2019年04月22日

大阪・梅田も怪談のメッカ?

中山市朗です。


今月18、19日付けのブログで、大阪ミナミの繁華街、千日前怪談について触れましたが、実は実は、もう一か所、繁華街に強烈な霊スポットが大阪にあるのですよ。


梅田です。
大阪の人間は、キタ、と言っています。


そうです。JR大阪駅、阪神梅田駅、阪急梅田駅、大阪メトロ梅田駅、東梅田、西梅田などの交通の要衝かつ、デパート、ホテル、オフィスビルが建ち並び、地下には、ホワイティうめだ、ディアモールうめだ、といった地下街がある、西日本最大の繁華街。

ちなみに地下街は戦前からあり、地図に載らない街なんて言われていたようです。


実は、この梅田周辺での怪談もよく耳にします。

ここのところ、夏になると『茶屋町怪談』を放送する毎日放送(MBS)の、あるスタジオで番組収録すると、妙な声が入ったり、ありえない機材トラブルがあったりします。
ある技術担当者が「まあ、ここ、昔は墓地でしたからなあ」なんて苦笑いしていました。
そのスタジオの建っている裏側に行くと、確かに「梅田墓所跡」という石碑がありました。

実は歴史的な背景を言うと、梅田周辺が開発されだしたのは、明治7年(1874)に曽根崎村に開業した、大阪駅が出来てからなんです。当時は、大阪すてんしょ、と呼んでいたそうです。落語にも出てきますな、すてんしょ。
ただ、周辺は田畑があるだけで、何にもなかった。

明治時代の大阪駅。

大阪駅













曽根崎は、今はあのような繁華街となっていますが、文楽の『曽根崎心中』の舞台となった場所です。

「風しんしんたる曽根崎の森にぞ、辿り着きにける」
という台詞があります。あのあたり、森でしたんやな。そんな人寂しい場所で、二人は心中をしようと。


実は曽根(そね)というのは、石が多くてやせた土地、ということなんだそうです。
いや、梅田という地名自体、低湿地帯で泥土を埋めて田畑を作ったというので、埋田というのが本当だったわけですしね。

明治39年(1906年)に阪神梅田駅、1910年に阪急梅田駅が開業した頃から、一転様相が変わったわけです。
天保8年(1837)の梅田周辺の地図。
な〜んにも無いでしょ。
で、
北西の方向にぽつりと、梅田墓、とあります。
大阪七墓の一つです。

墓所梅田













昨年、北区大深町遺跡の発掘調査がありました。
いわゆる梅田墓所、と重なる場所で、墓地を区切る石垣や、200体を超える土葬人骨、火葬の痕跡であるおびただしい骨灰などが出土しました。

梅田















梅田墓所は、明治20年には移転させられたといいます。
キタにしろ、ミナミにしろ、大阪の街も今とは全く違う様相だったようですね。

ただ、千日前墓所とは違って、梅田墓所は資料が残っていないのと、エピソードも少ない。
ですからよく分からないところもあります。

もっとも、私が千日前怪談を蒐集、調査始めた頃と同じで、梅田墓所と怪談を関連付けて調べたり、語ったりした人がいなかった、ということなのかも知れません。

しかし、大阪の二つの大繁華街、キタとミナミが、それぞれ江戸時代までは墓所だったというのは、注目すべき点でありましょう。




kaidanyawa at 07:00│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by いつも読んでいます   2019年04月23日 11:38
もうだいぶ前になりますが、梅田のホテルに宿泊して嫌な体験をしました。直接ホテルで、ではなく、どうもホテルから付いてきたようで、帰宅してからしばらく嫌な現象に悩まされました(ここでは書きたくないような類の霊現象です)。それ以来そのホテルには二度と泊まらないと誓いました。そのホテルの部屋にいたものなのか、梅田のルーツに関係するものなのかは分かりませんが(多分部屋だと思います)、こちらを拝読して梅田に関して何となく納得ができました。
2. Posted by 中山市朗   2019年04月24日 02:28
いつも読んでいますさん。

ありがとうございます。
その書きたくないような話、いずれお聞きしたいものです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
中山市朗 【なかやまいちろう】


作家、怪異蒐集家

兵庫県生まれ。


主な著書に「新耳袋」など。

作家、漫画家の育成機関「作劇塾」を主宰。


作劇塾

オフィスイチロウ


Archives
ギャラリー
  • 『モーツァルトの血痕』、コンスタンツェの告白!
  • 『モーツァルトの血痕』、コンスタンツェの告白!
  • 『モーツァルトの血痕』、コンスタンツェの告白!
  • 『モーツァルトの血痕』、コンスタンツェの告白!
  • 『モーツァルトの血痕』、コンスタンツェの告白!
  • 『モーツァルトの血痕』、コンスタンツェの告白!