパーに狼の毛がついてて、質問したらそう答えたらしい。 
たまに動物ってすごいことするなって思ったよ。

ひき逃げ犯

822 :本当にあった怖い名無し:2011/10/08(土) 23:27:45.06 ID:ixs3+wQ60
俺の弟、小学生の時にひき逃げにあったのだが、その時の運転手の女性。
目撃者の話によると、事故後すぐに車を降りてきた女は、弟の体を何ヵ所か手で触れ、しばらくさすっていたという。
「ごめんね」といい、そのまま車に乗って去っていったという。 

その後、救急車で運ばれた先で医師が妙なことを言っていた。 
骨折したかのような所見があるが、骨はきちんと製復されている。 
しかしその場所の、特に目の周りの脂肪やら何やら?はズレていて、
まるで下手くそな手術をした後のようだ、と。 
また、体のあちこちにひどい出血のあとのような血だまりができているが、止血した痕はない。 
ひどい擦り傷がたくさんあったが、砂や汚れがなく、洗ったかのように傷口は綺麗だった。 
いったい何があったのですか?
と救急隊員ともめていた。

結局弟は大事なく、しばらく入院して無事回復した。 
犯人はまだ捕まっていない。

嫁入り道具の箪笥

357 :本当にあった怖い名無し:2011/09/20(火) 21:47:52.65 ID:cFowpr9P0
俺が子供の頃にあった怖い話。これがきっかけで幽霊とか妖怪を信じるようになった。 

10歳位の頃、俺は身体が変な風にすごく弱くて、
一週間程風邪で寝込む→次の一週間はめちゃ元気→また一週間寝込む…みたいな生活を繰り返してた。
この風邪も毎回40度越えで、医者に長期入院を勧められたらしい。 
んで、そういう事情からよく家で寝てることが多かった。 

この時も家で寝ていて、いつもは母親しかいなかったけど、この日はたまたま親父も家で看病してくれてた。 
俺が寝ていた部屋は家族用寝室の役割を持ってた和室で、北側に押入れ、南側にベランダ、西側は居間へと地続きで、
東側には、マンションの一室には不釣合いな高さが天井までありそうな箪笥が、壁一面使って鎮座していた。 
んで、俺はその箪笥側に足を向け、居間側に頭がある状態で仰向けに寝ていた。
そうやってぼんやりと天井を見て寝ていると、
不意に足が下側(箪笥側)に向かってグイッと引っ張られる感覚があった。 
いつも親父はよく悪戯を仕掛けてきていたので、また親父が悪戯してきてると思い、
居間に向かって「お父さんがまた悪戯してるから止めるように言って」と声をかけた。 
そしたら、二人ともすごいビックリした顔でこっちの部屋を見てた。
そう認識してすぐに足がまた下方に引っ張られた。 
けど最初みたいに少し引くって感じじゃなくて、ズルズルズルッ!ってすごい勢いで引っ張られる感じ。 
それで顔が掛け布団に埋まりかけた所で、母親と父親が俺の名前叫びながらこっち来てくれて、 
母親が俺の両手持って上に引っ張り上げようとしてくれてた。 
俺はすごい混乱してて、「え?なになに?なにどうなってるの!?」って母親に聞きながら足元を見た。 
そしたら、母親が「見ちゃダメ!」って叫んだんだけど、もう見てしまってた。

続きを読む

金縛り

18 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 13:10:53 ID:qBed5R/UO
学生の頃、夜部屋で寝てたら急に目が覚めて金縛りになった。
変な気配がしたので目だけ動かして窓の方を見たら、顔が沢山浮かんでこっち見てた。
なんか霊とかってどんなものかよくわかってなかった私は、
そのとき心の中で『宝くじが当たりますように』ってその顔達にお願いしてみたら、
すべての顔がハァ!?って表情になって消えた。

歴史ある飲食店

716 :本当にあった怖い名無し:2011/10/07(金) 11:12:02.09 ID:BDZgnohm0
俺が某飲食店で働いてた頃。 

チェーン店の中でも古いが馴染みのお客さんや3世代で楽しむ人達がいたから、
トップクラスの売上を出してる繁忙店にいたんだ。
基本調理場なんだが、必要に応じてレジにもたつし接客もしてたんだが、
歴史あるせいか汚くて、転勤した初日から残って少しづつ掃除していったんだ。
不用品の整理とか、木材で出来てるとこにワックスとか。
だんだん綺麗になり、最初は警戒してたバイトの子らもちょっとづつ手伝いにきたりと、コミュツールにもなった。

で、表の掃除がすすんだからレジ裏に手をつけようと、壁に備え付けてある棚を開けたら、忘れ物箱があったんだ。
もうホコリもかぶってるし、日付の付いた紙が貼ってあるんだけど、3年前とかゴチャゴチャして汚い。 
で、箱を取り出そうとしたら、たまたま近くにいた10年働いてるベテラン女子が「あっ」って言ったんだ。
続きを読む

オコボッサン

700 :本当にあった怖い名無し:2012/01/22(日) 13:45:36.46 ID:yDZ30FQp0
父方の爺ちゃん家の庭に、党首以外近づいてはならないっていうお堂みたいなのがあったんだけど、 
爺ちゃんが亡くなった後、伯父(次男)が遺産相続の件でゴネまくった挙句、
思い通りにいかなかった腹癒せに、お堂の中の御本尊?をどっかにやっちゃったらしいんだわ。 
基本的にお堂の中は党首といえども、年に一回元日以外には覗いたらダメとのことで、
すぐには発覚しなかったらしいんだけど、
気味の悪い海の夢を連日見てた矢先、次男一家が突然一家心中したんでピンと来たらしい。 
伯父(次男)は弁護士やってて、長男は国立医大、長女もどっかの有名私大、
次男は浪人だったけど別にグレたりとかしてた訳じゃなく、金銭的にも困ってそうでは無かったんだよね。 
ところが、全員が首を釣って自殺。
普通一家心中って、纏めて死ねるような方法選ぶよな?
なのに全員が個別に首を釣って自殺したんだと。 
加えて伯父の右手は、壊死したみたいに真っ黒になってたらしい。 

続きを読む

そうぶんぜ

225 :本当にあった怖い名無し:2012/01/30(月) 01:04:00.00 ID:8x3Fma9k0
小学校んときの話。 
会話文は雰囲気出すために方言で行くわ。 

俺は地元が東北なんだけど、俺の小学校は俺が在学中ミニバスが結構強くて、
土日も長期休みも練習&練習試合&合宿ばっかだったのね。 
ある夏休みの日、近隣の学校と合同合宿があって、隣町のセミナーハウスに泊まることになった。 


226 :本当にあった怖い名無し:2012/01/30(月) 01:04:30.78 ID:8x3Fma9k0
で、現地着いて俺らぼーぜん。 
俺ら「なにこのきったないセミナーハウス…」
ってのが、全員一致の意見。 
木造造りの家が点在してて、ぼろいスーパーが1軒あるぐらいでコンビニもなし、後は山だらけ。
俺らの学区よりさらに田舎。 
セミナーハウスの後ろはすぐ杉だらけで鬱蒼とした山々。 
本当かどうか知らないけど、誰かのかーちゃん曰く、
「このセミナーハウスは昔、強制労働で使ってた宿舎」だとかなんとか。 
そんときは泊まりイベントに興奮してて、その話自体は気にしなかった。 

続きを読む

タクシーの客

734 :本当にあった怖い名無し:2011/10/07(金) 14:28:44.05 ID:HUn8SP8p0
先日帰省した時に、タクシーの運ちゃんしてる弟から聞いた話を書いてみる。 
あんまり怖くないかもだけど。 

夜0時近い時間に駅近くで、サラリーマンらしいスーツ姿の男を乗せたらしい。 
ところがその男酷く酔っ払ってて、乗ったもののはっきりと行き先を告げず、
「真っ直ぐ走れ」だの「今の交差点左だったのに!」だの、挙句「こんなんじゃ代金払えねーなぁ」とか言い出した。
弟は「払えない」と聞いた時点でタクシーを止めて、ドアを開けて、
「お客さん、悪いけど代金払うつもり無いんだったらここで降りてくれる?ここまでの代金いらないから」
と言ったらしい。 
まぁ当然なんか大声で文句を言ってくる酔っ払い男。 
その時、視界の隅に人影が写ったのでそっち見たら、
タクシーの開けているドア側にある歩道に、女性が立ってたんだって。 
ポニーテールで白っぽいワンピ+黒のレギンス(弟は黒の股引みたいの、って言いおった…)。
おとなしそうな感じの子。 
ちょっと困ったような顔をしてこっちを見ていたので、もしかして乗りたいのかな?って思ったのと、
早く酔っ払い男を降ろしたかったので、
「お客さん、悪いけど次のお客さんがいるし早く降りてくれない?」って言ったんだって。 
そしたらその酔っ払い男「あぁ?」とか言って、開いてるドアから身を乗り出した。 
弟は女性に危害が及んだらまずいと思って運転席から出たんだけど、
男は女性の顔を見た途端、飛び跳ねるみたいな勢いで奥の席まで体を移動して、「車出して!」って言ったらしい。
いや、お前を乗せていく気ないしと思ってたら、
男が「早く!お金もちゃんとあるし先に払うから!」と5千円札を渡してきた。 
まぁ金を渡してくれたなら…と思って、
「じゃあまぁ乗ってっていいですけどね」って言ってから、 
とりあえず待ってる女性に謝っといたほうがいいかな?と思って女性のほう見たら、
にっこり笑ってこっちに向かって頭を下げたから、
事情をわかってくれたと思って、弟も「すんませんね」って軽く頭を下げてタクシータクシーを出した。 

続きを読む

24時。宿泊施設の消灯を終え、各棟見て回ることにしました。

249 :哀しい顔をした男 1:2011/09/19(月) 23:27:47.27 ID:kFe6hBPB0
これは私が社会人になって6年目、去年の話。 

場所は特定されちゃうとそこの人達やそのことを知らない近隣の人達に迷惑をかけるのでぼかして書きます。 
舞台は私が就職して初めて赴任した職場でのこと。
元々その敷地は旧陸軍の士官学校の土地で、戦後に売却されうちの職場が一部(東京ドーム4個分)を買い取り、
その敷地に宿泊施設兼会社の研修所を建てました。 
なんでも大東亜戦争終戦の詔書の音読放送がされた日、士官候補生20数名が飼育していた軍馬の首を切り落とし、
自分たちも切腹自殺をした場所だということを、OBの方から聞かされました。 
研修所を建てた当初、敷地には47都道府県の県木、そして自殺を図った場所には沢山の桜を植樹し、慰霊碑も建て、
一般開放していたようです。 
その後業務拡大で更に研修所を広げるため、慰霊碑は移設ではなくそのまま取り壊され、
新しい宿泊施設が建てられ、一般開放も止めました。 
私が赴任してからも、慰霊碑はなくてもいいのでと、
定期的にお花とお供え物を持ったご高齢の方が手をあわせに来ていました。 
特にそんな場所だということを他の社員には話しをしませんでしたが、
どこからともなくその宿泊所は兵士の幽霊が出るぞと、会社では噂をされていました。 
近くに自衛隊の施設があったからでしょうか、よくわかりません。 

特にわたしは今まで霊障というのを体験したことがなく、
その職場でも6年間勤務していて特になにも起こりませんでした。
私は総務・人事担当部門の主任で若手職員。上司は5つ上の係長。 
前年からうちの職場は業績悪化によるコスト削減のため、警備員二人を解雇し、
私と係長が通常の勤務後にサービス残業という形で、
土日を含む1週間を私と係長、警備員1人で宿直体制をとり、夜間警備に当たるということになりました。 
本題は次から。
続きを読む
スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: