2020年02月

2020年02月29日

『三百物語』、「ヒサオ」は初語り。『Dark Night』は怒りの山神初語り!

中山市朗です。

本日の三百物語。

「ロケ地の夜」は、『新耳袋』にも書いた、テレビ制作会社の録音技師Nさんの話。
舞台となった古旅館は、私も後に北野誠さんと取材に行きました。その後日譚も語ります。

「ヒサオ」は、1年間幽霊となった元彼にストーカーされたという「ノプヒロさん」の体験者E子さんの体験談。彼女は今、芸能界のオフィスの経営をやっておられます。
私はよく、いわゆる霊感がある、と自称する人の話は総じて面白くない、と言っておりますが、E子さんはまさにその、霊体質というか、霊体験の被い方。
でも彼女の話は、ちゃんと展開があって、客観性もあるんですね。だから、独特の世界観というか面白さがあります。「ノブヒロさん」がそうでしたもんね。

この話を改めて語ろうと、整理していたら、おそらくこの話は、本には書いたけど語った覚えがない。そういう意味では、初語りの話かも知れません。
話そのものは25分くらいのものかな。

「蔵の中」は私の好きな話です。古風で日本の怪談らしいエピソード。結局ソレは何だったのだろうと、大きな謎が残ります。

他に「宴会の声」「落ちた鍵」「真っ暗にするとダメ」「友達のJ君」など。

『Dark Night』では、神様に関するお話を1話、用意しています。もちろん原稿にしていないし、どこの怪談ライブでは語っていない話。
でも、オカルト・古代史を語る、三上丈晴『ムー』編集長とのロフトプラスワン・ウエストで披露しました。怪談ライブでなく、古代史がらみで語ったという、オカルト好きならきっと"発見"がある話。もちろん怪談ですから怪談マニアも聞き得なお話です。

ゲストの二人もいろいろ怪しいものを持ってくるようですし。


「三百物語・第十二夜」

「Dark Night.Vol35」


どちらのライブも、本日、予定通り開催します。

EOC9G1UUUAEmQfb




















EOC7tkCUYAEXMiR




















sakugeki.com



kaidanyawa at 01:00|PermalinkComments(1)

2020年02月28日

明日、怪談独り語りとDark Night、予定通り開催します!

中山市朗です。


明日、予定通り開催します。

2月29日土曜日

 中山市朗「三百物語・第十二夜」
夜公演

中山市朗独り語り




MC  のの(オフィスイチロウ・秘書)
場所 千日亭
19時開演(終演予定21時)
演目「ロケ先の夜」「蔵の中」「宴会の夜」「真っ暗にするとダメ」「落ちた鍵」「友達のJ君」「ヒサオ」他

予約 2500円


EOC9G1UUUAEmQfb




















Dark Night.Vol35

オールナイト公演!



東京公演では今、注目される語り手の方を紹介し、共演しましたが、そら、関西でもやらんとね。
というわけで、関西拠点の語り部が集まり朝まで語り尽くします!
ゲストの二人が、怪しい画像や動画など、持ってきてくれるそうな。

◆出演 中山市朗
 田中俊行
 Apsu shusei
 MC はるみ
 前売4000円
 道頓堀ZAZAHOUSE24時開演(終演5時予定)

EOC7tkCUYAEXMiR




















sakugeki.com

kaidanyawa at 09:22|PermalinkComments(1)

2020年02月26日

モーツァルト『魔笛』、主人公日本の王子の謎を追求‼

中山市朗です。

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト。
彼の遺作となったオペラ『魔笛』の謎を巡って。


220px-Johannes_Chrysostomus_Wolfgangus_Theophilus_Mozart

















なぜ、『魔笛』は秘儀オペラと呼ばれるのか?
なぜ、最初は善であった月の女王と、悪だったザラストロの善悪が途中で逆転してしまうのか?
なぜ、前半はタミーノ王子がバミーナという女性を助ける話が、後半は通過儀礼を受ける話になったのか?
なぜ、主人公はピラミッドの中で秘密の儀式を受ける構成になっているのか?
なぜ、主人公は最後にフリーメーソンの最高神、イシス=オシリスの神に祝福されるのか?
なぜ、その主人公が日本の王子なのか?
そして、『魔笛』の原案者、オーストリアのフリーメーソンを統率し、イルミナティの指導的立場にいたエジプト象徴学の権威で錬金術師であったイグナーツ・ボルンと作曲者モーツァルトは同じ年にほぼ同じ症状で亡くなったのは、偶然か意図的なものなのか?
魔笛(Die Zauberflote )とは、何のことなのか?
脚本を書いてパパゲーノを演じたシカネーダーが生き残ったのは何故か?
この他、『魔笛』はオカルト用語、つまり象徴や暗号が散りばめられ、その解読が待たれています。

ともかく、いろいろな謎がどんどんと出てくる『魔笛』という作品。

しかし、『魔笛』の主人公が日本の王子であるのは何故か、に深く言及した研究は、私の知るところ、ほとんどありません。ドイツ語が読めて当地に行って探せば何かあるかも知れませんが。

『モーツァルトの血痕』では、小説形式ではありますが、ここのところを私の手元にあります資料を基に、詳しく詳しく語っております。

モーツァルトが活躍した時代は、18世紀の後半。
啓蒙思想がフリーメーソンを媒体としてヨーロッパ中のインテリや文化人たちの中に浸透していき、イルミナティが発足し、解散されられ、その残党がフランス革命に参加し、中心的な存在となった時代でした。
モーツァルトがいたウィーンでは、イルミナティの余波をくらってフリーメーソンが危険視され、ヨーゼフ2世(神聖ローマ帝国皇帝)によって統廃合されられました。フリーメーソンにとってはまさに激動の時代。
また、解散させれられたイルミナティの原理は、フランス革命で実験的に実践され、やがて継承されて、後に共産主義を生み出します。
そんな時に生まれたのが、日本の王子が真の善悪を見破り、不正な偽善者の力を滅ぼす、というメッセージを持った『魔笛』だったわけです。

IMG_4890













IMG_4891













しかし、モーツァルトが『魔笛』を発表し、謎の死を遂げた1791年は日本は鎖国の真っただ中。
したがってモーツァルトやシカネーダーはもちろん、ほとんどのヨーロッパ人は日本のことを知らないし、関心も無かった……。
だから、『魔笛』の主人公を日本人としたのは、単なる異国情緒、日の出る神秘の国、というニュアンスでしかなかった、と言うのが大方の専門家の意見。

しかし、調べてみるとそんなことは無い!
ケンペルの大作『日本誌』は英訳、蘭訳、仏訳、独訳されて啓蒙主義者らに読まれていたし、日本で布教活動していたイエズス会、ドミニコ会、フランシスコ会の宣教師たちの注目すべき書簡や報告書は多数にわたってヨーロッパに齎され、彼らに同行していたユダヤの商人たちの見たものもあった!

ケンペル 日本誌
















そして、ヨーロッパ式のキリスト教しか知らなかったカトリックの宣教師たちが見落とし、ユダヤ商人たちが確信した日本の秘密もあった!
キリスト教史観『神の計画』が、日本に移ると予言したイエズス会士も⁉

ヨーロッパから見た日ユ同祖論があった?

マックレオドの神社












WEBマガジン『モーツァルトの血痕』第七章 イルミニズム、フランス革命、そして日本
昨日配信
officeichirou.com/?page_id=1970

一部無料で読めます。

そして、「モーツァルトと聖徳太子の『未来記』」をテーマとした古代史塾を東京で行います。

3月14日(土)
14:00〜16:00
場所は、池袋某所(参加希望者さんにのみお知らせいたします)
※JR山手線池袋駅から徒歩6分
参加費は3000円です。
質問OK‼

予約・問合わせ
info@officeichirou.com

主催・オフィスイチロウ

IMG_6828





















kaidanyawa at 07:21|PermalinkComments(0)

2020年02月25日

プライベート怪談会からのお知らせ

中山市朗です。

プライベート怪談会からのお知らせです。

3月7日は大阪市内の私の書斎で。
3月15日は、東京新宿区内のレンタル・スペースで開催いたします。

どちらの会も、怪談を一話は語ることは必須条件。
大阪の場合は、参加料無料です。

3月7日のプライベート怪談会は、いつものと同じ。
深夜24:00開始、早朝5:00頃までとなります。
その後は、おそらく宴会になりますが、これは自由参加です。酒、肴などはご持参ください。


東京は15日、午後14:00開始、20:00までとなっております。

東京での開催は、当初オフ会も兼ねて、鍋大会をと思っておりましたが、こういう昨今ですので、しばらく様子を見てみようと思います。場合によっては中止にすることもあります。

鍋大会が中止になっても、飲料、軽い食べ物なら持ち込み可能ですので、各自ご自分のものは持参してくださってもかまいません。また、鍋大会中止の場合は参加料金2500円を1500円と変更いたします。
判断までもう少しお待ちください。

また、体調には十分配慮された上での参加をお願いします。
当日、明らかな風邪の症状のある方、強いだるさや息苦しさを感じる方は、なるべく自粛していただきたく思います。

何卒ご理解の上、参加くださりますようお願い申し上げます。


大阪版、フライヤー

令和2年 プライベート怪談会・大阪1 (2)




















東京版、フライヤー

令和2年 プライベート怪談会・東京 (2)



















参加ご希望の方は、

info@officeichirou.com

まで、メールをくださいませ。集合場所や時間をお知らせいたします。
また大阪か東京かの表記や、お名前、参加人数もおしらせください。










kaidanyawa at 08:44|PermalinkComments(3)

2020年02月23日

本日は皇紀2680年の第126代天皇誕生日!

中山市朗です。

本日は天皇誕生日。今上陛下が天皇に即位されてはじめての誕生日、ということで明日は振り替え休日。初代天皇であられる神武天皇が即位されて126代目。
ところでご存知でしたか?
先日、11日の建国記念の日は、日本建国、2680年の記念の日だったのです!
もちろんこれは、伝説としてというか、神話としてのものですから、根拠のある数字ではありません。しかし、日本の建国を神話に求めるしかないというのは事実でして、Emperorがいて、元号を使い、歴史が紀元前の神話に求めるしかない、という国も、世界で唯一なのです。

歴史学で言うと、西暦701年に発布された大宝律令に、日本天皇、という文言が見られ、少なくとも日本国はこの時代からあったとはいえますが、日本と書いて、これ、やまと、と読ませています。やまと(大和、大倭)という国はそれ以前からあったし、大和の和は、倭から来ていますので、実は連綿とその歴史は遡ることが出来るわけです。で、文献にも書かれない古代となると、もうわからない。
日本とはそういう国なのです。


ところで、天皇というと「私は天皇なんて認めない」「必要ないと思う」という人もおられます。
税金の無駄遣いという人もいます。各々考え方は自由です。


でもね、無駄遣いという人に、「君にとってどのくらいの金額が無駄遣い?」聞くわけです。そして皇室予算にどれくらいかかっているかを聞くわけです。
そしたらね、たいてい答えられない。


昨年(平成31年度)の皇室にかかった予算は、宮内庁費、皇室費合わせて約230億円。大嘗祭とかありましたからな。その費用も含みます。




無題













で、国家予算は100兆円を超えました。
これを収入1000万円の家計とします。
230億円は、年間2300円ほど、月間192円ほどの支出ということになります。
192円! 1000万円の収入で、ですよ。
まあ、皇室が廃止されて、辻元清美議員の言ったように、皇居を公園としてアジア平和祈念館を造ったとしても、その維持費、運営費、皇室の宝物や文書、記録などの管理にも相当な税金をあてることになりますので(それも込みの予算ですから)、192円が多少少なくなるだけ。だいたい皇室を廃止して、アジアの平和祈念館という発想が、浅はかすぎますな。

えっ、だったら皇居跡を民間に買ってもらって、テーマパークでも造ればって?
それって救いようのない発想。

仮にそのテーマパークが赤字、破産でもしたら、もう猛バッシングになりまっせ!
一体歴史や伝統、文化というものを何だと思っていたんだ!この拝金主義者めって。
月200円足らずで、連綿と続く歴史と伝統、それに皇室外交における特権、偉大なる象徴を維持できるわけです。そしていったん手放すと、もうお金では買えないのです。

天皇が無くなると、大統領制の国とならざるを得ないでしょう。日本という国号も変わり、日章旗も変え、元日本人同士も、きっとギスギスした日常を送り、神道の神を無くし、アイデンテティを失い、全世界から歴史と伝統を捨て去った愚かな国として、嘲笑されるでしょう。いやもう、クレイジーっていわれるでしょうね。


そんな国に、私はいたくないですわ。


久美浜・神社熊野












話は逸れますが(笑)、本日は『怪チャンネル』配信日です。

https://freshlive.tv/ichiroukai/276711











kaidanyawa at 09:31|PermalinkComments(5)

2020年02月22日

2月29日の夜は、中山市朗・怪談DAY!

中山市朗です。


1週間後に迫って参りました。
改めまして告知を致します。



まずは、 中山市朗「三百物語・第十二夜」
2月29日(土)
夜公演

久しぶりの開催です。
私が今まで語って来た怪談を語り直して、映像収録するという企画です。
まあ、あたりに散らかっております私が怪談を語っているYouTubeなどの動画の大半は、どこで語ったかわからないものやサービスで知り合いの動画チャンネルで語ったりしたものや、もう十何年も前のものもあったりしております。正直、そのころのモノはヘタです。
でも、残す、ということを意識して語るのとは全然違うと思います。
YouTubeで私の怪談を聴いている、あなた!
まあ一度、生でお聞きくださいな。

語る怪談は、
「ロケ先の夜」「蔵の中」「宴会の夜」「真っ暗にするとダメ」「落ちた鍵」「友達のJ君」「ヒサオ」など。
演目は一部変わることもあります。そこはご了承ください。

場所は、千日亭(大阪市中央区
19:00開始、20:30 終演予定
前売2500円
MC・のの




EOC9G1UUUAEmQfb



















Dark Night.Vol35
2月29日(土)
オールナイト公演!



東京では今、注目される語り手の方を紹介し、共演しましたが、そら、かんさいでもやらな。
というわけで、関西拠点の語り部が集まり朝まで語り尽くします!

◆出演 中山市朗
田中俊行
Apsu shusei
MC はるみ
前売4000円道頓堀ZAZAHOUSE24時開演(終演5時予定)

EOC7tkCUYAEXMiR




















令和2年の、語りはじめですわ。




kaidanyawa at 03:36|PermalinkComments(4)

2020年02月18日

我々日本人は、日本国の基礎を創った聖徳太子についてもっと知らなければならない!

中山市朗です。


お客さんから「こんなのあるよ」と教えられて、昨日22:00よりフジテレビ系で放送されておりました『新説!所JAPAN』で聖徳太子の謎をやっていましたので、拝見いたしました。

謎多き聖徳太子、ということで、四天王寺の建物はなぜ一直線に建てられたのか、とか、十人の話を同時に聞いたというのは本当なのか、とか、七度も日本の紙幣の肖像に使われたのはなぜ?  といった謎について解説しておりました。

images


















笑い飯の哲夫さんが聖徳太子の熱烈なファンだったとは知らなかったですね。
案内されていたのは、歴史学者で古記録の専門家でもある倉本一宏さん。
1時間番組でしたから、無理やりぎゅぎゅっと詰め込んで、テーマに沿ってわかりやすく現場で解説しておられました。特に、聖徳太子と言えば、みな法隆寺へ行ってしまうのですが、四天王寺を取り上げていました。

実は、『日本書紀』を読みますと、聖徳太子については、四天王寺と蜂岡寺に関しては記述があるのですが、法隆寺が天智天皇9年(670)に一屋余すことなく焼失した、という記事があるだけなのです。
ちなみに、蜂岡寺とは今、京都太秦にあります広隆寺のことです。あの、国宝第一号に指定された弥勒菩薩半跏像が安置されているお寺で、秦氏の氏寺とされています。
ですから、聖徳太子の信仰について調べるには、この二寺のことを知るべきなのです。

まあ、そのあたりのことは過去、このブログで何度も取り上げましたが、この番組でもテーマの一つになっていた、聖徳太子は何をした人? ということで、ぜひ、皆様に知っていただきたいことは、

聖徳太子は、日本と言う国の基礎を作った人、だということです。
天皇、というものを創ったのは、聖徳太子です。
番組にあったように、大阪市天王寺区にあります四天王寺は、南大門、中門、五重塔、金堂、講堂と建物が南から北へ向かって一直線に並んでいますが、これは難波津にやって来た外国の人々に建物を見せる、という意図もありましたが、これは道教から来たもので、北辰信仰を示すものでもあります。

四天王寺伽藍
















道教では北極星を中心に星々が回るので、北極星を宇宙の中心と見立て、神としたのです。この神格化された北極星を、天皇大帝(てんわうだいてい)といい、天皇と言う言葉は、ここから取られたわけです。また、四天王寺は天皇寺と表記された例もあります。
読みは、すめらのみこと、すめらみこと、ですがそれに天皇、と言う字をあてたのです。そして北辰信仰は今の皇室にもちゃんと残っております。


礼服大嘗祭の













こちら孝明天皇が大嘗祭で着用された祭服。
北斗七星が描かれています。これを着用される天皇が天皇大帝となられるわけです。



また、外国との交流、外交も重視し、約100年間途絶えていた中華帝国との外交を再開しました。当時は隋と言う国でしたので、遣隋使を派遣しました。
隋の皇帝にあの「日出る処の天子、書を日没する処の天子に致す、つつがなきや云云……」というあの親書を渡し、時の皇帝煬帝を怒らせた、と中国の書『隋書 倭国伝』に書かれております。
この天子、というのは天の命によって天下を治める者、つまり皇帝のことでして、皇帝はこの天下にただ一人でなければならないところ、もう一人いる、ということを聖徳太子が宣言したわけです。それが天皇のことであり、大王〈おおきみ〉から、天皇になったのはこの時ではなかったかと思うわけです。
その証が、四天王寺であったわけです。西門には鳥居がありますので、神道もちゃんと取り込まれております。
四天王寺は、神道、道教、仏教が絶妙に融合した宗教施設でして、ひょっとしたらキリスト教も入っていると思われます。そのあたりは拙書で。







しかしこの外交より、以後日本は中国と対等の外交をするようになり、その関係は今も続いているという、これは聖徳太子の功績なんですね。
聖徳太子の時代から100年遡った倭の五王の時代、讃、珍、済、興、武の5人の倭の王は、中華帝国の皇帝に朝貢して、その後ろ盾になってもらって称号や官爵を望んだり、朝鮮半島での領土問題を承認するよう頼んだりしておったようです。いわば冊封の関係だったわけですが、聖徳太子は、大王を皇帝と同じ天皇とすることによって、そういう関係をスパッと切ったわけです。
朝鮮王朝などはずっと冊封関係が続いていたので、今も中華人民共和国は宗主国という思想が抜けきれず、日本叩きは平気でも、中国を叩くことはありません。

こういう、中国との付かず離れずの絶妙な距離感を古来より続けてきたことが、今の独自の日本文化と平和をもたらせた、と言ってもいいと思います。

また、私見ですが、聖徳太子は外交に優れ、朝廷は百済一本の外交を望んでいたようですが、太子は隋〈途中で滅んで唐となりますが〉や新羅、高句麗との外交も積極的で、使節団を取り持つこともやっていたと思われます。
この場合、外国語に堪能であった、つまり10ケ国の言葉を理解し、同時に通訳した、ということが、10人の発言を一語一句漏らさず理解し、的確な答えを返した、という伝説になったのではないかと思われます。当時は渡来人もたくさん来ていましたしね。
太子は、厩戸豊聡耳王子、とか、厩戸豊聡八耳皇子とか、耳が名についているわけでして、そこからも、いろいろな言語を聞き分け、しかも聡明な思考でちゃんと返した、ということだと思っているのですけど。

聖徳太子。
我々日本人にとって、忘れてはならない本当の偉人です。

さて、本日はWEBマガジン『神秘之國、日本』の配信日です。
番組を見ていて、以前から思っていたある説を確信しました。
寺は、なぜ、てら、と言うのか。
これも聖徳太子の信仰に関わります。
『中山市朗・雑記帳』にて。
配信は本日中です。夜遅い配信となると思います。
有料です。


☆各内容の、解説・購読はこちらへ
☆最新号&バックナンバー(一部無料) ⇒こちらへ





kaidanyawa at 01:25|PermalinkComments(0)

2020年02月13日

モーツァルト『魔笛』、聖徳太子『未来記』。この二つをつなぐものとは何か‼


中山市朗です。

昨日、一昨日と「プライベート怪談会」の告知をいたしましたか゛、今回は東京の池袋で行います「古代史塾」の告知をいたします。

3月14日(土)。
『Dark Night』の日。午後から開催します。またまたハードや。


テーマは、「モーツァルトと聖徳太子の『未来記』 Vol.1」ということになります。

昨年12月28日テレビ東京系の『ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説スペシャル』で無断借用された、あれを詳しくやります(苦笑)。

6世紀に倭国で隋や新羅と外交を行い、冠位12階を設定し、憲法十七条を作ったという、厩戸皇子。
18世紀の後半、古いキリスト教一辺倒の価値観から啓蒙主義的思想が、フリーメーソンを媒介としてヨーロッパ中のインテリ層に広まっていた時代に生きた天才音楽家、W・A・モーツァルト。
そのモーツァルトが作曲、親友のシカネーダーが脚本を書いたオペラ『魔笛』が、聖徳太子の『未来記』を下敷きにしている、というのが、私がいろいろ探求した上で出た結論であります。

な、アホな〜、というのが、一般常識をお持ちの皆様の素直な感想でしょう。
そりゃ、そうでしょうな。
モーツァルトが活躍した時代は、日本は江戸時代。鎖国の真っ最中。
モーツァルトやシカネーダーが日本のことを知るわけがない、と。

でもね〜、調べてみるといろいろ出てきます。

いやいや、世の中には私たちの知らないこと、あるいは隠蔽されたものって、ホントにあるんですよ。
聖徳太子の直筆だという『未来記』も、四天王寺にある!
その、間接的証拠、持って行きますよ。
そして、複雑に絡んだ聖徳太子とモーツァルトの二人の謎。

まあ、好奇心旺盛なあなたなら、聞いて損は無し。
質問もどんどん受け付けますよ!

でも、1回では終わらんやろなあ。

シンボルマークフリーメイソンの














フリーメーソン 聖徳太子



















3月14日(土)
中山市朗・古代史塾
<テーマ>モーツァルトと聖徳太子の『未来記』vol.1
■時間 14時〜16時
■場所 池袋某所
場所に関しては、参加ご希望のメールをいただいた方のみに、通知でお知らせいたします。

info@officeichirou.com


IMG_6828














モーツァルトの血痕






















kaidanyawa at 07:01|PermalinkComments(0)

2020年02月12日

3月15日新宿、午後のプライベート怪談会、参加者募集‼

中山市朗です。


本日は、怪談狩りを東京でもやります、という告知です。

3月15日(日)
14:00〜20:00頃まで。

私の本拠地、大阪では年に4回ほど行っております「プライベート怪談会」。
昨年からは東京でも開催しております。

今回は3回目。過去2回は、このような場所で行っていましたが、今回は狭いですけど、ソファもあったりする、もっとゆったりと出来る場所を見つけました。キッチン付きで宴会もOKということです。

D1u78xFUcAEl4UW















また、東京での2回はいずれもオールナイトでしたが、今回は日曜日の午後から夜にかけての開催となります。

そして開始は14:00からですが、今回は17:00頃からは、鍋パーティも兼ねての怪談会といたします。オフ会ノリでいいんじゃないですか?
鍋の具材などの買い出しはこちらでいたしますが、飲み物、お酒類はそれぞれお好みのものを持ち寄ってください。また、差し入れも大歓迎です。
そして、申し訳ございませんが参加費として鍋代込みの2500円、徴収させていただきます。
怪談を1話は語る、と言う条件は、いつもの通りです。

ご理解の上、参加をしていただければ幸いです。
収容人数に限りもありますので゜、なるべくお早いご予約をお願いいたします。

場所は新宿区の某所。
参加希望のメールをいただいた方のみに、地図を添付したメールを返信いたします。


info@officeichirou.com

※メールを下さる場合、いつの、何のイベントに参加したいのかと、お名前は必ず明記ください。お名前はハンドルネームでも結構です。この場合、男女のどちらかであるかもお知らせください。

オフィスではいろいろなイベントや収録、依頼のメールが来ますので、何に対してのお問合せかわかりかねることも多々あります。
また、いただきましたメールに対しては3日以内には必ず返信をしておりますが、たまに届いていないという連絡もいただきます。
迷惑メールフォルダーに振り分けられていたり、受信拒否されてしまっていると思われます。
受信設定を確認してくださるよう、お願いいたします。

TALIR P TN-WELA



















怪異歓迎!

EHiLKeMVAAAn2X_




















kaidanyawa at 00:29|PermalinkComments(0)

2020年02月11日

3月7日、大阪船場で、怪談狩り! 怪談愛好家集まれ!

中山市朗です。

怪談狩り、します。

この世に現れた不思議な現象、異界との接触、怪異体験、死を見た瞬間、妙な体験をした人がいる……。
ぜひ、そんなをお聞かせいただきたく思います。
その為の怪談会を開催いたします。

「プライベート怪談会」

「こんな話でええんやろか」と思っている貴方、ちょっと不思議だった話でもいいのです。それを怪談に仕立てるのは私ですから。
語り、聞き、共に飲む。
怖くて不思議で、たのしい夜を。

平成2年3月7日。
場所は大阪市中央区内、中山市朗の書斎です。


IMG_2988















IMG_0199















時間は24:00〜早朝5:00頃まで
その後は、ノリで飲み会となるでしょう。お酒、肴は持ち寄り散財となります。

参加希望の方は、オフィスイチロウまでメールをください。
3日以内に、集合場所、時間をお知らせします。お問合せも同様のメールアドレスからどうぞ。

参加費は無料ですが、一話は怪談を語ってくださいね。

info@officeichirou.com

東京でも行います。詳しくは明日のブログで。

※メールを下さる場合、いつの、何のイベントに参加したいのかと、お名前は必ず明記ください。お名前はハンドルネームでも結構です。この場合、男女のどちらかであるかもお知らせください。

オフィスではいろいろなイベントや収録、依頼のメールが来ますので、何に対してのお問合せかわかりかねることも多々あります。
また、いただきましたメールに対しては3日以内には必ず返信をしておりますが、たまに届いていないという連絡もいただきます。
迷惑メールフォルダーに振り分けられていたり、受信拒否されてしまっていると思われます。
受信設定を確認してくださるよう、お願いいたします。

大阪では年4〜5回のペースで、以下のように和気あいあいとやっております。
毎回、初参加の方も来られていますよ。


PV怪談会19:10:05














プライベート怪談会















怪談好き、集まれ!




kaidanyawa at 00:04|PermalinkComments(0)

2020年02月08日

『モーツァルトの血痕』第七章・イルミナティ、フランス革命、そして日本?

中山市朗です。


WEBマガジン『神秘之國、日本』
昨日、小説『モーツァルトの血痕』
「第七章・イルミニズム、フランス革命、そして日出る国・その2」
を、無料配信しております。

ここに登場しておりますのは、まず、

イグナーツ・リッター・ウント・エードラー・フォン・ボルン(イグナーツ・フォン・ボルン)

o0235030613697387236

















オーストリアのフリーメーソンを統率し、イルミナティの指導的立場にありながら、それらから全部手を引いた錬金術師。
ボルンは、実際にマリア・テレージアに乞われて、皇王室御料局現職宮廷顧問官として赴任。鋳造、鉱業の専門家でエジプト象徴学の権威。つまりこれは錬金術師を意味していました。そして宮廷博物館と図書館の顧問でもありました。彼は啓蒙主義者として、イエズス会のやり方に激しく攻撃し、非難しましたが、その過程で、なぜかフリーメーソンとイルミナティの活動を突然中止し、モーツァルトとシカネーダーに『魔笛』の原案を提供したのは彼なのです。
『魔笛』に出てくるザラストロという僧侶は、彼がモデルだといわれています。

フコー

イルミナティを創設したアダム・ヴァイスハウプトの秘書をしていたというフコーという謎の男。ヴァイスハウプトがインゴルシュタット大学で教えていた頃の教え子だといいますが……?

エマヌエル・シカネーダー


Papageno





















モーツァルトの親友で、彼のことを「Du」または「ヴォルフィー」と呼んでいます。
俳優、演出家、脚本家、そしてウィーンのアン・デア・ウィーン劇場(当時はフライハウス劇場ともいわれた)の支配人でもあった。レーゲンスブルグでフリーメーソンの会員になりましたが、後に放蕩の罪により会員資格をはく奪されています。
『魔笛』の脚本、演出、そして劇中に登場するパパゲーノを演じています。主人公を日本の王子と指定したのは彼なのですが……。

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト

220px-Johannes_Chrysostomus_Wolfgangus_Theophilus_Mozart
















言わずと知れた、天才音楽家。カネーダーとは1780年、ザルツブルグて知り合いました。
彼と彼の父、レオポルドは、イグナーツ・フォン・ボルンの聡明さと人間性に心酔していて、レオポルドはボルンが創設した〈真の融和〉、モーツァルトは〈真の融和〉と支部を同じにする〈恩恵〉に入会しています。フリーメーソンのための音楽もたくさん作曲して、その活動に貢献しましたが、どうやら晩年はその熱も冷め、距離を置くようになりました。また、手紙魔だったモーツァルトの書簡から、フリーメーソンに関する部分が破棄されていることも、謎とされています。一説では、妻のコンスタンツェが破棄したとか。しかし、なぜ?
そして、ボルンが亡くなって半年後、モーツァルトも『魔笛』を遺作として、帰らぬ人に。

いろいろと謎がある、モーツァルトの『魔笛』製作の秘話。
ここでは、イルミナティがフランス革命に加担しながら、さらに何かを企んでいることを、ボルンとフコーが赤裸々に語っております。

本文中、紫色の語句があります。それをクリックしていただくと、ポップアップが表示され、人物ならその履歴、あるいは重要な用語や事象などの説明や画像が表示されます。
これ、最終的にはオカルト大辞典によるほどの容量になります。いや、オカルト用語が多いのです。
モーツァルトとオカルト‼
新たな切り口?

unnamed












お読みになりたい方は、下記アドレスをクリックしてください。
無料、と表示されているものは読めます。

officeichirou.com/?page_id=1970


モーツァルトの血痕
























kaidanyawa at 02:34|PermalinkComments(0)

2020年02月07日

追悼、大正5年生まれの名優、カーク・ダグラス氏‼

中山市朗です。

ハリウッドの生んだ名優、カーク・ダグラスさんの訃報を知りました。
103歳!
ハリウッドで100歳生きた人って、珍しいと思います。
リリアン・ギッシュという1893年生まれで、1910年代のハリウッド映画に出ていた大女優がいました。
まだ映画に音声の無い、サイレント時代のスター。『散りゆく花』(1919)、『東への道』(1920)といった名作があった人ですが、1987年に94歳で『八月の鯨』に主演した人で、99歳没。この女優さんが亡くなった時は、映画の歴史の生き証人が消えた、みたいな感慨深いものがありましたが、カーク・ダグラスは103歳!

カークダグラス 探偵物語
















『探偵物語』の頃のカーク・ダグラス。映画は警察の話でダグラスも刑事役やったんですが、なんで『探偵物語』?


私にとって、ハリウッド映画が一番輝き、質のいい作品を送り出し、アメリカの文化を象徴したのは1930年代からせいぜい60年代にかけて。その時代にスターとして活躍し続けた生き証人は、もう、カーク・ダグラスしかいなくなったんですよね。
ウィリアム・ワイラー、ジョセフ・L・マンキュウィッツ、ジョン・スタージェス、ジョン・フランケンハイマー、オットー・プレミンジャー、リチャード・フライシャー、アンソニー・マンといったハリウッドの名監督とも仕事をしておりまして、三船敏郎に会いたい、といって黒澤明監督の『赤ひげ』の撮影現場に来たそうです。

実は、このカーク・ダグラスと三船敏郎。『カスター将軍、最後の日々』と言う映画で、共演するという話があったようです。ダグラスがカスター。三船さんは、カスターに負けるジェロニモの役。しかし、ほぼ同時期に、バート・ランカスター宅で対談をしていると、『五月の七日間』を撮り終えたばかりのジョン・フランケンハイマー監督とプロデューサーのエドワード・ルイスが訪ねてきて、『今度F1グランプリの映画を撮る。本田宗一郎をモデルにした役があるが、出てみないか」と言われて、そちらに出た。それが三船敏郎、ハリウッド・デビューの『グラン・プリ』と言う映画でした。あれれ、カーク・ダグラスから話が逸れた?

カーク・ダグラスは、1916年12月9日生まれといいますから、大正5年生まれ。第一次大戦の真っ最中です。
ちょっと、この年に生まれた人を調べてみました。

映画関係ですと、俳優のグレゴリー・ペック。『ローマの休日』や『ナバロンの要塞』で知られたスター。
グレン・フォード。コロムビア映画のスターでしたが日本映画『復活の日』に米国大統領の役で出てました。
オリビア・デ・ハビランド。『風と共に去りぬ』にメラニー役で出てた女優さん。
映画監督の小林正樹、リチャード・フライシャー、アーウィン・アレン。
音楽家では、20世紀フォックス社で映画音楽を多数手がけた、ライオネル・ニューマン。名バイオリストで指揮者でもあった、ユーディ・メニューイン。歌手のダイナ・ショア。作曲家の木下忠司。この人は2年前に訃報が入り、102歳で没。
歴史を思わせるのは、ゼロ戦パイロットで撃墜王といわれた坂井三郎さん。カーク・ダグラスと同じ年。
スポーツ界となると、もう、へぇー、そんな時代、と思います。
鶴岡一人。南海ホークス一筋、ミスター・ホークス。通算1773勝はプロ野球の監督として最多。
藤村富美男。初代ミスター・タイガース。物干しざおと呼ばれた長いバットで、首位打者1回、本塁打王2回、打点王5回。
ヴィクトル・スタルヒン。ロシア生まれで一時期沢村栄治と巨人軍のエースを担った人。
ベン・シャープ。シャープ兄弟と言うプロレスラーを覚えている人いますか。1954年、カナダから来日し、弟とタッグを組んで力道山たちと戦い、日本の観客からは罵詈雑言を浴びせられましたが、確実にプロレス人気に貢献した人。リングの外では心優しい親日家でした。

何年か前に、アーネスト・ボーグナインという名わき役(『マーティ』『北国の帝王』『ポセイドンアドベンチャー』などでは主役級』)が95歳でなくなった時、へえー、長生きしたんやなと思ったのですが、調べてみたら、カーク・ダグラスより約一ヶ月遅れの1917年の1月生まれ。山田五十鈴、沢村栄治、作家のシドニィ・シェルダン、柴田錬三郎が、1917年の3月までに生まれていますので、日本でいう同期生。

もちろん皆さん、とっくに天国に召されております。

しかし、天才投手、沢村栄治と同期生‼ 戦争は惨いですな。
沢村栄治は1944年27歳で戦死。カーク・ダグラスはその2年後に映画デビューし、長い役者生活が始まるんですから。

カーク・ダグラスは帝政ロシアからの移民で、デムスキーという苗字。つまりユダヤ移民で、少年時代は貧困と差別に苦しみながら、ボクサーもやっていたようです。
第二次大戦では海軍に従軍。この時名前をカーク・ダグラスとしたそうです。
除隊後、役者となり、1946年『呪いの血』で銀幕デビュー。1949年『チャンピオン』『情熱の狂騒曲』に主演した頃からスターとなりました。
その後の活躍は、映画通ならご存知の通り。
『探偵物語』(51)、『海底二万哩』(54)、『星のない男』(55)、『炎の人ゴッホ』(56)、『OK牧場の決斗』『突撃』(57)、『ガンヒルの決斗』(59)、『スパルタカス』(60)、『五月の七日間』(63)、『危険な道』『テレマークの要塞』『巨大なる戦場』(65)、『大西部への道』(67)、『大脱獄』(70)、『ザ・ビッグマン』(72)、『フューリー』(78)、『スペース・サターン』『ファイナル・カウントダウン』(80)、『タフガイ』(86)、最後の出演は『グロムバーグ家の人々』(2003)。この作品では息子のマイケル・ダグラスと共演をしております。
その他、多数の映画に出演しました。

カークダグラス ok牧場の決斗









『OK牧場の決斗』で、ワイアット・アープをバート・ランカスター、ドク・ホリディをダグラスが演じた。
監督は『荒野の七人』『大脱走』のジョン・スタージェス。


カークダグラス 五月の











『五月の七日間』。バート・ランカスターと。ランカスターとは私の知る限り4回共演。


ゴッホカークダグラス 炎の人
















『炎の人ゴッホ』では、印象派の画家、ゴッホを熱演。

カーク・ダグラスと言う人は、肉体派のタフガイとしての役も努めますが、どこか気難しい印象を醸し出す人で、内面的な性格俳優としての存在感を示した人です。
そしてこの人が映画界に残した功績は、まず、ハリウッドの赤狩りで干されていた名脚本家、ダルトン・トランボに、プロデューサーとして関わっていたダグラスが『スバルタカス』の脚本を依頼し、その名をクレジットしたこと。この脚本家は偽名で『ローマの休日』の脚本を書いていたのですが、以後、ダルトン・トランボの名で『栄光への脱出』『いそしぎ』『バピヨン』『ダラスの熱い日』といった脚本を手がけました。そして『ジョニーは戦場へ行った』という強烈な反戦小説を書いたのもトランボでした。
1939年に発表されたこの小説は、1971年に、トランボの脚本、監督によって映画化されました。未見の人はぜひ見ていただきたい映画です。
そして、スタンリー・キューブリックの発見‼
自主映画を発表し、商業的には成功していなかったキューブリックの脚本をダグラスが評価し、彼を監督としたのが『突撃』という映画。第一次大戦のフランス戦線が舞台。まあ、最初の突撃シーンは凄いです。そしてまあ、なんと戦争は理不尽で、残酷なものであるかを浮き彫りにします。


カークダグラス
















『突撃』のブルーレイが、昨年末、ようやく出た!


キューブリックの才能がこの作品で一躍評価され、続く大作『スパルタカス』の監督を、最初の監督であったアンソニー・マンに替えて、指名。是で、作品的にも興行的にも成功を収めました。

 『スパルタカス』のカーク・ダグラス。

スパルタカスカークダグラス 

















ところが、キューブリックはハリウッドのやり方、監督よりもプロデューサーやスタジオ・システムの都合や意見が通ることには我慢がならなかったようで、キューブリックはイギリスを拠点に映画製作をするようになります。
しばし、カーク・ダグラスの名も悪口の中に挙げられて、恩を仇で返されたとダグラスは思っていたようで、自伝では「才能あるクソッタレ」と評したといいます。貶していても、才能は認めざるを得ない!

あと、バイキング料理があるでしょ。食べ放題というスタイルの料理。
あれはもともと北欧式のビュッフェ、「スモーガスボード」というものでしたが、これを採用しようとした帝国ホテルが、「スモーガーボード」では言いにくいし覚えにくい。そしたら帝国ホテルの隣の映画館で上映されていたのが、リチャード・フライシャー監督、カークダグラス主演の『ヴァイキング』(1958)。北欧で暴れまわったバイキングの話で、豪快な食事シーンがあったことから『バイキング』と言う名になり、定着したのであります。


そして、大映の『大魔神』の顔は、カーク・ダグラスの顔がモデルだそうです。

大魔神









そういえば、顎が割れているところが……。

日本のコーヒーのCMにも出てました。

カークダグラス cm

















彼のコネで、映画監督のフランケンハイマー、作曲家のジョン・バリー、ヘンリー・マンシーニ、作家のレイ・ブラットベリ、アーサー・ヘイリーも一緒に出てました。日本CMの最盛期でもありました?

103歳。長生きも芸のうち、といいます。

カーク・ダグラスさん。夢をありがとう。



kaidanyawa at 02:21|PermalinkComments(3)

2020年02月05日

欧米人はなぜマスクをしないのか? 古今東西のヒーローから読み解く⁉

中山市朗です。


新型コロナウィルス、えらいことになっていますねえ。
で、今問題になっているのがマスク。
表に出ますと、そんなにマスクをしている人が目立つというほどではないように思いますが、近くのドラッグストアは品薄状態。一部の医療関係者では、感染予防の為のマスクが入荷出来ないという影響も出ているそうです。
なんでも、中国人による大量購入があって、高値で売られているそうですな。
数日前は、amazonで販売しているマスクも、定価の100倍以上の価格がついていたものもあったとか。

さて、マスクですが、マスクと言ってもいろいろあって、我々がマスクというと、あの風邪をひいたときに口を覆い隠す白マスクを思い出しますが、あれを日常的に着用しているのは日本だけの習慣のようなんですね。
最近では、東南アジアや東アジアの都市区で、排気ガスや無舗装道路の土埃をかぶらないようにと着用する人たちもいるようですが、ヨーロッパやアメリカでは、そのようなマスクをしている人は、まあ、見かけないようです。

なぜかというと、欧米では、マスクをする人は何か特別な職業についているか、犯罪者かのように思われるからなんだそうです。

そういえば、西部劇でよく見るのは、強盗団が駅馬車とか銀行を襲うシーンで、黒いハンカチかスカーフで口をひょいと隠し、強盗に及ぶ、というのを随分見てきたように思います。あんなん正体バレバレやろ、と思うのは日本人。

実はですね、欧米の人たちにとって、口元を隠されるというのは、恐怖を感じるというのですね。つまり、彼らは人の表情を見るのに、口元を見る。でもそれを隠されるとその人の考えていることが分からない。
つまり、悪の象徴なんです。
特殊な仕事でマスクをするという状況も、感染があるとか、汚染されているということをイメージし、それもつきつめれば悪いことが起こっている。近寄らない方がいい。ということになるわけです。
また、私は重病人です、というシグナルにもなるらしい。
花粉症の季節に日本へやって来たフランス人が、白マスクをしている大勢の日本人を見て、何かパンデミックが起こっているのか、と思ったという話を聞いたことがあります。

一方、我々日本人は、目でコンタクトをとります。
「目は口ほどにモノを言い」と言って、逆にサングラスなどで目の表情を隠されると、ちょっと恐怖を感じるし、不安を思います。でも、西欧人はそうは思わないわけです。

これ、ヒーローを見るとわかります。

imagesM4BY4TOO
















アメリカン・コミックのヒーローは、顔の上半分をマスクで覆い、口元は出しています。これ、口を隠すと悪役かテロリストのイメージになっちゃうんです。

640














無題














これも、そういう類なんでしょうね。口を出すことで、正義を象徴するわけです。

1324670_650












逆に目だけ出して口元をスカーフで隠すと、テロリストとか、銀行強盗のキャラクターになってしまいます。


しかし、日本のヒーローは、違うんですね。口は隠して、目だけ出しているヒーローがいたりします。

いわば、マスクをしている状態ですね。そして目を出すことによって正義を象徴する。


DjQRanSU0AADLop









20161028180354914958_2571e2ef627b34f488061d090fbcb41e
















昔からそうです。

imagesPPEO0IG9
















あれっ、これは違うな。まあ何事にも例外はありますわ。


91Ojg0BEKwL

















でも、特にドラマ版の『赤影』は、「きらりと光る涼しい目」と主題曲にあるように、赤影を演じる役者の目がかえって強調されるキャラづくりがなされておりました。やっぱり、目なんですよ。

日本人は、口を隠されても何とも思わないが、目を隠されると、たちまち表情が読み取れなくなって、怖い。ヤーさんがサングラスかけてるのも、そういうことなのでしょうか。
アメリカ映画『ブラック・レイン』で、サングラス姿の殺し屋を、松田優作が演じていました。

4e70e1846725af46a8671075c254f065

















目を隠しただけで、奇妙な何考えてるのかわからない宇宙人にもなる。


1c0f46a6445ccdc0dcdf984997ff86a1

















日本人は、いつからこういったマスクをするようになったのか、を調べて見ますと、2009年の新型インフルエンザが起こった時から、と言う説をみつけましたが、いやいやいや。
実は1918〜19年に、世界でスペイン風邪が流行して、6億人が感染、2000万から4000万人が死んだ、と言うパンデミックがありまして、この時は世界中の人がマスクをしたのです。
でもそれは、事が去ったと同時に、マスクをするということも無くなったのです。
でも、日本には残ったのでしょうね。

1967年公開の『007は二度死ぬ』は、日本が舞台で日本ロケされた映画でしたが、やはりハリウッドのロケ隊は、日本人の白マスクを奇異に思ったのでしょう。さっそく、白マスクの殺し屋を登場させています。

212742941_v1413584425









白マスクの殺し屋を仕留めるジェームズ・ボンド。ボンドはこの後、このマスクをして日本人の殺し屋に化けるという、荒業をやってのけます。マスクしただけやったらバレるやろう、と最初見た時思ったのですが、西欧の人たちからすると、案外口を隠しただけで正体はバレない、という心理描写だったのでしょうか。

これは私の考えですけど、欧米はもともと多くの言語が使われていましたから、判らない言葉で話しかけられても困るわけです。アメリカの西部劇なんて観ていると、登場人物はみな当たり前のようにEnglishを話していますが、現状は、イタリアやフランス、ドイツ、スペイン、ポルトガル、中国人などがやって来た多民族国家。英語ペラペラなんて人ばかりじゃなかったですからね。
だから、移民同士がコミュニケーションをとる場合、何を言っているかを確認するが為に、口元を注意するようになったんだと思います。ヨーロッパでも同じこと。山一つ越えれば言語が違ったりする地域でしたから。だから、言葉もわからない、その上口も隠れている、というのは、とてつもない恐怖を生んだのではないかと思うのですね。
日本は、まあ地方の方言がありましたが、言葉がわからないでもない。それより、こいつは正直なヤツなのかと、目を見て判断した。だからサングラスなどで目を隠されると怖い、不安になる。
それが、日本独特のヒーローを生んだのでしょうね。
あと、日本人は自分を目立たなくしたいという心理もあるようで、マスクで顔を隠すことでその心理を満たしているわけです。よく、有名人がマスクをしていますね。かえってあれは目だったりしてるんですけど。

外国では、顔を隠すことは正体不明の怪しいヤツ、と思われる。
文化の違いです。
どっちがどうというより、正と悪の概念とか、常識とか、慣例とか、そんなものは思い込みでしかない。そう思うと、自分の信じる道を、人の目なんか気にせずに、どんどん行けばいいんじゃないかと思います。

なぜ、欧米人はマスクをしないのか、の、ちょっととした考察でした。










kaidanyawa at 23:51|PermalinkComments(7)

2020年02月03日

山の牧場、住倉カオス氏と東京ライブの再検証!

中山市朗です。


3月14日(土)は、『Dark Night』の夜・池袋公演、オールナイト・新宿公演を開催しますことは、既に告知いたしました。
さて、住倉カオスさんをゲストとしての夜公演ですが、あの「山の牧場」の特集をやってみようかと思います。
『怪談狩り・禍々しい家』で、ミリオン出版の『不思議ナックルズ』が2004年8月に現地取材を行い、記事にしていると書きました。

51f976d9-s

















取材班は、ゼンリン地図を年代ごとに追い、法務局で登記簿も入手し、転売されていることはわかったが、階段の無い建物などは法的に存在していなかったり、空白の2年間があったり、何かがデータバンクから消されていた、と言う不可思議なことがわかり、結局「現実的な視点からは、検証不可能な"不思議"かつ"不可解"な場所」という結論で終わっていました。

07















しかし、後に『不思議ナックルズ』の取材班の案内役をやったという地元の人と接触をして、いろいろ聞いたという人からの情報が、私のところに寄せられたのです。
その人の話によると、『ナックルズ』の取材班は、この取材から撤退したそうで、それが不可解な撤退だったという……。
 大阪の『Dark Night』や『怪チャンネル』ではここまでは提示しましたが、『ナックルズ』の言い分がわからない。
実は、住倉カオスさんは、『不思議ナックルズ』のミリオン出版で『実話ナックルズ』の編集に関わっていたことがあるんですね。で、ちょうどそんな時、怪談社の紗那さん、住倉カオスさんという妙なメンバーで、山の牧場に潜入したこともあるんですよ。


IMG_2259















つまり、カオスさんは、『ナックルズ』の内部事情を知っているかもしれない、しかも山の牧場の目撃者でもある人物なんですね。
ですから、3月14日の夜公演は、東京ではお見せしていない、山の牧場の秘蔵写真も見せながら、カオスさんと、まだまだ残る、山の牧場について語ってみたいと思います。
きっと私も知らない、新情報が提示されるのではないかと?

【出演 】中山市朗 住倉カオス

前売予約3000円(1D込)

ラスタ池袋
19時開演(終演21時予定)



オールナイトもよろしく。

EOUeNGGU4AAE-hZ























kaidanyawa at 08:27|PermalinkComments(6)

2020年02月01日

三百物語、演題決まる!その話の奥には闇がある……。

中山市朗です。

2月29日「中山市朗・三百物語 第12夜」
次の怪談を語る予定です。
YouTubeで私の怪談を視聴しているアナタ!
たまには生でお聞きになったら?
怪談の醍醐味をお聞かせします!

「ロケ先の夜」
「蔵の中」
「宴会の夜」
「真っ暗にするとダメ」
「落ちた鍵」
「友達のJ君」
「ヒサオ」
など。

※演目は一部変わる場合もあります。
また、リクエストも賜っております。

それぞれにゾッとするだけでなく、その奥に闇がある……。そんなことを思わせる怪談です。
会場18:30  開演19:00
会場は、千日亭(大阪市中央区千日前1丁目7-11 上方ビル3F

前売2500円
予約は↓

中山市朗『怪談 三百物語』サイト

EOC9G1UUUAEmQfb




















『三百物語』終演後は、道頓堀ZAZAに場所を移して(すごい近いです)、オールナイトで『Dark Night Vol・35』
を開催。こちらはゲストとの丁々発止で、恐怖あり、笑いあり、ハプニングありの、怪談エンターティメント⁉

ゲストは、田中俊行さん、Apsu Shuseiさん。ライブでは初共演となります。

前売4000円
予約は↓

中山市朗Dark night HP


EOC7tkCUYAEXMiR






















kaidanyawa at 07:20|PermalinkComments(1)
プロフィール
中山市朗(なかやまいちろう)

作家、怪異蒐集家、オカルト研究家。
兵庫県生まれ、大阪市在住。


著書に、
<怪 談>




<オカルト・古代史>




などがある。
古代史、聖徳太子の調査から、オカルト研究家としても活動している。






作家の育成機関「中山市朗・作劇塾」を主宰。



Archives