2chオカルト板・怖い話・洒落怖怪談の厳選まとめ

2chのオカルト板・怖い話・洒落怖の怪談などをまとめたブログです。怖い話を厳選して掲載。閲覧注意。

2015年11月

顔が見える

511 :本当にあった怖い名無し:2009/05/29(金) 13:12:10 ID:4IK19AB00
自分が実際に見たわけではないけど、ぞっとした話。

今年の3月、会社で人事の入替があったんだけど、
ベテランのSさんが地方に移動になり、私のフロアには新人のT子が入ってきた。
ところが、そのT子があんまり要領のよくない子で、
机の上をものすごい散らかしては、書類が無いと言って騒いでいた。
見かねて、処理済の物からファイリングして、引き出しに仕舞うように言ったんだけど、
「引き出しを開けると、顔が見えるので空けたくないんです」って言う。
T子のデスクは、もともとSさんが使っていた場所。
年度末の忙しさもあって、くだらねえとあんまり話も聞かなかった。
直接の指導役ではなかったし、その後絡むことも無かった。

2週間くらい過ぎてから、T子に話しかけた。
机の上にはファイルが山積み、相変わらず引き出しは使っていないようだ。
冗談で、見られちゃやばいものでもはいってるんじゃないのー?と引き出しを開けてみると、
隣でものすごい叫び声がした。
T子はマジで怖がってて、震えてた。
「腐ってきてる…」
T子はそう言って、慌てて引き出しを閉め、ガムテープで目張りまでしだした。
でも何にも入ってないし、匂いもしないのに。
精神状態が悪いんじゃなかろうかと心配になった。
結局T子はすぐに辞めてしまった。


512 :本当にあった怖い名無し:2009/05/29(金) 13:13:26 ID:4IK19AB00
その後、Sさんが亡くなっていたと連絡が入った。
移動の後ほどなく体調を崩し、会社を休んでいたらしい。
数日は連絡が来てたんだけど、そのうち休むTELも来なくなって、
同僚が心配して何度か家に行ったらしいけど反応無し。
上司が大家に言って、中に入って発見したのが4月の頭頃。
その時には、死後2週間前後ほどたっていたそうで、中はひどい匂いだったそうだ。
Sさんは湯船の中で亡くなっていて、発見した上司がしばらく鬱っぽくなるほど凄まじい状態だったみたい。

T子が見たのは、Sさんだったのだろうか?
T子はもういないし、確かめようが無いのが残念。
偶然にしては時期とか当り過ぎてて、ぞっとした。

結局、増員の予定は無くなっちゃって、机は倉庫に運ばれた。

ここってス○ップの木村タ○ヤさんのお宅ですか?

479 :1/3:2009/05/29(金) 06:14:06 ID:t4aiec1gO
霊的な話しじゃないですが、3年前、一人暮らしをしていたときの話し。

夜9時くらいに帰宅すると、すぐインターホンがなったので玄関を開けると、
40代くらいと思われる女性が立っていた。
宗教の勧誘だったら面倒だな、と思いつつ「はい?」と言うと、
女性は部屋を覗こうとしながら、
「ここってス○ップの木村タ○ヤさんのお宅ですか?」
確かに俺は木村という苗字で表札も出していたが、木村タ○ヤの訳がなく、
驚きながら「いや、違いますけど…」と言い、ドアを閉めようとした。
すると女は閉まりかけのドアを押さえ目を見開き、
「本当に?隠してませんか?本当はタ○ヤいるんでしょ!?」
と叫びながら、部屋の中に入り込んで来ようとしてきた。
慌てて「いやいや、違うから!」と言いつつ、女を外に押し出そうとすると、
女は「触らないで!タ○ヤー!いるんでしょ?タ○ヤー!」と暴れだした。

続きを読む

先客

430 :先客1/5:2009/05/28(木) 19:08:55 ID:1ml7x3Fa0
友人から聞いた話。

M子さんは、新宿から私鉄で一時間ほどのところに住んでいる。
その日は連続していた残業が終わり、土曜日の休日出勤という事もあって、
同僚と深夜まで飲んで終電で帰る事になった。
M子さんの通っている駅前には普段からタクシーが少なく、深夜近くなるとタクシー待ちの列が出来ている事が多い。
いつも利用してるバスの最終は早く、この一週間ほどは帰宅時間が遅くて、毎晩タクシーを利用していた。

覚悟して駅前に行くと、珍しくタクシー待ちの列が無い。中年の女性が一人立っているだけだ。
そうか。今日は土曜日だっけ。
ホッとしてタクシー乗り場へ向かおうとすると、階段を駆け降りてくる足音が聞こえ、
M子さんを追い越して、サラリーマン風の男が中年女性の後ろに並んだ。
あっけにとられると同時に少しムッとしたが、まあ二人だけだしそんなに待たずにすぐにタクシーに乗れるだろう。
M子さんは男の後ろに並んだ。

続きを読む

死相?

322 :本当にあった怖い名無し:2009/05/27(水) 19:41:34 ID:o0Icg2LF0
なんとなく書きたいので書かせてもらいます

さっき、お風呂入れに行ったら
鏡に映った自分の顔が青紫でした
一瞬じゃなく、ずっと
死相というものがあれば、これかと瞬間的に思ったんですけど
今は普通の顔色です

こんなことを気にするのは
昨晩、自分がそろそろ死ぬんだということを悟る夢を見て、目が覚めた後もやけに実感があったんです
そろそろか、片付けしとかないとな(身辺整理)なんて普通に思ったりしてました

不思議と怖くはないです
特別そうゆう能力もないんで、気のせいだといいなと思う反面、
いつもは忙しい秋のスケジュールが真っ白なのも気になります
毎年、4月が始まるとすでに埋まってる1年のスケジュールが7月で切れてて、8月以降の予定は入ってこないんです

怖くはないって言いながら、家族に変なこと言えないし、でも誰かに聞いて欲しくて書いてしまいました
ちなみに自殺願望とかはゼロです
あまり気にしないようにします

続きを読む

笑うじいさん

213 :本当にあった怖い名無し:2009/05/26(火) 13:05:46 ID:fwrmHhxF0
嫁が通ってた小学校であったという話。

そこでは6年生が林間学校と称し、観光地とは程遠いド田舎に行かされる。
その日の日程では、昼間は登山、夜はお約束の肝試しが組まれていた。

小学生が教師に連れられ山を登っていると、道のわきにある岩に一人の老人が座っている。
体は道の反対を向き、顔だけを道の方に向けて、にこにこと子供達を見つめている。
その笑顔は翁の能面に似ていて、とても優しそうだった。

続きを読む
スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: