2016年08月03日

2016年08月03日

怪談の魔・続々と出演者決定!

中山市朗です。

連夜の36日間怪談サロン開催「怪談の魔」。
第三夜のゲストはSF小説家・牧野修さんでした。

ふimage












漫才コンビちゃいます。ふたりとも、作家でおます。

大阪のミナミに生まれ、ミナミに育ったという牧野さん。
出ましたよ! ミナミの怪談。
千日前デパートから始まって、千日前怪談。
「ボク、体験談ないんですよお」と言いながらも、どんどん出てきます。奇妙な話。
もちろん負けじと私も応酬。
それがねえ、凄いんですよ。
第一部の入場者は一人。
ですから、この人のために、二人のプロの作家が語っている。贅沢ですよ、これ。完全に、連れ、の感覚。
第二部は四人。母子が一組。こういう人に入ってほしい。お母さんがめっちゃ楽しんでいました。
第二部は、同じミナミでも宗右衛門町や道頓堀の怪談。千日前とはちょっと質が違い、宗右衛門町の怪談は、どこか艶っぽい。道頓堀の怪談は、人騒がせ?

ほんとうに、怪談好きにはいい空間ですよ。8畳くらいの空間ですから、怪談かぶりつき。
演者とも近い。

image













こんな場所で、やってまんねん。

その演者が、またまた続々決定しております。
現在の状況(一部変更があります)。

      ホスト        ゲスト
7 31 中山市朗    稲森誠(役者) 終了
8  1 中山市朗    真代屋秀晃(小説家) 終了
   2 中山市朗    牧野修(小説家) 終了
   3 中山市朗    徳丸新作(役者)
   4 真名子      大木ミノル(映画監督)
   5 真名子     Cain(怪談収集家、
                     元自衛官)
   6 中山市朗    渋谷泰志(盗聴バスター)
   7 中山市朗    西浦和也(怪談作家)
   8 中山市朗    宇津呂鹿太郎(怪談作家)
   9 中山市朗    シンデレラエキスプレス・
                     渡辺(松竹芸能)
 
  10 中山市朗    ありがとう・ぁみ(吉本興業)
  11 中山市朗    リップ(怪談ロッカー)
  12〜16  お盆特別怪談サロン
17 中山市朗      サイファー
             (「サイファーの怖い話」DJ)
  18 中山市朗    ガリガリガリクソン(吉本興業) 
  19 中山市朗    ガリガリガリクソン(吉本興業)
  20 中山市朗
  21 中山市朗
  22 中山市朗    宮崎げんき(松竹芸能)
  23 中山市朗    シンデレラエキスプレス
                     渡辺(松竹芸能)
  24 中山市朗  
  25 中山市朗
  26 中山市朗     真代屋秀晃(小説家)
  27 中山市朗    田辺青蛙(小説家)
  28 中山市朗    松原タニシ(松竹芸能)
  29 中山市朗    宇津呂鹿太郎(怪談作家)
  30 中山市朗
  31 中山市朗    シンデレラエキスプレス
                      渡辺(松竹芸能)
9  1 中山市朗    松山勘十郎
               (大衆プロレス松山座座長)
   2 中山市朗    松原タニシ(松竹芸能)
   3 中山市朗
   4 中山市朗    田辺青蛙(小説家)

あとは、お客さんが来てくださるだけ。

あっ、それから夏に行うはずのプライベート怪談会。
このような状況なので開催は無理。9月も土日は詰まっているんです。
その代わり、と言っちゃなんですが、8月12日から16日までの5日間は、「お化け屋敷」の営業時間との兼ね合いにより、90分興行となりますので、お客さん参加型の怪談会といたします。
もちろん話がなくても、入場料を払えばどんどん参加できます。
入場料は1500円となります。
畳敷きのこの空間は、まさに膝突き合わせて語り聞く、怪談会の本来の魅力が味わえると思います。
ゲストはいませんが、その分、私が語ります。MCを真名子が務めます。

さて、今宵の第四回目「怪談の魔」のゲストは、人気TV時代劇『水戸黄門』や『暴れん坊将軍』などで悪役を務める俳優、徳丸新作さん。最近は怪談師として、ラジオ番組やKTV『2015怪談グランプリ』にも出演するなど活躍中な人です。




kaidanyawa at 00:07|PermalinkComments(2)
プロフィール
中山市朗 【なかやまいちろう】


作家、怪異蒐集家

兵庫県生まれ。


主な著書に「新耳袋」など。

作家、漫画家の育成機関「作劇塾」を主宰。


作劇塾

オフィスイチロウ


Archives