307 :1/2:2011/07/04(月) 01:06:30.67 ID:4oSeh1s70
少し時間が空いたので母方の田舎の話、中でも爺ちゃんに聞いた話をひとつかふたつ話そうと思う。 
相変わらず怖いかと言われると微妙なラインなので、お目汚し程度に。 


『赤いまり』
爺ちゃんがまだ今よりは幾分か若い頃、山の中の畑に野良仕事に出かけた時の話だそうだ。 
山の中と言っても、そうそう山奥でもなく、
傾斜もゆるい山道を歩いて二十分ほどの場所にある、周りを竹林に囲まれたような場所だったそうだ。 

ひとしきり仕事を終えて、そろそろ帰ろうかと後始末めいた事をしていた爺ちゃんの足元に、
何かがころりと転がってきたそうだ。 
何だろうと足元を見ると、そこには赤いまりが転がっていたそうだ。 
はてこんな所に何でまりが?と思い辺りを見回す。
いくら近場と言え、周りにまり遊びが出来るような場所はない。

どうしたものかと思っていると、やおら「きゃっきゃ」と楽しげな子供の声が聞こえてきた。 
なんだなんだと思っていると、着物姿の子どもが男も女も混じって5,6人出てきたと言う。 
何でこんな所に子供が?と思っていると、
そのなかのひとりの女の子が、にこにこ笑いながら近づいてきて両の手を差し出す。 
ああ、この子たちのまりなんだなと思い、ぽおんと放ってやるとひょいと受け取り、
「ねえ、遊ぼう?」と、声をかけてきた。
爺ちゃんは、「いやいや、これから帰らんといかんからな」と答えると、 
女の子は少し頬をふくらませて不機嫌そうに、
「まえもそんなこと言ってた……もういいよ」
と言って、他の子供達と一緒に竹林の中に帰っていったと言う。


308 :2/2:2011/07/04(月) 01:08:30.81 ID:4oSeh1s70
何の事だろうと思いながら、爺ちゃんはとりあえず後始末を終えて、そのまま家に帰ったそうだ。 

「で、爺ちゃん帰ってから思い出したんやけどな……会ってるんだわ、その子らに」 
「いつ?」と聞き返すと、爺ちゃんはうーんと腕組みをしながら、
「爺ちゃんがな、子供の頃……少なくとも十かそこらの頃なんやわ。
 爺ちゃんの父ちゃんに言われて、あすこの畑に忘れ物取りに行ってな……
 そん時もやっぱり、竹林の間から5人か6人……
 話しかけてきた女の子は、間違い無くその子だったなぁ覚えとるわ」 

その時も何やら遊びに誘われたが、もう結構な夕暮れ時だった為、断って帰ったのだと言う。 
なるほど、『前も』と言うのはそう言う意味だったのだろう。 

「なら、その時のお詫びも含めて、遊んであげればよかったんじゃない?」 
と俺が言うと、爺ちゃんはいやいやと首を横に振り、
「帰って来れなくなったら、困るからなあ」
と苦笑交じりに言っていた。