2chオカルト板・怖い話・洒落怖怪談の厳選まとめ

2chのオカルト板・怖い話・洒落怖の怪談などをまとめたブログです。怖い話を厳選して掲載。閲覧注意。

寺生まれのTさん

シャム猫が1匹

19 :本当にあった怖い名無し:2008/05/19(月) 17:45:46 ID:NDIuJOWx0
個人デザイン事務所にアルバイトしていた時の話。


3LDKマンションが事務所で、シャム猫が1匹飼われていた。
元々は社長の愛人が飼ってた猫だったが、
愛人と別れる際、「この猫を私と思って一生面倒を見なさい」と押しつけられたらしい。


働き始めて半年ぐらい経った頃、事務所で社長と二人で残っていた。
夜食のピザが来る間、社長は自分の部屋でエアブラシ作業、俺は各種資料をコピーしていた。
シャムがコピー機の上に乗ってきた。
「ほら、邪魔だよ」と俺が言った瞬間、ボタンを操作していた俺の手に激痛!
シャムが突然、噛みついてきた!
甘噛みではない、本気で肉を食い千切るような噛み方!
っつーか、肉が一部裂けた!ピュゥッて血が吹き出てるし!?
「うあっ!」と声を上げた瞬間、またも激痛!
腕に牙を立てながら、思いっきり爪を立てている!
俺は思い切り腕を振り上げてシャムを投げた。
しかし、シャムは身を翻して再び立って襲う構えを見せる。
「シャアアアあああああああああああーーーーーーーー!」
シャムの鳴き声が徐々に変化してきた。まるで、人間の泣き声だ!
こんな大きな声なのに、隣の社長は全く気付いていない。
よく見るとシャムの影が大きくなり、人の形になってきていた。
そして、下顎が外れそうなくらいに口をあけ、何かに狙いをさだめた様だ。
おそらくは俺の首筋・・・逃げなきゃ!しかし体が動かない!!


「そこまでだ」

聞いたことのある声。


寺生まれで霊感の強いTさんだ。


Tさんは俺とシャムの間に立つと、あるものを振り回した・・・”ねこじゃらし”だ!
シャムがねこじゃらしに飛び掛った瞬間、Tさんが「破ぁ!!」と叫んだ。
するとねこじゃらしが光り、シャムの影を引き裂いてゆく!
ついにシャムの影は元の猫の影となった。
その瞬間、シャムの首輪がパァンと弾けた。
「この首輪に念を込めてたんだな」
シャムは人?が変わった様に大人しくなっていた。
「なんでTさんがここにいるんですか?」
「テリヤキコンビと、あつあつグラタンピザですね」


寺生まれはスゴイ、俺はピザを頬張りながら思った。

老いた犬

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/09/09(日) 15:08:16.29 ID:u/w4duSZ0
俺は彼女から深刻な相談をされた。
最近、自宅の老いた犬が、誰もいない玄関に向かってけたたましく吠えるというのだ。
俺が彼女の家に挨拶に行った時も、俺を見ても全く吠えなかった人なつっこいあの犬が、

突然ものすごい剣幕で吠えるのだという。しかも時間を問わず。
不安がる彼女が、霊を引き寄せやすい体質だったことを思い出し、
俺は寺生まれて霊感の強いTさんに相談する事をすすめた。


ファミレスで3人で食事をしながら事の話をすると、
Tさんは「大丈夫、その犬は帰ってきた先祖に挨拶してるんだよ、この時期だし」とのこと。
すっかり安心した彼女を送り返すと、Tさんから連絡が・・・
『彼女の言っていた事だが、確認したい事がある。あの子の家の前まで案内してくれ』


深夜2時、彼女の家の前に行くと、確かに駐車場に繋がれた犬が吠えている。
「やはりな・・・」
そう呟いて、Tさんは彼女の家の向かいにある電柱に手を添えた。
すると、そこからスッと青白い光が走り、幾つもの亡者が彼女の家を通り抜けようとしているのが見える。
しかし犬の抵抗に遭い、上手く通り抜けられない模様。
「大した犬だ・・・ずっと家を守っていたのかい」
そういいながら犬の頭を撫でるTさん。
「破っ」
Tさんの声と共に、道は家を避け天に伸び、虹のように遠くの空に伸びていった・・・


「何故彼女に嘘をついたんですか?」の問いに、
「他人の女とはいえ、可愛い子を無駄に恐がらせるのは男の仕事じゃないぜ・・・」
寺生まれはスゴイ、俺は久しぶりにそう思った。


・・・数日後、彼女の家の犬が老衰で亡くなったと聞いた。
悲しみにくれる彼女を励ましてやると、
「ワン!」と、元気なあの犬の声が聞こえた気がした。
きっと犬は、まだ家族を守っているんだな・・・
線香をあげながら俺は思った。
家族を見守る犬はスゴイ、俺はその夜ちょっと泣いた。


彼女

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/09/09(日) 15:06:14.12 ID:u/w4duSZ0
俺にもやっと彼女が出来た。
彼女は色白で背も低く病弱で、学校でもよく虐められていたそうだ。
俺はそんな彼女の事を守ってあげたいと思い、告白し、付き合うことになった。


付き合いだしてから1ヶ月後、彼女が初めて家に泊まりに来た。
だが、●貞で奥手な俺は、彼女にキスすることすら出来ず、酒を飲むとそのままソファーで眠ってしまった。


夜中に妙な音がしたので目が覚めた。誰かがブツブツ何か言ってる・・・
俺は彼女が電話しているのかと、隣の部屋を覗き込んだ。
するとそこには、恐ろしい顔をした彼女が、
「おうち、おうち、あたらしいおうち」と呟きながら、
自分の髪の毛を、壁とタンスの隙間や戸棚の下に押し込んでいる姿だった。


俺はあまりの恐怖に言葉を出すことも出来ず、そのまま朝を迎えた。
何事も無かったかの様に眠る彼女・・・
俺はどうしていいのか分からず、寺生まれで霊感の強い先輩のTさんに電話をし、ワケを話した。
黙って俺の話を聞いたTさんは、『よし、待ってろ、すぐ行く』と言ってくれた。


俺は彼女に気付かれないように、こっそりTさんを上げると、
彼女を見たTさんは、「これは・・・」と呟き、
「俺の後ろに下がってろ。絶対に前に来るな・・・」と言い、彼女の前に立った。
Tさんは何か呪文のようなものを唱え、「破ぁ!!」と叫んだ。
すると、部屋中に仕組まれていたであろう髪の毛がいっせいに燃え上がり、彼女の髪の毛までもが燃え上がった!!
「姿を見せな・・・」
Tさんがそういうと、長かった彼女の髪の毛がバサリと抜け落ち、女の生首になった!
「こんな女の子に取り付いて、自分の結界を広げてたのかい、この小悪党め!!」
生首をガシリと掴むTさん。次の瞬間、生首は断末魔をあげながら燃え上がり、灰になって消えた。
しゃがみ込んだTさんは、無残に抜け降ちた彼女の髪の毛に触れると、
「お前たち、元の場所に帰りな・・・」と優しく呟き、
フワフワと浮かび上がった髪の毛は、彼女の頭に生え移り、元通りになった。


「二人に『カミ』のご加護がありますように」
Tさんは笑いながらそう言って帰っていった。
寺生まれってスゴイ、改めてそう思った。

夜釣り

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/09/09(日) 15:07:46.11 ID:u/w4duSZ0
ある日、遊びの予定がキャンセルになった俺は、秘密の釣り場で夜釣りを楽しむ事にした。
街から少し離れた所にある橋で、静かでよく釣れる俺の穴場。
その日も良く釣れ、しばらくした頃、全身に寒気が。
何か恐いな・・・そう思いつつも、入れ食い状態のその場を離れる気にもならず、夜釣りを楽しんだ。


「あなたも釣りですか?」
後ろから声をかけられた。
振り返ると、そこにはサラリーマン風の中年男性が。
「えぇ、ここよく釣れるんです」
「えぇそうらしいですね」
「あなたも釣りですか?」
「・・・まぁそうですね」
話していくうちに、段々と俺は違和感を感じた。
男性はどう見てもスーツ姿、とても釣りを楽しむ格好じゃない。こんな所でなにを・・・
「あなた、つらないんですか・・・」
男性の声・・・いやおかしい。明らかに上から聞こえてきた。
「つりましょうよ、あなたも・・・」
俺は恐怖に震えながらも上を見上げた・・・
そこには、今話をしていた男性の首吊り死体が!!
男が言っていたのは、『釣り』ではなく『吊り』だったのだ!!
気が付くと俺の目の前には、無数の人影が「吊ろう・・・一緒に吊ろう・・・」と俺に囁いている。


「そこまでだ」
聞いたことのある声。

寺生まれで霊感の強いTさんだ。



影によって今にも吊り上げられそうな俺の前に来ると、自前の釣竿を振り回し「破ぁ!!」と叫ぶ。
すると釣竿の糸が眩く光り、振り回した糸が剣のように次々と影を引き裂いてゆく!
ある程度影を振り払うと、Tさんの呪文によって周りには光が走り、アッと言う間に影は全滅した。


「Tさんも夜釣りですか?」
そう尋ねるとTさんは俺を指差し、
「まあな、随分と小物を釣り上げちまったがな・・・」
帰り道で聞いた話によると、あそこは自殺の名所で、首吊りが首吊りを呼ぶ恐怖の橋らしい。
「すっかり日も上がっちまったな。どれ、街で女の子でも釣りに行くか」
そう言って車に飛び乗り、爽やかに笑ってみせるTさんを見て、
寺生まれはスゴイ、俺はいろんな意味で思った。

人のいない浜

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/09/09(日) 15:06:45.78 ID:u/w4duSZ0
俺はバイト仲間5人と海へ行くことにした。
しかし、海岸は物凄い人で、とても遊ぶことが出来ず、
俺達は目的をドライブに半ば無理やり変更し、海辺の道路をひたすら走っていた。


すると友人のYが、「あれ?この辺り人全然いないよ」と言う。
見てみると、確かにこの辺りだけ人がポカンとおらず、5人で遊ぶなら丁度いい広さがある。
浜に降り、ビーチバレーをしたり砂のお城を作ったりと、楽しい時間を過ごした。


するとYが、「私元水泳部なんだーあのブイまで泳ぎきったらかき氷おごってね!」と言い出した。
俺が返事をするより早く海に飛び込むY。
なるほど、水泳部だけあってか、綺麗な泳ぎでブイまでたどり着くY。
沖で大きく手を振るY。
俺達も浅瀬から手を降って返すが、どうも様子がおかしい。
「あれ!?溺れてるんじゃない!?」
誰かが叫んだ。
確かに今にも沈みそうだ!俺達は急いで救助に向かった。


しかし、水泳部のYと違い泳ぎの遅い俺達は、中々たどり着くことが出来ず、代わりにYは今にも沈みそうに・・・
おかしい・・・
そう思った俺は水中に潜った。
するとそこには、Yの身体にしがみ付き、引き込もうとする黒い影が無数に蠢いていた!!

このままじゃ俺達も・・・そう思った瞬間、大波の向こうから一人のサーファーが!!

寺生まれで霊感の強いTさんだった!

Tさんは板を華麗に操りYを抱き上げると、そのまま波に乗って陸地へ。
「破ぁ!!」
振り返らずにTさんが叫んだ。
すると、Tさんの板が起こした無数の泡がボコボコと集まり浮き輪状に。
俺達もそれにつかまって、陸までたどり着くことが出来た。


「ありがとうございますTさん。でも何でここへ?」
そう聞いた俺にTさんは、
「なぁに、この辺りは毎年水難事故が起こってるっていわく付きの海岸でな、こんな事もあろうかとな・・・」
そう言いながら、Yの胸に手をあて呪文を唱えるTさん。
すると、Yの口から汚れた水が吐き出され、Yは意識を取り戻した。


「きっと死者が死者を呼ぶ潮の流れなんだろうぜ、ここは・・・」
海岸線を見つめて呟くTさん。
顔を赤くしながら、「あ、あんたなんかに助けてもらうくらいなら死ねばよかったわ!」と大げさに言い放つYを見て、
寺生まれはスゴイ、俺はまたもやそう思った。

スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: