2chオカルト板・怖い話・洒落怖怪談の厳選まとめ

2chのオカルト板・怖い話・洒落怖の怪談などをまとめたブログです。怖い話を厳選して掲載。閲覧注意。

2015年12月

神降ろし

861 :本当にあった怖い名無し:2009/07/27(月) 01:05:43 ID:NTfTxL700
2年くらい前の、個人的には洒落にならなかった話。

大学生になって初めての夏が近づいてきた、金曜日頃のこと。
人生の中で最もモラトリアムを謳歌する大学生といえど障害はある。そう前期試験だ。
これを無事にやり過ごし単位を獲得しないことには、せっかくの夏も存分に楽しめない。
大学で出来たまだ少し距離感のある友人達(AとBとする)と、
翌週から始まるテストに備えて、俺の部屋で試験勉強に励んでいてた時、
A「試験勉強ウゼー。飽きた。ちょっとここらで気分転換しねぇ?」
と言い出した。
B「んじゃ、どうする?ゲームでもする?」
もう一人の友人が応える。
A「時期的にはちょっと早いけど肝試しとか?」
B「いやw女もいなくて、『キャー!B君コワーイ!』とか、キャッキャウフフもないからメリットねーじゃん」
A「俺らまだでつるみはじめてから日が浅いだろ?ここらで友情を深めるイベントをと思ってさ」
ちょっと引き気味で、
B「お前・・・まさかガチ(ホモ的な意味で)じゃねーよな?」
A「んなわけあるかwww気分転換にはいいと思うんだけどな俺は。
 実はこの近くで、それっぽいポイントを見つけたんだ。
 んで、実は昼間のうちに準備もしてきてたりするんだが」
俺「準備済みとか段取り良すぎだろw」

Bは最初嫌がってたが、目的地が噂の心霊スポットとかじゃなくて、
チャリでいける距離にあるただの無人の神社だとわかると、しぶしぶだが了承した。
一方、俺は怪談とかは結構好きで、肝試しにも乗り気だった。
俺は全くの零感なもんで、中学生の頃に、地元で仲の良かった友人達と有名心霊スポットに行ってみても、
何か見たり、何かが起こったりってことは、今まで一度もなかったから、まぁ気楽に考えてたんだな。

続きを読む

卒業式の後

694 :1/7:2009/07/26(日) 00:57:52 ID:b9hgz70f0
高校の卒業式が終わって、担任教師を交えた全員参加のクラス会(謝恩会兼食事会)があった。
先生が参加していることもあり、酒類は出されなかったけど、
予定では4~8時、その後は期限なしの二次会が、先生の黙認のもとで開かれることになっていた。
俺は高校生活(もう10年近く前になる)を、端から見ればそれなりに謳歌してるように見えたと思う。
クラスでは、というか学年全体でも人間関係をソツなくこなし、愛想良く振舞っていたからだ。
しかしそれは上辺だけの付き合いにすぎず、親友と呼べる友達は一人としていなかった。
中学時代は誰とでも気兼ねなく付き合えていたのに、
高校に進学してからというもの、どう人と接していいか分からなくなっていた。
嫌われるんじゃないか、誤解されるんじゃないか、そんな漠然とした不安から、
本音でぶつかるのが怖くなっていたのだ。(そういう経験あるよね?それのちょっと深刻版かな)
今となってみれば笑ってしまうような悩みだけど、あの頃は本当に切実で、胸が張り裂けるような思いをしていた。
そんな悩みは最後まで解消されることはなく、
泣いたり笑ったりして思い出話しに花を咲かせる同級生たちの姿を見るにつけ、
俺はいたたまれなくなり、クラス会を途中で抜け出した。
5時頃だったと思う。案の定誰も、何も言わずに消えた俺を追って来てくれる奴はいなかった。
俺が消えたことに気付かなかった人のほうが多かったんじゃないかと思う。続きを読む

パチンコのジンクス

174 :本当にあった怖い名無し:2009/07/29(水) 20:53:18 ID:HRA5s2d30
DQNの価値観って想像を絶するよ。

よくパチンコ店駐車場で、子供が蒸し殺されるでしょ?
あれってパチンコ好きの間では有名らしいんだけど、
『子供に暑いのギリギリまで我慢させると大当たりする』っていう、
よくあるジンクスみたいなのが広まってるんだよ。
後、『上手く我慢できた子供は我慢強い子になって、大成して親を楽させてくれる』って都合の良いようなことも。

要するに、パチンコで大当たりしたいから子供を生贄にしてる。
ギリギリ死なせずに済むノウハウとかも出回ってて、「何月なら何時間大丈夫」とか。
もちろん、そんなノウハウは当てにならずに死んじゃうこともあるのだけど、
死なずに済んで、何度も蒸されて仮死状態を繰り返してる幼児が、パチンカス家には結構な比率でいる。

玄関に立つ影

186 :本当にあった怖い名無し:2009/07/22(水) 22:05:56 ID:SrFEUUim0
結構前にあった話なんだけども、その日いつものように、仕事が終わって夕方(6時過ぎくらい)家に帰ってきた。
いつものように居間に入ると、そこでお袋が部屋の電気も付けずに、耳塞いで暗い部屋の中でうずくまってたんだ。
かなり面食らった私。
だってこんな様子のお袋見るのは初めてだったんで、何かあったと焦ってお袋の側に駆けよって声をかけたんだ。
「ちょっと、お袋!なにかあったの?どうしたの部屋も明かりもつけないで?」
お袋は、いきなり声をかけたんでかなりビックリした様子だったけど、
私の顔を見て安心したのか、
「なんだ○○かぁ、ビックリさせないでよぉ」とか宣った。いやビックリしたのはこっちだし。
暗い部屋の中で電気も付けずに、耳塞いでうずくまってた人間の言うことか?
なんてちょっと呆れかけてたんだけども、この後、お袋が妙な事を聞いてきた。
「ていうか○○、おまえ、どこから家に上がってきたの?」
どこから家に?なんとも妙な問いかけに半ば呆れながら、
「あのさ、お袋。どこから家にってそりゃ玄関からにきまってんだろ。
 つかさ、どこから帰ってきたとおもって・・・」
そう言い終わらないうちに、その玄関からコンコンとガラスをノックする音が聞こえてきた。
「あれ、誰か来たかな?」
私は誰が来たのか確認しようと、玄関のほうを覗きみようとしたんだけど、お袋が焦った様子で止めてきた。
「また来た・・・さっきのあれだ絶対・・・」続きを読む

壁の落書き

330 :本当にあった怖い名無し:2009/07/31(金) 15:51:19 ID:DqOyCm7J0
このあいだちょうど小学校の同窓会があったんで、
そのときに当然のごとく話題に上がった、俺たちのあいだでは有名な事件をひとつ。

俺が通っていた小学校はちょっと変わっていて、
3階建ての校舎のうち、最上階の3階が1・2年の教室、2階が3・4年の教室で、一番下の1階が5・6年の教室になってる。
別の学校に通ってた従兄弟にこの話したらびっくりしてたんで、多分俺の学校が特殊なんだと思う。
校舎自体はコンクリート造りで、相当というほどでもないが、そこそこ年数がたってたらしく、
廊下の壁とかは薄汚れていて、汚いなと子供ながらに思ってた記憶がある。

続きを読む
スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: