2chオカルト板・怖い話・洒落怖怪談の厳選まとめ

2chのオカルト板・怖い話・洒落怖の怪談などをまとめたブログです。怖い話を厳選して掲載。閲覧注意。

霊や超常現象の正体

644 :本当にあった怖い名無し:2010/12/18(土) 02:28:18 ID:QMHdp9Oc0
7年前、年が3つ上の兄貴が大学に通っていた頃に聞いた話。

兄貴は大学の理工学部なんだけど、
よくオカルト好きな友人を家に招いては、霊や超常現象の話題で盛り上がっていた。
科学的な観点から、霊や超常現象の正体は何かと、酒を飲みながら結構真剣に話していたのを覚えている。

兄貴が大学4年になったあたりから、そのオカルト好きな友達がぱったりと家に来なくなった。
なんでも、病気になったらしくて、大学も辞め入院しているらしい。

それから数カ月経ち、俺は兄貴のオカルト好きな友人のこともすっかり忘れていたある日。
兄貴がふと思い出したように、その友達の話を始めた。
「そういえば3日前に、あいつが俺の家に来てたんだよ」

内容はこうだ。
その友達はガンだったらしく、余命半年と宣告をうけ、
しばらくの間病院で治療を続けていたが、最近は自宅療養になった。
久しぶりに会う友人は、抗がん剤のせいなのかひどくやつれ、髪も眉毛もなく、身体も青白くやせ細っていたが、
やけに目だけは生き生きとしていた。
久しぶりに会ったというのに、その友人は挨拶も早々に、
「実は話したいことがあるだよ!」と、嬉しそうに話し始めた。
「この世は、永遠に回り続けるビデオテープみたいなものなんだ!
 そして常に録画されていて、常にそのテープには、今という瞬間を過去の上から重ね録りされているんだよ!」
兄貴は意味が分からず、唖然とするしかなかった。
友人はそれを気にすることなく話を続けた。

続きを読む

学校を早退した日

597 :本当にあった怖い名無し:2010/12/15(水) 11:52:29 ID:035iLLw70
俺が小学2年生の時の話。

ある日、熱が出て学校を早退してきた俺。
学校と家が近い、父は仕事、母は出かけていた為、歩いて帰って来た。

二階の部屋で寝ていると、一階から物音が聞こえた。
母ちゃんが帰って来たのかなと思って一階に行ってみると、隣の家のおじさんがいた。
手には包丁持ってて、昼間に家にいる俺を見てびっくりしてた。
で、「おじさんがいたこと、内緒にしてくれるやんな?」って言ってきて、
包丁に釘付けな俺は、むちゃくちゃ怖くてうんうんと頷いた。

親に言いたかったけど、殺されるかもしれないと思って言えなかった。

それから月に一回、おじさんが沢山のお菓子を持ってくるようになった。
笑顔で「これ、食べや」って渡してくるおじさん。
なんでお菓子を持ってくるのかわかんなかったけど、おじさんの笑顔が怖くて、毎回硬直して受け取ってた。
母は「この子、恥ずかしがり屋で……」って笑ってた。

先月、おじさんが亡くなった。
やっと自由になったと思った。

先週、村の呑みでおじさんの話を耳にした。
・おじさんは競馬やパチンコが大好きな人だった。
・おじさんはアル中で、よくいろんな家の呑みに出没していた。
・おじさんが亡くなってから、多発していた窃盗事件がぱったりとなくなった。

未だに、あの時のおじさんの顔と包丁がトラウマ。

祈願

575 :本当にあった怖い名無し:2010/12/14(火) 23:33:37 ID:OHKK3zSV0
先日、曾祖父の七回忌があった時に、祖父から聞いた話です。
もしかしたら、よくある戦時中の話かもしれません。

第二次世界大戦が終戦する1年ほど前の話です。
代々うちの家は神主の家系で、免許みたいなのが出来るずっと前から神主を営んでたそうです。
平安時代の神祇官(?)ぐらいまでさかのぼるんだとか。(流石にこれは信じてませんけど)
そう言うわけですから、地元ではいわゆる名士の部類に入る家でした。
それを目に付けたのか、単に手近な神主だったからかは知りませんけど、
曾祖父は軍の従軍神主として招致されたそうです。

そんなこんなで数日経ったとき、曾祖父は作戦の成功祈願を行うために軍の飛行場へと呼ばれました。
何の成功祈願かは言うまでもなく特攻だったようです。
曾祖父は皇室を尊敬して陛下に忠誠を誓っていた右翼の様な人でした。
そんな曾祖父でも特攻には反対だったようで、
一応全身全霊を込めて祈願をしたそうですが、特攻に向かう若い兵に、
「怖かったら帰ってきてもいいんだよ」と小声で言ったそうです。
当時曾祖父は30代半ばぐらいでしょうか、
自分より若い前途ある青年を、死地に追いやるのが忍びなかったのでしょう。
その時特攻に赴いたのは三人だったらしく、全員に優しく諭すように言ったそうです。
ですが、結局翌日になっても、翌々日になっても、三人が帰ってくる事はありませんでした。

続きを読む

展望台に登る道

404 :本当にあった怖い名無し:2010/12/05(日) 21:10:54 ID:6WouyEIX0
10年程前の話

夜中に彼女と峠道をドライブ。
で、大きめの駐車場があったから立ち寄ったのね。
駐車場には他に車が一台停まってたけど、人は乗っていないみたいだった。
「?」と思って辺りを見渡すと、どうやら展望台があるらしかった。
んで、せっかくなんで行ってみっかと、山道を登って行った。

10分程登り、展望台に到着。先客はいないみたいだったけど、特に気にせず彼女とおしゃべりしていた。
ふと気づくと、展望台からさらに上に登る道があり、なんだろうと二人で登って行った。

山道を登っていくと、上から一組のカップルが降りてきた。
「すみません、上になにかあるんですか?」と、彼女がカップルに話かけた。
「あ、なんか上にも展望台があるみたいなんですが‥」
カップルの様子が少しおかしかったのが気になったが、礼を言って道を登りかけた。
と、そのとき、
「あの、すみません」
カップルのほうから声をかけられた。

続きを読む

子供は報われない

356 :朝まで名無しさん:2010/11/24(水) 17:20:00 ID:6FhGwwLD
ちょっと前にニュースにもなってたんだけど、
俺の友人の子供が公園の雲梯で遊んでたんだけど、ランドセル背負ってたので首が挟まって死んだんですね。

友人は最初会社に勤めながら、出勤前と出勤後に市を批判するビラを配ったり、訴訟の準備とかしてた。
俺も友人があまりにも真剣に語ってくるので、かわいそうに思って、
ビラ配りを何回か同僚と一緒に手伝ったりもしてた。

最初は多少興味を持ってくれる人もいたんだけど、日が経つごとに立ち止まる人は居なくなった。
かわいそうだけど、当然のことだと俺は客観的に思ってた。

これじゃ子供は報われないと、駄目だと、友人は会社を辞めて、一日中妻と一緒にビラ配りを始めた。
友人が会社を辞めてからも、ビラ配りを一緒にして欲しいと何回も電話があった。
仕事中、深夜も、一日に何回も続いた。
こっちはストレスが有頂天。
着信拒否をしたけど、会社への電話は止まらない。
職場の人たちにも同じようなことをしていたらしい。 


357 :朝まで名無しさん:2010/11/24(水) 17:22:51 ID:6FhGwwLD
着信拒否の設定ができない同僚も居たので、
俺は同僚と一緒に一回友人と話し合って、電話をやめてもらう様に話し合いに家まで行った。
出てきた友人はひどくやつれていて、表現するならまさに死人。
案内された家の中はひどい有様で、たんすは倒れているし、割れた食器が散乱している。
ひどい状態にあっけを取られる中、友人が今回のことを話した。

そうすると友人は、今までの死人から豹変した。
妻は大声で泣き出した。
友人の眼は完全に逝っていて、奇声を上げだしたので急いで逃げた。
友人の一人が110番入れようとしたけど俺は止めた。

その後は、酒席でたまにその時のことが話題になるくらいで、友人がどうなったかは誰も知らない。
もちろん気になるけど、一生かかわりたくないと思ってる。

墓地探検

937 :1/2 :2010/11/09(火) 13:05:38 ID:3d0B8Xi00
昔、同い年くらいの幽霊(おそらく)に出会った話。 

俺の家は昔から、夏休みにはばあちゃん家を訪ねることになっていた。 
そのときも、俺、姉、両親で、ばあちゃん家に滞在していた。 

そんなある日、ひいじいちゃんの墓参りに行くことになった。 
墓に着いて、みんなは墓の掃除を始めた。が、小さかった俺は退屈だった。 
俺は墓地の探検に出かけることにした。

田舎の墓地は広く、俺は家族からかなり離れた所まで行った。 
墓地には俺たち家族以外は誰もいないようだった。 
菊の花や周囲の竹林を眺めながら歩き、田舎は空気がおいしいなあーとか、子どもながらに考えてた。 

そして墓地の隅まで行ったとき、俺は不思議なものを発見した。
直径4メートルくらいの円形のスペースがあり、そこだけ緑色のフェンスでぐるっと囲まれているのだった。 
フェンスの内側は竹や木がぼうぼうに生えており、ぐちゃぐちゃに荒れていた。
分かるかな?墓地の他の部分は普通の土なのに、その円形の部分だけ木がぼさぼさ生えてるんだ。 

続きを読む

すれ違った男

4 :本当にあった怖い名無し:2010/11/10(水) 22:31:56 ID:8h+vugE30
ツレの話なんだけど、いいかな。

金のないツレが駐車場代を浮かす為に、世田谷区の空き地に違法駐車していた。
大晦日午前5時頃から、実家の大阪に車で帰省すべく、荷物をせっせと運んでいた。

さあこれで三往復目って時に、道の先に若い男を捉えた。
フードをかぶった、片方の手には白くて丸いもの?を持つ男。
ツレは「きっとこの近所の人だ……」と戦慄。
路駐してることがバレて通報されたらどうしよう……と。

若い男とまもなくすれ違うって距離になった時、互いの目があった。
目が合ったまますれ違った。
ツレは「俺と同じぐらいの身長だった(180cm)、多分自分より若い」。

元旦、大阪の実家でテレビを見ていると、気になるニュースが流れた。
世田谷一家殺害事件。なんとツレが違法駐車していた空き地は、被害者宅の目と鼻の先。
あの一軒家の前を通過して、対面の空き地へと抜ける。


5 :本当にあった怖い名無し:2010/11/10(水) 22:41:20 ID:8h+vugE30
どうしようか散々迷った。違法駐車がバレてしまうかもしれない……
でも、お節介気質の方が勝ったのか、警察に連絡。
「不審者ではないかもしれないけど、すれ違った男がいた」と。

数日後、携帯番号を教えていた警察から電話があり、
『できればもう少し話しをきかせてくれないか?』とのことだったので、
「多分、来週水曜日には東京に戻ると思う」と伝え、同時に住所も教えた。

水曜日に戻るはずだったが、実際は月曜日早朝に帰京。
アパートのドアを開け中に入ると、ドアを叩く音。出ると警察だった。
「なぜ水曜日ではなく、月曜日に戻ってきたんですか?」

その日から約半年間、警察がツレをマーク。
ツレはそれが原因で鬱病になってしまった。
もちろんツレが犯人ではないんだけど、
ツレが目撃した「片方の手に白くて丸いものを持っていた」という証言が、マークされるきっかけとなったようだ。
最初の頃に報道されなかった、
犯人は手を怪我しており、バスタオルを手に巻いて現場から立ち去った……という情報。

