2018年03月14日

猿でもわかるオカルト大辞典〜幽霊

中山市朗です。

中山市朗生誕祭及び作劇塾開塾記念のバナーが出来ました。
皆様、拡散してくださる時に自由にお使いください。

ハ_ナー











参加希望者は下記から。塾生以外の方も参加できます。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/ab4ae397520302


さて、『猿でもわかるオカルト大辞典』。今回は、皆さんお馴染み、「幽霊」です。

幽霊。

死んだ人間が、何らかの媒体でもって、現生に現れたもの。
お葬式というのは、死んだ人が、そういったものにならないようにする儀式である。
日本では仏教的においては、成仏、神道においては、鎮魂と言います。
落語家の亡き、露の五郎兵衛師匠は、「別嬪が死んだら、幽霊、へちゃがが死んだらお化け」といっておりました〜!







kaidanyawa at 07:02│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by ひろみつ   2018年03月14日 11:43
5 中山先生ごきげんようです。

うう!是非とも行きたいです。たぶん大丈夫だと思いますがいまのところ微妙です。いろんな方が参加して盛り上がるといいですね
2. Posted by 中山市朗   2018年03月14日 16:08
ひろみつさん。

ぜひぜひ、参加くださるよう。
お待ちしていますよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
中山市朗 【なかやまいちろう】


作家、怪異蒐集家

兵庫県生まれ。


主な著書に「新耳袋」など。

作家、漫画家の育成機関「作劇塾」を主宰。


作劇塾

オフィスイチロウ


Archives