2016年08月02日

2016年08月02日

重盛さと美さんと真代屋秀晃くん。

一昨日の、稲森さん、ぁみくん、で、パチリ。

Covu7naUkAAu1Af












えーっ、昨日はまずMBSラジオ『重盛さと美とUKのモリモリラジオ』の録音録りをいたしました。
もちろん怪談を語ったわけですけど。
収録中、スタッフがビビったことがありました。聞いた話ですよ。
私がある怪談を語りかけて1分半ほどしたとき、MBSのスタジオ内で、地震警報が発令。震度5.
えっえっ、とスタッフ慌てたらしいですが、揺れていない。あれれ?
するとすぐに、誤報でした、というアナウンス。
スタッフが最後までビビっていたのは、MBS設立以来こんなことははじめて、だそうで。
「それがね、中山先生が怪談を語った時に警報が鳴ったんです。これ、偶然でしょうか、それとも、何かの現象でしょうか?」
そんなん、わからん。でも、うちの警報機が鳴ったのを思いだしました。犬〇系の人が入ったとたんに、鳴った……。

オンエア日は、毎週水曜日深夜0時より。

Cow58IbUEAAH_Lu










そして、第二回「怪談の魔」は、ゲストにラノベ小説を書いている真代屋秀晃くん。
まあ、彼の話は面白い。虚実相交えた独特の世界。本人は「ほんとうの話です」と強調していましたけど。
『新耳袋』に書かれたあのエピソードの真実!
というわけで、約束をしたのは、ギャラ代わりに飲みにつれていく、ということ。
本日のお客さんは、第一部、二部あわせて5人。
わちゃあ、今日も赤字か。
今夜も飲みました。赤字が続こうが、最後まで続けまっせ。

さて、今日の「怪談の魔」のゲストはSF作家の牧野修さん。
きっとユニークなミナミの怪談が聞けると思います。
なごみの怪談。
私もミナミの怪談を語ります。

えっ、ミナミってなにって?

難波、道頓堀、千日前、場合によっては心斎橋、日本橋、アメリカ村。
こういう場所に巣食う、怪異の数々。
大阪人なら聞き逃すな!

第一部 19:30〜20:30 1000円
第二部 20:45〜21:45 1000円







kaidanyawa at 02:21|PermalinkComments(2)
プロフィール
中山市朗 【なかやまいちろう】


作家、怪異蒐集家

兵庫県生まれ。


主な著書に「新耳袋」など。

作家、漫画家の育成機関「作劇塾」を主宰。


作劇塾

オフィスイチロウ


Archives