2019年01月31日

古書店倒産のニュース……。

中山市朗です。

びっくりしました。
天牛堺書店の倒産のニュース。
展開していた12店舗も閉鎖されると聞いて、さっそく、週に二、三度は行っていた、近くの船場店へ行ってみたら、やっぱり閉店。けっこう重宝したお店でした。

IMG_3914














『富士古文書資料』『東日流六郡誌大要』などはここで買い求めたんです。
大阪の特に南部地方以外の人は、知らないと思いますが、全国に展開しているブック〇フと違って、専門書や貴重な絶版本に期待を持てる古書店でした。

しかし、私も最近調べ物をしたり、原稿を書いていて、参考になる文献をその場でネット検索することが多いわけでして。検索で出てきたらそのまま注文、ということも多くなりましたから、そういう影響もあり、しかし本を読むという文化も、年々低下していっているという話ですしね。今の大学生はまったく本を読まない、なんてニュースでやっていましたしね。
まあ、相対的にみんなが本を読まない、というのは、私たち作家稼業をしている者たちにとっても深刻な問題でして。
そやからスマホとか嫌いや。

でも、古書店はまた別格な趣というか、楽しみがあります。
古本の匂いがする店内で、こんな本がある、あんな本があると探し求め、あるいは発見して、手に取って買う瞬間が、なんともいえないささやかな幸福感に包まれたりしたもんです。

そういう古書店が、大阪市内でもどんどん無くなってきています。
無くなった店舗に、居酒屋やパチンコ店などが入っているのをみると、なんだか物悲しくなってきます。

ところで、天神橋通りにある天牛書店は営業していました。

倒産したのは天牛堺書店。天牛書店とはまた別会社なんですね。

天牛書店(倒産した天牛堺書店とは違う方、ややこしい)といえば、思い出があります。

私が学生の頃、道頓堀に天牛書店がありました。
川島雄三監督の大阪を舞台にした『貸間あり』という映画の冒頭部分に出てくるお店です。知らんか。

この道頓堀店に、船場言葉を流ちょうにしゃべる店員さんがいらっしゃいました。中年の男性でした。
落語やお芝居で、船場言葉を知っていた古典芸能通の私は、船場言葉を生で聞いて感動した覚えがあります。いわゆるガラが悪いと印象される大阪弁とは違うんです。
耳障りの言い言葉で、『細雪』の四姉妹がこの言葉を全編で使っておりますし、浪花千栄子さんも綺麗な大阪弁をしゃべってはりましたが、あれも船場言葉でした。
なんか、本を通じての文化と言葉を通じての文化を継承しているような、そんな雰囲気のお店でしたが間もなくそれもなくなり、一時期アメリカ村に移転。
ここでは、映画の古書祭りなんてやっていまして、私は映画雑誌の老舗『キネマ旬報』のバックナンバーを揃えたりしたもんです。

IMG_3917















古書店や中古レコード・CD店の無いショッピングモールには、全然興味がありません!



kaidanyawa at 07:00│Comments(10)

この記事へのコメント

1. Posted by 鈴木   2019年01月31日 14:55
自分も最近、本読んでないですねえ。積ん読は
沢山あるんですけど。

古本屋を巡っていて、目当ての本が見つかった時
の喜びと言ったら最高なものがありました。
三冊まとめて百円とか、ブックオ●にはないワゴン
セールをしていたり、そんな店もあるんですけどね。小規模の店がなくなっていくのは寂しいもの
があります。
2. Posted by ひろみつ   2019年01月31日 21:39
僕も本は読みますが本屋さんを巡ってめぐり合うってことが、とんとなくなりました。

キタにはカッパ横丁がありますし、東京なら神田神保町は古書店のメッカで有名ですね。

でも、こういうニュースはなんとも寂しいですね。
3. Posted by 中山市朗   2019年02月01日 01:09
鈴木さん。

倒産した天牛堺書店の船場店は、そのワゴンセールをよくやっていました。あるいは500円均一、2000円均一といったセールもよくやっていました。貴重な本がその中にあったりしたものです。
残念です。

ひろみつさん。

神田神保町は一日いても退屈しませんな。大阪は昔は大阪スタジアム内に古本屋が何軒も入っていましたけどねえ。
4. Posted by 眠れる羊   2019年02月01日 03:43
こんばんわ。

関東に住む私にとっては、神田神保町がそっくりそのまま巨大な図書館、のようなものでした。

文字どおりの古書、古本(私のサブカルチャーの知識の大半はここから得たものです)、中古ビデオやレコード、それに戦災を免れた由緒ある建物の数々…

池波正太郎先生の大ファンでもある私にとって、神田神保町は永遠の聖地でもあり学校でもあり学食でもあります。
5. Posted by ぺるそな   2019年02月01日 09:57
何時もありがとうございます。
今はネットで本やCD、DVDが買える 時代で店舗経営が難しくなってきているのでしょうね。自分も怪談や不可思議な事案、興味が有る事を調べる時は本を買い求めたりしますが、知りたい情報が有るかを書店で一度目に通してから買うようにしてます。
そのためにも書店は有って欲しいと思う一人です。
6. Posted by 中山市朗   2019年02月01日 16:53
ぺるそなさん。

古書店というのは、地域における、一つの文化発信基地だと思います。そういうのがなくなるのは、残念かつ寂しいものですな。
7. Posted by ?   2019年02月01日 21:02
栄枯盛衰は世の習いとはいえ、さみしいものがございますよねえ。
学生街に古本屋さんが多いように思います。
地域的な特徴でしょうか。
ネット出品に手を出していないお店もあるかと思います。
欲しいジャンルがあればブログでおねだりされてみてはいかがですか?
ピンポイントで本名載せてもよさそうですよ。
みなさん寄贈してくれそう。
8. Posted by 中山市朗   2019年02月02日 02:34
?さん。

欲しい本をブログでおねだりしたことあるんです。そしたら、ネットで探せばという意見もあり、寄贈しくれる人ありで、なんか申し訳なく思ったことがあります。
学生街の古本屋、いいですねえ。早稲田大学近くにありますね。神保町ももともとはそうだったようですし。
9. Posted by タキ・タロー   2019年02月02日 17:07
天牛堺さんの破産、本当に残念ですね。
大学や派遣屋時代、南海線をよく利用したのでよー御世話になりました。
まあ、今日日はB〇〇K○FFやGE○(伏字になってへん!)も苦戦したり古本の扱い控えてると聞きますし……。

大阪に久々に寄った時、東淀川駅前の「町の古本屋さん」的なお店(前の仕事帰り愛用してました)が元気そうでホッとしたもんです。
そこのご店主はまだお若い方みたいなんで大丈夫そうですが、小さいお店は多業種の個人店舗と同じく「店主と店舗のダブル老朽化」でがヤバイらしいですね。

書店・古本屋・出版に関する世知辛いニュースが多いですが、とり・みき先生の『DAI−HONYA』が現実化しつつある様でゾッとしますわ。

ところで私の気が、もとい記憶が確かなら、ミナミにあった無印の天牛書店さん、店内にミニ中庭(?)があり、小さな川を超えると「かわや」が有った様な…?
ああいうイキなつくりの店もなかなか見ませんねえ。
10. Posted by 中山市朗   2019年02月03日 00:25
タキ・タローさん。

南海といえば、南海ホークスが本拠地にしていた大阪スタジアムの一階が古書店街でした。学生の頃、重宝していましたが、スタジアムそのものが無くなり、近くのビルに古書店は移ったものの、今は2店舗くらいしかありません。
ああ、古本のにおい……。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
中山市朗 【なかやまいちろう】


作家、怪異蒐集家

兵庫県生まれ。


主な著書に「新耳袋」など。

作家、漫画家の育成機関「作劇塾」を主宰。


作劇塾

オフィスイチロウ


Archives
ギャラリー
  • 『モーツァルトの血痕』、コンスタンツェの告白!
  • 『モーツァルトの血痕』、コンスタンツェの告白!
  • 『モーツァルトの血痕』、コンスタンツェの告白!
  • 『モーツァルトの血痕』、コンスタンツェの告白!
  • 『モーツァルトの血痕』、コンスタンツェの告白!
  • 『モーツァルトの血痕』、コンスタンツェの告白!