2019年02月10日

プライベート怪談会の報告! 魔女・呪詛・妖怪

中山市朗です。

昨夜開催いたしました、プライベート怪談会の報告であります。
今回も十数人様の参加。
常連さんはもちろん、初参加の方や、魔女という方も(電波系ではない)。

こんな感じで粛々と。

Dy-xRZnU8AMvCmg














出ましたな。
正統(?)な幽霊談から妖怪系、不思議系、今回はかなりキツめの呪詛話や西欧の怪談も。
西欧の怪談は、日本の怪談とは空気感が違う。やっぱり向こうのホラー映画のテイストが根底にあります。
呪詛もねえ、魔女とか、ハイチの呪詛話もでました。これがまた、強烈というか救いが無いというか。こうなると、言ってはいけませんが、人間の行いが恐ろしい。
恐ろしい神様の話なんかも出て、もう、私としては、面白くて、わくわくして、あっという間の5時間。
参加者の方々も同じ感覚だったようです。

私も語っております。



朝の5時20分で締めたのですが、ほとんどの参加者がそのまま居残って、お酒を飲み、お菓子を食べながら、またまた怪談。しかし今回は、古代史、中世史に興味があるという人たちも多く、そんな濃い話にもなりました。
なんか、大阪でも「古代史座談会」やってみたいですな。

最後に参加者の方と集合写真。
竹内義和さん、田中俊行さんの顔も。


Dy_jQakUwAEGg4F















また春にやります。
よろしくお願いいたします。
東京で行います初の「プライベート怪談会」、関東や東北エリアの方、よろしくお願いします。
3月15日ですよ。

プライベート怪談会正式























kaidanyawa at 15:46│Comments(1)

この記事へのコメント

1. Posted by ひろみつ   2019年02月10日 23:42
中山先生この度もお世話になりました。

本当にアッという間の5時間でしたね。
毎回多種多様な怪談が聴けるけど今回はいつにも増して多彩な話が出たように思います。

竹内義和さんと田中俊行さんの参加も嬉しいことで盛り上がりましね。

僕はひと眠りして夕方、シンデレラエキスプレスの渡辺さんの怪談ライブに生野区北巽の喫茶店まで行ってました。5〜6話一人で語られましたが森脇健司さんの体験談が非常に興味深い話でした。

次回もいまから楽しみです。お疲れ様でした。ありがとうございました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
中山市朗 【なかやまいちろう】


作家、怪異蒐集家

兵庫県生まれ。


主な著書に「新耳袋」など。

作家、漫画家の育成機関「作劇塾」を主宰。


作劇塾

オフィスイチロウ


Archives