92 :本当にあった怖い名無し:2009/08/12(水) 03:21:23 ID:ct3zc5yi0
この話を友人にしたら、一瞬固まった後、失笑された・・・。 
でも、当事者の俺としてはけっこう気持ち悪い。 
今年6月で3歳になった娘の話。 

子供にはよくある事なのだが、想像上の友達がいる。 
よくでてくるのは、『パンダさん』、『たぬきさん』、『うさぎさん』。 
「パンダさんはまだ赤ちゃんなの」とか、「おもちゃを散らかしたのはたぬきさん」など言う中で、 
『うさぎさん』だけが何か引っかかるものがあった。 
よくよく考えてみると『うさぎさん』の場合、他と比べて具体的な表現をするという事に気がついた。 
「うさぎさんはおねえちゃんだから、上手にお箸がつかえるのよ」
「うさぎさんは今、ベランダでお花みてる」など。

ある時、娘が1人でピアノをおもちゃにして遊んでいた。
良くある事なので気にもしてなかったが、気がつくと、たどたどしいがちゃんとメロディーになっている。 
ド・・レ・ミ、ド・レ・・・ミ
チューリップだった。 
ピアノを習わせてる訳ではないし、俺も嫁も特に教えてはいない。 
不思議に思って聞いてみると、「うさぎさんが教えてくれた」との事。 

さすがにちょっと不気味になって娘に聞いてみた。
「うさぎさんってどんな子?」 
「えっとねぇ、耳が長いの」(それは想像がつく) 
「じゃあ、こんな子?」(絵本のデフォルメされたうさぎのイラストを見せる) 
「ちがう」
「じゃあ・・・、これは?」(今度は本物のうさぎの写真) 
「ちがう」
その後色々聞いてみるが、まだ語彙も少なくよくわからず。 
娘本人もうまく伝わらないため、イライラし始めたのでその日はやめにした。 
1つだけ判ったのは、白じゃなく黒うさぎだという事。 

それから数日後の事、娘が興奮して走ってきた。 
「これー!これー!」
1冊の雑誌を持って叫んでいる。 
「何?」
聞いてみると雑誌の写真を指差し、
「これ、うさぎさん!」 
「えっ・・・。これがうさぎさん?」
「そう」と娘は満足げ。 

その写真は、にっこり微笑むバニーガールのおねえさんだった。