2018年02月12日

第五回怪談の壇・優勝者決定! そして今宵は『怪チャンネル』

中山市朗です。


「怪談の壇2018」。
開幕いたしました!
MCは、はるみちゃん。

怪談壇1


















舞台から客席を見ますと、だいぶん常連さんで固まって来た印象を受けましたが、怪談好きの皆さん、どんどん参加してもらいたいです。それと、いつもよりやや、お客さんが少なめ、というのは三連休の中日、というのもあったようですね。

語る方も、今回は六、七人で回っていたんですが、皆さんどうしたんでしょうえねえ。
まあ、週末には『囲炉裏端怪談』もありますから、そっちに向けての準備をしていている人もいたようですね。
もちろん聞くだけの愉しみもあるわけです。
どちらも楽しめるのが『怪談の壇』!
ただ、語られた怪談は、いずれもユニークなものでした。
怪談好きの常識が、一般の人にとってはまったく常識ではない、という話しはちょっと衝撃でしたねえ。それとも我々の感覚がおかしいんでしょうか?
そして、未来感覚の怪談。これは面白い。十年、十五年先は、このような怪談が巷にあふれているかも知れません。

さて、今回の優勝者。
今回は難しかったですねえ。
話の内容、声の質、間、雰囲気、語り口、お客さんの反応などを考慮しての採点を、いつも聞きながら頭の中で採点していますが、
総合的に、語り口、話術としてのテクニックや声の質などを考えて、今回初参加の猫戯子さんが優勝者となりました。

怪談壇2xy


















猫戯子さんと。

お客さんとの打ち上げも、大変な盛り上がり。やっぱり怪談が止まらない。
そのまま、私の書斎に繰り込んで、日が昇るころまで、宴会は続いておりました。

次回の怪談の壇は、四月の予定。

そして、本日21時からは『中山市朗・怪チャンネル』。
MCは、はるみちゃん。

何がテーマですかって?

えーっと、これから考えます。


★中山市朗・怪チャンネル

FRESH! で配信中!
本日21:00より。
 


アーカイブ試聴、そして生放送視聴は、コチラ

 ⇒中山市朗・怪チャンネル


kaidanyawa at 14:21│Comments(3)

この記事へのコメント

1. Posted by E本   2018年02月12日 17:05
中山先生

怪談の壇、参加したかったのですが、生憎の札幌出張と重なり申し訳ありません。初参加の方が優勝されたのですね!打ち上げも盛り上がったようで、何よりです。
次回は日程が合えば、必ず参加させていただきますが、もっともっと多くの方に怪談を語る楽しさを知ってもらうにはどうすれば良いか、、。これには語る場と良い聞き手が欠かせないと思う訳です。
今週の囲炉裏端怪談会も、中山先生の語りを楽しんでいただくのはもちろんですが、皆で車座になって怪談を語り合う楽しみも体験していただきたいと思っております。手作りの企画ですので、不出来なところも粗さもあるのですが、何卒お許しいただきたく、、。
では、今日の怪チャンネルと、今週末を楽しみにしております‼️
2. Posted by 中山市朗   2018年02月12日 20:31
E本さん。

どうやれば、こういう怪談会をより多くの人に知っていただけるのかの、広報を考えねばならないと思っております。
緊急の課題ですね。
それがしっかり根付くまで、まずは何があってもやめないことを信条にしております。

囲炉裏端怪談、楽しみです。
当日はよろしくお願いいたします。
3. Posted by ひろみつ   2018年02月13日 12:55
5 中山先生ごきげんようです。

順序が逆になり恐縮ですが、改めてお疲れ様でした。

今回はダメだと諦めていたんですが、運よく参加できてよかったです。

怪談の幅広さ奥深さが改めて認識できて、その多様性が面白いなあと思いました。

4月がいまから楽しみです

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
中山市朗 【なかやまいちろう】


作家、怪異蒐集家

兵庫県生まれ。


主な著書に「新耳袋」など。

作家、漫画家の育成機関「作劇塾」を主宰。


作劇塾

オフィスイチロウ


Archives