2008年03月26日

日本電子専門学校

朝、バスと電車に揺られて新宿の雑踏へ。

そこから10分ほど歩いて日本電子専門学校7号館へ向かう。
今日は、東京都高等学校教育研究会研究大会が開催されている。

東京都の人たちは、自分たちで会費を出し合って会を運営している。
だから当然、ここに来ている人たちは意識が高いに決まっている。
完全に自主運営か、というとそうでもない。
ちゃんと校長を部会長に迎えているし、教育委員会からも招いている。
つまり、「あるべき形」がここにあるというわけだ。

新聞社や、教科書会社さんなども多数来ている。
基調講演は辰己丈夫先生の「新指導要領に期待すること」というお話。
直接お話を伺うのは2度目。
以前このブログでふれたときに、「辰巳」と表記してしまいおしかりを受けた。
ゴメンナサイ・・・
今日は大丈夫でしょう。

中身は、憲法から始まり教育基本法、学校教育法、指導要領に至る過程から。
これに沿えば、当然教科「情報」を必修にして教えることは当然の摂理と分かる。
そして今回の「情報の科学」「社会と情報」。アナウンスされていたとおり、情報B と情報Cが下敷きとなっている。情報Aの内容は、小中学校に移行したというわけだ。
しかし現在の情報Aの採用率は80%。これは革命的変革が起こるかもしれない。
教科「情報」が立ち上がる以前から、高校では、世の中の情報化に対応して「ワープロ」の講座や、プログラミングなどの授業を行ってきた。
独自にカリキュラムを組んでいたり、商業科の科目をベースにしていたりした。
 だから、新教科「情報」にスムーズに移行するためには、それらの実践的な講座を読み替える必要があった。それに適した講座が「情報A」だったというわけだ。
そのままでは本当の新教科「情報」の理念を実現できない。
しかしみんなは、それを知らずか、知ってか目をつむったのだ。
だから今回の改訂は、その「パソコン教室的講座から決別せよ」という、お達しなのだ。
だから私は今回の新指導要領で「新の情報教育の時代が始まる」と思っている。
先生のお話は「次の次の指導要領に期待し声を上げろ」ということで締めた。

お昼は向かいのラーメン屋さんへ。チャーシュー麺を食す。

会場へ戻って、企業展示へ。
名刺を配って、ごあいさつ。
各社、いろいろな教材を廉価で作成しているようだ。

午後の部。
東大和高校の加藤先生と今井先生の発表は、教員対象ICT講座の実践報告。
私も家庭科部会、養護部会、司書部会などにまねかれて講師をしたことがあるが、それを思い出した。
こういうことは神奈川では、もう終わった感がある。
しかし大切なことだ。

東村山の飯田先生のBIT MAP READER WRITERは面白い。
RGBの色調を数字化し、そのマトリックスをエクセルのワークシートで表現している。
口で説明してもなかなか分かってくれない分野だけど、これを使えばよいかも・・・

続いてポスターセッション。
東京都が誇る4人の先生方が熱弁をふるっていた。

また主会場に戻って、3組の発表。
論理回路の授業を紹介したのは両国高校の滝川先生。
「スイッチのオンオフがコンピュータの根本原理である」ことを体験させる授業。
数学科の私としては「2進法」からアプローチしてしまうが、こっちにいくとは思いつかない。
これを1時間でやってしまって生徒に理解させ、感動を与えられるとはかなりの力量。

東大付属の長嶋先生は、自校のカリキュラムの紹介。
なかなか素晴らしいが、大学っぽく、情報A らしくない。まあ、生徒の質に対応するとなるとこうなるのであろう。

最後は隅田川高校の清水先生。
3年で必修情報Aを設置。
だからだろうが、授業の後期は、完全に課題研究学習となっている。
テーマーを決めて、それをそこらじゅうのサイトからそれと関連する内容をワードへコピペし、階層化する。
そうすれば、パワーポイントへ移行するのも簡単と紹介した。
この技術は素晴らしい。
しかし会場のみんなはコピペに異常反応。
「著作権的に問題があるのではないか」「これが自分の考えと思ってしまう生徒を生み出していることが怖い」などなど・・・
清水先生は「30ものサイトを検索させ、それを数行にまとめさせている。この作業で生み出されたものは本人のオリジナルと言っていいのではないか。」
「だいたい人の発する言葉そのものがだれかの言葉のはずだ。」と反論。
清水先生の言っていることはある意味正しい。
この辺が著作権のグレーゾーンで、「親告罪」になっているゆえんだ。
「かなり改変しているから複製権には抵触しない」ということは正しい。
しかし「同一性保持権」を犯しているとはいえる。
ただ同一性保持権は、勝手に改変したものを「本人の作品です」ということを禁止しているのであって厳密には今回の例は当てはまらない。
今回の例に関して言えば、やはり参照したサイトのアドレスを記すぐらいの配慮は必要かと思う。
生徒にそれを示すことによって、権利の主体を教えることができると思う。

最後に神奈川の先生たちと軽くお茶して解散。18時半。

今夜は、サッカーワールドカップ アジア地区予選 対バーレーン戦が行われる。
しかし疲れているから気絶する予定。
結果は明日・・・・



kaifu at 23:24│Comments(0)TrackBack(2)コンピュータ・情報科 | 出張(情報)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 都高情研研究大会参加  [ 情報科教員MTのBlog ]   2008年03月27日 11:17
今日は都高情研(東京都高等学校情報教育研究会)の研究大会に参加した。 場所は日本電子専門学校の7号館である。 基調講演は東京農工大学の辰己丈夫準教授の「新学習指導要領に期待すること」という内容である。 講演の中で「次の次の指導要領を考えましょう」とい....
2. 都高情研 研究大会  [ 情報科blog ]   2008年03月29日 20:25
 都高情研の研究大会が新宿の日本電子専門学校でおこなわれました。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字