2chオカルト板・怖い話・洒落怖怪談の厳選まとめ

2chのオカルト板・怖い話・洒落怖の怪談などをまとめたブログです。怖い話を厳選して掲載。閲覧注意。

2014年07月

犬が通る道

172 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :05/02/16 03:16:07 ID:FvS5EPHf0
知り合いの話。

彼の実家の裏山には、昔から小さなペット霊園がある。
そのせいか、家の中に犬が通る道があるのだという。

彼の部屋は一階だ。玄関から一直線の廊下の突き当たりにあり、部屋の外からはすぐに山が始まっている。
夜になると時々、外の廊下からタッタッタと何かが部屋に滑り込んでくる。
引っ越してきたばかりの頃は、さすがに飛び起きて布団の周りを確認していたが、
気配はすれど何の姿形も見えない。
そのうちに慣れてしまい、今ではまったく気にならなくなったという。

なぜ犬とわかるのかと聞くと、フンフンと匂いを嗅ぐ音がするだからだと。
寝ている彼の頭をしつこく嗅ぎ回って、飽きると山の方に向かうのだそうだ。

近所には猫の道もあったらしい。
夜中になると台所で、ニャアと餌をねだるような泣き声がしたと聞く。
家人が不憫に思ったのか、床には餌を入れた小鉢が置いてあったらしい。
その家は随分前に取り壊されたので、今でも道があるのかは不明だそうだ。

高熱の原因

909 :本当にあった恐い名無し :04/09/05 22:20 ID:XJ5z7lok
自分的にカナーリびびった体験です。
最初に言っておきますが、私には霊感のようなものは一切無く、幽霊どころかラップ音すらきいたことがありません。

一年程前のことです。
ある日、私は突然40度近くの高熱にうなされ、既に一週間大学を休んでいました。
これはもう救急車呼ぶしかないと思い、携帯に手を伸ばした瞬間、
ふと頭の中に、一番仲のいい友人の顔が浮かびました。
何故か怒りに燃えた凄い形相で私を睨んでいる映像が浮かび、私は『呪いだ!』と直感しました。
(かなり仲が良かったので、こんなこと思う自体不思議なんですが・・・)
私は咄嗟に「○○ちゃんもうやめてよ!!」と泣き叫びました。
すると身体がフッと軽くなり、その日の夜には熱も下がりました。

大事をとってもう一日休み、家でゴロゴロしていたら、別の友人からメールが入りました。
『寝込んでるところごめんね。でも本当に大事な話があります。
 信じられないかも知れないけど、○○ちゃんが昨日脳溢血で倒れて亡くなりました・・・以下略』
倒れた時間は、私が叫んだ時間とほぼ同じ時間でした。

葬式が終わった後、気になって共通の友人に聞いたら、
○○ちゃんは私の彼の事が好きだったらしく、影で私のことを『死ね』とか言っていたらしい。
呪い返しってやつですかね?
皆様も人を憎む時は気を付けてね~(つд`)・゚・

霊感覚醒

951 :まめ。:04/10/23 21:27:15 ID:aXzjaNr9
学生時代に、仙石線沿いのアパ-トを借りた事があります。
同期の奴と二人で同居をしていた僕は、ここで一生忘れられない経験をしました・・・。

校内の規則に依る一年の学生寮住まいを終えて、晴れてアパ-トに移ったばかりの、
忘れる筈もない、四月十日の晩の出来事です。

夜中に、妙な夢を見て目が覚めました。
夢の中で眠る我々二人を、ベランダのカ-テンの陰からジッと見ている者がいるのです。
薄暗くて顔は見えませんが、その姿はハッキリとわかり、僕は布団の中で呼吸を整えました。
「こんの野郎・・・とっ捕まえてやる・・・」
不思議と恐怖感はなく、(夢の中だからか)
機を狙ってとび起き、「誰だ!」と叫ぶと、カ-テンを払いのけるように開けました。

続きを読む

城跡の惨劇

656 :562:皇紀2665/04/01(金) 01:02:02 ID:shfE6z7E0
次にお話させて頂くのも、引き続きAさんの体験談です。
これも戦前の体験だそうですが、この話をしていた時のAさんはしたたかに酔っていました。
ですので、実際の体験とは異なる部分が入っているかも知れません。

前回の話から時は流れ、Aさんは17,8歳位になっていました。

そんなAさん。ある日用事があって山道を歩いていました。
昔の人というのは凄いもので、峠の5つや6つは休み無しでも平気で歩いたそうです。
初夏の日差しを浴びながら、もうひと踏ん張りで峠の頂上だ…と考えていたのですが、
その時、妙な音が聞こえてきました。
何やら後ろが騒がしい…足を止めて後ろを振り返りました。
音からすると、誰かがこちらへ駆けてくるようです。
ガシャ、ガシャ、ガシャ…何かがぶつかり合うような音…何の音だろう?
Aさんは気にせずに先を急ごうと思ったのですが、音が気になってしょうがありません。
鍋釜を背負って夜逃げでもしてるのか?でも今は昼間だから夜逃げじゃねぇよなぁ…
暢気な想像をしていたAさんの前に、その音源の主が姿を現しました。

続きを読む

身分証

802 :本当にあった怖い名無し :04/08/31 17:52 ID:8mKfZ8wf
約2年前、私はある所に勤めていたんですが、そこで仲良くなった人がいました。仮にRさんとしておきます。
私より少し年上の26で、その人が勤め先を辞めた後も時々飲みに行ったりしたんですが、
ある時、その人から『ある物』を見せられました。
それは、偽造の免許証と、もう一つの免許証。
今まで『Rさん』だと思っていた人が、実は本名が『T』という人でした。
彼は『R』の方の身分証で、生活に関するほとんどの契約をしていたそうです。
彼は地元の広島から東京に出てきた時に、この身分証を買ったと言っていました。
私が過去のことを聞いても、なんだかんだではぐらかされました。

もしかするとそういう人が居てもおかしくない、とは思っていましたが、
実際自分が出会ってみると、ショッキングな出来事でした。
最近は音信不通で、現在彼が何をやっているかもわかりません。
ちなみに、彼は少し短気なところもありましたが、面白くていい人でした。

彼の過去を想像すると、いろいろ浮かんできてほんのりこわいです。

スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: