2019年02月04日

鬼っ!!

中山市朗です。


昨夜の『怪チャンネル』、いかがだったでしょうか?
節分ということで、鬼についての解説と、怪談を聞いていただきました。

image2











鬼、という字は古代の中国からやってきましたが、これは姿形のない霊、という意味であります。キ、と読みます。ゲゲゲの鬼太郎の、鬼、ですな。
そして、おに、という音に、この鬼の漢字を当てたんですな。

日本で、文字としての鬼の字が出るのは、法隆寺金堂釈迦三尊像光背銘の中の「鬼前大后」(聖徳太子の母の穴穂部間人皇女のこと)とあるのが「鬼」の字の初見なんです。

そして、『怪チャンネル』で指摘したように、鬼、という文字が日本の文献に見られるのは『日本書紀』でして、欽明天皇(聖徳太子のおじいさんですな)の頃、「佐渡島の北に御名部という島があり、そこに住むのは、人ではなく鬼であると噂されて誰も近づかない」とあるのが、おそらく文献での初出です。
これは、人であって人であらず。異人というか、おそらく海賊か盗賊として恐れられていた、そんなニュアンスが読み取れます。また、斉明天皇(推古天皇の後一代後に即位)が崩御されたとき、朝倉山での葬儀の模様を大笠を被った鬼が覗き見していたので、みんなが恐れた、とあり、やはりこのころの鬼は、異形か異人としての人を鬼といったと思われるわけです。
続いて『出雲風土記』に、山から下りてきた一つ目の鬼に人が喰われた、とあり、これも製鉄業に関わる人たちをさすのではなかろうかと、されています。
日本の鬼の初期は、実態を伴なっていたんです。

鬼、は奈良時代は、もの、とも訓まれたようで、これは、もののけ、のものですね。
もののけ、は、聖徳太子の時代に、廃仏か崇仏かで争って負けた物部(もののべ)の、もの、であり、武士をさす、もののふの、もの、でもあります。
今は者、と書いて、もの、と読みます。者は人を指しますが、奈良時代は、者は人ではなく、ひとは人間、ものはその下位にあるもの、という概念があったようです。

政権争いに敗れた物部は、ひと、ではなく、もの、にされ、鬼にされたのでしょう。もののべ、が、のももけ、になったわけです。
物部の落人たちは、中国地方や四国へのがれましたが、物部宗家は、東北地方へ逃れました。かつて物部と争い負けたナガスネヒコとアビヒコも、東北へ逃れたといいますから、朝廷にとって北東の方向は、朝敵がいる。しかも彼らは鬼である、と恐れて、北東の方向を鬼の来る方角、鬼門として恐れたわけです。
東北は、干支では丑寅の方向です。ですから、鬼は牛の角に虎皮の褌、というイメージに象徴されたのでしょう。
石上神宮の伝承などから見ても、物部は、牛の犠牲を伴う神事を行っていたようで、これも仏教によって邪教とされ、牛の角を持った者は、鬼である、恐ろしいものである、という日本独特の鬼に変貌していったのでしょう。
ちなみに、聖徳太子も私の見立てでは、母の血縁は物部であり(母、間人皇后の生家とされる場所は、物部の本拠地・現在大阪府八尾市の穴太神社です。穴太は、あのう、と訓み、あのうは、物部の御名代部のことです)、つまり、釈迦三尊像光背銘の「鬼前大后」の鬼は、物部をさすのではないかと思います。

平安時代に入ると、災難や疫病が流行ったことを、鬼、怨霊のせいだと思うようになります。朝廷は、それを恐れて、外敵を東北にいる鬼であると想定し、都に鬼門封じの結界張り巡らせました。今も結界となる神社や祭祀場が、内裏跡から、あるいは現在の御所から、鬼門の方向にずらりと並ぶわけです。このころ、東北にいた人たちの恨みや怨念といったものを恐れるようになり、実態のない鬼を生み出していったのではないかと、思うわけです。
ちなみに、東北地方は実際に呪術が発達した土地でして、おそらくは、ナガスネヒコ、アビヒコの縄文のアラハバキの呪術、物部宗家が伝える物部神道の奥義がここで使われていたのでしょう。そしてこれらは、結集してより強力な呪術となったのです。

鬼は一般には見えない、としたのは、平安時代のことですが、それでもそれを見た人がいました。それが優れた陰陽師であり、安倍晴明でした。安倍は、東北から出ました。安倍氏系図では、アビヒコから出た、となっているそうです。彼らは、鬼を見るだけでなく、操ったといいます。式神も鬼です。東北の呪術は強力なんです。このあたりのこと、詳しく述べるときりがありません。ここでやめます。

そして、平安時代に数多く現れた、鬼の話。

今回は、私の蒐集する実話系怪談にプラスして、平安時代に出現した鬼の怪談を『今昔物語』から借用して、私なりに語ってみました。
現代の鬼の遭遇話と、1200年ほど前の鬼との遭遇話に、共通点がある、というのも面白いでしょ?

というわけで、鬼、をテーマに約一時間語ってみました。

アーカイブはこちらで見られます↓

★中山市朗 怪チャンネル
FRESH LIVEでの配信中の、本格怪談番組『中山市朗 怪チャンネル』です。



image1











いや〜、鬼って、ほんとに怖いですね。
それではまた、お会いしましょうね。
サイナラ、サイナラ……?


kaidanyawa at 07:00│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by ひろみつ   2019年02月04日 15:03
中山先生ごきげんようです

夜勤明けのさっき「怪チャンネル」拝見しました。鬼についての解説&怪談とっても興味深かったです。

さっき、自分でもちょっと調べたらこんなサイトを見つけました。

http://gogen-allguide.com/o/oni.html

平安時代以降「和名沙」によると「姿の見えない者」を意味する「穏(おん)」が転じて「鬼」と言われるようになったとありました。

また続きをいつか聞いてみたいです
2. Posted by 中山市朗   2019年02月04日 19:35
ひろみつさん。

穏(おん)」が転じて「鬼」となった、これはほぼ定説化されていますが、でも、『日本書紀』では鬼は、魅鬼と書いて、オニと訓ませています。どうなんでしょう。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
中山市朗 【なかやまいちろう】


作家、怪異蒐集家

兵庫県生まれ。


主な著書に「新耳袋」など。

作家、漫画家の育成機関「作劇塾」を主宰。


作劇塾

オフィスイチロウ


Archives