2016年08月28日

2016年08月28日

怪談、怪奇、てんこ盛り!

中山市朗です。

ただいま、生き返りました。
昨夜は濃い夜でした。

まずは、36夜連続怪談会「怪談の魔」。
第28夜となりますこの夜のゲストは、ホラー作家の田辺青蛙さんでした。

IMG_6912






















この日のお客さん、第一部12人、第二部17人。

田辺青蛙と私、といえば、そう「Dark Night 1」に登場し、奇声をあげたあの伝説の市松人形。
実はあることがありまして。

私が監督するお化け屋敷「人形塚の家」のイメージは、実はこの市松人形から来ていまして、会場に飾るつもりだったんです。決まってすぐ、田辺さんにメールをしたのですが、人形は持ち主のもとに戻っているからNGとの答えでした。

田辺さんによれば、この人形を巡っては、地上波からケーブル局まで、テレビ番組から十は超えるオファーがあり、それらがことごとく流れたといいます。北野誠さんも「お前ら行くな」でオファーをかけていたはずです。その他の取材も全部お流れ。
でも、私がオファーをかけると、そのときだけ、人形は出てくれる……。
で、ちょっといろいろありまして。

あのね、この人形、怪談が好きなんだと思います。
例えば、テレビ番組のオファーを受けると、ただ見世物的な扱いにしかおそらくならない。でも、私と出ると、私はこの人形の顛末を怪談として語る。それはこの人形のことを語ることになる。このことを「彼女」は欲しているのではないかと思うのです。それをできるのは、私しかいない。

で、この夜、会場にいた17人のお客さん。どよめきました。
なぜなら。


この日、来場したお客さんとだけの秘密。


もう、まがまがしいものはない。でも、いまもなお、何かを「彼女」は主張しています。
それが証拠に、「彼女」は今……。

あと、8日。

その後、ZAZAに移動。この日、ありがとぅあみ君が「生怪談24時間TV」を21:00より開始。私は楽屋で23;00頃よりその番組にスカイプで出演。その間に、北野誠さんが楽屋入り。

Cq38STYUIAAP1-X











24:00、ちょっと押して「Dark Night 19」が始まりました。
司会は真名子。
満員御礼!

なんだかこの日は、ザワザワしていました。
ステージの上手。じょうず、ではない、かみて、と読む。客席向かって右側。誠さんは上手に座っていたのですが、彼によれば、その上手の黒幕の向こうを、人が何度も通ったというのです。私も一度、どん、とすごい音がしたのを聞きました。
「だれか、あそこおる?」
ビビッて立ち上がり、下手のスタッフに確認をとる出演者たち。



Cq4scMEUAAEObmk










おるわけない。


また、誠さんが「地震か?」とフリーズして。
確かに、ステージが、ゆうらゆうらと揺れていました。それも長かったですよ。
下手に5人ほどのスタッフがいたのですが、彼らによれば「揺れ」はまったく感じなかったとのこと。   
    
で、揺れるわけないやん!

もちろんその時間帯に、地震速報があったという事実もなし。
いやいや、あれは地震の揺れやない。ゆうらゆうらと、回っている感じ。やわらかい床?
で、不穏な空気はずっとある、と。

そらそうですわ。

ここは道頓堀中座跡。芸能関係者の怨念が集まっている。すぐ近くが千日前。
ZAZAのお向かいはお化け屋敷。しかもまがまがしい人形やその他が中に展示してある。その前で連夜の怪談。我々からは狗神だのなまなりだのコトリバコだのの禁句が出る。心霊写真のコーナーも今回あって。客席がざわめいたのは、黒紫に変色した松原タニシくんの写真。あれはあかん。おまけに、誠さん、そのことを知らずになぜかあの、市松人形の話になって。
「今、楽屋にあるよ」
「ええっ」

怪異をなんだか引き寄せてますな。

もちろん、勝手に公開はできませんので、ステージにはあげませんでした。でも……。


それと、この日は、六甲山の怪談、奇妙な歩道橋、雨の降る日、飛び降りる人の影、といった原因がスッキリ解明されるという、逸話が誠さんにより語られました。
六甲山に住む猟師が、その謎を知っていて、誠さんに「そんなん知らんのかいな」と教えてくれたらしい。
なーるほど。

というわけで、今回もまがまがしい話をして、終幕。

すっごい、お塩が売れました。
この塩の売れ行きが、お客さんがまがまがしさを感じたバロメーターです。

さて、今宵28日は「怪談の魔」の第30夜。
事故物件住みます芸人の松原タニシさん。
彼、いまヤバい。とは、北野誠さんの見立て。
「もう手におえん」
明日の第31夜は、再び登場、怪談作家の宇津呂鹿太郎さん。
まだ続いています。何が起こるかわかりません。


で、今、私の隣に……。

IMG_6917



kaidanyawa at 14:28|PermalinkComments(15)

生き人形と一緒。

中山市朗です。

36夜連続怪談会「怪談の魔」。今宵が第29夜。
いやー、この会がはじまってずっと早朝にブログを上げていましたが、本日はお昼過ぎになります。

19:30より、怪談の魔のホストとして田辺青蛙さんをゲストに、21:45まで。
その後、後片付け、インタビュー。
ありがとうぁみくんが生怪談24時間を語るというので、私もスカイプ出演。
で、24:00から5:00までのオールナイト怪談。
5:00よりは物販でお客さんにサインしたり、質問を受けたり。
そして打ち上げ
8:30、帰宅。

昼まで死にます。

生き人形と一緒ってて?

なんの因果か、あの声を上げた人形が、私のもとにあるんです。
そのいきさつは、「怪談の魔」にあるらしい。

とまぁねそんなわけで、最深ブログは今日の午後いちくらいに。
よろしくお願いいたします。

kaidanyawa at 08:41|PermalinkComments(17)
プロフィール
中山市朗 【なかやまいちろう】


作家、怪異蒐集家

兵庫県生まれ。


主な著書に「新耳袋」など。

作家、漫画家の育成機関「作劇塾」を主宰。


作劇塾

オフィスイチロウ


Archives