2chオカルト板・怖い話・洒落怖怪談の厳選まとめ

2chのオカルト板・怖い話・洒落怖の怪談などをまとめたブログです。怖い話を厳選して掲載。閲覧注意。

2013年06月

教える存在

412 :雷鳥一号:03/12/01 00:55
知り合いの話。

夏休みに家族で、山へキャンプに行ったのだそうだ。

夜、ふと目を覚ますと父親がいない。
テントから顔を出すと、父親と灰色の影がぼそぼそと話をしていた。
彼女は父親がいることに安心して、そのまま寝てしまったという。

山から帰ってくると、父親はいきなり身の回りの整理を始めた。
遺言を書き、財産分けまで済ませてしまい、家族はずいぶんと驚いたらしい。

整理が終わるとほぼ同時に、父親は逝去した。心臓麻痺だった。
親族から、まるで自分の死期を知っていたようだと言われたそうだ。
彼女は、そのキャンプ場には二度と近づかないと言っている。


413 :雷鳥一号:03/12/01 00:56
知り合いの話。

仲間と二人で、冬山でのロッククライミングに出かけた時のこと。
天候が急に崩れ、岩棚の途中で数日足止めを食らった。
これは危ないかなと弱気になっていると、同行した仲間がさらりとこう言った。
「大丈夫、俺の寿命はまだあるから、ここは生還できるはずさ」
どういうことかと問うてみた。
聞くと昔、彼は山で出会った何者かに、自分の寿命を教えてもらったのだという。
それの正体が何なのかは分からないが、彼自身は不思議と信じているのだと。

次の日には吹雪は止み、彼らは怪我も無く下山できた。
彼の寿命がいつなのかということまでは、さすがに聞けなかったそうだ。


414 :雷鳥一号:03/12/01 01:00
友人の話。

彼のお祖母さんは、かつて胃癌の手術を受けたことがある。
手術をしてからというもの、お祖母さんは元気を失くしてしまったのだという。
健康状態に問題は無いのだが、何をする気にもならなかった様子だった。

そんな時、お祖母さんの友人から「遊びにおいで」と誘いが来た。
出かけるのを渋る祖母を、家族皆で気分転換に行っておいでと送り出した。

数日後、帰ってきた祖母は見違えるように元気になっていた。
「私はまだ二十年は死ねないんだよ」
そう言って、色々な学習やボランティア活動に顔を出し始めたのだという。

お祖母さんの友人に、「どうやって励ましたのですか」と父が尋ねたところ、
「何もしていませんよ」と答えられた。
ただ、その友人の家は山中にあるのだが、
どうやら祖母は、そこで出会った誰かに「良いことを教えてもらった」と言っていたらしい。
少々不気味だが、「塞ぎこんでいるよりは元気な方が良い」と家族は言っている。

飛猿

373 :雷鳥一号:03/11/29 23:11
知り合いの話。

もうずっと前の話だが、村はずれの山に、猿使いのお爺さんが住んでいた。
猿をまるで召使のように使いこなし、仕事やお使いをさせていたらしい。
誰からともなく、その家の者を猿使いと呼ぶようになったのだという。
その一族は、代々猿を使役していると伝えられていた。

知り合いがまだ子供の頃、父親と一緒にお爺さんを訪ねたことがあるという。
お爺さんは手土産の日本酒を受け取ると、猿にそれを渡して早口で何か伝えた。
少しすると屋敷の奥から、猿が熱燗につけた酒とつまみを持って来た。
親子で驚き感心していると、お爺さんはぶっきらぼうに言った。
「これは飛猿といって、うちの家に伝わる呪法みたいなもんだ。良くねえことだ」

しばらくして、お爺さんは亡くなった。
いつも傍に控えていた猿は、いつの間にかいなくなっていた。

お爺さんは、山奥の無縁墓地に葬られた。
守をする人などいないはずなのに、墓はいつもきれいに掃除されていたという。
つい最近まで、命日になるとその墓に、花とビワの実が奉げてあったそうだ。

