2chオカルト板・怖い話・洒落怖怪談の厳選まとめ

2chのオカルト板・怖い話・洒落怖の怪談などをまとめたブログです。怖い話を厳選して掲載。閲覧注意。

【厳選】山にまつわる怖い話・不思議な話

山の祠

255 :1/7:2012/05/03(木) 01:44:34.64 ID:HPNJqzKn0
高校2年の頃の実体験を書きます。 

夏休み中のある日、俺と友人A、B、Cは唐突にキャンプに行こうと思いつき、 
以前渓流釣り好きのCの親戚から聞いた、キャンプに最適そうな山の中の河原の場所を聞き出し、そこへと向かった。 

しかしどうも途中で道を間違えてしまったらしく、Cの親戚が言うのとは別の河原に到着してしまった。
ただし、そこも十分キャンプできそうな立地で、
対岸は森だがこちら側は小石が沢山あり、雑草も殆ど無い開けた場所で、ジメジメ感もなく非常に快適そうだった。 

夕方までにはある程度準備が出来、その辺をぶらぶらしていたAとCが、
「おい、なんかちょっと先の対岸に、変な祠みたいなのがあるぞ」と言いながら戻ってきた。
俺とBが2人に連れられてその場所に行ってみると、たしかに対岸に石造りの小さな祠があるのだが、何か変だ。 
普通祠って手前に鳥居とかがあると思うのだが、そういうものは何も無いし、 
通常祠といえば四角形で、横か正面から見ると三角の屋根だと思うのだが、
それは円柱形で屋根は丸く、かなり奇妙な形をしていて、
遠目には祠に見えたのだが、近くで見るとなんか違うもののようにも見える。 
そして更に注視してみると、祠の根元にまだ萎れていない花が供えられていて、どうも最近誰か来たような痕跡がある。 
祠はかなり苔むしていて、相当な年代物のようで、掃除とかされている様子もないのに変だなとは思ったが、
誰もそれ以上興味を示す事も無く、とりあえず晩飯の準備をしようという事でキャンプ場所に戻る事にした。 

続きを読む

原生林の山

44 :本当にあった怖い名無し:2009/09/14(月) 18:37:43 ID:q4sbT+/B0
なるべく事実のみを正確にお伝えする様に努力いたしますが、
協力会社及び地元住民への配慮から、
実在する会社名や地域を、特定出来ない様に遠まわしに表現する事をご理解下さい。 

事務系の仕事をした事がありませんので、
誤字脱字、又、文法等におかしなところが多々現れると予想されますが、
皆様方で脳内変換して読まれて下さる様ご協力下さい。 

この話は、墓場まで持って行くつもりでしたが、
反面心のどこかでは、誰かにお話して、私達が目撃した『モノ』はいったいなんだったのか、
この板を覗いている皆様方のお力をお借りししまして、解明できる事を切に願っております。 


45 :本当にあった怖い名無し:2009/09/14(月) 19:00:39 ID:q4sbT+/B0
年齢・・・40代板の住人 
仕事・・・山岳トンネル関係者 
場所・・・長野県 
場所・・・クマタカ生息地域の原生林 
場所・・・日本史において悲惨な事実?の過去あり(後でわかった事) 
人物・・・大学ラグビー部中退者(花園がどうのと言っていたが、今は、夜の花園に通っている脳筋) 
人物・・・大学相撲部中退者(ヤンマガのアゴナシげんにそっくり) 
人物・・・某Jリーガー補欠推薦者(海外遠征がどうのと言っていたが、逃げ足だけは速かったなぁ~) 
季節・・・真夏(8月)
時間・・・炎天下の15時(原生林の中ではあるが明るいお昼)けっして薄暗くはない 

目撃したモノ?・・・モロ ドモロ 激モロ←この表現意外思いつかない。
幽霊だとしたら半透明とか足がないんだろ? 

会社・・・元請のやつら知っていたんだろぅ?(常用単価が当時しては、相当よかった) 
反省・・・年長者の言う事は、信じるべきだった。(現物を目撃するまでは・・・ 実は、私は、大槻教授派)

儀式・・・山の神を鎮める為に、神主さんを呼んでそれなりにやる 
儀式・・・通常儀式は、『鍬入れの儀』とか『鉄扇の儀』をやるのですが、
我々が目撃した『ナニカ?』の影響?怨念?兎にも角にも豚の角煮も、
通常では起こり難い重機トラブルや極々軽い人身事故(アカチン災害程度)が多発した為に、結局3回やった。

伝説・・・昔話?実話?この地域及び日本各地に似た様な昔話あり
(現場に乗り込んだ時は、んなぁ事は知らなかったよ) 

前置きはココまで。
次回より文章で表現します。 

続きを読む

奈良県の山での出来事

743: 本当にあった怖い名無し:2009/02/18(水) 22:53:00 ID:hEc50V2z0
俺、山で仕事してるんだけど、今まで一番ゾワッとした話でさ。 

何年か前、大阪と奈良の境にある山で間伐の仕事してたんだ。 
ろくに手入れしてない山だったからツルとか巻き付いてて、それを手ノコでバラしたりして大変な現場だったんだけど、ある場所でチェーンソー使ってたら人の声みたいなのが聞こえた。 
でも、チェーンソー使ってる時って結構そういうのがあって、あれは音の周波数の関係だって言ってたっけ。 
それはともかく、その時はなんか気配みたいなのも感じて後ろを見たんだけど、別に何もなかった。 
だけど、そういう気配というか違和感みたいなのはその日の作業中ずっと背中に貼りついてた。 

仕事終わって道端で着替えしてたら、一緒に働いてるじいさんが話しかけてきた。 
「今日結構チェン止めてたけど、調子悪いのか?」 
「いや、なんとなく後ろが気になってさ。気配っていうかさ、なんか変な感じ」 
「ふーん。いや、俺も何となく誰かに見られてるような感じがしてたんだけどな」 
なんだ、じいさんもかよ、あそこ何かあるのかな~とか思ったけど、その後は別 
に何事もなくて、山を下りて宿に帰って普通に飯食って寝た。 

で、翌日。 

別の現場の仕事を終えて車で山を下っている途中、道端に車が何台も停まってるのが見えた。 
パトカーも混じってて、何だろと思ってスピード緩めたら止められて職質された。 
何でも、俺らが昨日働いてた現場近くで女の死体が発見されたとのこと。 
昨日のことはその時点まで忘れてたんだけど、警察から話を聞いて思い出して、 
まずゾワッとした。 
続きを読む

なにか

543 :コピペだけど1/4:2005/11/18(金) 12:30:59 ID:NdrjjlRk0

539:名無し職人:2005/11/18(金) 10:47:51
うちの爺さんは若い頃、当時では珍しいバイク乗りで、
金持ちだった爺さん両親からの、何不自由ない援助のおかげで、
燃費の悪い輸入物のバイクを、暇さえあれば乗り回していたそうな。

ある時、爺さんはいつものように愛車を駆って、山へキャンプへ出かけたのだそうな。
ようやく電気の灯りが普及し始めた当時、夜の山ともなれば、それこそ漆黒の闇に包まれる。
そんな中で爺さんはテントを張り、火をおこしキャンプを始めた。
持ってきた酒を飲み、ほどよく酔いが回ってきた頃に、何者かが近づいてくる気配を感じた爺さん。
ツーリングキャンプなんて言葉もなかった時代。
夜遅くの山で出くわす者と言えば、獣か猟師か物の怪か。
爺さんは腰に差した鉈を抜いて、やってくる者に備えたそうだ。

続きを読む

夢見の古墳

13 :夢見の古墳 :2014/03/28(金)11:55:37 ID:???
この前亡くなった曾祖父から聞いた話。

関西の長尾連山に広範囲にわたって古墳群があるんだけど、
そのうちのどれかは知らないけど『夢見の古墳』てのがあったらしい。
まあこのネーミングは曾祖父のグループがかってに名付けたもので、地元でも根付いてはいないんだが。
山ってのは時代を問わず子供たちの遊び場であり秘密基地でもある。

うちの曾祖父も子供の頃は山にしょっちゅう遊びに行ったんだが、古墳を秘密基地にして仲間と遊んでいたとか。
そのうち仲間の誰かが「ここでうたた寝をすると必ず夢を見る」ことを発見した。
しかも「夢の内容は必ず覚えている」のだそうだ。
夢の内容はほとんどは関連性などはなくバラバラで普通の夢と言っていい。しかしキッチリと覚えている。
曾祖父たちは夢を見に行っては仲間たちと夢の内容を語り合って楽しんでいたそうだ。

そうは言っても赤ん坊や中高年じゃあるまいし、
遊び盛りの子供ががそんな簡単に明るいうちからなかなか眠れるもんじゃない。
思案の末、酒飲めばすぐ眠れるんじゃないかと、各自家から酒をかっぱらって集合。んで酩酊泥酔するもの続出。
結局まともに動けなくなってしまいそのまま古墳で一泊、村では子供たちが集団でいなくなったと大騒ぎ。
よく朝、明るくなってから山を降りると、全員親から鉄拳制裁くらったそうだw
おまけに古墳が荒らされてはたまらんからと、以後古墳に行くことを禁じられてしまった。
曾祖父が最後に見た夢は、「神輿で川を遡上してたらいつの間にか未来の村を進んでいた」という内容らしい。

ちなみに長尾連山はかなりの部分が造成されてしまい、『夢見の古墳』が現存してるかどうかはわからない。

スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: