2021年09月22日

近づいて来たぞZOOM怪談『彼岸百物語』、そしてオンラインでの『プライベート怪談会』!!

中山市朗です。

さて、劇団PatchとのZOOM怪談『彼岸百物語』、近づいてまいりました。
役者である彼らに、ガチの怪談を語ってもらいます。その為に彼には、体験をや思い出し、取材をしたりしております。
そして私も応戦します。

9月24日(金)〜26日(日)。
いずれも、
3回、被る話はありません。


彼岸百物語2










9月24日(金)23:00(22:30開場)
出演:中山市朗(作家)、[劇団Patch]田中亨、松井勇歩、三好大貴

9月25日(土)23:00(22:30開場)
出演:中山市朗(作家)、[劇団Patch]井上拓哉、吉本考志、星璃

9月26日(日)23:00(22:30開場)
出演:中山市朗(作家)、[劇団Patch]竹下健人、三好大貴、星璃

9月26日(日)24:30(24:00開場)
「㊙アフタートークショー」
出演:星璃、竹下健人、三好大貴、吉本考志、井上拓哉
※怪談LIVEの裏話満載〜三夜で発表された全九話の中からNO1怪談話が決定!?

チケット発売

右向き矢印https://match-ing.jp/patch_higan/



そして、9月25日は、オンラインサロン『怪倶楽部』の「プライベート怪談会」があります。
夜は『彼岸百物語』がありますので、午後13時からの開始となります。
17時までやっておりますので、怪員の方、途中参加して途中退席することも自由ですので、どんどん参加してください。
語るもよし。聞くだけでも良し。
ちょっとした不思議な話でもOKです。

7714-MEA





















オンラインサロン『怪倶楽部』は、怪談とオカルト好きの集まる秘密結社であります!!

◆オンラインサロン『怪倶楽部』。怪員募集中。
月額制。プライベート怪談会、中山市朗の『怪』講座など。
詳しくは、s.music.jp/707Qg








kaidanyawa at 07:00|PermalinkComments(3)

2021年09月20日

『24時間オカルトエンタメ生放送』出演レポート!!

中山市朗です。

昨日、最終一本前の「のぞみ」で帰って参りました。
オカルトと怪談、いろんな方々とご一緒しました。
いろんなお土産話は、今夜、動画の生配信でお話します。ツイッターに告知出ますので注意しておいてください、な。

製作、配信の東北新社は、今はCMや映画製作などを行っていますが、最初は『サンダーバード』の吹き替えをやっていたようです。なので、懐かしいサンダーバードの模型がありましたので、つい、パチリ!!

2021-09-19 05.25.36













ペネロープとパーカー。黒柳徹子さんと今橋恒さんの吹き替えでした。


2021-09-19 05.25.57













さて、『24時間オカルトエンタメ生放送』、ファミリー劇場clubで視聴できるというもの。

はじまりは楽屋から見ていました。
総合司会は、田中俊行くん。大丈夫なんかなあ。

2021-09-18 19.07.00














私がまず出演したのは「怪談ニュージェネレーション」。
若手の語り手たちに話芸を披露してもらって、ナンバーワンを決めるというもの。
最初、審査員としてオファーがあったんですけど、先方さんもこういう怪談に点数を付けるということは出来ない、と公言しているのは理解した上でのオファー。
点数を付けなければ、という、いわばご意見番という立ち位置ということで、了承いたしました。
やっぱりね、どんどんと出て来る怪談の語り手は、どんな人たちなのか知っておきたいし、彼等の芸を直接見てみたいという好奇心や、今後の怪談の世界を考える上にも参考にしたいなという気持ちはあったわけです。

で、私の出演はシークレットということになったので、宣伝等は行いませんでした。

審査員席に座っている面々は、いずれも怪談仲間たち。
その指摘は厳しいわ。いやあ、私なら落とされてまうわ。

しかし、若手のみなさん、テクニックはお持ちで、そうとうレベルが高い。私が、10年、20年積み重ねてきたことを彼らは楽々越して行っている。そんな感じがしました。彼等も辞めずにやりつづけていくと、年齢と共に深みだとか、味が出てきます。怪談を語るからには、怪談というものに真摯に向き合って、いろいろ試行錯誤していただきたいと思います。

ただ、ここ数年で怪談を語る若手がどどっと増えましたな。いや、増えすぎましたな。そんなに怪談師、いらんかな?

『怪談ニュージェネレーション』に語り手として出演した若い演じ手たちと。
出演者の中で、この写真欲しい人は、使っていいですよ。


2021-09-18 21.43.32













こちらは、審査した側。
ぁみ君、川奈まり子さん、いたこ28号くん、MCの早瀬康広くん、吉田悠軌くん。

2021-09-18 21.46.13













3時間ほどの出演の後、ホテルで休憩。
2時間の休憩は、飲むわけいかんし、寝たら起きられへんかも知れんし。

深夜25時30分からは、本格的なオカルト論証番組『朝まで生オカルト』。

出演は、秋山眞人さん、『ムー』編集長の三上丈晴さん、『TOCANA』編集長の角由紀子さん。そして私。飛鳥昭雄さんは何があったのか、リモート出演。

2021-09-19 02.01.45













それぞれがテーマを出して、みんなで論証するわけですが、何がテーマとなるのかは当日まで知らされない。ガチでの真剣勝負であります。

最初、角さんが「地球にいる宇宙人』についてという議題が出してきて、こりゃ困ったなと。
そんなん、おるわけないやん、と思うわけですが。でもそれで済ましてしまうとここに出ている意味がない。さっそく私の頭の中にある怪異情報の中から「地球にいる宇宙人」の怪談を検索。
けったいな話があったので、それを語りかけると「すみませーん。配信が止まっています」とスタッフから言われて、しばらく待ちの状態に。聞くと、私が怪談を語り始めたあたりから、止まったみたいで。

なんかね、私が怪談を語り始めると、何かが起きるのは、偶然か、何かあるのか。

「こんなこと、ちょくちょくあるんですか?」と聞いてみたら、「無いです」とはっきり言われました。物凄い量の番組配信やっていて、初めてのことだと言われました。

まあ、ネット配信ですので各家庭や環境でフリーズしたり、トラブルはあるでしょうが、配信側に原因というのは、無いらしい。原因を追究していると言うことで、10分ほど?

まあ、私らが個人のPC一台で配信しているのと違いますからね。

2021-09-18 19.07.36













最近、怪奇現象かどうか知りませんが、言霊の作用はあるんじゃないか、となんとなく思っております。
この後、秋山さんは「予知能力」、三上さんは「生まれ変わりのメカニズム」、私は「聖徳太子・未来記」をそれぞれテーマとして、いろいろ意見を交わしました。こんなことを3時間半の番組にするとは、こりゃ画期的なことですよ。
でも、ここにいる人たちの話を聞いて思うのは「そんなん常識やん」「あるわけないやん」と思考停止すると、結局何も知ることは出来ないということ。
この人たちは、そういう常識というものを疑って、見えないものを観ようとしている。これがオカルト研究にまずは必要な態度。ただ、皆さん凄いのは「言い切ること、断言すること」。
これは私にはできません。私はわからないから研究しているのでありますから、まだわからないものだらけ。言い切る方が視聴も読者も圧倒的に増える、というのは分かっていますけれども。

まあ、なんやかんやと無事終了。

秋山眞人さん。角由紀子さん。モニターの中の飛鳥昭雄さん。私、三上丈晴さん。
世界の闇を知る者たち!!?

2021-09-19 05.09.59













さて、早朝に新幹線で変えろうとすれば、帰れんことなかったのですが、あと一本出演が。
『大恐怖!  ぁみの史上最大最恐怪談百物語』
19時から。

最初はリモートでということだったのですが「その日、東京おるで。24時間オカルトエンタメ、出るよ」と言ったら「あっ、それ僕も出ます」ということになって、スタジオ出演。

そしたらその為に、東北新社さんは、ホテル滞在を伸ばしてくれました。感謝ですわ。

とはいえ、19:00開始ということは、1時間15分ほどしか出られない。最終の新幹線が21時23分とか、そんなんでしたから。

まあ、何話か語って、急いで地下鉄に乗り込みました。

いたこ28号後輩、悠遠かなた君、私、一条ま〜太郎君、そしてぁみ君。

2021-09-19 20.26.58













最近はリモート出演ということで、直接会わずに共演という機会が多くなりましたが、こうやって、仲間たちと直接会うのはいいもんです。
あっ、ま〜太郎くん、重い荷物を持って駅まで送ってくれました。ありがと〜。

というわけで、詳しいお土産話は、今夜の動画生配信で!!
21時頃からの予定。












kaidanyawa at 07:18|PermalinkComments(3)

2021年09月19日

オカルト&怪談 二本配信終了!! 私が怪談を語ると何かが起きる?

中山市朗です。

早朝、5:40 ホテルへ戻る!

長丁場の番組、終わった〜。

19:15〜21:15
『怪談ニュージェネレーション』


怪談ニューエイジ















ぁみ君、川奈まり子さん、私、いたこ28号君、早瀬康広君、吉田悠軌君。

25:15〜29:00 

『朝まで生オカルト』

飛鳥昭雄さん、わし、秋山眞人さん、角由紀子『TOCANA』編集長、三上丈晴『ムー』編集長。

朝までナマオカルト 











怪談とオカルト、ふたつをまたいだ!!

私が怪談を語りかけると……。

詳しい報告やエピソードは、明日(20日)早朝。
夜は、動画配信するかも。
お土産話、いっぱい!!?


ほな、寝るわ!

ほんでまだ帰られへん。
19:00〜 『大恐怖! ぁみの史上最大最恐百物語』に出ますわ!!


  
あみ
















kaidanyawa at 05:58|PermalinkComments(3)

2021年09月17日

明日(18日)21:00より、オンラインサロン怪倶楽部 テーマは『宗教とは……!?』

中山市朗です。

本日(18日)21:00より、オンラインサロン怪倶楽部からの配信があります。
怪員向け講座「日本戸板返し」
今回のテーマは『宗教とは……!?』です。

怪員さんのリクエストです。

今回は怪談は語りませんし、オカルトの深層部分を解明する、でもありません。
ただ、この『宗教とは……!?』というテーマは、非常に深く、まずはオカルトそのものが宗教学のカテゴリーに入るもので、オカルトについて語ったり調べたりするには、まずこの宗教とは何か、ということを理解せねばなりません。
また、宗教は人類が文明、文化を持つにあたって、その源泉となったものです。
おそらく、宗教というものを持たなかったら、我々人間は、未だ未開の森林や野原で生活していたかもしれません。宗教、つまり、目に見えない神という存在を想像したことから、人間は他の動物からとびぬけた存在となったと、私は思うわけです。

例えば、イルカは高い知性を持ちますが、彼らは神を持ちません。よって、文化、文明を持っていないわけです。チンパンジーにしてもそうですね。
町内に住む犬や猫が、公園で集会を開いていて、みんな一定方向を見て何かを崇めたり、瞑想していたなんてことは無いわけです。もし、そんなことが起こったら、彼らはその瞬間から、人間化することになりましょう。
『猿の惑星』というSFは、人間に替わり猿が地球の征服者となっている、という設定でしたが、あの世界では、ヒトはただ野生として暮らし、サルたちは神を持ち、神のもとに造られた歴史と戒律をもっていた、という想定でしたね。
だがその一方で、人は平和に暮らし、サルは知能と慈悲の心は持ちながら、軍隊を持ち暴力をふるう集団として描かれていました。

このあたりに、宗教というものの本質があるように思います。

なぜ、イスラム教やキリスト教は日本人は受け入れないのか、なぜ、ヨーロッパはキリスト教を受け入れたのか、インド生まれの仏教はなぜインドに定着せず、中国や日本が受け入れたのか?

こういったことを考えると、それぞれの民族、文化・芸術、思想・哲学、地域、国の在り方はまさに宗教によって特色が決まり、それはまた地政学とも関係していることがわかります。
そしてそういったことが解ると、その歴史の本質が解り、また現代の世界の情勢が把握できて、ある意味、未来が予測できると思われます。

宗教とは、人間に文化、文明をもたらせたものであり、生活風習を決定づけるものである、と、そういうお話を、なるべくわかりやすく、したいと思います。この講座を聞けば、あなたはもっと歴史や文化について知りたくなるでしょう。世界を見る目も違ったものになることでしょう。


今夜21:00より開始。22:30頃、終了予定。その後1時間ほどオンライン飲み会をいたします。疑問、質問も受け付けます。ただし、この時、ホテルからの配信になるかもしれません。ちょっとバタバタするかもしれません。そうならないよう、前もって万全の用意はいたします。

-BLIt..1















「オンラインサロン怪倶楽部」
怪について語り聴き知る体感する、の怪員制のオンラインサロンです。

怪員募集(有料)しております。
興味ある方は、下記の通り!!

◆オンラインサロン『怪倶楽部』。怪員募集中。
月額制。プライベート怪談会、中山市朗の『怪』講座など。
詳しくは、s.music.jp/707Qg















kaidanyawa at 00:10|PermalinkComments(5)

2021年09月16日

劇団Patch VS 中山市朗『彼岸百物語』、ただいまリハーサル中?

中山市朗です。

来週、24日(金)〜 26日(日)に、劇団Patchの若手俳優たちとのZOOM怪談を開催します。ということは何度も告知をしておりますが、私から、実話としての怪談を語るように、という半ばパワハラめいた(?)注文に応じて、劇団の皆さん、いろいろ怪異談を集め、その話をどう語るか、表現するのかと、模索しながら本番に備えています。

そういうエピソードや、はじめてZOOM怪談をするという不安や期待を、出演者のメンバーがYouTubeにて語っております。




彼等との怪談&トーク、楽しみですねえ。

ぜひ、成功させて今後もやっていきたいと思っておりますが、そのためには皆さんにご視聴していただけねば!!!


Zoom怪談『彼岸百物語』劇団Patch VS 中山市朗  
ここで語られるのは全て実話です。
私もPatchkのメンバーと共に怪談を語り、怪談についてのなんやかんや、を披露します。
3日間、被る話はありましぇん。

詳細、スケジュールなどは👇
match-ing2.jp/t/patch/menus/113


彼岸百物語2


















kaidanyawa at 12:04|PermalinkComments(0)

2021年09月14日

ZOOM怪談『彼岸百物語』を紹介したABCテレビ『スタンダップ』 YouTubeに公開されたよ!!

中山市朗です。

昨日発信したツイッターで、「大恐怖! ぁみの史上最大最恐怪談百物語」の時間が、19日19時とするところ、19日9時になっておりました。
19時に訂正します。

「このどろガメ〜」
「ごめんちゃい」

9be558c5-s













ツイッターと言えば、我が秘書がツイッターで、近々の私のスケジュールを出してくれています。
ま、怪談、オカルト好きの人は、いろいろ吟味してください。

のの(中山市朗事務所・秘書)


ZOOM怪談『彼岸百物語』が取り上げられたABCテレビ『スタンダップ』。
YouTubeにアップされました。

テレビ放送が観れなかった方も、関西以外の人も、どうぞ。
で、アップされたのは、ABCテレビの技術さんが、あの女の声はなんなんだ?
怖いから教えてほしい、というわけでして。
ヘッドホンをして、ボリュームを最大限にしますと、私にも聞こえました。

私が怪談を語り終えた直後、9:23のあたり。なんかその前にため息も聞こえません?
まあ、知らんけど。



Zoom怪談『彼岸百物語』劇団Patch VS 中山市朗  
ここで語られるのは全て実話です。
私もPatchkのメンバーと共に怪談を語り、怪談についてのなんやかんや、を披露します。
3日間、被る話はありましぇん。

詳細、スケジュールなどは👇
match-ing2.jp/t/patch/menus/113


  
TVスポットCM











kaidanyawa at 07:00|PermalinkComments(6)

2021年09月13日

18日25:00〜早朝までの放送「朝まで生オカルト」に出演

中山市朗です。

ファミリー劇場CLUBから視聴できます、オカルトエンタメ大学「24時間生オカルト・エンタメ生放送」というちょっとクレイジーな企画があります。
9月18日19:00〜翌19日19:00まで。

その中で18日25:00〜早朝までの放送「朝まで生オカルト」に出演します。

「朝まで生テレビ」のオカルト版、だそうですが??

出演は、飛鳥昭雄、秋山眞人、三上丈晴、角由紀子、そして中山市朗。

番組紹介では、こうありました。


オカルト界の重鎮とオカルトメディアの編集人が集結し、今話すべきオカルト情報を朝まで徹底的に語り尽くす。真夜中で生放送でしかもメンバーならば秘密結社も機密情報も歴史の闇も怖くない!舞台は整った!もう止めらない!濃すぎるオカルト討論会。



9/18(土)19時〜翌19時「24時間オカルトエンタメ生放送」




朝までナマオカルト 











そして、この日は東京にそのまま居残り、怪談家ぁみ君が主催する『ぁみの史上最大最恐怪談百物語』にも顔を出す予定です。

あみ











出演者がなんかすごいメンバーですね。
ニコ生放送で19日19時から。
ただし、最終の新幹線に乗らなあかんので、冒頭時間だけ。

あっ、PCR検査キット来た!!







kaidanyawa at 07:00|PermalinkComments(3)

2021年09月10日

ABCテレビ『スタンダップ』、謎の声はなんなのか?

中山市朗です。

昨夜のABCテレビ『スタンダップ』、観られました?   関西限定ですけど。
声、ここで声が聞こえているよ、と聞いていれば「あっ、聞こえた」かも知れませんが、何も聞いていなかったら気づかなかったでしょうね。
でも、聞こえました。女性の、あれ笑い声なんでしょうか?
なにか、ぼそぼそっと言っているような感じでした。
現場でも竹下健人君だけが、聞こえていた、という。彼は笑い声と言っていました。

「声、聞こえた」と一人ビビっている竹下君。
彼はそういう感覚が優れているということなのでしょうか。


スタンダップ 竹下












私、何人かの女優さんから「霊感が無いと俳優業は成功しないのよ」と言う話を聞かされたことがありますが、どうなんでしょう?    そういえば、演技をしていて何かが降りてくる、とか、いいますよね。作家にもそんな瞬間があります。確かに。

ただ、ABCテレビのスタジオですのでね、そんな感じのもの、でもVTRに物理的に入っているのはおかしいわけで。
だから、いちばんビビッたのは、番組の編集、技術のスタッフだったでしょうね。イヤホンをつけていたら、はっきりと声は認識したらしい。

ちなみに、番組視聴率はいつもより高かったようです(笑)。

面白いことに、たまに、番組の中で妙な声が聞こえたり、ノイズが入ったりするのはこういった怪談や心霊をあつかった時が圧倒的に多いんですね。それが霊の声なのか、と聞かれると、わからないとしか言いようがないのも確かなこと。でも、こういった番組に携わるのをマジで嫌がるディレクターさんもほんとにいますしね。

そういえば、『スタンダップ』収録の前、顔合わせした途端にもう番組担当のスタッフさんは、過去、番組制作中に起こった不思議体験や、奇妙な出来事を話し始めて盛り上がり、浦川アナが入ってこられると「だいたいこのABCの建物が建っているところが、昔どんなところだったかと言いますと」と、土地の因縁話が始まったり。怪談で盛り上がったんですよ。だからその時点で、妙なものをおびき寄せた、のかも知れませんね。

でも、私としてはこういった不可解な現象が本番中に起こってくれれば、それは怪を語ると怪を呼ぶと古来から言われていることがやはり起こった、と、ほくそ笑みたいところですが、あんまりマジだと、一般の人たちは怖がっちゃうのかな。
この番組の放送後、夜中から今朝にかけてではありますがすが、『彼岸百物語』のHP閲覧者が、いつもよりぐっと減ったとか。私のこのブログを読んでいる人たちは興味津々といったところでしょうけれども。
『彼岸百物語』、本番中、こりゃ、何か来るなあ。

ちなみに『スタンダップ』、見逃した人。
9月11日(土)27:00(日曜の朝3時)より、ABCテレビにて再放送有ります。
イヤホンを付けて、スタンバイせよ!!




スタンダップ2














ZOOM怪談『彼岸百物語』


彼岸百物語2











期間は、お彼岸に当たる9月24、25、26日の3日間。毎夜23:00からスタート。
題して、
『彼岸百物語』!!
もちろん、3日とも同じ話は被りません。日替わりで実話怪談を生配信します。

聞くときは部屋の電気を消して、イヤホンをつけて、スマホかPCでお楽しみください。

チケットは一夜1300円。

match-ing.jp/patch_higan/

https:/


9月24日(金)23:00(22:30開場)
出演:中山市朗(作家)、[劇団Patch]田中亨、松井勇歩、三好大貴

9月25日(土)23:00(22:30開場)
出演:中山市朗(作家)、[劇団Patch]井上拓哉、吉本考志、星璃

9月26日(日)23:00(22:30開場)
出演:中山市朗(作家)、[劇団Patch]竹下健人、三好大貴、星璃

9月26日(日)24:30(24:00開場)
「㊙アフタートークショー」
出演:星璃、竹下健人、三好大貴、吉本考志、井上拓哉

※怪談LIVEの裏話満載〜三夜で発表された全九話の中からNO1怪談話が決定!

主催]朝日放送テレビ(株)、(株)まごころず

[企画]ABCテレビ
[製作](株)まごころず







kaidanyawa at 13:39|PermalinkComments(5)

2021年09月09日

些細ながらも、二つの怪異が発生?? 今夜26:24〜ABCテレビ『スタンダップ』!!

中山市朗です。

本日、深夜26:24〜ABCテレビ『スタンダップ』に、劇団Patchの竹下健人君、吉本考志君と共に出演します。『彼岸百物語』の宣伝番組でありますが、私も怪談を一席、語っております。


浦川泰幸アナ、竹下健人君、吉本考志君、わし。
収録の模様。


スタンダップ2














で、

私が怪談を語り終わったと同時に、竹下健人君が「女の人の笑い声が聞こえた!」とビビりだしたんですね。もちろん本番中に笑うスタッフもいないし、出演メンバーには女性はいない。第一何も聞こえなかった。
「なに、ビビってんの」「「おいおい!」
スタジオはそんな雰囲気。
ところ収録後、何日かたって、ABCテレビの人から連絡が入って。
私が怪談を語り終わってすぐに、確かに女性の笑い声が音声として入っていて、編集作業中に気づいたらしい。で、今度は技術の人がビビっている、と。竹下君だけに聞こえていた女の声は、ちゃんと録音されていたというのですが。
番組開始、14分10秒のあたりで聞こえるそうなので、皆さん、確認してください。で、怪異かどうか確かめていただきたいとのこと。現場では誰も笑っていません。

番組HP 👇
https://asahi.co.jp/standup/


そして、もう一つ。

昨日、大阪の某スタジオで『妖怪百科』の録音があったのですが。
今回は、河童の特集と言うことで、私はマイクに向かって河童について語っていると、技術担当の方からヘッドホン越に「すみません。人の声が聞こえていますので、ちょっと待ってください」と指示がありまして、数秒ほど待ったんです。たまに救急車が走ったり、近くでお祭りの太鼓の音がしてきて待った、ということはたまにあるのですが、人の声??