くだん

311 :雷鳥一号:03/11/28 21:40
知り合いの話。

学生の頃、友人にバーベキューに誘われた。
友人の家は酪農家で、町外れの山で小さな牧場を経営していた。

楽しく飲み食いしていると、敷地の片隅に変わった牛舎があるのに気がついた。
建物自体は普通だったが、入口が牢屋のように格子状になっていた。
「どんな牛をいれるんですか」と尋ねると、友人の親父さんが教えてくれた。
「あれは牛を入れていたんじゃない。『くだん』を入れていたんだ」

『くだん』というのは、人間の顔に牛の身体を持つ化け物で、予知能力を持つという。
先の大戦中に生まれたそうで、当時では色々とまずかったことを予言していたらしい。
親父さんはこの話を、しごく平然と語っていたそうだ。


312 :雷鳥一号:03/11/28 21:41
後輩の話。

女の子二人だけで、ある渓谷の観光に出かけた時のこと。
渓谷近くのバス停で出会った小母さんに注意されたという。
「このあたりの山谷を歩く時は、『くだん』に気をつけるんだよ」
『くだん』とは何かと聞くと、
人間と動物の合いの子みたいな人面獣身の化け物で、山に入った女性に悪さをすると教えられたそうだ。
襲われた女性は、また別のくだんを産むのだという。
「本当なんだよ、私は実際に、猿のくだんと熊のくだんを見たことがあるんだ」
小母さんは真面目な顔で、声を潜めてそう言った。

信じたわけではなかったが、人影のないコース外の道は歩かなかったそうだ。


313 :雷鳥一号:03/11/28 21:42
知り合いの話。

真夜中、テントの中で休んでいた時のことだ。
外の荷物をがさごそする音で目が覚めた。
熊だと誰かがささやき、皆は緊張して息を殺したのだという。
その時、外から男の太い声がした。
「ろくな物がねえなあ」
驚いて入口を開けると、大きな毛だらけの黒いものがいた。
身体は熊だったが、顔部の真中についていたのは白い人間の顔だった。
そいつはニヤリと笑って山の中に消えた。
チョコレートや蜂蜜などの、甘い非常食だけが失くなっていたそうだ。


315 :雷鳥一号:03/11/28 21:48
>>311-313
以上、『くだん』にまつわるお話でした。
ちなみに話を採集した場所は、すべて中国地方なのです。
>>311や>>312の話は、現地の人なら知っているかもしれませんね。


317 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/28 21:54
>>315
中国地方ですかぁ。
六甲山なんかが『くだん(件)』の伝説のメッカだと認識してたのに、意外な感じです。
くだんにも色々種類があるんですねぇ。


318 :雷鳥一号:03/11/28 22:10
>>317
くだんの言い伝えは、山陰にも山陽にも九州にもありますよ。
人面牛身の姿が有名ですが、>>312によると、牛以外の獣人もくだんと呼ぶ地方もあるみたいですね。

六甲のくだんは牛面人身なので、実は六甲側の方がくだんとしては異質なのかもしれません。
知名度は圧倒的ですが。
猿のくだんらしきものがあとをついて来る話を知っていますが、イヤだろうな~実際に目撃しちゃうと(汗)。


319 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/28 22:27
へぇ~、民俗伝承がベースなんですね。


325 :雷鳥一号:03/11/28 23:35
>>319 民俗伝承がベースなんですね。
民俗伝承というのは、不可解な事象に遭遇した際の、
精神を安定させる、落とし所としての一つのパターンなのかもしれません。
理解不能なことが起こった時、
こう考えると日本人としてはしっくり来る、納得できる、といったような物語なのでしょう。
精神上の安全弁みたいな存在とでも言いましょうか。

だから人はくり返し伝承を伝えていくし、また妖怪も廃れないのでしょう。
私が山登りが好きなのも、それにまつわる話が好きなのも、そういった理由なのかもしれません。

龍神岩

204 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/27 16:47
爺婆スレからコピペです。

356 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/05 20:52
自分の家は山のてっぺんなんだけど、そこから隣の山の頂上に、大岩がたくさん置いてあるのが見えるんだわ。
(実際は誰が置いたわけでもないのだろうが、この表現が一番しっくりくる)
で、近所の爺さんに「あの岩は何?」って聞いたら、
「岩の中に老人が二人住んでる」みたいな物語を聞いたんだけど、詳しくは覚えてない。

で、どーしても会いに行ってみたくなって、行ったんだわ。
てっぺん目指して山道をひたすら登る。でもどうしてもたどり着けない。
てっぺんは平原みたいになってるはずなのだが、いつまでたっても森の中。
次々と頭の中に、『本当にあった怖い話』シリーズのネタが浮かんでくる。

泣きそうになりながら、実際ちょっと泣きながら、それでも1時間ほど登った所で、急に視界が開けた。
やっと着いたかと思ったが、大岩は無く、あるのは寂れた赤い鳥居。
不思議だったのは、鳥居だけだったこと。建物が見あたらない。

で、ここで分かれ道になってて、一つは再び森の中へ、もう一つは鳥居をまっすぐ行く道。
暗い森の中には行きたくなかったので、まっすぐ行くことにした。鳥居をくぐり進む。
が、しばらく進むと、この道も森の中へ再び入っていった。


205 :204つづき:03/11/27 16:47
この時点でもう出発から3時間は経ってて、へとへとで泣きながら進んだ。
すると、なんか集落みたいな所に出て、人もいたので、急に安心してしまいもっと泣いた。
そんな私を見て、事情が飲み込めたのだろう。「ようきたね」と言いながら、頭をなでてくれた。
そんで、「もどろうか」と言ってくれたが、そこからは記憶が無く、気がついたら龍神岩の前にいた。

龍神岩ってのは、自分の町にある神社の池の真ん中にある馬鹿でかい岩で、
土地の先祖が龍を退治して閉じこめた岩らしい。
その神社は自分が登った山とは反対方向だったが、疲れていたのか疑問に思うことなくそのまま家に帰ったら、
両親が泣きながら飛びついてきた。
どうやら家を出てから2日経ってたらしく、やれ神隠しだ遭難だと、大騒ぎだったそうだ。

ちなみに、今ではそのてっぺんの大岩には、2時間もあれば行けるようになった。
遺跡じゃないんだろうが、遺跡っぽい雰囲気が好き。町も一望できるし、今じゃお気に入りの場所です。

それから、二度とそのじーさまの話は信用しませんでした(笑)
長いし怖くないしでごめんね。孫が出来たら話そうかと思う。

山小屋に入る前に注意すること

784:名前:雷鳥一号:03/11/22 01:53
先輩の話。

アメリカへ出張に行っていた時のことだ。
向こうの山に登って、親しくなった現地のガイドに聞いたのだという。

一人の時に山小屋を見つけたら、入る前に注意することだ。
普通の山小屋なら何も問題は無い、ゆっくりと休むがいい。
だが、
もし、小屋の扉がひとりでに開いたら―
もし、踏みしめた床が柔らかく弾力に富んだピンク色だったら―
もし、酸っぱい臭いのする液体が滴っていたら―
もし、床の上に骸骨が散乱していたら―
それは山小屋ではなく、グーディナルなのだから。

ガイドによると、その地方に伝わる民間伝承の怪物で、短編小説にもなったそうだ。
その土地には食虫植物が多く見られるのだが、
「ひょっとしたらその化け物かもな」
そう言って、ガイドは酒を注いでくれたという。


785:名前:冗談を言います…:03/11/22 02:08
>>784
>だが、もし、小屋の扉がひとりでに開いたら―
気持ち悪いので泊まりません。
>もし、踏みしめた床が柔らかく弾力に富んだピンク色だったら―
泊まれそうにもありません。
>もし、酸っぱい臭いのする液体が滴っていたら―
泊まる気も失せます。
>もし、床の上に骸骨が散乱していたら―
もはや言うまでもありません…。


786:名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/22 02:17
中に入って助かった人がいると言うことかな?>グーディナルの中の人
大変だったろうに。


787:名前:雷鳥一号:03/11/22 02:24
>>785
大丈夫、聞くところによると完全自動ドアなので、漏れなく中に封印可能だそうです。至れり尽せり住宅。

>>786
何でも、斧とか山刀で大穴開けて助け出したんだそうです。
だから中の様子が分かるんだとか~。
這いずり回って人間を襲うウツボカズラ。
さすがアメリカ。妖怪話もゴージャスでダイナマイツですな。
スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: