2016年08月19日

コトリバコ、禁断の怪談。

中山市朗です。

本日二度目の投稿です。

今夜の「怪談の魔」も、ガリガリガリクソンくんが登場します。

CqJwX-EVIAENqrf












コトリバコは、事実ある、というちょっとヤバい話になります。
ガリガリガリクソンくんが語るから、若干の緩和で、なんでもないように聞こえるかもしれません。
まぁ、そこがミソです。
マジに語ると、とんでもない。

私自身も「あれはネットのうわさじゃないんや」と驚いた話ですが、私なりに調べたこともあります。
それが今宵、発表できるかは、わかりませんが。
あまり、かかわらないほうがいい、話でもありますので、ブレーキがかかるかもしれません。
もちろん、これは怪談会ですから、楽しいということが大事。
怖楽しい、怪談を、私とガリガリガリクソンくんで、陽気で陰気にお送りいたします!

ところで、ガリガリガリクソンくんに、昨夜「怪談の魔」を終えてのインタビューを真名子がしておりました。
そのインタビュー動画が、オフィスイチロウのツィッターに上がっております。

https://youtu.be/65ZOqg8InNM


拡散お願いいたします。
怪談好きには、とんでもない空間が、ここにあるんですけどねえ。

では、今宵。



kaidanyawa at 11:52│Comments(4)

この記事へのコメント

1. Posted by ひろみつ   2016年08月19日 17:13
5 今夜は行けるかどうか微妙だったんですが・・・道頓堀ZAZAの怪談サロン「怪談の魔」・・・・・昨夜に引き続きゲストはガリガリガリクソンさんですが今夜はなんとあの「コトリバコ」の話をするとのこと!これは行かねば!

ところで僕がちょっとビックリしたのは、このガリガリガリクソンさんの表情です。ここで見られるのは、繊細で思慮深く、真面目で心優しい若者の顔です。
2. Posted by 津村   2016年08月19日 20:03
 コトリバコの話は怖いですね。近畿圏でも山間部のほうでは「宗教」ではないけども独特な風習みたいなのが今でもあると聞き、少し抵抗を感じることがありますよ。
 ガリクソンさんのインタビュー拝見しました。お客さんの話が「あぁ」と感じました。
 くいだおれビルの近くに、現在でも健在なのですが飲食店があり、26年前、夏休み高校生可の調理補助のバイトで、行きました。そこは地下で調理をしていたのですが、調理盛り付けをするのも、昼食まかないを食べるのも、ひどい話居るだけでもだるくて一日でやめました。ただの怠惰なんだろうとしばらく思っていましたが、自分が18歳くらいに霊を見てから、26歳くらいで商社に勤めていて飲みに連れられても、現在思い返してですが、そこら辺りの地下は非常に苦手です(笑)
 誠さん、竹内さんの話を非常に聞きたいと思うのですが「その場」であるし、ましてや怪談の間になるので、具体的に何かが見えるとか感じるとかいうわけではないのですが、行きたくても行けないんですよ(笑)
3. Posted by 中山市朗   2016年08月20日 05:04
ひろみつさん。

このガリガリガリクソンさんの表情です。ここで見られるのは、繊細で思慮深く、真面目で心優しい若者の顔です。

なるほど。それは彼ではない。

津村さん。

近畿圏はそれだけ歴史も古い、しかも天皇がいた、ということに関連します。
誠さん、竹内さんの共演は難しくても、「怪談の魔」で竹内さん。「Dark Night」で誠さんの怪談が聞けます。あとは頭の中で共演させましょう。
4. Posted by ひろみつ   2016年08月20日 09:09
5 >このガリガリガリクソンさんの表情です。ここで見られるのは、繊細で思慮深く、真面目で心優しい若者の顔です。

なるほど。それは彼ではない>さ、さ、さよか!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
中山市朗 【なかやまいちろう】


作家、怪異蒐集家

兵庫県生まれ。


主な著書に「新耳袋」など。

作家、漫画家の育成機関「作劇塾」を主宰。


作劇塾

オフィスイチロウ


Archives
ギャラリー
  • 東京で千日前怪談の詳細を語る!
  • 東京で千日前怪談の詳細を語る!
  • 東京で千日前怪談の詳細を語る!
  • 東京で千日前怪談の詳細を語る!
  • モーツァルトの祟りか、フリーメーソンの妨害か?
  • 無料コンテンツと有料コンテンツ