2chオカルト板・怖い話・洒落怖怪談の厳選まとめ

2chのオカルト板・怖い話・洒落怖の怪談などをまとめたブログです。怖い話を厳選して掲載。閲覧注意。

鬼になった人

397 :1/4:2009/12/28(月) 20:11:17 ID:f6IWiyPa0
鬼になった人の話。

文政十二年(1829年)、6月8日のこと。遠野南部藩からの命令で、この町で山狩りが行われた。
これは館野武石衛門という猟師がリーダーとなり、
辺り一帯の村や町に住む武士や町人、農民までもが駆り出された、大規模なものであった 
この山狩りの目的は、鬼退治であった。

昔、南部藩はいくつかの『小』南部藩に分かれており、遠野はその小南部藩の城下町として栄えていた。
ここにとある武士がいた。
(一説によるとこの武士は、南部公の叔父にあたる人だったというから、
 この人も南部の姓を持つ、由緒正しき侍であったことには違いない) 
この武士はある日、何の故があったのかわからないが発狂してしまい、
刀を抜いては人に切りつけるようになった。
藩主はこれに困り、彼に閉門を申し付けたが、それを逃げ出して山中に逃げ込んだのだという。
そして山から山を渡り歩くうちに、いつしか完全に理性を失った彼は、
時々思い出したように里に下りては、誰彼構わず人に斬りつける『鬼』になってしまったのだという。
何しろ狂人であるからその行動は全く予想がつかず、人々はただただ恐怖に震えるしかなかった。

続きを読む

人形供養

250 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2009/12/18(金) 20:28:20 ID:ZHrWcBwW0
昔馴染みの話。 

彼の親戚に、山奥の神社で宮司を勤めている人がいる。 
そこの社では人形供養もしているという。 
あまり有名ではないのだが、それでも噂を伝え聞く者が絶えないようで、 
年を通じて供養依頼の荷が送られてくるのだそうだ。 

「藁人形とかの類はないんですか?」 
私がそう冗談めかして聞いたところ、宮司さんが答えるより早く、古馴染みが笑いながら答えた。 
「いや時々あるみたいだけどね。 
 そのほとんどが出し殻みたくなってて、何の力も感じられないっていうことらしいよ」 

横にいた宮司さんは、苦笑しながらこう付け加えてきた。 
「藁人形じゃないけど、本当にこれはヤバイって代物はあったな。 
 薄汚れた箱が送られてきたんだけど、もう開ける前から嫌な気がプンとして。 
 持ち上げたら、中でカタリと音がしたんで、心を決めて中を改めたんだけど」 


251 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2009/12/18(金) 20:29:01 ID:ZHrWcBwW0
「何が入ってたんですか?」 
「空っぽだったんだ。 
 間違いなく取り上げた時には、中に何か納まっていたのに。 
 でも、とんでもなく嫌な感じがしたよ。 
 触れた瞬間、全身に鳥肌が立ったからね。 
 仕方ないから箱だけ供養してみたけど、さて効果はあったのやら」 

宮司さんはそう言って肩を竦めた。

おいで

40 :本当にあった怖い名無し:2009/09/14(月) 16:31:13 ID:NQrosWmQO
狸といえば 

聞いた話だけど、町内の子供会キャンプに付き添いで行った時、
その人が山の川沿いを一人で散歩していると、一匹の狸が木を見上げていたらしい。 
狸はこちらに気付いていない様で、その人は「おいでおいで」と狸に声を掛けてみたが、
狸はその人に気付くと逃げて行った。 

そのまま散歩を続けていると、後ろからカサッカサッと微かに何かが付いてくる音が聞こえたので、
振り返っても何もいない。 
先ほどの狸が茂みに隠れているのだと思い、再び「おいでおいで」と呼ぶが出てこない。 

その後、狸かただの気のせいだと思っていたのだが、ずっと音は付いてくるので気味が悪くなり、
長靴を履いていたその人は川の浅い所を横断した。 
さすがにもう付いてこないかなと振り返ってみると、
河原には自分の濡れた靴底の足跡とは別に、濡れた大人の裸足の足跡があったのだそうだ。 


42 :本当にあった怖い名無し:2009/09/14(月) 16:50:08 ID:NQrosWmQO
後日談

その話を聞いた時に、その人は「いきなり声を掛けてびっくりした狸が、腹いせに化かしたのかな」と語ったが、
一緒に聞いていた人は、
「狸が見上げていた木で自殺した人が、『おいで』と呼ばれたので付いて来たんだな」と言った。
何故かと聞くと、「自殺する時は靴を脱ぐから」と言っていた。 
そう考えると怖い。

登山者の捜索

155 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2009/07/21(火) 21:01:05 ID:wmv7mFFi0
知り合いの話。 

運悪く雪崩に巻き込まれた登山者がいると連絡が入った。 
山小屋に詰めていた彼も捜索に加わったという。 
雪中にゾンデ棒を突き刺して探っていると、突然ゾンデが固まって動かなくなった。押しても引いてもびくともしない。 
驚いていると、何かに掴まれたみたいにゾンデが引っ張られる。 
慌てて手を構え直した次の瞬間、手の中の感触は通常のものに戻っていた。 
何となく予感がして、その下を掘ってみた。 
果たして、探していた遭難者の遺体が出てきたそうだ。 
しかし、遭難者が埋まっていたのは4m以上も下の雪中だった。 
その時使用していたゾンデ棒の長さは精々3m程度。 
一体何がゾンデを引っ張っていたのか。 

「俺はここにいるぞって、気が付いてほしかったんだろうな」 
どこか寂しそうに彼はそう口にした。

網切り

154 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2009/07/21(火) 21:00:18 ID:wmv7mFFi0
山仲間の話。 

シーズンオフに、一人キャンプ場で設備メンテナンスをしていた。 
片付けが終わる頃には暗くなっていた。 
続きは明日にしようと一人用テントに向かう。 
中に入ろうと、入り口の幕に手を伸ばしたその時。 
サァーッという軽い音と共に、内側に垂れていたネットが真横に裂けた。 
裂かれた幅は三十センチほど。 
鋭利な刃物で切ったかのように、切断面は非常に滑らかで綺麗だった。 
幸い、それ以上テントが破壊されることはなかったという。 

「あそこのキャンプ場、網切りがいるぜ。信じる信じないは勝手だけどな」 
久方振りに会った飲み会で、彼はこんな話をしてくれた。 

ゴンボスジ

153 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2009/07/21(火) 20:59:31 ID:wmv7mFFi0
知り合いの話。 

彼女の田舎の山村には、ゴンボスジと呼ばれる家があったのだという。 
その家系は呪詛をよくしていたと言われ、恐れられていた。 
ゴンボスジは畑に呪いを掛ける。 
呪われた畑の根菜類を引き抜くと、藪睨みの目玉が幾つか付いていて、抜いた者を睨み付けてから消える。
睨まれた者は、程なくして死んでしまうのだそうだ。 

ゴンボ(牛蒡)がよく呪われたそうで、故にゴンボスジ(牛蒡筋)と呼ばれるようになった、そう伝えられている。 
大層恐れられたが、何故か避けられてはいなかったようで、村はよくゴンボスジの娘を嫁に迎え入れていたと聞く。 
そしていつの間にか村の中に溶け込んでしまい、ゴンボスジは途絶えたという。

今でも村では「嫁を取ったら、絶対怒らせるな」と伝えられているそうだ。 
嫁がゴンボスジの血を引いていれば、相手にその意志が無くとも呪われるからだと。 
ゴンボスジというのは女系の家で、まず女しか産まれなかったとも伝わる。 

「・・・という、まぁ言い伝えレベルの話だけどねー」 
そう言って彼女はカラカラと笑った。 
相槌を打ちながら「この人は怒らせないようにしよう」と思う私だった。 

ある山小屋に着いて休もうとした

918 :本当にあった怖い名無し:2009/09/09(水) 00:06:37 ID:/elffDB30
新田次郎の『孤高の人』の加藤文太郎だったか、
ある山小屋に着いて休もうとしたら、妙に皆が意地悪くて居心地が悪い。
仕方ないので次の山小屋まで行ったら、
その後、前の山小屋が雪崩れに潰されて全員亡くなったと知らされた。

というのを読んだことがあるが、その時はその部分は創作だと思っていた。 
しかし、後に彼の手記に同じような記述があるのを見て、実話なんだとビックリしたことがある。 


921 :本当にあった怖い名無し:2009/09/09(水) 04:16:43 ID:sB3pttXE0
>>918
それ、山小屋を追い出された人の怨念が引き起こした現象だったら怖いね。
世の中には、念の強い人っているらしいから、、


922 :本当にあった怖い名無し:2009/09/09(水) 06:02:46 ID:/elffDB30
>>921 
小説では、死の運命の決まった人たちからはじき出されたとまどいと、不思議な孤独感を描写していた。
こういう話は「あるよな」と思わせるから不思議だ。

山に行けない理由

898 :名無しさん@十周年:2009/07/18(土) 14:14:13 ID:h4behx8e0 
昔、完全装備で一人用のテント持って山歩いたりしたけど、今は止めた。
ある山で急に荒天になったんで、テント張って様子みているところに、
びしょ濡れのおっさんが助けてくれと有無を言わさず入り込んできて、
こっちまで死にそうになったことがあったもんで。
着替え提供したり、予備の燃料で暖を取ったりしているうち吹雪も収まって、その時は何とかなったけど、
大勢で来られたり、天気がなかなか回復しなかったりしたらと思うと、今でも身震いする。
もしこちらもギリギリだったら、自分の身を守るために殺すしかなかったかも。
山の恐ろしさを知らない人間が平気で山に来る以上、もう山には行けない。

牛女

949 :1/2 :2008/08/16(土) 00:02:06 ID:dN3hu4Fz0
ある有名な話について興味深い話を聞いたので、少し書いておこうと思う。 

会社の先輩が割とオカルト話が好きな人で、同行営業の折に、停車中の車の中でそういう話で盛り上がった事があった。
その人は俺より一回り以上歳上で、子供の時分は、
所謂『見世物小屋』と呼ばれる胡散臭さ抜群の見世物が、まだまだそこかしこで見られたそうだ。 
そんな人であるから、俺はこの地方でも特に有名なある話について聞いてみた。 
「そういえば、『牛女』って話、知ってます?」 
「え。何それ?」
「知らないですか?
 ほら、六甲山に出てくる牛頭の着物女って言う話なんですけど・・・ここら辺じゃ有名らしいですよ?」 
どうやら知らないらしい彼女に、俺はネットなんてかで見聞きした話を話してみる。 
すると、先輩は少し考えるような素振りを見せて、不意に「ああ。それ、違うのよ」。
「違う?」
「うん。まだ、わたしが子供の頃なんだけどね・・・」

続きを読む

両性の合意

629 :名無しの心子知らず:2008/08/11(月)20:59:57ID:Y6eKq+wE 
小学生時代の同級生に、軽度の知的障害者(♀)がいた。 
彼女は少し人と話がかみあわない所を除けば、明るくて屈託のない人。 
十数年ぶりに街で遭遇した時も向こうから声をかけてきて、軽くお茶することになった。 
彼女は学校で理科の先生をした後、お見合いで遠方の農家に嫁いだとの事。 
教職についたというのが意外で驚いたけど、素直に感心して順風満帆な彼女の人生を祝福した。 
話のついでに大学での専攻や卒論のテーマを尋ねたが、そこから先の話はどうにも噛み合ない。 
そこは相変わらずなんだな~と、あまり気にせず別れた。

実家に立ち寄った折に、親に彼女の話を伝えると、真相を教えてくれた。 
中学から養護学校に進んだ彼女は、卒業後に学校のお手伝いと称して学校に通い続け、 
理科室のお手伝いをしてたかなにかで、『自称理科の先生』になっていた。 
そのまま理科の先生という触れ込みで、遠方の農家とお見合い結婚。 
知的障害があることは親が伏せて縁談したため、結婚して数ヶ月ですったもんだして出戻ってきた。
彼女の話は、そのすったもんだの時に近所中に知れ渡ったそうだ。 
その後ほどなくして、彼女は別の街に再婚して引っ越して行ったということだった。 

私が彼女と話した時の感じでは、多分彼女はまだ、自分の夫がチェンジしてる事実に気づいてない。
親としては、将来を考えてどうしても結婚させたいんだろうけど、
本人に意志も認識もないままに結婚するということが、幸せなのか不幸なのか、よくわからなくなった。
スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: