2018年02月13日

怪チャンネル第十五怪配信&はるみギャラリー?

中山市朗です。

昨夜は『中山市朗・怪チャンネル』の収録&配信。
第十五怪。
あんまり、怪異体験は無い、と言いながらも、こういう仕事していますから、今回は私の身近であった怪異などを語ってみました。
赤い色に、お気を付けください。



中山市朗・怪チャンネル

収録後は、オフィスイチロウの会議。

とっさんが撮った収録の模様。はるみファンは保存。
え、左のおっさんがいらんて?

000000














00000














111















収録後は、オフィスイチロウの会議。

今後のこと、いろいろな将来的ビジョンを話し合いました。夏に向けての正念場です。

それから、忘れておりました、告知です。

★世界不思議紀行12

 3月5日(月)

月刊ムー編集長・三上たけるさんとのオカルトトークライブが開催されます。
12回目の今回。いつもながら、打ち合わせなしの濃いトーク。
ですから、取り上げてもらいたいテーマなど、オフィスイチロウまでメールでリクエストくださいませ。

 詳細・予約は下記のリンクより、ご確認ください。

ロフトプラスワンWESTイベントページ




kaidanyawa at 07:02│Comments(7)

この記事へのコメント

1. Posted by かれん   2018年02月13日 10:18
昨夜の怪チャンネルも楽しく拝見しました。
赤いシリーズ、私も全く怖くないのですが聞いた話があります。
大学生の娘の同級生の男の子がアパートで一人暮らしをされているのですが、家に居てトイレに行こうとした時の事です。すりガラスがはめ込んであるタイプのドアらしいのですが、ガラス越しに赤い服を着た女性が中に居たのでびっくりして部屋の方に逃げたそうです。暫くしてそーっとドアを開けたらもちろん誰も居ません。怖くなり盛り塩を玄関に置いた(間違っているけどやりがちですね)そうです。次の朝起きると盛り塩が崩されていたとの事です。怪異はそれ一回きりですが、赤という共通項があったので書き込みさせていただきました。
2. Posted by ひろみつ   2018年02月13日 12:08
5 中山先生ごきげんようです。

「怪談の壇」お疲れ様でした。2次会、先生の書斎での3次会もお世話になりました。

今回はダメだと諦めていたんですが、幸い日勤であがれて、参加できてよかったです。
今回も多様な切り口の怪異談が聞けて参加してよかったです。

ただ3次会では夜勤明けで、そのまま会場へ直行したので時々ウトウトしてしまい失礼しました。

「怪チャンネル」もリアルで拝聴できずアーカイブをいま視聴していますが、僕の提供させていただいた「コンピューター奇談」を紹介していただきありがとうございます。

17日はいよいよ長野の囲炉裏端怪談会ですね。みなさんの、どんなお話しがうかがえるのかワクワクしてます
3. Posted by 中山市朗   2018年02月13日 14:41
かれんさん。

おおっ、ありがとうございます。
まさに、赤い人シリーズにふさわしい話ですね。ありがとうございます。

ひろみつさん。

当日は駆けつけていただいて助かりました。あの日はなぜか語る人が少なかったですからねえ。
コンピュータ奇談は、今後あちこちで語らせてもらいます。お気に入りの話となりました。
4. Posted by グッドタイム   2018年02月13日 16:07
初めてコメントさせていただきます。
いつも、怪チャンネルを楽しく見させてもらってます。
電話の件なのですが…
自分もかけた覚えの無い(実際にかけてない)、電話が相手に着信としてあった。
と言う事が、過去にありました。

アパートの玄関先で左足を怪我した時に(医者の見立てでは、左足の踵でコンクリートのようなの硬い物を踏んだ?)
かけた筈が無い、母親の携帯に、自分の携帯から夜中に4回着信があった。
自分はその時間帯は怪我していましたが、タオルで止血してデパートの買い物袋を三枚重ねて足に履き、飲みに出ていたので…
タクシーの中と、友達の店の絨毯が俺の血で汚して帰って、後で文句を言われましたf(^_^;

翌朝に何かあった?
母親から電話をもらった事がありました。
この話は、怪我をする前にちょっとした事が色々とあったのですが…

これが俗に言う、虫の知らせ⁉と言うヤツなのか⁉
と、思ったものです。

5. Posted by 中山市朗   2018年02月14日 00:43
グッドタイムさん。

ありがとうございます。
夜中に四回ですか。四回というのが、私の話とも共通していますねえ。
そういう、ちょっとした不思議体験なら、みなさん、おありなのでは?
そういう話を、求めています!
6. Posted by 鈴木   2018年02月14日 07:40
アーカイブ視聴しました。

パソコン怪談の時代ですか。昔、タクシー
に女を乗せたらいなくなっていて、シート
が濡れてた。なんていう怪談は車がなかった
時にはなかった怪談ですから。
最近では携帯怪談も増えているようだし、
怪談も世につれ、時代につれなんでしょうね。
7. Posted by 中山市朗   2018年02月14日 10:09
鈴木さん。

そうですねえ、でも、駕籠に乗る幽霊とか、飛脚の間でつぶやかれた怪談なんて、あったかも知れませんよ。
車そのものなら、朧車なんて妖怪もいたようですし。
でも、時代に沿って、怪異も最新ツールを使って出てくるのは、納得できますね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
中山市朗 【なかやまいちろう】


作家、怪異蒐集家

兵庫県生まれ。


主な著書に「新耳袋」など。

作家、漫画家の育成機関「作劇塾」を主宰。


作劇塾

オフィスイチロウ


Archives