2020年02月01日

三百物語、演題決まる!その話の奥には闇がある……。

中山市朗です。

2月29日「中山市朗・三百物語 第12夜」
次の怪談を語る予定です。
YouTubeで私の怪談を視聴しているアナタ!
たまには生でお聞きになったら?
怪談の醍醐味をお聞かせします!

「ロケ先の夜」
「蔵の中」
「宴会の夜」
「真っ暗にするとダメ」
「落ちた鍵」
「友達のJ君」
「ヒサオ」
など。

※演目は一部変わる場合もあります。
また、リクエストも賜っております。

それぞれにゾッとするだけでなく、その奥に闇がある……。そんなことを思わせる怪談です。
会場18:30  開演19:00
会場は、千日亭(大阪市中央区千日前1丁目7-11 上方ビル3F

前売2500円
予約は↓

中山市朗『怪談 三百物語』サイト

EOC9G1UUUAEmQfb




















『三百物語』終演後は、道頓堀ZAZAに場所を移して(すごい近いです)、オールナイトで『Dark Night Vol・35』
を開催。こちらはゲストとの丁々発止で、恐怖あり、笑いあり、ハプニングありの、怪談エンターティメント⁉

ゲストは、田中俊行さん、Apsu Shuseiさん。ライブでは初共演となります。

前売4000円
予約は↓

中山市朗Dark night HP


EOC7tkCUYAEXMiR






















kaidanyawa at 07:20│Comments(1)

この記事へのコメント

1. Posted by 怪談好き   2020年02月02日 11:37
本文の前売金額、お間違いになっていらっしゃるかもしれません。念のためご確認下さいませ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
中山市朗(なかやまいちろう)


作家、怪異蒐集家、オカルト研究家。

兵庫県生まれ、大阪市在住。


著書に、

【怪 談】

■『新耳袋』シリーズ

■『怪談狩り』シリーズ

【オカルト・古代史】

■『聖徳太子・四天王寺の暗号』

■『聖徳太子の「未来記」とイルミナティ』などがある。

古代史、聖徳太子の調査から、オカルト研究家としても活動している。







作家の育成機関「中山市朗・作劇塾」を主宰。



Archives
ギャラリー
  • 我々日本人は、日本国の基礎を創った聖徳太子についてもっと知らなければならない!
  • 我々日本人は、日本国の基礎を創った聖徳太子についてもっと知らなければならない!
  • 我々日本人は、日本国の基礎を創った聖徳太子についてもっと知らなければならない!
  • モーツァルト『魔笛』、聖徳太子『未来記』。この二つをつなぐものとは何か‼
  • モーツァルト『魔笛』、聖徳太子『未来記』。この二つをつなぐものとは何か‼
  • モーツァルト『魔笛』、聖徳太子『未来記』。この二つをつなぐものとは何か‼