2021年03月09日

『オカルトエンタメ大学』に「山の牧場」を引っ提げていよいよ登壇!!

中山市朗です。

先日、東京のスタジオで「山の牧場」の全貌を2時間半ほどにまとめて語ったことを報告いたしましたが、版元よりツイッターで告知が出ましたので、改めて報告いたします。


Twitter告知文

オカルトエンタメ大学ロゴ






オカルトエンタメ大学

怪談界の巨人がついに登壇です。

伝説の怪談『山の牧場』の全てを語って頂きましたので、どうぞお楽しみに。そして黒い服の男にはお気をつけて。



そうです。『オカルトエンタメ大学』の収録でした。
まだ、動画はアップされていませんが、近日、5夜にかけてお送りいたします。
特別枠となります。

番組担当の方に指摘されて気が付いたんですけど、来年で「山の牧場」遭遇40周年!!
そんなになるんや!
1982年の夏に迷い込んだ「山の牧場」。
あの時は怪談のプロになるとは思わなかったし、これだけ私の人生に付きまとう話になるとも思っていませんでした。
40年前の雰囲気も随分となくなり、営業、廃業も繰り返された廃牧場の謎。

謎は解明できた!
あれはただの牧場だ!
と言う人もいるようですが、私と北野誠さんに直接説明してほしい!!


大学オカルトエンタメ



























kaidanyawa at 00:12│Comments(6)

この記事へのコメント

1. Posted by N村   2021年03月09日 00:22
5 行方不明者も出て、また廃虚となってからの机上の 名刺もフェイクだったり、トイレも極端に増えたりなくなったり、深夜でも明るい工場だったり、不可思議すぎます

誰か牧場の関係者でてきて欲しいと、切に願います
2. Posted by 秘書・ののさん☆   2021年03月09日 01:11
5 えー!(°◻︎°/)/
40周年‼️

ならば、作家生活30周年、Dark night10周年のお祝いは、来年にしませんか⁉️👀🌟
コロナもしばらく続きそうですし。

2022年、作家生活30周年、Dark night10周年、山の牧場40周年の三つ巴!(*^^*)

あっ!記念パーティーのお土産に、『山の牧場』の年表を作成して、皆さんにお贈りしましょうか!😛笑

共に『山の牧場』に行った友人・U君さんもお呼びして、お話もお聞きしたいなぁ。来年も楽しくなりそうですね‼️😉🌟
お疲れ様でした!
配信、とても楽しみですね。

原稿の執筆、頑張ってください!(๑•̀ •)و✧
3. Posted by ひろみつ   2021年03月09日 02:20
5 中山先生

40年!そうか、先生が学生時代のことですから、もうそんなに年月が経つんですね

「新耳袋」ではじめてこの話を読んだ時の衝撃はいまでも鮮明に覚えています

幽霊も出ない。現場でなにか怪異なことが起きるでもない。なのにジワジワ強くなる不穏で解釈不能な恐怖。

その後も不気味な変遷を経ていく不可解さと恐怖。これは過去の怪談本にはなかったし「新耳袋」が他の怪談本とまったく違う視点を持っているなと確信したのがこの「山の牧場」でした。

それが今回フルバージョンで伺えるなんて夢のようです。

新事実が出てきてほしいような、出てきてほしくないような・・・・どこまでも不可解な異様な話ですね
4. Posted by 鈴木   2021年03月09日 09:46
怖さの肝は人が忽然といなくなることにあると
思います。
極端な話、幽霊見てもいなくなるって例は極端
ですから。
楽しみにしています。
5. Posted by N村   2021年03月11日 13:36
 怪談師もいろいろ出てきていらっしゃるので、例えば「松原タニシ in山の牧場」とか「田中俊之 in山の牧場」「下駄はなお in山の牧場」とか期待したいです

 
6. Posted by 中山市朗   2021年03月12日 06:52
N村さん。

そうですね、他の怪談師の方もあの場所へ行って感じたことを語れば、また新しい話が生まれてくることもあるでしようしね。

秘書・ののさん☆さん。

作家生活30周年記念、いろいろ準備してくれてたみたいだけど、残念でした。2022年かあ。でも山の牧場の年表の年表は面白いかも。ちょっとした冊子にするとか。U君は元気なのかなあ。

ひろみつさん。

あの牧場は、もう関わらないでおこうとすると、なぜか新情報が出てくるんですよ。と言うことは、今もあの牧場の怪談は、進行中ということですかな……。

鈴木さん

そうまさに。下手に関わると、消えますな。ちょっと裏組織の臭いもして、そこが怖い。怪談だけど、人怖の要素もあるところが……。





この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
中山市朗(なかやまいちろう)

作家、怪異蒐集家、オカルト研究家。
兵庫県生まれ、大阪市在住。


著書に、
<怪 談>




<オカルト・古代史>




などがある。
古代史、聖徳太子の調査から、オカルト研究家としても活動している。






作家の育成機関「中山市朗・作劇塾」を主宰。



Archives