2023年01月31日

次回『DarkNight・Vol、46』は3月18日24:00〜。 ゲストは島田修平さん!! オールナイト怪談会だよ〜!!

中山市朗です。

次回の『DarkNight』、日程とゲストが決定いたしました!
ゲストは、『超ムーの世界』『初耳怪談』の、島田秀平さんです。
3月18日(土)24:00〜5:00  オールナイト!!
第46回目となります今回は、二人で怪談の世界について語り合います。これは必見!!
MCは、オフィスイチロウ秘書、ののが担当いたします。

場所は、ホームグラウンドである道頓堀ZAZAHOUSE。
料金は前売り4000円です。
チケットは2月1日21:00より予約開始となります。

コロナなんてぶっ飛ばせ!!
怪異を呼び込め!!

Fns21-GagAAeNFL



















http://sakugeki.com/?page_id=2#Dark_night_Vol451210







kaidanyawa at 00:27|PermalinkComments(0)

2023年01月29日

昨夜は、オンラインサロン怪倶楽部の皆さんとの新年会!! 大正ロマンの登録有形文化財、大阪飛田新地の、料亭・鯛よし百番にて!!

中山市朗です。

昨夜は、オンラインサロン怪倶楽部の皆さんとの新年会を開催しました!!
今回は私のオススメ料亭を怪員の皆さんに紹介!!

とその前に、本日15:00より『市桜怪談夜話』の配信があります。
私と怪談図書館桜井館長との怪談深堀り。ツイキャス配信。
本日はひたすら「怪談」となります。
怪談、語るぞ!!  聞け!!
最初の1時間は無料。16:00よりは有料となります

kaidantosyo.thebase.in


さて、新年会。
場所はですね、飛田新地と呼ばれるところ。知らなかった人は驚いたでしょう。遊郭街の雰囲気をそのまま残した通りを歩いて、遊郭街の一番奥にある料亭・鯛よし百番。

実はこの建物、大正時代に造られたもので、妓楼様式がそのまま残され、2000年登録有形文化財となっております。ただし15人限定ということで。

百番玄関口



















百番建物













入ると建物の中に太鼓橋がかかってています。

百番太鼓橋













百番太鼓橋2



















部屋は二階。廊下の左側にあるのは?

百番待合室













陽明門?
そう、あの日光東照宮の陽明門がモチーフとなっております。

百番陽明門2












百番陽明門













奥には天女が舞っておりました。


百番天女













二階の廊下。

百番廊下













二階の廊下から太鼓橋を……、あんまり見えてない。

百番二階廊下から














で、借り切った部屋で5時間の酒盛り!!
なんとねえ、北は北海道から南は熊本から。西はUSA!!  宇佐ちがう!! アメリカ合衆国からの参加者が。

百番盛り上がり













百番盛り上がり2















おみやげも、もらってしまいました。
USAのバーボンウイスキー、新潟産の純米吟醸、UFO灰皿、葉巻、この他、UFOウイスキーグラス、陸上自衛隊ハッピー陣太鼓などなど。

百番おみやげ













そしてこんなポスター!! 欲しいか!!


百番ポスター



















で、あっちゅう間に5時間。
参加者全員で、記念写真!!



IMG_4070














この後は、遊郭街を歩いて飛田商店街からジャンジャン横丁、そして通天閣のある新世界。
新世界と言えば、串カツ。
全員が二次会参加!!

二次会















そして三次会は、天王寺駅近くのカラオケ店。
カラオケは歌わず、ひたすら飲んで会話。お互い、話すことはたくさんある。普段はできないディープな会話!!

三次会














何人か帰って仕切り直し。三、五次会
三次会2















早朝6時、やっと散会しました。いや〜、楽しかった!!  発散した!!





kaidanyawa at 09:30|PermalinkComments(3)

2023年01月28日

八甲田山、121年目の冬!!

中山市朗です。

昨年は八甲田山雪中行軍120年目ということで、『新耳袋・第五夜』に掲載した「八甲田山」を下敷きにしたドキュメント動画を製作、オカルトエンタメ大学より配信いたしました。
私としては凄く有意義なロケでした。

Fij8D75agAMjRa2



















さて、今のこの日、八甲田山雪中行軍121年目の6日目となります。
1902年1月23日午前6時55分、帝国陸軍青森歩兵第五連隊が青森駐屯地を出発。
対ロシアを想定としての、青森・田代温泉間、片道約20kmの行程。
ところが第五連隊はご存じのように、史上最悪の寒波と豪雪に阻まれ、進むべき方向を見失い、11日間の死の彷徨を繰り返し、参加将兵210名のうち、199名が落命するという世界史上でも最悪な雪中遭難事件を起こしてしまいました。


folder-pc-thumb (15)

















その後、亡くなった兵たちの亡霊を見た、という話が広まり、当時の新聞にも幽霊目撃談はリアルタイムで報じられていたようです。

本日1月28日は、遭難6日め。121年昔の彼らのおかれた状況は、察するに余ります。私も昨年の夏、岐阜の山で遭難しかけましたから、もうね、山は怖い。

今一度、121年前の八甲田山の遭難事件のことを思い、手を合わせたいと思います。
そして、ロシアを仮想敵国とした当時の日本が置かれた世界的な地位、責任。地政学的な意味。2年後に実際に日露戦争が起こったことなどを考えてみるべきです。
そして今の日本の現状はどうなのか?

戦争はけっして起こしてはならない。けれど戦争が起きることがある。それはなぜか?
それが理解できて、はじめて本当に「戦争は断固反対。だからこそ備えるべきこと」がわかるはず。

こういうお花畑にならないように。
 ⇩

FMXKXFYagAAkm2g




















「八甲田山」の怪談を語る⇩



「八甲田山」ドキュメント!! part1・現地取材の巻!!
     ⇩



「八甲田山」ドキュメント!! part2・なぜそこで心霊現象が起きるのか?
  ⇩




「八甲田山」ドキュメント!! part3・『新耳袋』に書かなかった後日談を現地で語る!!
   ⇩










kaidanyawa at 07:11|PermalinkComments(0)

2023年01月27日

いよいよ明日だよ、怪倶楽部新年会!! 大正ロマン溢れる老舗料亭で!!下記にあります。

中山市朗です。

オンラインサロン怪倶楽部の怪員の皆様、28日の土曜日、明日ですよ。
怪倶楽部、結成以来初の新年会!!

会費は1万円と、少々高いようですが、17:00〜22:00の5時間、私がお薦めする、大正時代のロマンを感じさせる老舗料亭の雰囲気ある和室を5時間、借り切っております。
実はあと一人分だけ空いております。
本日午後12時までならば間に合います。
参加を希望する方は、ラストチャンスです。

オフィスイチロウまでメールをください。
info@officeichirou.com

怪員以外の方からも参加希望のメールがいくつか来ていましたが、怪員の新年会です。怪員以外の方は例外なくお断りさせていただいております。
また別の機会に参加ください。

そして翌日29日(日)は、怪倶楽部の講座があります。

21:00〜オンライン講座「日本戸板返し」
今月から「中山市朗と怪談実話縁起」ということで、私の怪談人生を語ります。
第一回目の今月は、おそらく少年期、芸大怪談、うちのばあちゃんの幽霊談、山の牧場の導入当たりまでかな? 台本無し、思い出しながら語っていきます。


img















◆怪員のなり方。

★オンラインサロン怪俱楽部、入怪方法。

参加するには、オンラインサロン怪倶楽部への入怪が必要です。


中山市朗怪倶楽部








「オンラインサロン怪倶楽部」
怪について語り聴き知って体感する怪員制のオンラインサロンです。
どんどん掘り下げますよ。

怪員募集(有料)しております。
興味ある方は、下記の通り!!

◆オンラインサロン『怪倶楽部』。怪員募集中。
月額制。プライベート怪談会、中山市朗の『怪』講座など。
詳しくは、s.music.jp/707Qg






kaidanyawa at 07:00|PermalinkComments(0)

2023年01月26日

MBSラジオ特番『オカルト解体ラジオ新書』放送なる!!

中山市朗です。

MBSラジオ『茶屋町怪談・オカルト解体ラジオ新書』、楽しんでいただけたでしょうか?