マークされていた人物はツレ曰く、「少なくとも最低5人はいたと思う」とのこと。
すれ違った男はこの中にいるか?などの面通しもあったそうだ。

黒い街宣車

244 :1/5:2010/11/23(火) 21:27:34 ID:HJ2pzT7Z0
俺が中学1年の頃の話。
その頃俺は、某県某市(西の方ね)の団地の4階に、家族4人(両親と弟)で住んでいました。
団地は街の隅っこの山の上にあったんだけど、この団地が今考えても結構不気味でさ。
ボロいわ、汚いわ、入居者もいないのに棟数だけはやたら多いわで、ぱっと見で廃墟みたい。
敷地が無駄に広い上に、すぐ後ろは山、前は寂しい住宅街だったから、
夜中になったらもうゴーストタウン同然なんだよ。
夏休み中も、近所のガキが肝試しに使うような場所。
エヴァンゲリオンの綾波レイの住んでいる所みたい、って言ったら分かる人いるかも。いないか。

まあそんな所だから、廃棟の屋上に人影が見えるとか、人魂が漂っているとか、
そういう怪談話には事欠かなかったよ。
そういうの、俺は結局一度も見えなかったけど。 

続きを読む

入院中の祖母

869 :1 :2010/11/07(日) 19:04:55 ID:uugSfKiJ0
現実的な説明はつける事ができる話で、ほんのりと怖い話なのではないかと思います。 

今から5年前の11月、私が大学4年生の時の事です。 
祖母が病気で入院しており、助からないかもしれないという時期でした。 
卒業に必要な単位の取得、就職活動も終えた私は実家に戻り、 
祖母の入院中の身の回りの事や、訪ねてくる親戚の方の対応をしていました。 
手伝い始めてから3週間ほどで、祖母は亡くなりました。 

その亡くなる1週間前の話です。祖母がかすれた声で私に言いました。 
「夜寝ると夢に死んだあやが出てきて、はやくこっち来い来いって追いかけてくる」 
(祖母は祖父の事を『あや』と呼んでいました。方言的な夫の呼び名だと思います) 
「それが恐ろしい顔で、捕まりたくないと思って必死に逃げる」
「なんであんな姿なのか、あやは地獄に落ちたのか」
「私も地獄に落ちるのか」
祖父は祖母が入院する半年前に亡くなっておりました。 
衰弱を感じてナーバスになり、気持ちが沈んでいるからそんな夢を見るんだ。私はそう思いました。 

それにしても、私の祖父祖母は近所でも有名な中の良い夫婦で、ケンカもしたことも無く、どこに出かけるにも必ず一緒でした。
祖父が事業を起こし、うまくいかず生活が苦しい時も、良く助け合ったと聞いています。 
それなのに、恐怖の対象として置き換えてしまった。少し悲しく思いました。 

続きを読む

木守り

750 :本当にあった怖い名無し :2010/11/02(火) 22:01:24 ID:xGSMRQoX0
皆様は木守りという風習を御存知でしょうか。 
実った木の実を全て取り入れてしまわず、いくつか残す風習は昔からあって、 
取り入れずに残した実のことを、木守り(きまもり)と呼びます。 
諸説ありますが、来年もまた沢山の実をつけてくれるように、という願いを込めた行為です。 

これは、私の祖父の姉が子供の頃に体験したお話です。

祖父の家の裏山には、大きな柿の木があります。 
その柿は渋柿で、毎年干し柿をたくさん作っています。 
祖父の家では、一本の縄に10個ずつ柿を吊るします。それがズラーッと並ぶと壮観ですね。 
良い具合に干された頃に、猿がやってきて盗んで行く事もあるそうです。 
毎年、学校から帰ると、お婆ちゃん(祖父の祖母)と姉、弟と一緒に干し柿作りをしていました。 

その年の秋も、裏山の柿の木は鈴生りに実を付けていました。 
お婆ちゃんは風邪をこじらせ寝込んでしまっており、祖父と姉が干し柿作りを任されました。 
柿の実は父親が取り入れてくれており、皮を剥いて縄に吊るすだけです。 
祖父と姉は数日掛かりで作業しました。

そろそろ終わりに近付いた頃、姉は柿の実の数が足りない事に気がつきました。 
柿が7個しかありません。几帳面な姉は、木にいくつか残っていた事を思い出して見に行きました。 
ちょうど3個残っています。姉は少し考えたんですが、区切りが良いので取ることにしました。 

続きを読む
スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: