2018年07月

2018年07月31日

中山市朗、9月の予定です! 

中山市朗です。


明日から8月。夏、真っ盛りですねえ。
夏が好きな私も、ちょっと暑すぎて、あんまり外に出たくありませんわ。

ということで(?)、9月の予定をお知らせします。

9月1日(土)

★中山市朗「三百物語」&「怪談の壇」

怪談三百物語14:30開場 15:00開演前売2500円

怪談の壇 第八壇18:30開場 19:00開演予約2000円

共に会場は千日亭です。怪談イベント2本立ての1日です!

いつも通りの交流会もありますよ。

DjGGGgpU0AAyGyB



















DjGGGgnVAAEPIS8




















9月8日(土)

★プライベート怪談会

夜を通しての怪談の宴!?
私の怪談蒐集のための怪談会です。参加費は無料です。
ただし、怪談を一話は語ること(メディアなどで未発表の話に限ります)。
場所は、大阪市中央区の私の書斎。

夜の部 19:00〜23:00
深夜の部 24:00〜5:00頃まで。

参加希望者、あるいは詳細を知りたい方はオフィスイチロウまで。

info@officeichirou.com

9月22日(土)

★Dark Night in 東京

今年3度目の東京公演。夜、オールナイトの2本立て公演です!

☆原宿公演

出演・中山市朗
ゲスト・怪談図書館・桜井館長
開場18:40 開演19:00
前売 3000円 当日3500円(1ドリンク込み)
場所 ラスタ原宿

☆新宿公演

出演・中山市朗
ゲスト・北野誠、川奈まり子
開場 23:45 開演 24:15 終演 5:15頃予定。
前売 4000円 当日4500円
場所 新宿バティオス

Di5wldzUcAAuB8S



















sakugeki.com/?page_id=2

9月26日(水)

★落語芸術大学

芸大の後輩となります、笑福亭智丸さん、旭堂南湖さんの「落語芸術大学」にゲスト出演します。
智丸さんはプロの落語家になる前、作劇塾の落語サークル「桐の一門」の落語会に参加していてくれていました。私も桐の小歌留斗(きりのおかると)という高座名で落語やってましてんで〜。懐かしいわ。
そのご縁があっての今回のコラボです。
こわ〜い落語と講談、そして、私の怪談が聞ける?

場所・大阪天神橋にありますツギハギ荘にて。
18:00開場、18:30開演
木戸銭
予約1500円 学生1000円、当日2000円



DjAHM5PV4AA648K



















よろしくお願いいたします。


kaidanyawa at 07:00|PermalinkComments(2)

2018年07月30日

8月の『怪チャンネル』及び「怪の巻」CM動画だよ。

中山市朗です。

『中山市朗・怪チャンネル〜続・山の牧場、語り編』、配信も終わり、一息ついています。
次回はいよいよ、「山の牧場・検証編」に入ります。
初公開の貴重な写真(1983、4年当時の牧場の様子、2008年、竹内さん、誠さんたちと潜入時の写真、『お前ら行くな』収録時のもの〉などを公開するほか、北野誠さんの証言VTRも。
放送日は未定ですが、決定次第お知らせします。
ただし、スケジュール上、ちょっと間が開きそうなので、それまでに先日開催した『Dark Night・関東編』の一部の映像を配信する予定です。有料会員のみの特権です。

↓クリックすれば、チャンネル視聴及チャンネル登録できます。アーカイブ番組は無料です。



あるいはこちらから↓

freshlive.tv/ichiroukai/223

そしてそして、

先日告知いたしました全国発売の私のCD『中山市朗・怪の巻』。
CM動画がYouTubeにアップされていますので、貼り付けておきます。
こんな感じの怪談が収録されています。

 

amazonでご購入の際は、『怪談狩り』など、他の怪談本と抱き合わせて買っていただければ、非常に助かります。よろしくお願いいたします。






プライベート怪談会、9月8日です。
参加費無料。怪談を一話は語ることが参加条件。
夜の部(19:00〜) 深夜の部(24:00〜)の2部制。

お問い合わせ、参加希望者は

info@officeichirou.com

までメールください。
お忘れなく〜。


kaidanyawa at 07:00|PermalinkComments(2)

2018年07月29日

本日『怪チャンネル』配信!山の牧場スペシャル第二弾!

中山市朗


本日は、21:00より『中山市朗・怪チャンネル』の生放送があります。
有料会員制となっての二回目の放送。

前回は、『新耳袋』に掲載した「山の牧場」の部分を語りましたが、今回は、その後積み重なった「続・山の牧場」の謎を語ります。

取材敢行した『不思議ナックルズ』の謎、『新耳袋・殴り込み』『北野誠のお前ら行くな』などで潜入した時の様子、エピソード。昨年、オフィスイチロウのメンバーで行った時の様子など。
『怪談狩り・禍々しい家』に書けなかったエピソードなども語ります。

語りによる「山の牧場」の全貌。
おそらくこれ、最初で最後かも。

MCは、はるみちゃん。

IMG_2259











次回、次々回の第三、第四弾は、昨年、牧場跡に潜入したメンバーたちによる検証編。
北野誠さんの貴重な証言もお届けします。

↓クリックすれば、チャンネル視聴できます。アーカイブ番組は無料です。




月2回の定期配信、また不定期となりますが、ゲストを迎えての配信、中山の怪談に登場する怪異スポットからの生配信、また中山市朗の怪談ライブの生配信やライブ収録映像の配信(都合により第1部のみや前半1時間の配信となります)、オールナイト配信などの企画も有り。

視聴者の皆さんのリクエストにお応えする配信も考えておりますので、語って欲しい怪談、やって欲しい企画なども番組の中で募集致します。

聞くだけ、見るだけでなく皆さんと怪を共有できる本格的な怪談番組を目指しますので、応援よろしくお願い致します。

960 / 月

入会日から1ヶ月毎に更新されます。


そして、新商品『中山市朗の語りによる怪談CDシリーズ。


中山市朗 『怪の巻 何かがいる』
収録怪談「重い〜あたま〜重うてかなわん」「正座する影」「隣の男」「笑っていやがった」「深夜の訪問者」「キッチンの修繕」「カズノリさん」「旧友の約束」


中山市朗 『怪の巻 いたくない部屋』
収録怪談「花嫁さん」「真っ暗にするとタ゜メ」「気持ちのいい部屋」「置屋」「今あった話」

amazon、Yahoo!、などで購入できます。

amazon、貼っときます。






 
『怪談狩り』などの怪談本と共に購入していただければ、大変にありがたいのですが。








kaidanyawa at 07:00|PermalinkComments(0)

2018年07月28日

中山市朗怪談、CDによるシリーズ発売開始!

中山市朗です。

CD-NI-0002
















わあっ、いきなりなんじゃこら!

実は新発売の私のCDでありまする〜。

えー、博多へお仕事の打ち合わせや収録に行っていたことはブログ等で報告いたしましたが、取引先は円盤屋さんというメーカーさんだったんです。
実はここ、飛鳥昭雄さんのDVD『エクストリーム・サイエンス』シリーズを200数十本出していたメーカーさん。
その飛鳥さんが飛鳥堂を設立し、自身に関する作品は自社で製作、管理、発売するということで、飛鳥さん直々に後を継いでくれないか、と相談を受けていたのでした。
「中山さんもどんどん作品を出して行って、映像での展開をやるべきだ。僕もこの展開があって有名になったんだから」とか言われて。

映像での展開は、オフィスイチロウでも昨年あたりから、FRESH! で配信中の『怪チャンネル』や『三百物語』の中で語られた怪談をダウンロード販売する「中山市朗 怪Shop」と手がけていますが、まだまだオフィスイチロウのHPからが主な購入先となり、全国的展開はまだまだこれから、といったところ。
⇒『中山市朗 怪Shop』



しかし、円盤屋さんやネット販売を中心に展開してくださる、というので、飛鳥さんの顔も立てつつ(?)、私の頭の中にあるものを、コンテンツ化することにいたしました。

後々は、古代史、古神道、秘密結社、UFO、オカルトとDVD出していきたいと思っておりますが、中山市朗と言えばまずは怪談、ということで、あえてCDで出版することになりました。

円盤屋さんのHPは↓
http://enbanya.jp/


第一弾の予約は昨夜から始まっております。まずは2枚。

中山市朗 『怪の巻 何かがいる』
収録怪談「重い〜あたま〜重うてかなわん」「正座する影」「隣の男」「笑っていやがった」「深夜の訪問者」「キッチンの修繕」「カズノリさん」「旧友の約束」


中山市朗 『怪の巻 いたくない部屋』
収録怪談「花嫁さん」「真っ暗にするとタ゜メ」「気持ちのいい部屋」「置屋」「今あった話」

amazon、Yahoo!、などで購入できます。

amazon、貼っときますね〜。




中山市朗 怪の巻「いたくない部屋」
中山市朗 怪の巻「いたくない部屋」 [Video CD]








続いて、

中山市朗 『怪の巻 何かが来る』
中山市朗 『怪の巻 鏡と人形』


も近日発売します。


そして明日は『中山市朗・怪チャンネル』。
FRESH LIVEで放送予定。

中山市朗・怪チャンネル

前回語りきれなかった山の牧場への再潜入から現在まで。不可思議と怪異をふりまく山の牧場を語る「続・山の牧場・怪語り編」

  

クソ暑い夏は、怪談で過ごす!





kaidanyawa at 00:00|PermalinkComments(2)

2018年07月27日

お盆のお寺で怪談を! 下見レポート。


中山市朗です。

8月13〜14日。
『お盆のお寺』で最恐の怪談を聞く、1泊2日の『中山市朗の怪談合宿』!

という告知を以前致しましたが、本日、主催者の和空さんの担当者さんと、怪談会の会場となるお寺の下見に行ってまいりました。

IMG_3353














大阪市天王寺区に、下寺町というお寺が集まっている場所があります。
その歴史は古く、豊臣秀吉が大阪城を築城した際、南の防壁として寺を置いたという説もあります。
南北1400メートル、東西400メートルのエリアに約80のお寺さんが集中しているという、全国的にも珍しい寺町です。
その中、松屋町筋通りに面した心光寺さんが、今回の「お寺で怪談」の舞台となります。
寛永元年(1624)に開基された浄土宗のお寺さんです。

IMG_3367














心光寺の本堂です。なんや、インドの寺院みたいな形をしていますが、昭和の初期に建てられたものだそうです。単層ダイヤモンドトラス堂で、鉄筋造りだそうです。

このお堂が造られた当時は、檀家さん以外には「モダンやなあ」と絶賛され、檀家さんにはウケが悪かったそうです。

IMG_3354














言われてみれば、なるほどなあ、なんですが、松屋町筋に並ぶ寺院は、心光寺さんの南は新しく、北は古いお寺が並んでいます。
実は、昭和20年の大阪空襲のおり、焼夷弾によって南側から延焼する火災を、このモダンな鉄筋造りの本堂が止めたんだそうです。で、北側の寺がそのまま残った。
「さすが、わしらの菩提寺さんや」と、この時檀家さんから初めて褒められたとか。

そんな歴史を持つお寺さんです。

お堂の中。

IMG_3355















ここで、怪談会を行います。
お盆の夜、前は墓場、周りはお寺だらけ、幽霊の出るロケーションとしては完璧ですな。
ここで、13日、14日の両日の夜9時から2時間ほど、怪談を語ります。

大阪市指定文化財に指定されている十一面観音像も安置されております。

IMG_3361



















そして、天井には龍が!

DjADwoBU4AAI3oR





















さて、宿泊施設です。
心光寺さんから松屋町筋を南に、歩いて10分ほどでこんな建物が見えてきます。

IMG_3371




















宿坊式の宿泊施設、和空さんです。

宿坊創生プロジェクト第一弾 | 和空プロジェクト

お寺や神社から文化の発信、体験を、というのが和空さんのコンセプトなのだそうですが、これ、共感。
江戸時代までは、神社仏閣が庶民の娯楽の場であり、学ぶ場でありましたから。
旅は、神社仏閣に参拝するのが目的でしたし、そこに芝居小屋や見世物小屋があったりした。賭場も立った。
参道には土産物屋が立ち並び、女郎屋もあったわけです。
落語の発祥も、お寺の坊主の説教からともいわれていますしね。
で、これからはお寺で怪談、というのも普及させていきたいですな。
ただ、担当者さんは古代史もお好きなようで、いずれ、歴史に関するイベントやライブをやっていきたいとか。
特にこの辺りは、四天王寺、聖徳太子の伝承が残る場所ですからな。

IMG_3370



















中はこんな感じ。精進料理の出る食堂。
当日は、机椅子をよけまして、夕方の怪談会はここで行います。

IMG_3378














写経が出来る部屋。
朝は近くにある愛染さんでお勤めをして、写経をしたりするそうです。
宿坊ですからな。


IMG_3381















怪談合宿にも、朝のお勤めがあるそうです。
宿泊部屋も見せてもらいましたが、雰囲気があって、なかなかええとこですよ。
ただ、お掃除中なので写真は撮らなかった。

宿坊で、お寺で怪談。
お盆の宿坊で一泊、精進料理と朝のお勤め。

そんな怪談合宿も、おつですな。


★中山市朗の怪談合宿(第一回目)
13〜14日(月〜火)
『お盆のお寺』で最恐の怪談を聞く、1泊2日の『中山市朗の怪談合宿』!
今回は怪談好きの方々のために、別々の内容の2部制怪談ライブを開催されます。
第1部は和空下寺町の大広間で、第2部は場所を移動してお寺で行う予定です。
※1泊2日ですが、日帰りでの参加も可能です。
詳細&ご予約は、下記のリンク先をご覧ください。
宿坊・和空 下寺町
宿坊・和空 下寺町筺06-6775-7020

★中山市朗の怪談合宿(第二回目)
14〜15日(火〜水)
日付は連続ですが、ご予約は別々となっております。
参加ご希望の方は、日付をお間違えのないよう、お気をつけください。





kaidanyawa at 00:00|PermalinkComments(5)

2018年07月26日

怪談関東遠征写真劇場パート3


中山市朗です。

東京、神奈川でのライブ、3公演を終えた翌日、またお仕事が待っていました。
ネットテレビ番組の収録です。
どこのどう言う番組かは、情報解禁いたしましたらお知らせします。

収録は、サラリーマンの街、東京は新橋にありますスタジオで。

準備風景です。

Diwo3y2VAAAD_m3














10話の怪談を語ります。それにプラスアルファして、数話。
収録時間の確認をする私。
「収録終えて、ビールが飲めるのは何時やろ?」

IMG_7294



















本番前。
席について、カメラとか照明とかのセッティング。
ディレクターは、以前NHK−BS『最恐!怪談夜話』の演出担当をされていた、Yさん。
今回もYさんが企画を持ち込んでの実現。
単発でなく、続けばいいなあ、と。
とりあえず、今回は3本撮り。

DiyNc5sV4AAN_vq



















番組はですねえ。
女の子に怪談を語って、怖がらせる、というシンブルなもの。

モデルさんやアイドルをやっているカワイイ女の子たちが次々とスタジオ入り。
怪談好きな子もいれば、何の仕事か知らずに来て、「怪談を聞く番組」と聞いて、もう顔が引きつっている子も。
怪談好きの子は、挨拶を交わすともう体験談を話し始めた。
一話、ゲット!

いやあ。
怪談語りをしているおじさんの楽しみは、こういう美女たちを恐怖に陥れ、その表情を凍らせることです。
たまに、悲鳴があがったりして。
収録時間は3時間。
ずっと美女相手に怪談語ってた。

天国やあ。

本番です。

IMG_7371



















おもしろかったのは、怪談好きの女の子は、怖がりながらも楽しんでいて、表情がころころ変わる。
一方、苦手な子は、ずっと凍り付いたまま、動かない。

Yディレクター、「機材に何かあったらということを考えて『八甲田山』を最後にします」と、『八甲田山』を語らす気まんまん。
ところがまた、『八甲田山』を語る直前になって、咳込む私が。

最後に無事(?)語り終わった『八甲田山』。
すると、その直後、ドォーンというすっごい音がして、女の子たちの悲鳴が上がった!

どうも、スタジオの隅にあった衝立を誰かが蹴ったような音。
誰もおらんがな。

この衝立です。

IMG_7381



















中を覗き込むと、誰もおらんし、何かが落ちたでもない。
しかもここ、地下室ですからね。隣の音は無い。

DiyNc5qV4AAFAXi



















現場も一瞬凍り付いた、収録現場でした。
あー、おもろかった!
「八甲田山」、無事撮り終えた、と思うでしょ。データが消えたりパソコンが動かなくなったり……。
Yさんも、そこんとこ、恐ろしがってました。

3時過ぎに撮影終了。関東での全日程は終わり。

この後、秘書を連れて、新橋の一杯飲み屋でビール!
やー、生き返った。
地獄と天国から生還した私でした。


大阪に戻ったぁ。東京は刺激的でおもしろいけど、やっぱ大阪は落ち着くねー。

Diy6diaVAAIJpUM






















おしまい。






kaidanyawa at 07:13|PermalinkComments(2)

2018年07月25日

怪談関東遠征写真劇場パート2

中山市朗です。

告知です。
先日の「Dark Night」東京、横浜公演の報告をしているところではありますが、
「Dark Night」、今年三度目の東京公演が決定いたしました。

予約、開始しております。

ダークナイトin原宿
9月22日土曜日
出演 中山市朗 ゲスト 怪談図書館 桜井館長
18:40開場19:00開演(終演21時予定)
会場 ラスタ原宿
前売予約3000円 当日3500円(1D込)


オールナイト怪談ライブダークナイトin新宿
9月22日土曜日
出演 中山市朗/北野誠/川奈まり子
23:45開場24:15開演(終演5:15予定)
前売予約4000円 当日4500円
会場 新宿バティオス



東京。桜井



















前日の続き。

関東6



















地獄とは?

22日、オールナイトのライブの打ち上げが終わって、10時ごろ、横浜へ移動。
15時から横浜での公演。
寝てませんからな。といって、ホテルはチェックアウトの時間。
スタッフが横浜駅近くに健康ランドを見つけてくれ、そこで休憩してくださいとのこと。
まあ、よくあることなんですけど。

まずね。なにこの暑さ。そのうえ、場所がわかりにくい。
汗だくになって、歩いて、やっと到着。
とにかく温泉に入りたい。シャツも身体もドロドロですわ。
そしたら「この時間は、浴室清掃中で、お風呂は使えません」やと。
ぎょえー!
女性用施設はシャワーが使えるとのことで、同行していた秘書はそちらへ。男性用施設はシャワー、無いやと。

私は、男性用のなんかカプセルホテルみたいな寝床に案内されたけど、27度が温度設定されているのか、全然汗がひかん。ひとっ風呂浴びた後なら涼しいんやろうけど、汗だくのままでは寝られん。身体が気持ち悪いよ〜。なんせ大阪から来て、2公演やって、朝まで打ち上げでしたからな。炎天下の歩きの移動でしたからな。
で、結局、ロビーが一番涼しかったんで、ロビーでうとうと。
疲れがとれんまま、横浜公演へ。
しかし私もプロですからな。シャキッと身だしなみ整えて、出陣。

場所は、ジャムセカンドというライブハウス。

「Dark Night in 横浜」。でも、大阪、東京、名古屋と違って30人ほどの小規模な怪談ライブ。
せっかくの横浜ですから、神奈川のお客さんから怪談を蒐集したいという思いで、前半は「怪談の壇」の出張版みたいな構成としました。
ゲストは、「怪談の壇・2017年チャンピオン」の一条ま〜太郎さん。
彼にはビッグになってもらいたい。

関東7














楽屋で、ま〜太郎さんと。
今回はキャラづくりにと、帽子を被ってきました。
この世界は、芸達者だけでも売れない。あ、あの人ね、という、キャラが必要。見た目が重要。
そんな話を、以前彼にしたっけ。

ライブは30席、ほぼ埋まって。
こんな感じで始まりました。
なんか、私から向かって右側に、私のライブの常連さんが。
左側は、私のライブは初だという神奈川の人たちが。
なぜか、奇麗に分かれてました。

関東8














横浜のお客さん。
語ってくれましたよ。
大阪のお客さんよりすっごく積極的でした。おいおい、大阪!
みなさん、非常に興味深いお話をされたのですが、最後に話された男性の方は、話しの内容も構成も話し方もいやあ、上手い。後に聞いたところ、ま〜太郎さんのお知り合いのようで、けっこう怪談会にて語っている方だそうで。お見それしました。
大阪だとMVPとしたいところですが、それやっちゃうと、チャンピオン大会に大阪に来てください、ということになっちゃうので、今回は無し。でも、皆さんの話、聞けて良かった!
後半は、ま〜太郎さんと二人で怪談トーク。怪談を語るだけでなく、トークにも対応してこそ、いろいろ使ってもらえると思います。あと、キャラね。
でも物おじしないで答えてくれたま〜太郎さん、だいぶ研鑽積んでるとみた。

関東 18



















打ち上げ。
実はこの横浜での開催。いつも真っ先に『中山市朗・怪チャンネル』にコメントをくださり、私のみならず、スタッフにも何かとお気遣いくださるなむなむさんの為に行ったのでした。
なむなむさんです。
一般の方なので、顔出しNG。

関東 なむなむ



















打ち上げが終わったのが19:00くらい。
告知していた関東ライブは、ここでおしまい。大阪へ帰るところ……、
関東遠征は、ここで終わりでは無かった!

今度は天国が待っていた?

続く。







kaidanyawa at 07:00|PermalinkComments(5)

2018年07月24日

怪談関東遠征写真劇場パート1

中山市朗です。

いやいや〜、暑いでんな〜。
ま、暑いから怪談、という季節なんですが、あんまり暑いとね〜。

でも、21日の下北沢と新宿での怪談ライブ、会場は満杯状態。
ありがとうございました。
ということで、写真による報告です。

場所がわかりにくかった下北沢ハーフムーンホール。
お客さん、よおわかりはったなあ。

まずはj漫画家の伊藤三巳華さんをお迎えしての「Dark Night in 下北沢」。

関東1



















視える人と視えない人?
実は楽屋では古代史のことで盛り上がっていました。
三巳華さんは全国の神社を巡って霊視して視えたことを『スピ散歩』に描いていますし、私も古代史探索のキーポイントは神社、古社にあると思って巡っております。
そんな中で、三巳華さんは伊勢の外宮の某所で、下半身が牛となった巫女を視たといいます。これは神の捧げものであり、半牛になることは、神に近づくことであるとか。ところが三巳華さんが霊視したのは、神になり損ねた巫女たちの姿だったらしい。

IMG_3301














これ、興味持ちましたよ。
だって私は、外宮の神である豊受大神は、もともと牛の神だと確信していますから。
そのためには牛の犠牲祭が行われていて、その儀式が行われていたのが、古代の神道だったというのが私なりの結論でありまして。京都の太秦に近年まで残っていた「牛祭」はその名残。
三巳華さんは文献に頼らず、ただ視たことを描いていると言いますが、その話を聞いて「そういうことだったの!」と。

これ、くだん(件)に関連してきますよ。

ということで、三巳華さんとはいつもとはやや違う怪談ライブに。
怪談と神道、怪談と土地の歴史といった様相。
それだけ怪談は深いんですよ。

関東15











この日は、関東公演でありなかせら、関西の話に。
伊勢、甲山、生駒山、四天王寺……。

神は祟る、ということ。

関東17


































私は非常に楽しく、実のあるライブだったのですが、お客さんはどう受け取ったのでしょう。
半数はビギナー、おそらくは、三巳華ファンだったと思いますが。

2時間のライブが終わると、物販。怪扇子、売れてました。
ちょっとでも売らんとね。帰り重いし、経費を捻出せんとあかんし。


さて、三巳華さん、その担当の方(朝日新聞出版)、私、秘書でプチ打ち上げ。
ほんまの打ち上げやっちゃうとね。この後、オールナイトで出ずっぱりやし。

この席でも、やっぱり古代史話に花が咲く。
三巳華さん、丹後一宮・籠神社に行くべきだ!
そこで、なにかとんでもないものを視てしまう、かも?

三巳華さん、こんどは「古代史トーク」やりましょう。

そして、三巳華さんたちと別れて、新宿に移動。
「Dark Night in 新宿」。

ゲストに迎えたのが、この二人。
匠平さんと村上ロックさん。
怪談BAR、スリラーナイトの語り手。
匠平さんは、一度共演しておりまして、その時に「あっ、この人面白いし、丁々発止できるな」と思っていたのです。それで今回オファーを出したわけでして。
村上ロックさんは初顔合わせ。スリラーナイトからの推薦。

さっそく、打ち合わせ。
小難しい顔をして、小難しい演出、構成を?

関東2














実はほとんど打ち合わせなし。
やってもその通りに行ったことが無い。ライブは生き物ですからな。
ただ、コーナーは決めて、テーマは設定しました。いつも通りの3部作。
その2部は、スリラーナイト形式で語るということを試みてみました。
一人15〜20分の持ち時間で、一人語り。
語る順番はジャンケンで。

通常の「Dark Night」はこんな感じ。

関東3



















第二部のみ、こんな感じ。

「15日に行きます」を。

関東4



















いや〜、3部目は、ちょっとヤバイ話も出て、塩がめちゃ売れました。塩が売れる売れないは、ライブの恐怖度のバロメーターでもあります。

終演後の記念撮影。
MCのつるさん(太陽の小町)、村上ロックさん、私、匠平さん。

関東5



















なんか、やりやすかったですわ。
今後、スリラーナイトとのコラボ、増えるかも。

楽しい打ち上げ。
ロックさんも楽しい人でした。匠平さんともども、怪談の引き出しも多い。
おもろかったわ〜。

お客さんも、純粋な怪談語りを堪能されたのではないでしょうか。

関東 打ち上げ















で、打ち上げ。

終わったら朝、9時。
これから横浜へ移動。

横浜駅での私。

この後、地獄が待っていたのであった!

関東6




















続く。


















kaidanyawa at 07:53|PermalinkComments(2)

2018年07月23日

怪談馬鹿になろう! 怪談合宿&怪談キャンプのお知らせ

中山市朗です。


本日は、関東遠征2日目を終えて、今頃は新橋あたりで一杯やってるかな?
ということで、二夜連続の予約投稿です。

今回は、怪談合宿と怪談キャンプのお知らせ。

まずは、お盆の夜にお寺で怪談を!
そして宿坊に泊まって、そこでも怪談会を、という企画。
というか、夜中の怪談は、希望する方がおられれば、私が朝までおつきあいします。

お盆の夜にお寺で怪談でっせ。
なんかなかったら、おかしい、と思いません?

8月13日の夕方から夜、深夜をまたいで翌朝まで、のコース。
8月14日の夕方から夜、深夜をまたいで翌朝まで、のコース。
あるいは日帰りコースもあるそうです。

こちらあまり告知の期間がありませんので、拡散していただきたいです。

主催は、和空さん。
こういうことをおやりになっている団体です。

宿坊創生プロジェクト第一弾 | 和空プロジェクト
 

怪談合宿・概要
□ 日程
8月13日(月)、14日(火)(1泊2日/2食付)
8月14日(火)、15日(水)(1泊2日/2食付)
※両日程ともに、夕方~夜に2部制の怪談ライブを開催
□定員
 ↓日程ともに約20人
□内容
怪談ライブ(2部制)/宿泊/夕食/朝食/御祓いなど


【 タイムスケジュール 】
☆1日目
~16:00 チェックイン
16:30~18:00 怪談ライブー第1幕ー(和空下寺町大広間にて開催)
※途中10~15分程度の休憩あり
19:00~20:00 夕食(精進料理)
21:00~23:00 怪談ライブー第2幕ー(近隣寺院様にて開催予定)
※途中10~15分程度の休憩あり

☆2日目
6:50〜 朝のお勤め
8:00〜 朝食
〜10:00 チェックアウト


イベントの詳細、予約は↓へ。

宿坊・和空 下寺町

宿坊・和空 下寺町筺06-6775-7020


つづいて怪談キャンプのお知らせ。

8月24日(金)
大阪府H市の某キャンプ場にて、怪談キャンプを開催します。
『怪談狩り・赤い顔』の第16話〜第24話再訪までの一連の舞台となったキャンプ場です。
ワクワクしまんなあ。




 当日は、ロッジ内で怪談会を行い、『怪チャンネル』の収録も行います。
タイムスケジュールは、
17:30〜21:00 BBQ
21:00〜    自由時間
23:00〜    明け方までロッジで怪チャンネルを配信予定
参加費は、9000円(食事代込み)
ご興味のある方は、中山市朗Dark night公式サイトの、特設ページを御覧ください。

中山市朗Dark night公式サイト(トップページの最上段から)

怪談合宿と怪談キャンプ、どちらにも参加した人は、真の怪談馬鹿であると認定します。
怪談馬鹿第一号は……、わしやん。





kaidanyawa at 00:00|PermalinkComments(3)

2018年07月22日

今後の怪談ライブ情報!

中山市朗です。

まず、プライベート怪談会のお知らせです。

9月8日(土)

夜の部 19:00〜23]00頃まで。
深夜の部  24:00〜5:00頃まで。

場所は大阪市南船場の私の書斎。
参加条件は怪談を一話は語ること。怪談はメディア未発表のもの。
参加費無料。

詳細、参加予約はオフィスイチロウまで。

info@officeichirou,com


本日今頃は、関東遠征中。
オールナイトの部が始まる15分前?
ですからこれは、予約投稿。

昨日、オフィスイチロウの新グッズのお知らせをいたしましたが、「中山市朗・怪shop」にも、新作怪談動画をアップしております。
1本360円です。

9740289392a52816e084666af10e5dec





ラインナップは、

●霊感少女ミキちゃん/ほら、来ましたやろ?
●六甲山の展望台
●六甲山の歩道橋
●スタジオのケータイ電話/見えるようになった

⇒『中山市朗 怪Shop』



そして、来週日曜日の21:00からは、『中山市朗・怪チャンネル』。
有料となりました分、配信番組を増やしたり、ライブの一部の中継を行うなど、より多くの「怪」を、お送りする所存です。
来週29日は、語ります。
「山の牧場スペシャル・第二弾」。
前回90分語ってもまだ語り切れなかった山の牧場。その続きであります。
来月は、第三弾、第四弾として、昨年現地へ踏み入ったメンバーたちによる検証編。
北野誠さんの証言もお届けします。

怪チャンネル有料会員制





チャンネル会員になる

ライブのお知らせ。

8月5日(日)、大阪府守口市の『ムーブ21プラネタリウムドーム」での恒例の怪談ライブ。
『満員怨霊怪談ナイト』があります。
午後6時の開演。
ゲストは、京都の怪談師・雲谷斎さん。

DgBZYwmVQAA7xle



















会場:守口市ムーブ21プラネタリウムドーム
(守口市大日町2-14-10地下鉄谷町線大日駅3号出口、北へ徒歩3分大阪モノレール大日駅、北へ徒歩5分
時間:17:30開場 18:00開演(終演予定20:15)
料金:前売予約2500円 当日3000円

チケット
ムーブ21 06−6905−3921
ローソンチケット 0570−084−005(Lコード55494)


そして、8月11日は、いよいよ『Dark Night Vol・27』
ゲストは、北野誠さん、三木大雲和尚。そして、ghost bottle、開封!

予約は締め切っておりますが、キャンセルが出ましたらTIGETの枠が空きますので、ご確認ください。尚、当日券の販売もございません。ご了承お願い致します。

DiPKLlFU0AA_wYb



















そして、カナザワ映画祭in神戸は、8月12日、20:10より、私のトークがあります。
テーマは「天孫降臨・宇宙人の聖書」。けっして奥崎謙三のことを語るわけではありません。
世の中にある陰謀、我々は騙されている、というようなヤバいトークを……?
映画祭そのものが「世界陰謀論大会」ですからな。
上映作品のラインナップもユニークです。

カナザワ映画祭2018公式サイト
 
明日は、怪談合宿と怪談キャンプのお知らせを。







kaidanyawa at 00:00|PermalinkComments(2)

2018年07月21日

関東怪談ライブ、本日より開始!

中山市朗です。

暑いでんな〜。
皆さん、熱中症などにお気をつけて。

私は本日から関東遠征!
下北沢、新宿、明日は横浜。
その翌日は番組収録。
こちらも20話ほど収録。
暑いとか、言うとられへんですわ。


下北沢ハーフムーンホール、わかりにくいそうですので、案内動画を貼り付けておきます。




新宿の方は少々席があるようです。

DiPKLlDV4AA-26a



















横浜は、30人ほどの限定。
席はあります。
聞くだけで良し、語るもまた良し、という「ダークナイト&怪談の壇」コラボ企画となっております。
関東での怪異蒐集を目論んでおります。
ぜひぜひ、参加ください。

DiPKLlDUYAAC0m1




















さあ〜て、気合を入れて行くぞ。
わっ、外暑ぅ。
はよ。打ち上げのビール飲みたい……。





kaidanyawa at 07:00|PermalinkComments(2)

2018年07月20日

いよいよ関東、怪談遠征だ!


中山市朗です。


いよいよ明日(21日)、怪談ライブの東京遠征。

まずは、19:00開演で、演劇の街・下北沢で初の「Dark Night」。
ゲストは漫画家の伊藤三巳華さんです。
私に「午前0時のさわやかウィンドウ」と名付けたのは、この人です。
三巳華さんの漫画に登場した私。
はっはっは。

IMG_3250














IMG_3249















ちょっと私、三巳華さんが描かれたコミックで、どうしても気になる描写がありまして。
これは怪談であり、もう一つのライフワークである古代史の謎解きにも関係する話。
これ、くだん、の正体に迫れるかも、という話し。
このコミックに、私にとっては衝撃というか、間違っていなかった!
と思った重大なことが描いてあったわけでして!




ちょっといつもとは違う「Dark Night」になりそうな気配。


DiPKLlDV4AA-26a




















21:00頃に終演。物販もあります。
三巳華さんの新作も出る模様。

その後移動して、新宿へ。
新宿バティオスでの怪談ライブ。
これは24:15開演で、「Dark Night」ならではの、オールナイト。
ゲストは、新宿歌舞伎町に居を移したという、怪談BARスリラーナイトの語り手が登場。
匠平さんと村上ロックさん。
いわば、スリラーナイトとのコラボ怪談ライブとでもいいましょうか。
真の怪談好きなら聞き逃せないはずです。
どんな怪談が出るのか、私も楽しみであります。
MCは太陽の小町のつるさん。
彼女もなんか、独特のキャラを持ってますね〜。

続いて翌日(22日)は、「Dark Night」のスペシャル版。
Dark Night in 横浜&怪談の壇・横浜編。

怪談の壇




















こちらは、前半はお客さんにも語ってもらおうという企画でありまして。
横浜及び関東の方、ぜひぜひ語ってください。
大阪の「怪談の壇」で、昨年のチャンピオンとなった一条ま〜太郎さんも、特別出演。
後半は、私も語ります。

実はその翌日も、私は東京に残って、収録作業。
何の収録かは、まだ言えません。
近くネットで公開されるでしょうから、詳細はその時に。

今回は、新しいグッズも用意しております。
『怪談狩り・黄泉からのメッセージ』(角川ホラー文庫)
DVD『Dark Night Vol24』。ゲストは西浦和さん。
限定発売ですよ。

IMG_6919



















そして、扇子。
うちのメンバーに、書家がおりまして。
その書家による怪談、怪異に関する語句を書いた扇子。

怪センス














お買い上げいただいた方には、そのばでわたしが、サインをして、

印鑑






















サインと共に、「市」と彫り込んだ印を、

無題















ぐいっと、押します!
そしたら怪扇子の出来上がり。
物販コーナーでどうぞ。


ほな、また。













kaidanyawa at 07:00|PermalinkComments(4)

2018年07月18日

博多の夜、怪談の夏!

中山市朗です。

昨日は、ある収録のために遠征。

怪談の収録でしたんやで。全部で20数話ほど。

私の怪談を収録するメーカーさん、怪談収録ははじめてらしい。
ですから、「こういう怪談の収録は、いろいろトラブルが起こりがちで、機材の不調、故障、データの消失、妙な音声の混入などは日常茶飯事ですわ」と言ったら、先方さん、ビビッてはったわ。はっはっは。
てもまんざら嘘でもない。

本番の合間の休息。

机の上に置いてある扇子は、中山市朗の新グッズ。

IMG_3183















音声のみの収録ですが、ジャケット撮影などもありますし、告知動画収録もあるので、衣装も変えます。

DiUfblBUEAAN6eH
















で、語る話のチェック中。
あんまり話が多いので、正直忘れた話も多いのです。細かいディテールなんかもね、覚えていない。でも、話の流れや登場人物の動き、心理などで、思い出しながら語ることもあります。

収録は19:00頃はじまって、深夜の25:00まで及びました。
機材トラブルはとくにはなかったですが、不思議な現象は二度あったようでして。

怪談は、やっぱりギャラリーがいないと、話してもつまらないし、気分も高揚しない。
でもこの日、聞き手に回ってくれた女性二人のリアクションがよく、概ね順調に語れました。でも、再度収録したい話もあります。ちょっと構成間違えた。

この企画の詳細は後日に。

終わったら深夜ですからな。
ホテル近くに深夜に開いているラーメン屋を探し求めて久々に歩いた歩いた。
やっと見つけたラーメン屋で。

DiU-TZHU0AADJ0S



















やっぱ、この街のラーメンは美味い。
スープも飲み干し。豚足も美味かったので、ついついビールも進んで、思わぬ出費。
まあええか。元気出たし。

DiU-TZLVMAARvU0



















ということで、博多からお送りしました。

DiS4gsyUEAAKLdI



















チャンチャン♬





kaidanyawa at 19:00|PermalinkComments(9)

2018年07月17日

真の恐怖映像とは、これだ!

中山市朗です。


前後してしまいましたが、12日の木曜日に行われました「13日の金曜日前夜祭・絶対言うたらアカン話、恐怖映像の裏の裏!」の報告です。

「裏の裏」って表やんか?

場所は、大阪市北区西天満にあります、ライブハウス、ガンツトイトイトイ。
主催者は、昨年の立命館大学での(絶対言うたらアカン話」(司会・八乙女珠軌、ゲスト・『ムー』三上編集長)で、呪いの話をしている私が見事に燃えている貴重な写真を撮った、UFOプロジェクトのにしまつさん。
ネット上では非公開としています。唯一流れたその時の写真。
この時は、この一枚だけではない。何枚もの警告を示唆する現象が写った写真が!

DiEroWCU8AQCM0I
















まさに、絶対に言うたらアカン話、をしてしまったようで。

さてさて今回は、映画監督の大木ミノルさん。
この人と飲むと、もう映画の話になるのですが、映画愛が素晴らしいんです。
たまに十三のシアターセブンで「トンデモシネマライブ」というのを開催していまして。
これはもう、一人で観ていたらきっと寝るか、時間返せ、みたいなトンデモナイ映画を鑑賞しながら、大木監督をはじめとする映画を愛する役者さんや評論家などとともに、解説したり、ツッコミを入れたりするもの。
もう、大爆笑となるわけですが、現場を知っていてる監督だけに、そのツッコミが鋭く、技術的に何の問題があるのか、現場には何が起こっていてるのかをちゃんと指摘していくのが面白い。
映画の勉強をしたい方は、いっぺん、聞きに行くことをオススメします。
次回は7月17日って、今日やん!

img_ev_tondemo1807
















あ、私のライブの報告でした。

今回はこのようにスクリーンを用意しまして、恐怖映像についてのトーク。
向かって左が大木監督。右に私と、MCの、のの。
1_detail









今は、『時空脱獄NINJAジライヤ』や最新作『力−TAROU』などの監督、脚本なども手掛けている人ですが、『放送デキナイ死ノ動画』シリーズの監修は大木氏。
また、恐怖映像の演出家でもあります。

これは言うたらアカン話、ということなのですが、ここだけの話として書きますが、よくテレビ番組などで放送されるホンモノの恐怖映像。もちろんホンモノもあるけど、フェイクもある。でも、どっちも混じっているという映像もあるようでして。
いや、これ以上は言えません。そういう映像に大木監督が関わっていると。
だから、ホンモノとフェイクの違いが判るというんです。その実例としての動画を何本か。

4_detail









これ、面白かったですねえ。その根拠となるテクニックとか、現場の状況とか、背景的なものとか。

2_detail








ひょうひょうとしながらも熱弁していく大木監督。
負けてられまへんわ。
私だって怪異蒐集家。映像にまつわる怪異や怪談をいくつか。

3_detail









そして、わたしも所持している怪異コレクション(?)の中から、これはホンモノといった動画を。

いやいや、もう凄いですな。
観客が興味を持ちながらも、だんだん引いていくのがわかります。
怪異蒐集家としては、快感!
最後は、心霊音声で、客席の皆さんの、霊感度チェック!
あれ、一番鈍いのは、ホラー作家志望のうちの塾生?

ともあれ、あっという間の3時間でした。

この後、梅田の焼き鳥屋さんで打ち上げ。
あれれ、打ち上げ参加を表明していたお客さんがまったく来ない?
次々と観せられた心霊映像のせいで、体調不良者が続出しているらしい。

全然平気でいる我々がおかしいのか?

打ち上げ中も、今嘔吐しているだの、家へ帰るのが怖いだのというツイッターやメールを受信。
やりましたなあ。

なお、このライブイベント、北野誠さんが非常に気にしていて「どんな映像観せたん? 大木監督ってどんな人?」としきりに質問していました。どうやらこういうイベント、誠さんもやりたいみたい。

ということで、来年あたり、北野誠+大木ミノル、で「Dark Night」、仕掛けてみようかな?

絶対言うたら














なお、打ち上げは、大木監督との映画談義に花咲きました。
黒澤、成瀬、小津、ヒッチコック、スピルバーグ、阪妻、ヌーヴェルバーグ!

教訓。

恐怖映像、みんなで観れば、やっぱり怖い。





kaidanyawa at 07:00|PermalinkComments(10)

2018年07月16日

ダークナイト名古屋、報告! 呪いと人形!

中山市朗です。

Dark Nigh in 名古屋。
3回目の公演であります。

準備中の会場。
椅子200席。

ダーク東京5



















楽屋では、私と北野誠さんで、『怪チャンネル』の動画の録画。
「山の牧場」に関する証言を約30分ほど語ってもらいましたよ。
8月に放送いたします。

北野誠さん






















ライブ開始。
北野誠さんは「犬神」について語るという。
名古屋の皆様の前で語るのは初だそうです。
もっとも、全体を通しての語りは、以前大阪の「Dark Night」で語ったのみ。
じっくりと体験談をノーカットで語れるのは、この「Dark Night」くらいなものでしょう。
オールナイトですからな。

犬神は呪術。
ちょっとちまたにある霊現象とは違って、これは触れば怖い。
下手すれば、すべてを無くします。
犬神とは何?
という歴史背景、現象などは私がオカルト研究家としての見解を。

立ち上がって犬神の恐ろしさを熱弁する誠さん。

ダーク東京4



















お客さんは大入り満員。
感謝しかありません。

ダーク東京2











私も呪いに関する怪談を披露。
神様に触るのが怖い、ということ。
神信心はいいことですが、ちゃんとマナーがありますからね。

そして、第二部から第三部と、呪いから人形怪談へ。
これも怖い。
流れとして、忘れていた人形怪談も思い出して。

ライブが終わった後の物販。
大勢のお客さんから「オールナイトをやってください」「年に何度もやってください」など、熱いエールをいただきました。オールナイトはねえ、名古屋はねえ、場所がねえ……。ないんすかねえ。

楽屋で。誠さん、はるみちゃん、私。

ダーク名古屋




















打ち上げの風景。
CBCラジオの方も加わって。
名古屋の夜を満喫。
幽霊の出るホテルには泊まったのですが、その部屋は今回はとれませんでしたわ。
とれたら、とっさんに寝てもらうつもりでしたんやけど。

ダーク東京7



















また来年も名古屋、北野誠さんとやりますので、よろしくお願いします。
そして北野誠さんとは、8月11日(土)に道頓堀ZAZAでの「Dark Night Vol・27」で!
三木大雲和尚も参戦します。
ただしこちらは予約は締め切っております。

北野誠さんとは秋に新宿で。







kaidanyawa at 07:36|PermalinkComments(0)

2018年07月15日

本日『怪チャンネル』配信!山の牧場スペシャル第一弾!

中山市朗です。


たった今、名古屋より帰宅!
まだお仕事が続きますので、報告は後日!

本日は、21:00より『中山市朗・怪チャンネル』の生放送があります。
有料会員制となっての初の放送。

その第一回目は「山の牧場SP」、第一弾!
中山市朗がその体験談を語る!
そうです、怪談としての「山の牧場」をお届けします。
MCは、はるみちゃん。

次回、次々回の第二、第三弾は、昨年、牧場跡に潜入したメンバーたちによる検証編。
北野誠さんの貴重な証言もお届けします。

誠さんの証言、収録の模様。

北野誠さん























クリックすれば、チャンネル視聴できます。アーカイブ番組は無料です。




月2回の定期配信、また不定期となりますが、ゲストを迎えての配信、中山の怪談に登場する怪異スポットからの生配信、また中山市朗の怪談ライブの生配信やライブ収録映像の配信(都合により第1部のみや前半1時間の配信となります)、オールナイト配信などの企画も有り。

視聴者の皆さんのリクエストにお応えする配信も考えておりますので、語って欲しい怪談、やって欲しい企画なども番組の中で募集致します。

聞くだけ、見るだけでなく皆さんと怪を共有できる本格的な怪談番組を目指しますので、応援よろしくお願い致します。

\ 960 / 月

入会日から1ヶ月毎に更新されます。

チャンネル会員になる


PS

名古屋のイベント会場に、水筒の忘れ物がありました!

IMG_6622

















心当たりのある方は、

 電気文化会館 の 地下1階の事務局にて、預かって貰ってます。

 営業時間は、午前9時〜午後5時までです。



kaidanyawa at 14:46|PermalinkComments(0)

本日『怪チャンネル』〜山の牧場スペシャル!第一弾

中山市朗です。


たった今、名古屋より帰宅!
まだお仕事が続きますので、報告は後日!

本日は、21:00より『中山市朗・怪チャンネル』の生放送があります。
有料会員制となっての初の放送。

その第一回目は「山の牧場SP」、第一弾!
中山市朗がその体験談を語る!
そうです、怪談としての「山の牧場」をお届けします。
MCは、はるみちゃん。

次回、次々回の第二、第三弾は、昨年、牧場跡に潜入したメンバーたちによる検証編。
北野誠さんの貴重な証言もお届けします。

↓クリックすれば、チャンネル視聴できます。アーカイブ番組は無料です。




月2回の定期配信、また不定期となりますが、ゲストを迎えての配信、中山の怪談に登場する怪異スポットからの生配信、また中山市朗の怪談ライブの生配信やライブ収録映像の配信(都合により第1部のみや前半1時間の配信となります)、オールナイト配信などの企画も有り。

視聴者の皆さんのリクエストにお応えする配信も考えておりますので、語って欲しい怪談、やって欲しい企画なども番組の中で募集致します。

聞くだけ、見るだけでなく皆さんと怪を共有できる本格的な怪談番組を目指しますので、応援よろしくお願い致します。

\ 960 / 月

入会日から1ヶ月毎に更新されます。

チャンネル会員になる


PS

名古屋のイベント会場に、水筒の忘れ物がありました!

IMG_6622

















心当たりのある方は、

 電気文化会館 の 地下1階の事務局にて、預かって貰ってます。

 営業時間は、午前9時〜午後5時までです。




kaidanyawa at 14:17|PermalinkComments(0)

2018年07月14日

怖すぎた夜?

中山市朗です。

平成最後の13日の金曜日は、作劇塾の講座でした。
プロになれるかなれないかは、テクニックも大事だが、それ以上に覚悟の問題だ、という話しを!

その前日は、12日の木曜日。そういうと、何の変哲もない日ですが、平成最後の13日の金曜日前夜祭、と言い換えますと、なんだか特殊な日のように思ってしまいます。
なんでもない、普段目にするものを、特別に意味のあるものに変えるのが、我々作家の仕事であり、エンタメだと思います。

さてその、12日の木曜日。
映画監督の大木ミノルさんとの「怪異・恐怖映像の裏の裏」!
ライブハウス、GANZ TOI TOI TOIでのトークライブでした。
私が持ちこんだ奇妙な動画を見やすいように加工中。
客入れ前の会場です。

絶対言うたら2















大木監督は、よくテレビでやっている「恐怖映像」には当然、フェイクもある。あるいは、送られて来た映像に対して「インパクトが無いから」というテレビ局側の要望に対して、加工したり、付け加えたりすることもあるとか。
そういうサンプルを見せながら、ホンモノ映像とフェイク映像の見分け方、ホンモノであるなら何をしてホンモノなのかの細かい映像分析、解釈を。
おかげで、恐怖映像を続けざまに見ることに。

私も最近とった妙な写真や、お客さんから預かった奇妙な動画などを公開。
解析を行いました。
結局、わからんということに。
ホンモノの映像、動画もあるんですね。だからといって、それが霊なのかどうかはわからない。

最後に、私が認定する「最恐動画」を鑑賞。
ネットで出回ったものですけど、私は関係者以外で最初に見た当事者であるということと、撮影した本人と現場検証も行っていますので、そのエピソードと関係者を次々に襲った怪奇現象について語っちゃいました。

まあ、我々は何事もなく、その後、初天神あたりで焼き鳥で一杯。
すると大木監督やうちの秘書あてに、参加していたお客さんからメールが。

恐怖映像を見せられ、そのエピソードを聞いたがために、頭痛になったり嘔吐しているお客さんが続出しているとか。打ち上げ参加を表明していたお客さんも気分が悪くなったからとドタキャン!

まあ、ほどほどにということですな。
我々やっている方は大変に楽しかったんですけどね。

最後に記念写真。
左から主催者、UFO祭プロジェクトのにしまつさん、私、大木ミノル監督、今回初ライブMCデビューの、秘書のの。

絶対言うたら















さて、今日は名古屋で北野誠さんとの「Dark Nigh」!
犬神? 呪詛? 丑の刻参り?
またヤバイ話?

名古屋





















そして夜は、出るとされる某ホテルの501号室。
今夜は誰がここで寝るのか?








kaidanyawa at 07:00|PermalinkComments(0)

2018年07月13日

呪詛、呪い、北野誠さんとの怪談ライブin名古屋

中山市朗です。

おそらく今、『怪異・恐怖映像の裏の裏』の打ち上げで飲んでる時間。
ですので、予約投稿です。

いよいよ、明日ですね。
怪談トークライブ、「Dark Nigh in 名古屋」!
名古屋では、3回目の開催となります。
お客さん、入ってくれはるやろか?
なんとか名古屋でも定例化したいものです。それにはお客さんに入っていただかないとね。

北野誠氏とは打ち合わせ済み。
「名古屋では犬神について語ったことが無いから、それ、しゃべろうかなと思ってるねん」と、彼の言葉。
おおっ、禁断の呪詛話じゃないですか。
大阪では彼、語ってますけど。
でもこれ、めったに聞ける話じゃないですよ。ラジオ、テレビじゃあ、まず語れない。誠氏も、この話をするときは覚悟があるとき。触るとアブないですからな。
そうなると私も、一話とっておきの呪いの話を!

そんなわけで、ライブならではの怪談トークをお送りします。

でも、怪談ビギナーの方もおられるでしょうから、緩急つけて、怖いけど楽しいライブにしたいと思います。

ダークナイト23



















7月14日土曜日
出演 MC はるみ
17:00開場 17:30開演(21:00終演予定
電気文化会館 5階前売予約4000



 
名古屋

























kaidanyawa at 00:00|PermalinkComments(2)

2018年07月12日

ホンモノの心霊動画???本日公開!

中山市朗です。

いよいよ本日です。大木ミノル監督との『恐怖映像』に関するトーク。
人間、いかなるモノを見た時、恐怖を感じるのか。
それを意識して映画やドラマ、漫画に取り込み、演出するのか。
作家にとって、こら大きな課題ですな。

ところで、私は普段から、霊というものについて懐疑派であると公言しております。私自身、これ、といったモノを見たことが無いし、霊が実在しているという確たる理論も持ち合わせません。
ただ、こういう仕事をしていますから、不思議な体験はあったし、そんな体験をした人も、周りにいっぱいいます。
そうでないと、怪異蒐集家なんて看板上げられませんし、実話怪談というものも書けませんわな。

ごく、たまにですが、「それが本当に実話であると証明できるのか」なんて言ってくる人がいますが、そんなのわからんですな。
怪談は、霊の実態調査を伴うモノではありませんし、そんな調査もできません。
怪談は、エンタメです。文芸であり、話芸であり。
小説だって、実話を元にした作品もあるし、ドキュメンタリーだって、作者の意図や演出によって見方も変わる。
ニュースにもフェイクがある。
だからそれは、読み手、視聴者に委ねられる部分があるわけですな。

ただ、私の怪談はあくまで、体験者が実在するということです。中には、それは体験者が脳内で見たことかも知れないし、偶然が積み重なっただけのことかも知れない。よく調べてみたら、なあんだ、という現象もあるかも知れません。
でも、人間は理屈で生きているわけではありません。
見たこと、聞いたこと、体験したことがゾッとしたことなら、それが怪異であり、恐怖体験だったりするわけです。

ところで、これもごくたまにですが「幽霊なんて存在しない」と断言して、ケンカを吹っ掛けてくる人もいます。
「いや、私は懐疑派なんですけど」と言っても、怪談を書いたり語ったりしているヤツは、霊を信じているに違いないと思い込んでいるみたいですね。

でも、私は怪異体験談を一万数千話は集めています。確かに9割は使えない(嘘という判断もありますが、全部がそうではなく、エンタメとしての素材としてという判断もありますし、私の腕の未熟が上に作品に仕上げられないという話しもあります。またパターン化した話しと言うのは新作には使いづらい。ただしサンプルとしては貴重な意味を持ちます)わけですが、当然、これは本当に見たんだろうな、あったことなんだなという話しもあるわけです。もしそれが作り話なら、その人は小説家になれるでしょうという話し。
ともかく、私の手元に一万数千話というデータ、取材記録がある。
てすから、「霊なんて存在しない」と言い切る人がいたら、それだけのサンプルを集めて精査したのかと言いたくもなるわけです。
いや、私は天邪鬼でもありますから、「霊は存在する」と頭から肯定されると否定したくなるし、「存在しない」と否定されると肯定したくなる。
私、懐疑派ですから。完全否定派とは違う。

さて、そんな怪異も、皆さん、生活の中でスマホを持ったり、車にドライブレコーダーが付いていたり、警備用のカメラがあちこちで作動したりしていて、実は意図なく記録されてしまうケースが多発しているようです。警備会社や保険会社の関係者からそんな話が最近、特に多く寄せられるようになりました。
ただ、表には出せない。必ず隠蔽されるわけです。
この前、テレビの制作会社の人と話していたら「そんな動画や写真が今も送られてきていて、どうにも公開できないホンモノがいっぱいあります」なんて言っていましたしね。
これも今はCGで、と疑えばきりが無いですけど、プロの人間がいっているわけですからね。


今回、トークのお相手となる大木ミノル監督は、今はアクション映画の監督として活躍されていますが、もともとそういう恐怖映像のオーソリティでして、そういう怪しげな映像のお話になると思います。
で、
私も大木監督に鑑定してもらいたい映像があります。
今まで私が見た中で、最恐の心霊が映ったと思われる動画。
こればっかりは、私も見るたびに、ゾゾゾゾッと鳥肌の立つ映像。
撮った本人と共に、場検証もしましたが、あれは説明できない。
否定派の人にはぜひ見ていただいて、トリックだというのなら暴いていただきたい動画です。

明日、持って行きますので、皆さんと検証してみたいと思います。
一時ネットにも出たり、テレビ番組でも紹介された動画ですが、ぜひ、専門家とともに、再度観てみたいですな。
そんな機会はめったに無いですよ。
皆さんもこの機会、お見逃しなく。

ということで、


DggVwexVQAAhhMk
















2018年7月12日(木曜日)
開場 18:30  開演 19:30
終演 22:00(予定)

【出 演】
中山市朗氏
(小説家/放送作家/怪異蒐集家/オカルト研究家)
大木ミノル氏
(映画監督/映像作家)

〈司会/アシスタント〉
のの氏(オフィスイチロウ秘書)

【会 場】
梅田 GANZ toi,toi,toi
大阪市北区西天満5丁目13-7 近江ビルB1

【入場料】
前売 3,666円+1drink(600円)
当日 3,900円+1drink(600円)
※前売/当日とも、当日受付にて 1drink代600円を別途お支払いお願いします。
※税込み価格です。

★前売チケットのお求めはGANZ toi,toi,toi もしくはネットショップ「大宇宙猫庵」にて
  




kaidanyawa at 00:00|PermalinkComments(0)

2018年07月11日

恐怖映像と怪談、ここに合体!? 言うたらアカン話!

中山市朗です。


いよいよ明日です。
「絶対言うたらアカン話2018〜13日の金曜日前夜祭・怪異、恐怖映像の裏の裏!!」
私がお相手いたします映画監督、映像作家の大木ミノル氏。
映画『時空脱獄NINJAジライヤ』や最新作『力−TAROU』などの監督、脚本なども手掛けている人ですが、恐怖映像のオーソリティーでもあられます。
『放送デキナイ死ノ動画』シリーズの監修は大木氏。

放送デキナイ


















『放送デキナイ死ノ動画』予告編

 

こういう動画を集めたり、監修したり、作ったりしている大木監督。しかし氏の話は大変おもしろく、楽しいものですので、私も対談を楽しみにしています。
恐怖の演出、恐怖を感じる映像のメカニズム、裏話、あるいはホラー映画の演出や恐怖要素についてなど、映像と恐怖に関する多義なトークになろうかと思います。そして、恐怖と爆笑の内容になることでしょう。

私も不思議な映像を持って行って、大木監督に鑑定してもらおうかと思っております。
もちろん、映像に関する怪談も!

思い出して眠れなくなっても責任もちまへん。

DggVwexVQAAhhMk

















2018年7月12日(木曜日)
開場 18:30  開演 19:30
終演 22:00(予定)

【出 演】
中山市朗氏
(小説家/放送作家/怪異蒐集家/オカルト研究家)
大木ミノル氏
(映画監督/映像作家)

〈司会/アシスタント〉
のの氏(オフィスイチロウ秘書)

【会 場】
梅田 GANZ toi,toi,toi
大阪市北区西天満5丁目13-7 近江ビルB1

【入場料】
前売 3,666円+1drink(600円)
当日 3,900円+1drink(600円)
※前売/当日とも、当日受付にて 1drink代600円を別途お支払いお願いします。
※税込み価格です。

★前売チケットのお求めはGANZ toi,toi,toi もしくはネットショップ「大宇宙猫庵」にて
  


kaidanyawa at 00:00|PermalinkComments(0)

2018年07月10日

お盆のお寺で怪談合宿!

中山市朗です。

以前からお話いただいていたのですが、ようやく決定し、予約開始したようなので、告知します。

お盆のお寺で怪談合宿はどうですか?

お盆に亡者の霊が帰って来る、というのが本当ならば、
そして、霊というものが存在するならば、

お盆のお寺の夜に怪談を語って、寺町の宿坊に泊まって、何も起きないはずがない!!
と、思いませんか?
ということで、体験しましょうよ、それ。

中山市朗の怪談合宿

お盆の期間に二度、開催されますよ。

【 概要 】
□ 日程
8月13日(月)、14日(火)(1泊2日/2食付)
8月14日(火)、15日(水)(1泊2日/2食付)
※両日程ともに、夕方~夜に2部制の怪談ライブを開催
□定員
 ↓日程ともに約20人
□内容
怪談ライブ(2部制)/宿泊/夕食/朝食/御祓いなど


【 タイムスケジュール 】
☆1日目
~16:00 チェックイン
16:30~18:00 怪談ライブー第1幕ー(和空下寺町大広間にて開催)
※途中10~15分程度の休憩あり
19:00~20:00 夕食(精進料理)
21:00~23:00 怪談ライブー第2幕ー(近隣寺院様にて開催予定)
※途中10~15分程度の休憩あり

☆2日目
6:50〜 朝のお勤め
8:00〜 朝食
〜10:00 チェックアウト


価格や予約については、和空さんへ。


和空 https://bit.ly/2L3kZ18
TEL:06-6775-7020(和空下寺町)

遠方からの参加の方は、2日目は午後から京都や奈良、というプランはどうですか?




kaidanyawa at 00:00|PermalinkComments(1)

2018年07月09日

怪談の壇第七壇

中山市朗です。


7日、プライベート怪談会、8日「怪談の壇」。
2夜連続の怪談宴会でした。

プライベート怪談会、ICレコーダーの数字を見ると、夜、深夜と合わせて90話近い数字となっていました。全部が怪談とは限らないので、それでも80話近くは語られたでしょうか。
初参加で、おしゃべりもあんまり……、という女性の参加者も、楽しんでいらっしゃいましたよ。
持ち寄り散財の飲み会も同時進行。
私はお仕事ですので、朝まで我慢……。

DhgiAh5V4AATJWQ















続いて昨夜は、「怪談の壇」。
参加者はいつもより少なめ。前日に続き関東からの遠征が無かった。
ほんなら、関西人の実力を見せたろやなか!


MCのはるみちゃんと、私。

語りたいお客さんに挙手をしてもらい、私が当てたら、上手の座布団に座って、怪談を一席語っていただくという怪談会です。私もお客さんが語った怪談から思い出した怪談やエピソードを語ったりします。
7壇3



















 こんな風に。
語っているのは、常連のクマさん。「おじいさん」という話しがよかった。

7壇4



















7人、11話が語られました。ほんと、不思議な話から、学生自体の体験談、警察官ならではの目撃談、一族に生まれた男子のみが全員体験するという不可解な話などなど、いやあ、やっぱり怪談にもいろいろある。
そんな中で、私が選んだ今回のMVPは、
「うどんや」を語った、ひろみつさん。
おめでとうございます!

「うどんや」て、落語にあるような演題ですが、なんとも雰囲気のある、狐狸妖怪のようでそうでもなく、現代らしい背景にありながら、牧歌的で、昔話にも出てきそうでありながら、意外性があって、ショッキングでもある、と言う、話自体の魅力もさりながらも、とつとつとそれを語るひろみつさんのキャラも光っていました。

7壇6




















ひろみつさんでした〜。


その後、みんなで打ち上げ。
そしてただいま、拙宅にて、飲み会続いています。
早朝6時前、散会。

本日21:00より、『怪チャンネル』のテスト放送。
有料化にあたっての電波チェック、機材チェックであります。








kaidanyawa at 07:00|PermalinkComments(2)

2018年07月08日

二夜連続の怪談の宴やあ!

中山市朗です。


プライベート怪談会、またまた盛況に終わりました。
で、8時頃まで最後のお客さんをお相手に飲んでいて、起きたら2時でしたので、慌ててこのブログを書いております。

本日の夜は『怪談の壇』。また、今後の展開のための怪談のネタだし、校正作業などもありますので、プライベート怪談会の様子は、『怪談の壇』と合わせて、明日以降のプログにて報告いたします。
まだ眠いわ。

今回も怪談宴会となりました。

Dhf4m4iUwAEVDwu (2)

















参加者の皆さんに、七夕の短冊にお願い事を書いていただきました。
皆さんにお願い事を書いていただいた短冊や飾りは、作法にのっとり、某神社に納礼し、笹は河へ流します。

参加してくださった皆々様方。
改めて感謝申し上げます。

Dhg-j3GV4AAizHr
















本日は18:45、開演で、『怪談の壇』。
もちろん当日参加OK。
語るもよし、聞くだけでもよし。
参加費2000円と、希望者は打ち上げ参加できます。
今夜も怪談の宴じゃあ!


Dhj1ppvUcAUydis

























kaidanyawa at 14:49|PermalinkComments(1)

2018年07月07日

今夜は、七夕怪談だよ。

中山市朗です。


本日はプライベート怪談会。
雨の心配からか、関東の人たちからの参加が少ないようですが、あんまりアテにならない天気予報によると、夕方以降の大阪の降水確率は30%、翌日の怪談の壇の開催される頃は、晴、だそうです。

今夜は七夕。
うちのスタッフが、短冊と笹を用意するそうです。
私も七夕の短冊に願い事を書くなんて小学生以来ですわ。参加の皆さんで、願い事を書いてみましょう。

ちなみに七夕は、古代中国の宮廷行事から来ています。
宮廷の女性たちが裁縫や機織りが上達するようにと、針に五色の糸を通して、庭に酒などと共に祀ったそうです。

日本には五世紀には伝わっていたという説もあります。
たなばた、は棚機(たなばた)であり、そうなると機織りの神ともなる秦氏とともに伝来したのかもしれません。あるいは棚機津女(たなばたつめ)の伝説から見て、秦氏を迎えた縄文人たちが行ったものかも知れません。
五世紀、というのも、秦氏が渡来してきた時期ですしね。
で、現代の中国ではこのような七夕は残っていないらしく、日本独特の風習となっております。

竹笹は、まっすぐ育つ生命力と、天にいる神とをつなぐものであり、竹の空洞には神が宿るとされています。
そこに願い事を書きた短冊を飾ります。

五色の短冊、という歌もあります。
五色にも意味がありまして。

青は、木々を表す木行。
赤は、炎を表す火行。
黄は、土を表す土行。
白は、大地に埋まる金属を表す金行。
黒は、命を育む水行。

つまりは陰陽五行、この世のすべての要素を表すものです。
これですな。

五行陰陽
















そうなると、やっぱり秦氏?


七夕怪談会こと、今夜のプライベート怪談会は、本日も参加者募集中です。
酒、肴も持ち込みあり。
怪談の宴を楽しみましょう。
19:00より夜の部。24:00よりオールナイト。
どちらか、またはどちらの参加でもOKです。

参加希望者は、
info@officeichirou.com
06-6264-0981

参加費無料。
怪談を一話は語ること。

勝手知ったる常連の方は、各々来ていただいて結構です。
開始30分前から来てください。




kaidanyawa at 07:00|PermalinkComments(3)

2018年07月06日

宇宙人と幽霊と聖書

中山市朗です。

先日、カナザワ映画祭in神戸『世界陰謀論大会』の宣伝をツイッターで行ったところ、武田崇元さんから「『宇宙人の聖書』」てまさか奥崎謙三の霊がって話じゃないよね。神戸だけに心配だ。」とリツイートされていました。
私が8月12日に同映画祭で語るテーマが「天孫降臨・宇宙人の聖書」!

武田さんのいう『宇宙人の聖書』とは、映画『ゆきゆきて進軍』(1987年、原一夫監督のドキュメント)の主人公だった元陸軍兵、一般参賀で天皇のいるバルコニーに向かってパチンコ玉を発射した男、奥崎健三氏が自主出版した本の題名のこと。
『宇宙人の聖書〜天皇ヒロヒトへパチンコ玉を得った犯人の思想・行動・預言』と言う本。

確かにヤバいなあ。

でもまあ、これは主催者側から付けられたモノでして、奥崎健三氏のこととは何の関係もありません(おそらく)。もし語ったらややこしいことになりそうですな。
しかし、我々日本人は、教育と言う大きな陰謀操作によって、騙されてるよ、みたいな話にはなるかも。
歴史観とか戦争観とか天皇とか、宗教とか。UFO問題はどうなんだろね、みたいな。陰謀論についてのトークですからな。

まだ何を語るかは、今はまったく白紙ですけどね。

ちなみに、奥崎健三氏は、晩年は神戸に住み、神戸の病院で亡くなっております。


さて、ツイッターと言えば、うちのスタッフが8月24日に行う「怪談キャンプ」の下見に行ってきたと言っていましたね。今月より有料会員制となった『怪チャンネル』で、当日キャンプ場で行う夜を徹しての怪談会の様子を生配信することを目論んでいましたが、どうやら現場の電波状態がよくないようで、生配信はできなくなりました。でも録画はしておきますので、後日、私の解説付きで、番組として配信することとします。
『怪チャンネル』。地上波やBS、CSではできない怪談番組を、暗中模索しながら配信していく所存です。

ちなみにキャンプ場は、私の著書『怪談狩り・赤い顔』の第16話「噂のログハウス」から第24話「再訪」までの舞台となっているところです。みんなで第25話目を目撃ましょう!

問合せは、
sakugeki.com/?page_id=836








キャンプ場へ向かう、とっさん。その前を行くのはヤマモト君かな?
しんどそうやな、と躊躇しているアナタ、
タクシーで行く手があります。わしゃ、それで行く。

DhUOfMVV4AAT02v



















なお、塾生は2000円割引となります。
すでに申し込んだ、という人は、後に返金します。


霊現象、みんなで視れば、怖くない。



さて、

本日は、久しぶりの感がある作劇塾の開講。合評です。

明日(7日)はプライベート怪談会。七夕怪談会ですな。
酒、肴、持ち寄り散財!

塾の見学、入塾希望者の方、そしてプライベート怪談会の詳細、参加に関しては、下記のメールか電話番号で。
info@officeichirou.com
06-6264-0981

そして、
明後日(8日)は、「怪談の壇」。
当日参加もOK。希望者は打ち上げ参加できます。

sakugeki.com/?page_id=169


二日連続で、怪談の宴じゃ!


★怪談キャンプ
24日(金)
大阪府H市の某キャンプ場にて、怪談キャンプを開催します。
当日は、ロッジ内で怪談会を行い、怪チャンネル収録も行います。
タイムスケジュールは、
17:30〜21:00 BBQ
21:00〜    自由時間
23:00〜    明け方までロッジで怪チャンネルを配信予定
参加費は、9000円(食事代込み)
ご興味のある方は、中山市朗Dark night公式サイトの、特設ページを御覧ください。
中山市朗Dark night公式サイト(トップページの最上段から)





kaidanyawa at 07:00|PermalinkComments(3)

2018年07月05日

怪談を語り聞こう、そして楽しもう!

中山市朗です。

『幽』最新号Vol・29、発売されております。



現在、私の最新刊となります『怪談狩り・黄泉からのメッセージ』に、ページ数の都合上、カットした話しが載っております。題して「黄泉からのメッセージ2」。
併せて読んでいただくと、よろしいかと。

怪談狩り 黄泉からのメッセージ (角川ホラー文庫)
中山 市朗
KADOKAWA
2018-06-15






今回の新刊には、随分とプライベート怪談会で皆様に話していただいた話も、採用させていただきました。
テーマが、「黄泉からのメッセージ」、つまりこの世の者でない人が何かを言いに来た、この世とあの世との接点ができてしまった、みたいな話を中心に今回構成いたしましたが、来年に向けては、なんだかわからない、なんかちょっと不思議、みたいな話も、集めてみたいなと思っております。
プライベート怪談会で語っていただいた話は、全話ICレコーダーに収録しておりまして、その中から、おっ、いける、とか、おもろいなあ、とか思った話、あるいはデータとして記録しておきたい話などは、まずは基本、語っていただいた筋を崩さないようにしながらも、改めて構成や肝などを考えながら、一旦ノートに手書きで書き写すという作業をしております。
手書きでなぞる、というのは私にとっては重要で、この作業でもって皆さんが語った話が、私の体の中に入り込んでいき、消化されていくわけです。で、書き写した文を元に再構成をしながら、原稿にする。それを出版社の編集さんがチェック、修正をしてきまして、丁々発止しながら作業します。そしたら校閲からなんやかや言って来て……、と、一冊の本にするのはわりと大変なんです。
ですから、語る皆さんが、話すのヘタなんで、なんて心配する必要はありません。
語っていただいた話を怪談に仕立て上げるのが私のお仕事でして。

ただ、すごく話の上手い方もおられて、ほとんど構成の手直しの必要が無い話もあります。それでも一冊の本としての構成や流れなどで修正したりもします。やっぱり語りと文芸は違いますしね。

でも、肝心なのは皆様から提供していただいた体験談や身近な人が語った話なのでありまして、これはもう、料理人における高級食材といえるべきものなのです。
食材が無ければ、どんな腕のいい料理人も、料理は出来ない。
私の肩書きは「怪異蒐集家」でありますが、まさに皆さんから怪異の話を聞きまくり、蒐集することが肝心、重要ということです。

皆さんから提供していただいた話を採録したノート。そこから生まれた作品!

IMG_3142














というわけで、7月7日の七夕の夜、プライベート怪談会、怪談好きな皆々様方のご参加、お待ちするものであります。
夜の部19:00より、23:00頃まで。
深夜の部、24:00より始発電車の出る5:00頃まで。
どちらか一方、あるいはどちらも参加OK。参加費無料。
一人一話は、怪談を語ることが参加条件です。
場所は、私の書斎。
詳細、参加希望者は
info@officeichirou.com
06-6264-0981

次の日は、お客様も怪談を語れる怪談ライブ『怪談の壇』。やっぱり怪談はねえ、聞くだけではツマラン。語ってみることで楽しみ方も倍増しますよ。もちろん聞くだけでもええですけど。

7月8日(日)

怪談の壇 第七壇  7月8日日曜日開催(詳細は下記)

dark3
詳しくはclick ↑

皆さんと共に、関西の怪談、盛り上げるぞ!
おー、
声が小さい!!!



kaidanyawa at 10:47|PermalinkComments(7)

2018年07月04日

怪談番組と陰謀論トーク?

中山市朗です。

昨夜、この業界について壮快君からアドバイスを受けていた、秘書のののさん。
さっそくそれを活かす時がやってきました。

本日、大変なお客さんが東京からいらっしゃいました。

皆さん覚えていらっしゃいますでしょうか。
2009年と2010年に、NHKBSで放送しました『最恐!怪談夜話』。
この番組の演出を担当されたYさんがオフィスイチロウに来られたのです。
ある、怪談番組の企画についての相談です。
今後の交渉ごと、進行に関しては、Yさんからの要望もあって、新秘書の、ののさんが担当することになりました。
アドバイス、早くも活きました。

仕事の話の後は、三人で大盛り上がり。
いつの間にやら怪談披露会になっていました。
「癇の虫」!!?
ネタ、ゲット!



さて、情報解禁です。

カナザワ映画祭2018・夏。
またまた神戸の映画資料館で8月11〜15日に開催。
今回の映画のテーマは「世界陰謀論大会」
私もまたトークします.
8月12日(日)20:10より。
テーマは「天孫降臨・宇宙人の聖書」!
意味わからんけど、やってみますわ。
 
バーン!
なんか、あらゆる意味で、ヤバそう。

陰謀論



















詳細、タイムスケジュール、および申込み
➡︎




こっちも近づいています。
怖くて爆笑間違いなし。

WD7S6607t1111111111111111111
















すんません。ここにある画像の▶詳細はここをクリック◀を押しても画面変わりません。
クリックしたら次の内容がでます。


【日 時】
2018年7月12日(木曜日)
開場 18:30  開演 19:30
終演 22:00(予定)

【出 演】
中山市朗氏
(小説家/放送作家/怪異蒐集家/オカルト研究家)
大木ミノル氏
(映画監督/映像作家)

〈司会/アシスタント〉
のの氏(オフィスイチロウ秘書)

【会 場】
梅田 GANZ toi,toi,toi
大阪市北区西天満5丁目13-7 近江ビルB1

【入場料】
前売 3,666円+1drink(600円)
当日 3,900円+1drink(600円)
※前売/当日とも、当日受付にて 1drink代600円を別途お支払いお願いします。
※税込み価格です。

★前売チケットのお求めはGANZ toi,toi,toi もしくはネットショップ「大宇宙猫庵」にて
  


【参加規約】
このトークショーの内容を絶対に口外してはいけません。




kaidanyawa at 00:00|PermalinkComments(4)

2018年07月03日

ラーメンで、会議は踊る!

中山市朗です。

昨夜は、オフィスイチロウの定例会議でした。
今後のライブ、イベント、動画の展開、番組出演などの企画、調整、スケジュール取り。そしてなぜか最近メンバーの周囲に起こっている怪異についての推察などなど。

で、毎回途中で腹が減る(わしだけ?)。
今回は、メンバーに買って来た博多土産を。


IMG_3136



















博多長浜とんこつラーメン!
私が会議の合間をぬって、6人分、湯ぅ、沸かして、ゆで卵作って、ラメーン湯がいて、スープ作ったんでっせ。
まあ、普段はあんまりこんなことはしないんですけど。私が食べたかったというのもあります。

美味そうでっしゃろ。

IMG_3140















ラーメンをほおばる中村壮快君(イベント担当)、とっさん(映像、技術担当)。写ってないけど、ののさん(秘書)、cainさん(オフィシャル・サポート)、山本君(スタッフ、シナリオ担当)にもふるまい。

IMG_3138














あー、美味かった。

IMG_3141














そしてこの後、またまた熱き会議が再開しました。

現在早朝5時57分、壮快君がまだまだ業界慣れしていないののさんに、業界での生き方、仕事の仕方、お客さんとの接し方などについてアドバイスをしております。熱く頼もしいメンバーたちです。

さて、そんなメンバーたちに支えられて、怪談会やライブをやっております。

7日(土)は、七夕プライベート怪談会。
夜の部19:00より、深夜の部24:00より。
参加費無料、怪談を一話は語ること。
問合せ
info@officeichirou.com
06-6265-0981

翌日8日(日)、怪談の壇・第七壇

出演:中山市朗/はるみ 他

会場:千日亭(大阪市中央区千日前1−7−11上方ビル3階)
時間:18:15開場 18:45開演(終演予定21:00)
料金:参加費2000円(予約、当日問わず。料金は語りをする方、聞くだけの方共通です)

終演後、交流会(打ち上げ)を行います。参加希望の方は予約時に「交流会参加希望」と記入してください。参加費はお一人3000円となります。ライブ受付時のお支払となります。

怪談を語って聞く。これ怪談好事家の歓びですよ。
どちらもまだまだ枠があります。
共に怪談を楽しもうじゃありませんか。





kaidanyawa at 07:00|PermalinkComments(5)

2018年07月02日

作家は売れ行きが気になるもんだ。

中山市朗です。

塾生たちにはよく言っていること。
デビューは比較的、カンタン。人数倍書くか、テーマをどういう切り口で攻めるか。
私の学生の頃は「自分のことを書けば誰だってデビューできる」なんて言う教授もいました。

でも、プロとして生きていくことは難しい。
かの教授も「二作目からが難しいんだ」と言っていました。
とにかく、書いても作品が売れなきゃ、出版社に捨てられますからな。
それって、失業です。

ですから、塾では書くこと以外の作家としての生き方、考え方、処世術、そして営業や取材の仕方といったことも飲み会や、業界人のいる打ち上げや楽屋でも示唆しておりますが、なかなか気づいてくれんものです。
サラリーマンとは全然違う世界ですからな。気づくのが怖いから、あえて気づかんフリをしているのかな、とも思ってしまいます。


プロスポーツの世界なら、成績と言う数字ではかられますが、作家はそこが見えない。
いや、見えるんです。
本の販売ランキング。
あんまりアテにしてはいけませんけど、まあ、目安にはなる。
それに時には辛辣なレビューも書かれたりします。
これもあんまり気にしちゃ、あかんのですけど。

でも、たまに、ついつい見ちゃいます。
amazonの売れ筋ランキング。
これもあんまり参考にしちゃイカンという出版社もあれば、いちいちランキング上がりました、なんて知らせてくる出版社もありました。
販売されて一ケ月は、要注意。
次から次へと新作が発表され、新作、話題作が上位にランキングされます。
新作でも、まったく話題にもランキングにも入らず、というものがほとんどですけど。

7月1日20時、角川ホラー文庫の売れ筋ランキング。
やっぱり郷内心瞳氏の『鬼神の岩戸』kindle版が立ちはだかっております。
同じ6月15日発売から半月、私の『怪談狩り・黄泉からのメッセージ』も、文庫、kindle版で2位、3位を維持しております。
でも、これがランキングの下位になっていくと、もう全然気になりません。
見る気もしません。
わっはっは。

IMG_3130














ちょっとうれしいのは『怪談狩り・四季異聞録』kindle盤が11位に食い込んでいたこと。
旧作は、なかなかランキングに復活するのは難しいのです。

IMG_3134















やっぱり夏は怪談、ですな。
これを機に、怪談ライブにも、もっといろんな人に足を運んでいただきたく思う所存です。

半分自慢の本日のブログでした。
終わります。

チャンチャン♬











kaidanyawa at 00:00|PermalinkComments(4)
プロフィール
中山市朗 【なかやまいちろう】


作家、怪異蒐集家

兵庫県生まれ。


主な著書に「新耳袋」など。

作家、漫画家の育成機関「作劇塾」を主宰。


作劇塾

オフィスイチロウ


Archives
ギャラリー
  • 『モーツァルトの血痕』第一章、配信!
  • 『モーツァルトの血痕』第一章、配信!
  • 『モーツァルトの血痕』第一章、配信!
  • 『モーツァルトの血痕』第一章、配信!
  • 『モーツァルトの血痕』第一章、配信!
  • 映画監督とホルモン食って映画談義!