FnQTF6GaAAILa7x











ここ数年、怪談というものにスポットが当たり、今や怪談を語る人もすごく増えました。このあたりのことは説明不要でしょう。

怪談は、1990年代に巻き起こった新興宗教ブーム、特にオウム真理教事件のあおりを受けました。教団の尊師と名乗る男が「オカルト」だ、「空中浮揚」だ、「フリーメーソン」だ、と言っていたことでオカルトは世迷言、悪の根源、恐ろしいものとしてマスコミはバッシングし、番組からは手を引いていきます。そのさい、怪談も同じとされました。コンビニから怪談本が排除されたこともありました。そして宗教さえも、怖いもの、得体のしれない詐欺の集まりという印象を残し、霊感商法とも関連付けられました。現に霊感商法を行う宗教団体も多々ありましたけど。

そうなった原因は、二つあると思います。
一つは、ソ連邦の崩壊。それまでは、自由主義か、共産主義か、という選択肢がありました。自由で生きるか、平等社会を構築するか。ところがソ連の崩壊によって選択肢が無くなったわけです。でも、残った自由主義って、私たちにとってそれほど幸せなことなのか? いや、別の選択肢があるはずだ。そこで現世とは別の価値観を追って精神的、神秘的な世界に若者たちが流れ込みました。その先が新興宗教集団だったのです。ほぼ同時期に、パワースポット巡りというものが現れ、宇宙人や崇高な人間と交信するチャネリングも流行りました。
そしてオウムのテロ事件。
マスコミは一斉に新興宗教を叩き、精神世界に生きる若者たちを危険視し、それまでは宗教に寛容だった日本人も、宗教というものに対して強い警戒心を抱くようになりました。

この時、オカルトと怪談は、死にました。私も身に覚えのないバッシングを受けたものです。

もう一つの原因は無知から来たものです。日本人は神道、仏教の風習、慣例の中に自然に生きながらも宗教についての教育を受けていなかった。だから、神の本質を知らない。神秘的なことに関心を持つこともネガティブにとらえられた。でもそれはマスコミがヒステリックに叩いていたことで、同調圧力を生み出していたからで、やっぱり人間は神秘や不思議に興味があるわけです。

私は、その間ずっと怪談を蒐集し、オカルト研究を続けていました。特にオカルトは、古人たちが何を考え、どういう生き方をしようとしたのかを示唆してくれます。そのことが日本では四季折々の祭祀や風習、風俗の中に今に伝わるものも多々あるわけです。そして世の中は目に見えないが存在しているというものがあることに気づかせてくれます。人によって見えるものも違うと気づかせてくれます。
もちろん、DARKな面もありますが、そこは私は懐疑の目で接します。怪異については懐疑主義と公言しているのはそのためです。

オウムはその後、尊師や関係者の逮捕によって自然収束していきましたが、実はなぜあのようなことが起こったのかの原因の考察が、一部専門家では提唱されているものの、一般的にはそこはおざなりになったまま、という感がいたします。そしてオウムはもう過去のものとなり、宗教や精神世界、神秘世界についてのアレルギーも無くなってきた感もあります。怪談を語る人がこれだけ増え、それを支えるニーズがあるということが、そのことを顕していると思います。

ただ、今もって怪談もオカルトも同意語で語られている。これ、新興宗教ブームを生み出したころのマスコミや世間のスタンスと同じですよ。歴史を見ると人間は同じことをな禅繰り返しています。世間が不安定になったり景気がよろしくなかったりすること、また新たな教祖を生み出さないとは限りません。
ですから私は、怪談は芸、オカルトは研究するもの、つまり別のものである、と言い続けていたわけです。そして番組の冒頭で言ったように、オカルトを無条件で否定し叩く人ほどオカルトの意味を知らない、という現実がありました。知らないのに「俺はオカルトを信じない」と言っているマスコミ関係者も実に多かったわけです。彼らは何を信じない、と言っていたのでしょうか??



⇩今回持ち込んだ参考書籍。一番上にある書物は私がいつも持ち歩いている『聖書』。
信者ではありませんが、オカルト解明には必須の書。今回は使わなかったですけど。


FnQMCOIacAECByN















今回、MBSさんがこのオカルト、というものを全面的に取り上げてくれました。
オカルトに関してどんどん言いたいことを言ってください、というスタンスで、今回のような機会を与えてくださいました。
しかも、たいていオカルトを放送するとなると、妙な霊能者だの見える人を呼ぶか、否定派の人を呼んでこけ下すかというのが定番(放送する側のこれは保険のようなものだと思われます)でしたが、今回はそれもない。自由にトークができる。
これは画期的なことですよ。
もちろんこの下地には私と竹内義和さんで1年続けてきたYouTube配信番組『オカルト解体ラジオ新書』という雛形があったからなのですが、それにしてもねえ、そんなに話題になっているわけでもないし。

今回の放送、YouTubeでも同時生配信いたしましたが、平日の深夜にもかかわらず、早朝近くになって1500人に近い人たちに視聴していただいていたようです。様々な反応もいただきました。アーカイブでの視聴者も順調に伸びているようです。
まずは成功というところでしょうか。

オカルトは人間の知的好奇心をくすぐるものですし、そこには人間が人間であることの根源が隠されているものです。神と人間。自然と神。生命と死の謎。未知なるものへの憧れと探求。もちろん科学というものがそれを解き明かそうとしていますが、オカルトもまたそれを探求するもう一つの柱です。神という概念が無くなったとき、霊を感知しなくなったとき、人類は、もう人類ではないと私は思います。
だからこそ、けっしてオウムの二の舞は生んではならない。そのための啓蒙活動でもあるかな、と、おこがましくも思って活動しております。
とはいえ、私も私費で活動しているいち作家です。そこには限界もありますし、リサーチ不足、間違った知識、認識でモノを言っていることもあるでしょう。また、オカルトは見方によってその意味は変化し、解釈も違ってきます。どちらが正しいとも言えない事象もります。そこは汲みながらも半信半疑で聞いていただければと思います。

ともあれ、こんなことはないと思っていたオカルトについて存分にトークを語る深夜の特番ラジオ。
ご視聴くださった皆様、関わってくださり番組を実現化させていただいた関係者の皆様に、心を込めて感謝いたすものです。これは大きな足跡だと思います。

ありがとうございました。

image_50732801 (1)














またお会いできることを!!










kaidanyawa at 00:00|PermalinkComments(1)

2023年01月24日

MBSラジオ『茶屋町怪談』スピンオフ!! 『オカルト解体ラジオ新書』今夜2:30〜放送&生配信!!

中山市朗です。

『オカルト解体新書』が、本日の深夜(正確には25日午前2時半)、『茶屋町怪談』のスピンオフラジオ特番としてMBSラジオより放送されます!

番組名『オカルト解体ラジオ新書』

occult_hp











同時にYouTube生配信も致します。

もう一度言います。怪談ではなく、オカルトについてのトークが展開します。もちろん怪談も語られましょうが(そのつもりです)、そもそも怪談は文芸、話芸としてあるもの。つまり、芸、エンタメです。
オカルトは、日本ではまるでサブカルか、曖昧で非科学的な、あまりよろしくないもの、ダークなイメージで語られますが、まあそこは、そうである部分はあります。
しかし、これは突き詰めれば学問であり、宗教学、人間学の根源を追求することのできる、難しいものでもあります。
オカルトを日本語に訳するには、隠秘学というのがいちばん当てはまるのではないかと思います。
神によって隠された叡智、そこに宇宙(森羅万象)の謎を解く知恵、知識がある。それを探り実践することが、オカルトであると言えます。科学というものが今、それをやっていますが、いまだに科学では解けないものがありまして、それが今、オカルトとされているわけですが、まあそんな単純なモノでもない。

Medium













弥勒菩薩半跏思惟像
















IMG_4526
















式神 2
















世の中、未知なるものは多く存在し、また「オカルトなんてねえよ」と言いながら、実はオカルトを知らないうちに、しかも日常的に実践しているのが現代人でありまして……。

そのあたりのことも、今夜、お話しできればと思います。なんせ生放送ですからな、どんな話題が出てどんな話の展開になるのかはわかりません。ただ、オカルトをテーマに約3時間トークが展開するという前代未聞のラジオ番組になるかと思われます。
オカルトなんて、今まで放送関係がいちばん苦手とし、避けられていた分野でしたからな。

こんな日、来るんや……(感慨にふける、わし)。


通知が行くよう、チャンネル登録、した方がいいのでは?
       ⇩

















kaidanyawa at 13:14|PermalinkComments(1)

2023年01月23日

『オカルト解体新書』、山口敏太郎氏とのコラボ配信中!! 24日深夜は『オカルト解体ラジオ新書』!!

中山市朗です。

竹内義和さんとの『オカルト解体新書』。
全2回がアップされております。
一本目。




二本目。
UFO、メン・イン・ブラックに関して三人で話しております。





山口敏太郎さんの『ATLASラジオ』とのコラボ企画です。

その『オカルト解体新書』が、明日24日深夜(正確には25日午前2時半)、『茶屋町怪談』のスピンオフラジオ特番としてMBSラジオより放送されます!
同時にYouTube生配信も致します。

言っておきますが、怪談ではなく、オカルトです。
そのオカルトは、過去、よくわかっていないメディアによって歪曲され、誤解され、こんにちに至っております。カルトを生み出し、90年代に新興宗教に利用され、またオカルトに興味を持つ人たちによって作られた教団もありました。90年代の新興宗教ブームの原因には、その歪曲され誤解されたオカルトが根底にあったと、私は思うわけです。つまり無知から派生したということです。また当時はオカルトを叩くとまともな人間に見える、というレトリックともなりました。怪談とオカルトがごっちゃにされたのもこのころのことでした。

けれどもオカルトは、人間が未知なるものに心惹かれ、神に接し、祈り、神秘な体験をする限り、無くならないでしょう。オカルトを全否定すると、あなたが信仰心を持ったり、神社、寺院でお祈りをしたり、お札やお守りを持って帰ることも、占い師にみてもらうことも、日本の四季折々の風習も、意味がないことになります。もっと言えば、我々の使っている日本語も巧みなオカルト、言霊で成り立っております。日常的に使っているオカルトがあるわけです。

なお、私は怪談を書き語るにおいて怪異については懐疑的な立場でありますが、「オカルト現象」については懐疑派です。怪異現象には懐疑派といいましたが、例えば宇宙人とか超能力とか占いとか、神についても懐疑的です。ただし神に関しては、何をもって神とするかが問題となりますけど。
否定はしませんよ。ただ、積極的肯定もしないという。

懐疑的だから物事の本質に辿れる。わからないからこそ知りたい。追求したいということです。
私の中では神秘溢れるこの日本についてもっと知りたいということなのです。


komojinjya2














もちろん、怪談もそういう日本人独特の言霊と死生観、風習があって成り立っています。怪談を極めるとオカルトに行くのは事実です。

とはいえ、オカルト=怪談ではありません。
怪談とオカルト、どうちゃうねん、という人も、オカルト大好き、という人も、オカルトについては詳しいぜ、という人も、ただただ深夜の楽しいおしゃべりラジオを聞きたい人も、ぜひ、聞いてください。
竹内さんは「オカルト版サイキック青年団」のつもりでやると言っております。
楽しく、でも恐怖におののきながら、オカルトに触れ、オカルトについて知っていただきたいと思います。

テーマも募集しております。
オカルトのこの分野について語ってくれとか、あるいは質問、疑問などあれば、Twitterで #オカルト解体ラジオ新書 としてお寄せください。このブログでのリクエストでもOKです。

テーマとなりえるものは、心霊現象はあるのか、とか、心霊主義、UFO、超能力、陰陽道、密教、古神道、神秘学、占学、風水、妖精、妖怪、秦氏とユダヤ説、神話との整合性、秘密結社、裏歴史、魔法、魔術、悪魔の召喚法などなど、いっぱいあります。

五行陰陽

















20180806081226




















180px-Photo_of_Sir_Arthur_Conan_Doyle_with_Spirit,_by_Ada_Deane














無題














普段、聞けないこともこの際、お聞きください。ただし、わからんものはわからんと言います。


occult_hp
























kaidanyawa at 07:43|PermalinkComments(2)

2023年01月21日

来週土曜日、怪倶楽部新年会!! 大正ロマン溢れる老舗料亭で!!

中山市朗です。

オンラインサロン怪倶楽部の怪員の皆様、来週の土曜日ですよ。
怪倶楽部、結成以来初の新年会!!

私がお薦めする、大正時代のロマンを感じさせる老舗料亭の雰囲気ある和室を5時間借り切っております。
25日(水)まで参加者募集しております。あと5人ほどで締め切ります。
怪員じゃないけど、参加してみたいな、という方は、怪倶楽部に入怪してください(笑)。
入怪の仕方はこのブログの下記にあります。


そして、本日は「オンラインサロン怪倶楽部〜プライベート怪談会」!!
21:00から3時間ほど。終了後軽くオンライン飲み会もやります。

オンライン1月




















まあ、語るのもよし、聞くだけでもよしの怪談会です。
そして来週は!?

29日(日)21:00〜オンライン講座「日本戸板返し」
今月から「中山市朗と怪談実話縁起」ということで、私の怪談人生を語ります。
第一回目の今月は、おそらく少年期、芸大怪談、うちのばあちゃんの幽霊談、山の牧場の導入当たりまでかな? 台本無し、思い出しながら語っていきます。


img















◆怪員のなり方。

★オンラインサロン怪俱楽部、入怪方法。

参加するには、オンラインサロン怪倶楽部への入怪が必要です。


中山市朗怪倶楽部








オンラインサロン怪倶楽部」
怪について語り聴き知って体感する怪員制のオンラインサロンです。
どんどん掘り下げますよ。

怪員募集(有料)しております。
興味ある方は、下記の通り!!

◆オンラインサロン『怪倶楽部』。怪員募集中。
月額制。プライベート怪談会、中山市朗の『怪』講座など。
詳しくは、s.music.jp/707Qg










kaidanyawa at 07:00|PermalinkComments(0)

2023年01月19日

山口敏太郎、竹内義和、中山市朗による「新春対談」がATLASラジオ から配信!! 都市伝説と妖怪!!

中山市朗です。

先日、山口敏太郎さんが我が書斎に来られたことはお知らせしましたが、その時収録した、山口敏太郎、竹内義和、中山市朗による「新春対談」がアップされております。
山口敏太郎公式チャンネル ATLASラジオ からの配信。
都市伝説と妖怪についての鼎談となりました。
収録が始まるまで、テーマすら決まっていないぶっつけ本番!!

前編⇩




後編⇩





よろしければチャンネル登録を!!


IMG-5038















そして、昨夜はYouTube中山市朗公式チャンネルより、秘書を相手に久々の生配信。
ほんとは『なまなりさん』復刊記念として昨年末に配信するつもりが、秘書がインフルエンザ、続いて私が風邪でダウンしてしまって、ようやく今になって。
呪いや祟りについて、陽気に語っております!!












kaidanyawa at 07:00|PermalinkComments(0)

2023年01月17日

山口敏太郎氏、わが書斎に来訪。 『ATLASラジオ』と『オカルト解体新書』のコラボ!! 近日配信!!

中山市朗です。

ラジオ特番になる、竹内義和さんとの『オカルト解体新書』。
MBSラジオより、1月24日(火〉深夜2:30〜5:15
ラジオ放送&YouTube生配信。
テーマ、リクエスト、募集しておりまする!!

北野誠の茶屋町怪談2022冬 - MBSラジオ



テーマのリクエストは
#オカルト解体ラジオ新書でtweet!!

occult_hp












その『オカルト解体新書』。
先日、我が書斎に作家でオカルト研究家(おお、わしとおんなじ)の山口敏太郎さんが到来。

ATLASラジオ

Bintarou Turtle Company Yamaguchi - YouTube


と、『オカルト解体新書』のコラボを行いました。
近日中に配信いたします!!

IMG-5034 (1)















私の書斎も怪談&オカルトの聖地となりつつあるような。

そして、昨夜配信された最新の『オカルト解体新書』。
「鬼」はいる、という私との体験談と、奇妙な写真も紹介。
「燃える中山市朗」!!
障りがあるというのは、こういうこと。












kaidanyawa at 12:40|PermalinkComments(0)
プロフィール
中山市朗(なかやまいちろう)

作家、怪異蒐集家、オカルト研究家。
兵庫県生まれ、大阪市在住。


著書に、
<怪 談>




<オカルト・古代史>




などがある。
古代史、聖徳太子の調査から、オカルト研究家としても活動している。






作家の育成機関「中山市朗・作劇塾」を主宰。



Archives