2chオカルト板・怖い話・洒落怖怪談の厳選まとめ

2chのオカルト板・怖い話・洒落怖の怪談などをまとめたブログです。怖い話を厳選して掲載。閲覧注意。

2016年09月

何かの戦

495 :何かの戦 1/3:2010/10/27(水) 16:25:57 ID:Xi9219jc0
これは今現在、俺も信じきれていないので、他人は誰も信用しないと思う。 
親父の大法螺かもしれないし、幻覚、幻聴の類かもしれない。 
しかし、目の前で様子を見ているので、まるで嘘とも思えない。 
なんともいえない妙な感じがしているので、出勤前に書き込んでみる。 

親父は茸採りが趣味なんだ。 
毎年8月のお盆過ぎ頃から11月に入る位まで、天気が良いと早朝山に入る。 
スーパーのレジ袋をぶら下げて、時期ごとに一定のコースをまわる。
8月22日の日曜日も朝から山に入り、8時位に帰宅した。 
俺はちょうど起きたばかりで、親父が山に持って行ったビニール袋から、
チチタケ、タマゴタケ、トンビマイタケなんかを出しているところだった。 

あまり採れてねえなと思いながら、洗面所で顔を洗っていると、 
「なあ、かんなめのまつりって何のことで、何日か知ってるか?」と聞かれた。 
「知らん」と答えると、「ちょっと調べてくれねえかなあ」と言うんで、ググってみた。 

神嘗祭(かんなめさい・かんなめのまつり・かんにえのまつり)は宮中祭祀のひとつ。
五穀豊穣の感謝祭にあたるもので、宮中および神宮(伊勢神宮)で儀式が執り行われる。 
宮中祭祀の大祭で、その年の初穂を天照大御神に奉納する儀式が執り行われる。 
かつては旧暦9月11日に勅使に御酒と神饌を授け、旧暦9月17日に奉納していた。 
明治5年(1872年)の太陽暦改暦以降は新暦9月17日に実施するようになったが、 
これでは稲穂の生育が不十分な時期になってしまうため、
明治12年(1879年)以降は月遅れで新暦10月17日に行われるようになった。 

で、「多分これだろ」と、上記のWikiの内容を印刷してやった。 
何かぶつぶつ言ってるんで、「何か用事でもあんのか?」と聞くと、妙な話を始めた。 

続きを読む

山を登ろうとする夢

283 :恐い:2010/03/18(木) 17:42:51 ID:vU8KC6s50 
同人関係ないけど、自分が同人者なので。

日本ならどこにでもありそうな、山のふもとに住んでいる。
山と言っても2~300mの、近所の小学校が遠足に行くような山だ。
ご多分に漏れず杉の植樹もしてあるので、花粉症が発症してからは、季節じゃなくても近づかなかった。

ある日、その山の夢を見た。
山の入口で、これから登ろうとしているところだった。
目が覚めてからも、これから登るぞー!というワクワクした気分が残っていた。
だから、次の休みに何となく、その山に向かった。
入口は我が家から500M先だ。頂上までは林道が通っているし、遠足で登ったこともある。

お茶のペットボトルだけ持って歩いていると、たまたま同級生に行き会った。
嫁に行ってもう地元にはいないのに、珍しい。
地域に同い年の女子は3人しかいなかったので、幼い頃は仲良かった。
育つに従って、趣味の違いwから疎遠になっていたが。

その子も「これから山に登ろうかと思う」と言う。
「なんか、夢に出てきたんだよー」と。
夢の名残のワクワクした気分は吹っ飛んで、
「私も見た、その夢…そこの入口で、これから登るんだー!ってワクワクしてるの」
と言うと、相手もなんとなく嫌な顔になった。
どちらからともなく、今日はやめようという話になった。

翌日、地域の3人しかいない同い年の女子の、もう一人が死体で見つかった。
あの山で。

死んだ子も大人になってからは疎遠だったし、嫁に行った子もあの後合ってないし、夢との関連は分からない。

山の主

425 :1/2:2009/12/29(火) 13:10:20 ID:k+zMOZsg0
『遠野物語』に登場する霊峰・早池峰山の主は女神だが、実質お山を取り仕切っているのは怪物だという。
んで、この怪物というのが面白い奴で、顔が三つあり、一本足のデカい怪物、通称『三面大黒』なんだそうだ。
個人的にはこいつもヤマノケも、イッポンダタラの類ではないかと思っている。

