2017年07月17日

あなたが支える怪談の輪!

中山市朗です。


夏。
怪談の夏。

なんか、人と会うたびに「暑いですねえ」なんて言われますが、心の中では「暑いから夏いうねん」とつぶやいています。
ちょっと親しい人から言われると「まあ、夏ですからねえ」と言ってしまいます。
私、夏も冬も同じ格好ですからねえ。
「中山さん、暑くないですか?」
ともよく言われます。そんな時は、
「地球に住んでもう何十年ですから。そろそろ環境に対応しましょうよ」
なんて会話を楽しんでいます。
まあきっと、影では変人扱いされているのかもしれませんが、普通に「暑いですねえ」なんて答えるのも。ねえ。

さて、この夏は、怪談イベントがいろいろあって、私が出演するものは、オフィスイチウのHPに上がっております。
そちらをスケジュールと合わせながらご覧くださいませ。
よりマニアックな怪談をご所望でしたら、オフィスイチロウが主催するイベントを。
それ以外はわりとファミリー層にむけたり、ビギナー向け怪談、あるいは演じ慣れた怪談を披露することが多いかと思います。新しい話がバンバン集まるんでしたら、新しい話を惜しげもなく語り、『怪談狩り』も年に何冊も出せるでしょうし、他の出版社からの依頼にもこたえられるのですが、ここがねえ。
怪談蒐集している作家も増えたし。作家でない人も集めているし。
そんなに現象が無いから怪異、なんですけどね。
また、求められる怪談の質も高くなっていますし。

22日のプライベート怪談会は、その怪談蒐集の貴重な場でもあります。
皆さんの参加をお待ちしています。
「私の話なんて、大した話じゃない」なんて遠慮される方がおられますが、そんな遠慮は無用です。
三行で怪談になる話もあります。
あなたの話を怪談に仕立てるかどうかは、私の腕です。まだまだ未熟ですので、まずはいろいろなお話を聞かせていただくしかありません。
また、怪談は聞くだけでなく、語るのも楽しい。だから談、なのであります。
お互い近い距離で、輪になって怪談を楽しみましょう。

22日24:00よりスタート。
オールナイトですので、飲食類の持ち込みはOK。差し入れはなおもOK。
参加費無料。体験談に限らず、「こんな話を聞いた」でも、体験者が知っている人ならOK。
それ、誰の話? さあー? というのはダメですよ。

丑三つ時に怪異を語る。これが怪談会の基本です。
さあ、あなたも、勇気を出して!

参加希望者は
info@officeichirou.com
までご一報を。





kaidanyawa at 22:42│Comments(1)

この記事へのコメント

1. Posted by ひろみつ   2017年07月18日 12:21
5 中山先生ごきげんようです。

そう言えば夏冬問わず先生の服装はほぼ同じですね。夏でも半袖のTシャツなんて見たことないなぁ・・・・先生の半袖姿って見たことないですね・・・・

22日のプライベート怪談会楽しみにしてます。酒持って伺います。
いつも、どんな方のどんな話が聴けるのか、それもワクワクする楽しみです。

それに、みなさん、様々な職業の方がおられるので、その職業ならではの怪談も聴けて、「生活」が垣間見える楽しさがあります。

僕も、これはと思う話が20ほどありますのでお気に召せばいいんですが・・・・

先生から追跡調査?を依頼されていた祭りの話もかなり詳しいところまで確認が取れましたし、最近顔を合わせることがチョクチョクある芸人の西川小のりさんから千日前にまつわる本当に短い話も入手できたのでそれもお話できればいいなと思ってます。

伏見稲荷大社とキツネの話、憑き物、14階建てのマンション、六甲山、化かされた話、お不動産などの話を一応用意してます。

22日楽しみにしてます

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
中山市朗 【なかやまいちろう】


作家、怪異蒐集家

兵庫県生まれ。


主な著書に「新耳袋」など。

作家、漫画家の育成機関「作劇塾」を主宰。


作劇塾

オフィスイチロウ


Archives