2016年08月17日

2016年08月17日

「怪談の魔」最新香盤表

中山市朗です。

大阪・道頓堀の目抜き通り。
くいだおれ人形がお待ちしている中座くいだおれビル地下一階。
そこにあるのが、
中山市朗監督・人形塚の家。
ヤバい人形や心霊写真が本当に置いてある、実話怪談とお化け屋敷の融合した恐怖の館です。
そして、人形塚の家の営業終了後、19:30より開催される、中山市朗がホストとなって、毎回各界からゲストをお呼びして、怪談を聞き、語る怪談会。
36夜連続怪談会「怪談の魔」。

いよいよ本日より後半戦に突入します。
新たにゲストも決まってまいりました。


「怪談の魔」最新の香盤表です。
20日、リップさん、21日、Cainさん、
9月3日、唐沢俊一さん、追加となっています。

7 31 中山市朗    稲森誠(役者) 終了
8  1 中山市朗    真代屋秀晃(小説家) 終了
   2 中山市朗    牧野修(小説家) 終了
   3 中山市朗    徳丸新作(役者)終了
   4 真名子      大木ミノル(映画監督)終了
   5 真名子     Cain(怪談収集家、
                     元自衛官)終了
   6 中山市朗    渋谷泰志(盗聴バスター)終了
   7 中山市朗    西浦和也(怪談作家)終了
   8 中山市朗    宇津呂鹿太郎(怪談作家)終了
   9 中山市朗    シンデレラエキスプレス・                   
                   渡辺(松竹芸能)終了 
  10 中山市朗    ありがとう・ぁみ(吉本興業)終了
  11 中山市朗    リップ(怪談ロッカー)終了
  12〜16  お盆特別怪談サロン         終了
17 中山市朗      サイファー
             (「サイファーの怖い話」DJ)
  18 中山市朗    ガリガリガリクソン(吉本興業) 
  19 中山市朗    ガリガリガリクソン(吉本興業)
  20 中山市朗    リップ(怪談ロッカー)
  21 中山市朗    Cain(怪談収集家、
                     元・自衛官)
  22 中山市朗    宮崎げんき(松竹芸能)
  23 中山市朗    シンデレラエキスプレス
                     渡辺(松竹芸能)
  24 中山市朗    雲谷斎(怪談作家)
  25 中山市朗
  26 中山市朗     真代屋秀晃(小説家)
  27 中山市朗    田辺青蛙(小説家)
  28 中山市朗    松原タニシ(松竹芸能)
  29 中山市朗    宇津呂鹿太郎(怪談作家)
  30 中山市朗    竹内義和(作家)
  31 中山市朗    シンデレラエキスプレス
                     渡辺(松竹芸能)
9  1 中山市朗    松山勘十郎
               (大衆プロレス松山座座長)
   2 中山市朗    松原タニシ(松竹芸能)
   3 中山市朗    唐沢俊一(評論家、
                   と学会運営委員)
   4 中山市朗    田辺青蛙(小説家)

本日17日のゲストは、インターネットラジオ「サイファーの怖い話」DJのサイファーさんです。
19:00〜20:30
20:45〜21:45
入れ替え制の2部制。
入場料は各1000円です。



kaidanyawa at 12:46|PermalinkComments(2)

サロン形式千秋楽。そして唐沢俊一氏が……?

中山市朗です。


真名子〜、後ろー!

Cp-ggN3UMAEnCcb








うちの幽霊、道頓堀に出没しておりますと、写真をよく撮られるようです。
みんな、そない心霊写真、欲しい?

とまあ、36夜連続怪談会「怪談の魔」。
その第17夜となりました今宵も、畳に円座となっての怪談サロン。
お客さん、10名。

Cp-4Z8FUMAEzdwt









サロン形式の5日間で、のべ51人のお客さん。500分(8時間とちょっと)。
語ったお客さん27人。おそらく私と真名子が語ったのを除いて、40話くらいは出たと思いますので、実は怪談蒐集には、効率のいい場所だったのです。新しい怪異談が、これだけいろいろな人から語られ、聞けることは無い。わりと質のいい話が多かったですし。
これ、参加してくださった皆々様のおかげです。
特にHさんは、5夜連続の出席。いずれも3話以上は語っていただきました。
ありがとうございました。

さて、本日もいろいろな怪談が披露されました。
タクシー怪談がわりと多かった。あと、琵琶湖が怖い。あと、お盆らしく仏壇の話。私も触発されてずいぶん語りまして、この日もあっという間に100分が来ました。
途中、時計が止まるというハプニングも。
秒針は動いていたので、止まっているという感覚はなかったんですが、真名子から「先生、時計、止まってますよ」と指摘されて、あっ、ほんまや。
この怪談サロンのために新たに買った時計なんですけど、そんなことあるんですかね?

ただ、今のところ、大きなハプニングもなく順調に怪談の魔は進行しております。
大阪最大の霊スポットが、目と鼻の先にあるんですけど。

さて、明日17日からは、お化け屋敷も通常営業に戻ります。
したがって、「怪談の魔」も従来通り、19:30よりスタートの二部構成。
私がホストとなって、怪談が語れるゲストを迎え、さまざまな怪談の世界を皆様に提示いたします。
17日のゲストは、インターネットラジオ「サイファーの怖い話」のDJ、サイファーさんが登場します。
もともとうちのお客さんで、私に怪談をいろいろ提供してくださり、『怪談狩り』にも何話か収録させていただいていますが、やはり怪談を語る、という魅力に取りつかれると、こういうことになる。
怪談社の紗那さんも、うちのお客さんからはじまって、ラジオでなくライブから始まりましたが、やはり同じ経路を経て、プロになりました。怪談好きのみなさん、人生を踏み外さないように、気を付けましょうね。

明後日、明々後日は、霊に憑りつかれた男、ガリガリガリクソンくんが連夜の登板をいたします。
怪談がエロ談になっても、クレームをつけないように。
そんな日に来たあなたが悪い?

以後も続々豪華ゲスト陣が登場いたしますが、9月3日の「怪談の魔」には、東京からのゲストを迎えます。
評論家でと学会運営委員の唐沢俊一さん。
中山市朗と、と学会の唐沢俊一が、どんな怪談を展開させるのか?
これ、ニュースですよ。


さあ、あと19日。




kaidanyawa at 01:30|PermalinkComments(3)
プロフィール
中山市朗 【なかやまいちろう】


作家、怪異蒐集家

兵庫県生まれ。


主な著書に「新耳袋」など。

作家、漫画家の育成機関「作劇塾」を主宰。


作劇塾

オフィスイチロウ


Archives