2019年05月13日

昼下がりの怪談会、あっという間の4時間でした!

中山市朗です。

「中山市朗・プライベート怪談会in昼下がりの怪」

いやいや、おもしろかったあ。
常連さんから初参加の人まで。昼間だったからでしょうか、女子率が高かったですな。
いろんな話が出ました。
なぜか空き家で騒音調査を依頼されたという話や、逃れようのない因果の話とか、積み重なって怪の正体がわかってくるとか、町の名前が怪異の正体にヒントをもたらすとか、そういう複雑怪奇なものもあれば、今日ここに来る前にちょっと妙なもの見ちゃったとか、毎日のように遭遇する霊とコミュニケーション取れるようになっちゃった、怪談サイトを読んでいたら奇妙なことが続いた、いうような軽い話まで。怪談にもいろんなバリエーションがあります。
で、聞いているうちに、思い出しました、と語る。
そんな話が案外面白かったり、なんだそれは、みたいな奇妙な話だったり。
これはよくあるのですが、お話が始まったので録音の許可を求めると「いや、これは怪談というほどのお話じゃないので」と言いながら、聞いていると、それ、怪談ですよ。という話も随分あったりします。

しかし、本日集まった人たちも、普通だったら怖いとか、耳をふさぎたくなる話になると、もう嬉々とした(奇々として?)表情になって、なんか目の玉がキラキラしている人もいて、好きなんだなあと。
もちろん私も、好きでたまらんですけど。
13:30に始まって17:30までの4時間は、ほんと、あっという間に過ぎ去ったという感覚でした。

昼下がりの怪
















ところで、会場では怪異が起こっていたようです。参加のお客さんも、うちの秘書もそれを指摘していましたが、相変わらず私は何も聞いていないし、気づかなかった。ということはホナモノの怪異?

奥の引き戸が玄関戸。その向こうは施設の廊下です。
玄関戸は閉まっているのに、手前の襖に風が当てっているかのように、ガタガタゆれていたとか。
(戸が開いていたとしても建物の中の廊下なので風は無いですけど)

4和室



















その揺れていた襖は、写真右側の襖なんですけど、奥の部屋からは、人が畳をすり足で歩く音や気配がしていたとか。人の声が聞こえたとか。なんだか楽しそうな場所なので、またいつかこの部屋、使いましょう。

5和室















今回は、始めて昼下がりのプライベート怪談でしたが、次回はまたいつものように、私の書斎でオールナイトの怪談会となります。
まだ予定は決まっていませんが6月22日か7月6日のどちらかにしようかと思っております。
近日中に決定事項としてお知らせいたします。











kaidanyawa at 12:00│Comments(7)

この記事へのコメント

1. Posted by 鈴木   2019年05月13日 12:47
お疲れ様でした。オールナイトの会ですと、
女性の場合には参加しづらいかもですね。
昼間開催じゃないと収集出来ないような、
有意義な会だったようで何よりです。

六月も七月も予定空けておきますね。あとは
どうやって大阪まで、アクセスするかが問題です。行きはバスで、帰りは新幹線かな。
2. Posted by ひろみつ   2019年05月13日 17:55
中山先生

盛会でなによりです。次回は6.22か7.6ですか。6.22難しいけどなんとか職場に申請しなおします。それが駄目なら7.6ですね。仕事中も「ああ、いまごろ盛り上がってるやろな」と気になってました
3. Posted by E本   2019年05月13日 18:28
昨日は大変お世話になりました。
初めて参加された方が3名もいらっしゃり、またそれぞれにユニークな怪談の数々、堪能させていただきました。
ただ怪談を心から愛する者ゆえ、ひとつお願いがあります。
聞き手側のマナーについて、もう少し主催側から注意いただければと感じました。
少なくとも話の最中の携帯や、人の話の腰を折る、話の最中に袋菓子をガサガサ食べる等は NG、これはマナーの基本だと思います。
皆が気持ちよく過ごせる場であってほしい。
今後の検討課題として、何卒よろしくお願い申し上げます。
4. Posted by 中山市朗   2019年05月14日 07:52
鈴木さん、ひみつさん。

まだ告知はしていませんが、7月6日と決定いたしました。よろしくお願いいたします。

E本さん。

ご参加くださり、ありがとうございました。
ご指摘の件ですが、携帯電話の件はその場で秘書が本人に注意しております。これは常識のマナーですので、注意勧告していきます。人の話の腰を折るのも、度が過ぎると困りますが、基本的には輪になってひざを突き合わせての語り聞く怪談会ですので、質問や話のやり取りは大いにやっていただければと思います。
ただ、マナーは大事ですが、気を付けないと正義のふりかざしになる恐れもあります。
怪談を語り聞く人たちをも私は心から愛しております。プライベート怪談会は無料開放しておりますので、規則を設けるというよりは、各自の判断にお任せし、みなさんが楽しんでいただく場になればと思う次第です。
5. Posted by シロ☆   2019年05月14日 08:22
中山先生、
塾生の皆様、スタッフの皆様
こんにちは。

昼下がり之怪談会、楽しい時間であっという間でした。
E本さんと同じく、今回他の方の話の腰を折ったり、ずっとブツブツと独り言が多く(他の体験者への否定)、大きな音で食べ物を食べる、携帯をいじりメールや何かの音をずっとピコピコと鳴らしている方がいて、初めて来られる方はもちろん、主催の中山先生にも失礼ではないか?と気になっておりました。
上記の方は他の怪談イベントでも話の腰を折るのですが、今回は女性が多く出席しているので不快ではないか?と心配しておりました。

このような方は他のイベントでも珍しいとは思いますが、主催側から開始前に、携帯をマナーモードや電源を切るよう勧めていただくと助かります。
6. Posted by シロ☆   2019年05月14日 12:13
>>5シロ☆です。

中山先生のコメント更新に気づかずコメント入れてすみません。
7. Posted by 中山市朗   2019年05月14日 13:25
シロさん

実を言いますと、あの方は以前から問題となっておりまして、注意勧告した後、一旦プライベート怪談会の出禁を言い渡したことがありました。
で、半年ほど前に参加メールが来まして、理解していただいたと思って、参加を許したわけです。やはりあの方も怪談愛好者であり、うちのお客さんでもありますので、これ以上の出禁は、彼から怪談を遠ざけることになると思ってのことでした。
やはり怪談愛好者は、どんな方でも私はいとおしいのです。
ただ、同じ問題がおきましたので、今後はこちら側で対処させていただきます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
中山市朗 【なかやまいちろう】


作家、怪異蒐集家

兵庫県生まれ。


主な著書に「新耳袋」など。

作家、漫画家の育成機関「作劇塾」を主宰。


作劇塾

オフィスイチロウ


Archives
ギャラリー
  • 7月のプライベート怪談会!
  • なぜ千日前怪談なのか?
  • なぜ千日前怪談なのか?
  • なぜ千日前怪談なのか?
  • なぜ千日前怪談なのか?
  • なぜ千日前怪談なのか?