895 :本当にあった怖い名無し:2013/02/25(月) 04:22:01.25 ID:4FCuDJbc0
友人が夜道を歩いていた時、お面が落ちていたそうな。 
縁日とかあったっけ、と思いながら脇に避けて歩き続けた。 
だいぶお面に近付いた頃合いで、友人は変な事に気付いた。 
プラスチックとかで出来たパーティー用のお面じゃなくて、妙に生々しい人の顔のお面だった。 
気味悪いなぁと思いながら、足早に横を通り抜けようとした所、 
「おこんばんわぁ」 
そう声を掛けられた。


898 :本当にあった怖い名無し:2013/02/25(月) 04:27:52.37 ID:4FCuDJbc0
横に振り向いた友人の前にはお面、女性のお面が浮いていた。 
ただ、そのお面はまるでラバーマスクを強引に縦へ引き延ばしたような、ムンクっぽいでかい顔になっていたそうで。 
夜道でンなものを見せつけられた友人は、悲鳴もあげれずそのまま全力で逃げた。 
「おこんばんわぁ」「おこんばんわぁ」「おこんばんわぁ」「おこんばんわぁ」


899 :本当にあった怖い名無し:2013/02/25(月) 04:31:07.50 ID:4FCuDJbc0
後ろから何度も声が聞こえて来たけど必死で無視したという。 
漸くコンビニの灯りが見えた辺りで、しつこく聞こえてきた気味の悪い声も聞こえなくなったそうだ。 

よく、妖怪や幽霊に声をかけられても決して応えてはならず無視しろって言われるけど、
この時友人はお面に対して返事してたらどうなってただろうね?