昔、遠野周辺では金山が非常に賑わっていて、
そこで産出された金は、奥州藤原氏の建てた中尊寺金色堂にも使われたらしい。
北上山地はとにかく鉱物資源が豊富で、北上山地を越えれば日本有数の鉄鉱山である釜石鉱山もある。
この釜石鉱山では餅鉄という非常に良質な鉄が採れ、日本初の反射炉による近代製鉄もここで行われた。

で、このイッポンダタラという化け物だが、これは元々山師だったらしい。
コイツが一つ目なのは、長年熱く焼けた鉄を見るうちに、片目が潰れたからだという。
コイツが一本足なのは、鉄に風を送るふいごを踏み続けて、片足が腐ってしまったからだという。

まぁコイツが件の話のように、人に取り憑くかは知らんし、
コイツが製鉄に携わる山師だったと言う話も、
元々そういう異様な姿だったのに、後から人々が理由をつけただけかもしれん。

ちなみに、コイツは今も全国に居て、
最近でも、田んぼに残った足跡が発見されて、話題になったりしてるらしい。

遠野物語によると、この主とやらは人のモチや酒を勝手に飲み食いするだけで、特に御利益みたいなもんはない。

続きを読む

鬼になった人

397 :1/4:2009/12/28(月) 20:11:17 ID:f6IWiyPa0
鬼になった人の話。

文政十二年(1829年)、6月8日のこと。遠野南部藩からの命令で、この町で山狩りが行われた。
これは館野武石衛門という猟師がリーダーとなり、
辺り一帯の村や町に住む武士や町人、農民までもが駆り出された、大規模なものであった 
この山狩りの目的は、鬼退治であった。

昔、南部藩はいくつかの『小』南部藩に分かれており、遠野はその小南部藩の城下町として栄えていた。
ここにとある武士がいた。
(一説によるとこの武士は、南部公の叔父にあたる人だったというから、
 この人も南部の姓を持つ、由緒正しき侍であったことには違いない) 
この武士はある日、何の故があったのかわからないが発狂してしまい、
刀を抜いては人に切りつけるようになった。
藩主はこれに困り、彼に閉門を申し付けたが、それを逃げ出して山中に逃げ込んだのだという。
そして山から山を渡り歩くうちに、いつしか完全に理性を失った彼は、
時々思い出したように里に下りては、誰彼構わず人に斬りつける『鬼』になってしまったのだという。
何しろ狂人であるからその行動は全く予想がつかず、人々はただただ恐怖に震えるしかなかった。

続きを読む

人形供養

250 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2009/12/18(金) 20:28:20 ID:ZHrWcBwW0
昔馴染みの話。 

彼の親戚に、山奥の神社で宮司を勤めている人がいる。 
そこの社では人形供養もしているという。 
あまり有名ではないのだが、それでも噂を伝え聞く者が絶えないようで、 
年を通じて供養依頼の荷が送られてくるのだそうだ。 

「藁人形とかの類はないんですか?」 
私がそう冗談めかして聞いたところ、宮司さんが答えるより早く、古馴染みが笑いながら答えた。 
「いや時々あるみたいだけどね。 
 そのほとんどが出し殻みたくなってて、何の力も感じられないっていうことらしいよ」 

横にいた宮司さんは、苦笑しながらこう付け加えてきた。 
「藁人形じゃないけど、本当にこれはヤバイって代物はあったな。 
 薄汚れた箱が送られてきたんだけど、もう開ける前から嫌な気がプンとして。 
 持ち上げたら、中でカタリと音がしたんで、心を決めて中を改めたんだけど」 


251 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2009/12/18(金) 20:29:01 ID:ZHrWcBwW0
「何が入ってたんですか?」 
「空っぽだったんだ。 
 間違いなく取り上げた時には、中に何か納まっていたのに。 
 でも、とんでもなく嫌な感じがしたよ。 
 触れた瞬間、全身に鳥肌が立ったからね。 
 仕方ないから箱だけ供養してみたけど、さて効果はあったのやら」 

宮司さんはそう言って肩を竦めた。
スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: