2018年07月17日

真の恐怖映像とは、これだ!

中山市朗です。


前後してしまいましたが、12日の木曜日に行われました「13日の金曜日前夜祭・絶対言うたらアカン話、恐怖映像の裏の裏!」の報告です。

「裏の裏」って表やんか?

場所は、大阪市北区西天満にあります、ライブハウス、ガンツトイトイトイ。
主催者は、昨年の立命館大学での(絶対言うたらアカン話」(司会・八乙女珠軌、ゲスト・『ムー』三上編集長)で、呪いの話をしている私が見事に燃えている貴重な写真を撮った、UFOプロジェクトのにしまつさん。
ネット上では非公開としています。唯一流れたその時の写真。
この時は、この一枚だけではない。何枚もの警告を示唆する現象が写った写真が!

DiEroWCU8AQCM0I
















まさに、絶対に言うたらアカン話、をしてしまったようで。

さてさて今回は、映画監督の大木ミノルさん。
この人と飲むと、もう映画の話になるのですが、映画愛が素晴らしいんです。
たまに十三のシアターセブンで「トンデモシネマライブ」というのを開催していまして。
これはもう、一人で観ていたらきっと寝るか、時間返せ、みたいなトンデモナイ映画を鑑賞しながら、大木監督をはじめとする映画を愛する役者さんや評論家などとともに、解説したり、ツッコミを入れたりするもの。
もう、大爆笑となるわけですが、現場を知っていてる監督だけに、そのツッコミが鋭く、技術的に何の問題があるのか、現場には何が起こっていてるのかをちゃんと指摘していくのが面白い。
映画の勉強をしたい方は、いっぺん、聞きに行くことをオススメします。
次回は7月17日って、今日やん!

img_ev_tondemo1807
















あ、私のライブの報告でした。

今回はこのようにスクリーンを用意しまして、恐怖映像についてのトーク。
向かって左が大木監督。右に私と、MCの、のの。
1_detail









今は、『時空脱獄NINJAジライヤ』や最新作『力−TAROU』などの監督、脚本なども手掛けている人ですが、『放送デキナイ死ノ動画』シリーズの監修は大木氏。
また、恐怖映像の演出家でもあります。

これは言うたらアカン話、ということなのですが、ここだけの話として書きますが、よくテレビ番組などで放送されるホンモノの恐怖映像。もちろんホンモノもあるけど、フェイクもある。でも、どっちも混じっているという映像もあるようでして。
いや、これ以上は言えません。そういう映像に大木監督が関わっていると。
だから、ホンモノとフェイクの違いが判るというんです。その実例としての動画を何本か。

4_detail









これ、面白かったですねえ。その根拠となるテクニックとか、現場の状況とか、背景的なものとか。

2_detail








ひょうひょうとしながらも熱弁していく大木監督。
負けてられまへんわ。
私だって怪異蒐集家。映像にまつわる怪異や怪談をいくつか。

3_detail









そして、わたしも所持している怪異コレクション(?)の中から、これはホンモノといった動画を。

いやいや、もう凄いですな。
観客が興味を持ちながらも、だんだん引いていくのがわかります。
怪異蒐集家としては、快感!
最後は、心霊音声で、客席の皆さんの、霊感度チェック!
あれ、一番鈍いのは、ホラー作家志望のうちの塾生?

ともあれ、あっという間の3時間でした。

この後、梅田の焼き鳥屋さんで打ち上げ。
あれれ、打ち上げ参加を表明していたお客さんがまったく来ない?
次々と観せられた心霊映像のせいで、体調不良者が続出しているらしい。

全然平気でいる我々がおかしいのか?

打ち上げ中も、今嘔吐しているだの、家へ帰るのが怖いだのというツイッターやメールを受信。
やりましたなあ。

なお、このライブイベント、北野誠さんが非常に気にしていて「どんな映像観せたん? 大木監督ってどんな人?」としきりに質問していました。どうやらこういうイベント、誠さんもやりたいみたい。

ということで、来年あたり、北野誠+大木ミノル、で「Dark Night」、仕掛けてみようかな?

絶対言うたら














なお、打ち上げは、大木監督との映画談義に花咲きました。
黒澤、成瀬、小津、ヒッチコック、スピルバーグ、阪妻、ヌーヴェルバーグ!

教訓。

恐怖映像、みんなで観れば、やっぱり怖い。





kaidanyawa at 07:00│Comments(10)

この記事へのコメント

1. Posted by なむなむさん   2018年07月17日 07:41
中山先生こんにちは!

そろそろDark Nightのチケットに「霊障等を受けたことによる一切の責任を負いません」みたいな注意書きが必要になるかもしれませんね!…こわっ

ちなみに、一枚目の先生が燃えている写真の炎(?)の部分、女性の横顔に見えるんですが、気のせいですかねぇ…( ・_・)
鼻と唇と、ちゃんと前髪まで写っているような…

というわけで、今週末のDark Night東京&横浜、楽しみにしております!!
2. Posted by 中山市朗   2018年07月17日 09:47
なむなむさん。

たった今、なむなむさんからのお中元が届きました。もらって一番うれしい、この暑い夏の必需品です。ありがとうございました。
東京&横浜、私も楽しみにしております。
3. Posted by シロ☆   2018年07月17日 09:50
中山先生、
スタッフの皆様、塾生の皆様、
こんにちは。

私も↑のなむなむさんと同じく炎が女性の横顔に見えてます。ちょうど顎にホクロがあるような。
来年から今まで行けずに涙を飲んでいたダークナイト、北野誠さんと大木ミノル監督との三つ巴是非参加したい!いや、絶対参加します!
4. Posted by なむなむさん   2018年07月17日 12:51
すみません、発送通知が来たらお知らせしようと思っていたのですが、通知なしで発送されてしまったようです。
受け取って頂けてよかったです!(^_^)/
5. Posted by ひろみつ   2018年07月17日 14:58
5 中山先生ごきげんようです

遅ればせながら大木監督とのライブお疲れ様でした。う〜〜むやはり相当いかん映像が出たようですね。

そういえば一昨年の「怪談の魔」でも大木監督がホストの時、非常に意味不明でどこまでも怖いガチの映像を見せてくださいました。

こりゃいかん!と反射的に思いました。
6. Posted by 鈴木   2018年07月17日 18:48
スタッフの方、ダークナイトのキャンセル
処理ありがとうございました。
これで、誠に残念ながら仕事に集中できます。はあー、行けなくて淋しい。。。

皆さんが仰るとうり、女性の横顔に見えます
ね。自分が見た最恐映像は、K置観光ホテル
に若手芸人が潜り込んで撮った、女性の顔で
すね。怪談バカの自分は、吐くほど怖い、
飲み会をキャンセルするほで怖い映像を見て
みたいと思うタイプです。
怖い映像を見てしまった後の、あの何とも言えないイヤ〜な感じ。。。。
7. Posted by 武田 誠に   2018年07月18日 06:40
中山先生いつもご苦労様です。
大木監督とのダークナイト大賛成です。
楽しみにしてます。
怪談ばんざーい。
8. Posted by 中山市朗   2018年07月18日 16:17
シロ☆さん。

アップされた写真はそう見えるかも知れませんが、オリジナルはちょっと?です。
いずせれにしてもヤバい写真ですが。
北野誠さんと大木監督、私もぜひ実現させたいと思っております。

ひろみつさん。

相当いかん映像を出した我々の方が、なんか感覚麻痺しているようで。別になんともない……。

鈴木さん。

K観光ホテルの映像……。あれは実質上映禁止なんですけどね。ただ実は……。
でもホントに恐ろしい、吐くほど怖い映像ってなかなかないですな。ある?

武田誠さん。

ありがとうございます。
大木監督とのダークナイト、なんとかしてみましょう。




9. Posted by タキ・タロー   2018年07月18日 20:53
皆様と同じく、ご婦人の横顔っぽく見えますね。不思議な事に時々こちらを(というか撮影者さんにカメラ目線?)チラ見するように向いてはるようにも見えたよーな……。まあ錯覚か思い込みによる脳の作用かもですが。
周囲の黒いのは機材ですかね。先生のお姿がこの画像じゃ確認しづらいくらい崩れてしまってるんで、次の機会に元の構図か図解があれば、と僭越ながら思いました。
しかしまあ、まだ予め警告してくれはる分、紳士的(?)な方かもしれんですな。

>裏の裏は表?
今手元に『表の模様が裏側に、裏の模様が表側についた10円玉』が有りますが千円で買いなはらんか?


……………久々にゾッとしたんで小噺でごまかしてます(^-^;
10. Posted by 中山市朗   2018年07月18日 23:04
タキ・タローさん。

実はですね。写真はあの一枚だけでなく、ライブ中に撮られた何十枚もの写真の中に断続的に撮られているんです。ライブの時系列でみて行くと、いろいろな情報が見て取れます。ほんと、世にも奇妙な映像です。

小噺、もう一つでしたな?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
中山市朗 【なかやまいちろう】


作家、怪異蒐集家

兵庫県生まれ。


主な著書に「新耳袋」など。

作家、漫画家の育成機関「作劇塾」を主宰。


作劇塾

オフィスイチロウ


Archives