2024年02月25日

『北野誠のお前ら行くな、日本古代ロマンSP』連動企画!! 中山市朗YouTubeチャンネル『日本について語ろう』 「契約の聖櫃〜失われたアーク」とは何かの考察を全7回で!!

中山市朗です。

エンタメ〜TV『北野誠のお前ら行くな、日本古代ロマンSP』の#3のオンエアがあります。
3月2日(土)21:00〜(初放送)
3月4日(月)26:00〜
3月24日(日)5:55〜

#3は、『旧約聖書』に書かれるイスラエル人と神が契約したという「契約の聖櫃〜失われたアーク」が、なんと四国は剣山にあるという説を追っての最終章。
我が書斎にて、資料などを基に「ほんまにあるんかな」と多角的に考察するというのが #3 の内容となっております。

GG8ehbBaQAA6Kv1 (1)














GG8ehbBaMAAgImZ














なお、#1,#2#を見逃した方
#1は 3月10日(日)5:55
#2は 3月19日(火)4:05
より再放送があります。

GGg5thuaEAAINcO (1)



















エンタメ〜TVが見れない人は、DVDになるのを待ちましょう。

さて、改めて「契約の聖櫃〜失われたアーク」とは何かの考察をを、さらに詳しく中山市朗公式YouTubeチャンネルの『日本について語ろう』にて語っております。
『日本について語ろ』は、ちょっとお休みをしていましたがこれを機会に復活させました。
以前やっていた内容がオーディオブックになったりしたことあったのと、ちょっと忙しくなったことで中断しておりました。
こちらはオカルト、怪談のみならず、日本という国について語るチャンネルです。それこそ、文化や映画、政治、経済、宗教、現近代史と私の思うところを語るものです。
復活したからには、今後は主として、土日の夜21:00から定時配信して行く予定です。

『オカルト解体新書』に関してはまだ動画の回収が済んでおらず、ちょっとまだ先行きが分からない状態です。とはいえ、『日本について語ろう』はその代替ということではありません。別内容の配信と思ってください。

さて、「契約の聖櫃〜失われたアーク」とは何かの考察は、『日本について語ろう』では、全7回で展開いたします。
昨夜アップしました第一回目は、アークについての基礎知識。聖書に何が書かれているのか。これが全てです。第一回目はチョーシに乗っちゃって、35分近くも語ってしまいました。

そして本日21:00からは、失われたアークが秘匿されているという候補地についての根拠の考察。それら一つが、四国は剣山というわけなんです。どういう根拠で? というお話。

そして回を重ねながら、北野誠さんと行ったいろいろな寺院や遺跡についても詳しく紹介しながら、私なりのアークについての考察を、さらに詳しく、さらに深く語っております。
難しくありません。楽しく学んでいただければ。

『日本について語ろう〜考察・失われた聖櫃〜失われたアークは四国にあるのか? 第一回』
動画はコチラから⇩




そして本日、オンラインサロン『怪倶楽部』も21:00〜講座を開講します。
怪員の皆様は、受講した後に『日本について語ろう』はアーカイブにてお楽しみください。
こちらのテーマは、「実話系怪談の実話性とは?」となっております。
最近は、怪談を語る人がいっぱい出てきましたが、その多くはいわゆる実話系怪談、怪談実話とされるものだと思われます。でもねえ、耳の肥えたお客さんからは「これ、実話か?」と首を傾げるような話が多くなったとも聞きます。また、何をして実話とするのか、という課題もあります。
実話だったとしても、それを書いたり語ったりするにあたっては、構成を考えたり演出を施したりします。その時点で創作となります。
また、取材した話を実話とする基準はあるのかとか、いろいろな疑問もありましょう。
一度、「中山の語る怪談が実話であるという証拠を示せ」なんて言われたこともありました。

ということで、実話系怪談の実話性についての考察を、今夜は試みます。

GHFwGAkaAAA7sX-














⇩オンラインサロン・怪倶楽部の入怪方法です。


中山市朗怪倶楽部








◆『オンラインサロン怪倶楽部」

怪について語り聴き知って体感する怪員制のオンラインサロンです。
どんどん掘り下げますよ。
たまに交流会も!!

怪員募集(有料)しております。
興味ある方は、下記の通り!!

◆オンラインサロン『怪倶楽部』。怪員募集中。
月額制。プライベート怪談会、中山市朗の『怪』講座など
詳しくは、s.music.jp/707Qg







kaidanyawa at 12:02│Comments(1)

この記事へのコメント

1. Posted by ナナママ   2024年02月25日 23:36
5 中山先生、ののさんこんばんは〜。今日はお天気良くない中、我が街大阪をトップランナー市民ランナー大勢が走り抜けてくれましたね。日本人選手の優勝!誇らしかったです。
さて、失われたアークに関する動画、早速拝見しました!
先生、内容面白かったんですけど、映画の話になったら映画小僧登場ですね😄
楽しそうに話しておられる中でも、ああここに繋がってくるのか、いや四国がぁ!?ほんと、ワクワクしますね。
今回のまこっさんとのロケは、まるで少年探偵団のような感じなんやろなぁ。まこっさんも好奇心旺盛でフットワーク軽い人やから、『我ら、"ベテラン"少年探偵団、参上!!!』といったところでしょうか😉
おもろいなぁ、おもろいなぁ☺️
私の父72歳、友達と自分らの遊び場&秘密基地づくりのため、天気が良かろうが悪かろうが、せっせと秘密の場所で家作ってますよ(笑)「かまどできた〜」って連絡きました(笑)
父と先生、まこっさん、なんか重なります。いつまでもワクワクを追い求めてくださいね。

さてさて、オカルト解体新書の件、お知らせ有難うございます。
なかなか戻らないことが不安でした。やはり、動画の回収進んでいないのですね。 
いち視聴者程度の私が言うたらあかんかもしれんけど、ホンマにどエライことしてくれたな!と怒りと悲しみが湧いてきます。
「物事には道理がある。今ここに存在することには意味がある。」あの動画で学んだことの一つです。
大阪だけでなく日本っておもろいやん!と改めて気付かされたのもあの動画です。
何よりも先生が生み出した大切な文化的資料。
なんとか先生のもとに戻りますように、心から願っています

"それとは別"とのことで、先生のチャンネル、楽しみにしています!
と思ったら早速第二回投稿!
家の用事終わったら見るぞ〜😉✨

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
中山市朗(なかやまいちろう)

作家、怪異蒐集家、オカルト研究家。
兵庫県生まれ、大阪市在住。


著書に、
<怪 談>




<オカルト・古代史>




などがある。
古代史、聖徳太子の調査から、オカルト研究家としても活動している。






作家の育成機関「中山市朗・作劇塾」を主宰。



Archives