2019年04月14日

無料コンテンツと有料コンテンツ

中山市朗です。


WEBマガジン『神秘之國、日本』は、約2ケ月の準備期間を経て、9日より配信を始めました。

現在のところ、

9日  中山市朗・雑記帳 〜景教について〜
10日 『古代キリスト教の痕跡? 三柱鳥居の謎』
    第一章  三柱鳥居は古代キリスト教の痕跡か?
13日 中山市朗・雑記帳
    〜聖徳太子の『未来記』とモーツァルトの『魔笛』

を配信しています。いずれも無料ですのでどなたもお読みになれます。
そして15日は、いよいよ『モーツァルトの血痕』の配信を開始いたします。
第一回目の配信は、プロローグ。 
これも無料で読めます。

そして18日配信分からは、有料(月888円)となります。

これは、今後、私が自主的に辞めない限り、継続していきます。
な〜んかね、毎日が締め切り日、みたいな心境になっております。

『古代キリスト教の痕跡? 三柱鳥居の謎』は、完成しておりまして、順次配信していきますが、来月から連載を開始する『聖徳太子と秦氏と践祚大嘗祭』は、秋の「践祚大嘗祭」まで月2回の配信予定で、執筆中です。
一冊の本を書くだけの分量となりそうです。

『モーツァルトの血痕』も、10年前に書いたものですので、大幅に加筆、修正をやっております。
これは、作品内の名前やキーワードとなる語句をクイックするとポップアップして、解説文や資料、画像と連動。また、音楽も聴けるようになりますので、その作業を秘書がやっております。
これは大変な作業です。

『モーツァルトの血痕』は、モーツァルトの親友、エマヌエル・シカネーダーが、今の日本人である我々に語り掛ける、という構成よりなります。小説ではありますが、ちょっと変わった内容、仕様となっております。

シカネーダー↓

220px-Emanuel_Schikaneder_detail














そして、中山市朗・雑記帳。これも過去のブログの記事をリニュアルしたり、書下ろしをしたりして、ストックをためているところです。

私は書くことは苦ではない、むしろ楽しかったりするわけですが、こういった作業に追われて、ブログを書く時間が無くなって来ました。

今までブログは、古代史、裏歴史、オカルト系について、かなり深く書いたり、連載をしたりしていましたが、これらは「中山市朗・雑記帳」へ移します。そしてより深く掘り下げるつもりです。
ブログは続けていきますが、もう少し軽いもの、あるいは日常的なものについて書く、ということになるかも知れません。更新頻度もペースが落ちると思います。

私も物書きですので、やはり有料で読んでいただくチャンスは欲しいですし、読んでいただくからには、納得していただけるものを書くのが仕事です。

『気まま酒家』も、最近配信していませんが、同じような状況です。

『気まま酒家』の店主はCainさんですが、怪談コンテンツが有料化していくと、怪談をやれなくなり(いろいろ契約上の問題もあるのです)、古代史や裏歴史、現近代史も今後、『神秘之國、日本』で有料コンテンツにしていくとなると、同じことは出来ません。
悩みどころです。

映画や音楽、サブカル、といったテーマもやれますが、映画評論家でもサブカル・ライターでもない私の話に、さて、どれほどのユーザーが存在しているのかもわかりません。

怪談も古代史やオカルトも、無料でやってほしい、という方もおられましょうが、私は創作物で対価を得ないと、調査、取材、資料購入費、そしてスタッフの人件費などがまかなえません。私も腹減る人間ですし。

作劇塾で、塾生に教えていることもそれです。

作品を作ることは簡単。それを商品にすることが難しい。そしてそれを継続して初めてプロといえる。

ただ、無料で皆さんに楽しんでいただくことも、いろいろ試していきますので、そこは少々期待を持っていただければと思います。

ちょっとグチっぽくなりましたこと、お詫びいたします。

疲れてんのかなあ。


『神秘之國、日本』
閲覧はコチラ→ http://officeichirou.com/?page_id=2089




kaidanyawa at 07:17│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
中山市朗 【なかやまいちろう】


作家、怪異蒐集家

兵庫県生まれ。


主な著書に「新耳袋」など。

作家、漫画家の育成機関「作劇塾」を主宰。


作劇塾

オフィスイチロウ


Archives
ギャラリー
  • 東京で千日前怪談の詳細を語る!パート2
  • 東京で千日前怪談の詳細を語る!パート2
  • 東京で千日前怪談の詳細を語る!パート2
  • 東京で千日前怪談の詳細を語る!パート2
  • 東京で千日前怪談の詳細を語る!パート2
  • 東京で千日前怪談の詳細を語る!