2019年04月09日

本日よりWebマガジン『神秘之國、日本』配信開始!

 中山市朗です。


4月9日、つまり今日から、オフィスイチロウHP「神秘之古代史」より、新らしいコンテンツをいろいろと配信していきます。




配信予定のコンテンツは以下のごとく。
コンテンツごとにイメージして、本の表紙を作ってみました。

太秦・木嶋神社、神池にある三柱鳥居。これは古代キリスト教(景教)の痕跡ではないかという説がある。
岐阜県に残っていたもう一つの三柱鳥居と比較しながら、三柱鳥居の謎を分析し、ある結論へと至る。

『古代キリスト教の痕跡? 三柱の謎を解く』

三柱鳥居の謎

















今年は新天皇が即位。いや即位だけでは天皇になれない。
真の天皇になるための「践祚大嘗祭」の秘儀とそのルーツに迫る!

『天皇の謎を追う 聖徳太子と秦氏と践祚大嘗祭』


大嘗祭

















中山市朗が、書き散らかす、日本について、古代史の謎について。聖徳太子、卑弥呼、牛頭天王、秦氏、賀茂氏、古代遺跡、古神道、陰陽道、空海、密教、天照、太陽神、エジプトの秘儀、フリーメーソン、錬金術、モーセ、モーツァルト等々

『中山市朗・雑記帳』

雑記帳

















そしていよいよ配信。
モーツァルトの親友、シカネーダーが今の我々日本人に、重大なるメッセージを投げかける!
秘儀オペラ『魔笛』に隠された暗号と象徴。フリーメーソン、イルミナティ、フランス革命、イシス・オシリス、神秘主義、錬金術、そして古代エジプトの象徴と天皇。黄金の国ジャパン、日出る処の國、イエスズ会、聖徳太子の預言書……。小説でありながら、いずれはオカルト辞典に。

『モーツァルトの血痕』

モーツァルトの血痕


















4月の配信予定。


IMG_0821 (1)






































もう配信しています。

『中山市朗・雑記帳』。
第一回目は、この項目は、今後もいろいろ波紋を投げかけます。
中国では景教とよばれたネストリウス派キリスト教についての解説。

無料配信ですので、どなたでも読むことが出来ます。

こちらからWEBマガジン『神秘之國、日本』に入れますが、ちょっとトラブルがありました。
一旦閉じて、二日後に再度アップいたします。






kaidanyawa at 07:00│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
中山市朗 【なかやまいちろう】


作家、怪異蒐集家

兵庫県生まれ。


主な著書に「新耳袋」など。

作家、漫画家の育成機関「作劇塾」を主宰。


作劇塾

オフィスイチロウ


Archives
ギャラリー
  • 『モーツァルトの血痕』、コンスタンツェの告白!
  • 『モーツァルトの血痕』、コンスタンツェの告白!
  • 『モーツァルトの血痕』、コンスタンツェの告白!
  • 『モーツァルトの血痕』、コンスタンツェの告白!
  • 『モーツァルトの血痕』、コンスタンツェの告白!
  • 『モーツァルトの血痕』、コンスタンツェの告白!