2020年10月16日

お宝発見?? 11年前のムック本『恐い地図』、山の牧場ロケのDVD付き!!

中山市朗です。

秘書がツイッターにあげていましたが、
私の留守中、事務所でえらいもんを見つけたみたいで。
ミリオン出版から出た『恐い地図〜日本全国最恐スポットDVD13』というムック本。
奥付みたら、2009年8月1日となっていました。

EkWackTVcAEI8HK



















まあ、日本全国の霊スポットというより、禁忌スポットがいろいろ紹介されていて、特に13か所がDVDに収録されているというもの。
実はこれ、ずっと本棚の隅っこに押し込まれたまま、忘れていたものでした。

YouTube用の撮影をしていたんですが、ちょっと税務署に行かんとあかん用事があったので、1時間ほど留守してたら、秘書が見つけて「観たい」と言う。
霊スポット巡りや最恐映像、なんていうコンビニに置いてそうなムック本は、いろいろ送られてくるので、そのまま読まずに、封も切らずに本棚に押し込んだままのものもいろいろあるので、「どうせヤラセや。おもんないぞ」と言うたのですが、あんまりこういうの見たことないらしい。
で、観た。
北海道の謎の教団施設跡とか、東北の座敷童が棲まう宿、関東の大量殺人鬼の欲望うずまく犬舎といったもので、たいていは映像とナレーションでの紹介なのですが、京都府の「鬼の首が埋まる聖域」に、いきなり怪談社の紗那、紙舞の両人が出て、その地であったという怪談をしゃべっている。
「なんでここだけ怪談付きねん」
とか言うてると、兵庫県「有名怪談・山の牧場の現在」となった。

IMG_5191













「あれれ、山の牧場やん。また知らん人間が勝手な解説しよるんやろか」なんて言っていると……。

EkWacl0U4AEqdn2



















「あれ? わし出とる!?」

IMG_5192













そうかと思いだした。ミリオン出版かあ。
山の牧場に、住倉カオス、怪談社の紗那といったメンバーと行った記憶があって、妙な顔ぶれやったな、どういういきさつやったんやろ、と思っていたのですが、このロケやったんですね。忘れてましたわ。

山の牧場は、もう私の手を離れて都市伝説化している気もしますが、もう建物なんか屋根もはぎ取られてかつての雰囲気、怪しさは無くなっています。
でも、面影はあって。
『新耳袋/第四夜』にも書いた、襖のある和室。当時は人形がたくさん横たわっていて、壁やら天上やらにお札が隙間なく貼られていた。ここですよ、ここ。

IMG_5204













まあ、ただの牧場やん、とか、キャンプ場でしかないのに、中山は何騒いどんねん、という声もありますが、後にキャンプ場として利用された、と本に書いてるのになあ。
でも、一面のお札を見ただけで、鳥肌たちますって。
また、いろんな専門家やマスコミ関係の人たちと行ってますが、やっぱりねえ、みんな首をひねるわけですよ。
でも、裏社会が関係していないでもない。いろんな意味で、あそこはヤバイ!!


ちなみにamazonで検索したら、おました!!


恐い地図(DVD付)
ミリオン出版
2009-06-01



83円!!!!

kaidanyawa at 06:08│Comments(8)

この記事へのコメント

1. Posted by 武田 眞   2020年10月16日 06:26
5 さっそくアマゾンで注文しました(笑)
怪談万歳!
2. Posted by ささ   2020年10月16日 08:19
早速ポチりました。レビュー見たら山の牧場のシーンでスタッフとは思えない全身黒い人間?霊?が映ってるらしいですね!早く見たいです。
3. Posted by めっちゃkaren   2020年10月16日 09:18
先生こんにちは。以前に違法アップロードされていたものをちらっと見たのか、なんとなく映像に記憶があります。私も遅ればせながらポチらせていただきました 笑
中古本は作家さん達にお金が入らないので極力避けるのですが、流石にこれは仕方ないですね。表紙に地元岡山の文字見えましたし(津山の事件でしょうが)。
山の牧場一度は行ってみたいのですが、一人で行くのは危険かなぁと二の足を踏んでおりますのでDVDで楽しみます。
4. Posted by ひろみつ   2020年10月16日 11:04
中山先生
おお!これは買わねば!
僕もさっそくアマゾンで注文しました。
怪談は永久に不滅です!
5. Posted by 人喰い愚地neo   2020年10月16日 12:49
こんにちわ。中山センセ若っ!! ヒゲ顔って事もあってパッと見では越前屋俵太さんかと思いましたw いやーお宝ってあるモンですねぇ。
6. Posted by ひろみつ   2020年10月16日 15:16
中山先生

しかし秘書さん、よくぞ見つけてくださった!
7. Posted by 鈴木   2020年10月16日 16:48
口裂け女トンネルって言うのに、興味があります。

確か、口裂け女の都市伝説が生まれたのは1960年代後期の深夜ラジオが発祥だったと聞いたことがあります。今より、街が暗かった時代、どんなに怖い話だったろう?と思います。
8. Posted by 中山市朗   2020年10月17日 03:08
武田 眞さん。

あんたも好きねえ〜。

さささん。

全身黒い人間? 気づきませんでした。また確認してみます。

めっちゃkarenさん。

そうです。岡山は「皆殺しの境界峠」という題で津山事件のことが紹介されております。DVDにはありません。

ひろみつさん。

あんたも好きねえ〜。

人喰い愚地neoさん。

ある時は越前屋俵太、ある時は結城てつや、ある時は勝新太郎。してその正体は???

鈴木さん

口裂け女トンネル?
口裂け女は知っています。詳しくはないです。



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
中山市朗(なかやまいちろう)

作家、怪異蒐集家、オカルト研究家。
兵庫県生まれ、大阪市在住。


著書に、
<怪 談>




<オカルト・古代史>




などがある。
古代史、聖徳太子の調査から、オカルト研究家としても活動している。






作家の育成機関「中山市朗・作劇塾」を主宰。



Archives