さて、収録を終えてちょっと休憩しておりますと、その技術さんが来て「考えたら不思議なんですよ」と。この日、スタジオには私と技術さんの二人だけ。他に声を出す人はいない。でもその声は外から聞こえたようだと。でも、ここ、スタジオですから外で誰かが話していたとしても聞こえるはずが無いし、聞こえたこともない。しかも、技術さん、ヘッドホンしてますからね。
でも、確かに人の話し声が聞こえて来たので、中断した、と。
「あの声、どこからしたんでしょう?」やて。やっぱり女性の声だったようで。

まあ、些細なことで怪異だ、不思議だとよお言うわ、とおっしゃるのもごもっとも。
でも、どちらもプロの技術さんで、いずれも初めてのことらしい。そして私が怪談を語っている時というタイミングが、ちょっと彼らが不思議がるところ。

怪談は言霊なんだなあと、なんとなく思う、今日この頃であります。


👇Zoom怪談『彼岸百物語』TVスポット





そして今日発売です!!


市朗怪全集 12 (<CD>)
中山市朗
パンローリング
2021-09-01

9784775989326




























kaidanyawa at 07:00|PermalinkComments(4)

2021年09月08日

今月のオンラインサロン『怪倶楽部』の予定

中山市朗です。

今月のオンラインサロン『怪倶楽部』の日程がでましたので、報告いたします。
毎月、土日はいつも仮押さえが入っていて、この時期の発表になります。すみません。

今月の講座「日本戸板返し」は、9月17日(金)21:00〜

テーマは『宗教とは……!?』vol.1

これは怪員のリクエストによるものです。
オカルトの本質は宗教学ですし、怪談の世界も、人の死生観や宗教観、あるいは神様の神罰や後利益といったことが関わる話も多いですね。また、日本人とキリスト教の国々の人とは、畏怖するものも恐れるものも、その本質部分は異なったりするものです。
そのキーワードは、宗教にあることは間違いありませんし、また、外国の文化を知るには、寺院や美術、文学に触れるにあたっては、その国の宗教を知らないことには、その本質はわからないと思います。いや、宗教そのものが人類に文明と文化を与えた、と言えるでしょう
そういう意味で、あまり日本の学校教育では学ぶことのない(ほんとはちゃんと学ばないかん)、人間にとっての神とは、宗教とは、ということについて、いろいろ考えるのもいいんじゃないかと思います。

もちろん私は、宗教学者でも専門家でもありませんが、オカルト研究には必須のことですので、私なりの見解を述べさせていただき、質問コーナーでみなさんといろいろ考察させていただこうと思います。


-BLIt..1















ちなみに私、これでも神道青年会や真宗のお坊さんたちに講演を頼まれた実績もありまんねんで。

プライベート怪談会は、9月25日(土)の13:00〜17:00ということになりました。
夜は劇団patchとの「彼岸百物語」がということもありますが、一度、午後の開催というのもどうかなと思いまして。
過去、オンラインではないプライベート怪談会をやっていた時は、この時間帯にするとまた客層も変わったり、主婦の方たちの参加も多かったという記憶があります。

オンラインですので、時間内は出入り自由です。

どしどし、怪しいお話を披露してくださいまし。

7714-MEA





















◆オンラインサロン『怪倶楽部』。怪員募集中。
月額制。プライベート怪談会、中山市朗の『怪』講座など。
詳しくは、s.music.jp/707Qg


先月の講座「戦争と怪談」
こんな感じでした。

オンライン講座『日本戸板返し』〜怪倶楽部編〜#中山市朗







そして明日の深夜、テレビ出演いたします。先月の
9月9日(木)26:24〜(日付変わった2時24分ですわ)。
ABCテレビ『スタンダップ』
Zoom怪談『彼岸百物語』が取り上げられております。
劇団Patch VS  中山市朗特集ということで、劇団の竹内健人君、吉本考志君と私が出演。
サンプルということで一席、怪談も語らせていただきました。
と、ところが……(明日のブログに続く)

番組HP👇 https://asahi.co.jp/standup/






kaidanyawa at 07:00|PermalinkComments(2)
プロフィール
中山市朗(なかやまいちろう)

作家、怪異蒐集家、オカルト研究家。
兵庫県生まれ、大阪市在住。


著書に、
<怪 談>




<オカルト・古代史>




などがある。
古代史、聖徳太子の調査から、オカルト研究家としても活動している。






作家の育成機関「中山市朗・作劇塾」を主宰。



Archives