先週分です。

個人的に、銀行屋の意見は共感できる部分もあるんですが、シンドバッドの能力や

マスルール/モルジアナの強さ、スラム街の人も字が読めるくらい識字率が高いこと
なんかから考えても何とかなっちゃうと思います。その点で、だいぶ楽観視してます。
ただカシムはすでに、私怨すら忘れて動いてるので、平和的解決は無理でしょうね。

一番心配なのは紅玉ちゃん、ではなく彼女を補佐しきれなかった夏黄文さんですね。


紅玉はまた婚約する羽目になるくらいでしょうが、彼は(物理的に)首が飛ぶんじゃ・・・

以下AnimeSukiMyAnimeListrandomcより引用。(公式に海外配信されています。)


gbni_50 21歳 男性 イギリス
王の不在に対処するときや、君主制の陰りが見えたとき、政治機構が多少民衆側に
降りてくるのはよくあることだが、流石に全面的な民主主義に舵を切るとは
思わなかった。(正直、楽観的な見方が強すぎる気もするけど)シンドバッドは
予想通り、アリババの責任の範囲内で事を収めることに成功したね。
その点では当初の見通しよりもだいぶ好転してるか。アリババがここまで巧く
立ち回れるのも予想外だった。彼は当初、発言も出来なかったことを考えれば
対照的だよね。とはいえ、別にまだ何かを手に入れたわけじゃないからな!
反乱グループは以前より同情的な意見が減るこの状況で、どうやって
戦うつもりなのか興味が尽きない。アリババにとっては煌帝国以上に厄介なのが
内部に潜んだ反乱軍だよね。


不明
あれだけ民衆が集まってるからには、ゾウクリーチャーと、異形ザルの腐敗した死体の
そばに立ってる人達も居るんだよね。可哀想に・・・モルジアナはいつも通り美しかった。
共和制移行は驚くこともないか。いつかは来るし、君主制の欠点を解決の近道だからね。


usa_50 23歳 男性 アメリカ(ニュージャージー州)
アリババの働きが凄かったな。ただ、銀行屋とカシムが真っ向からぶつかる策動を
してるのは残念。アリババが良い国にしたとしても、カシムはもう聞く耳を持たないだろう。
それとアラジンには何が起ころうとしてるんだろう。ルフが集まってるのは

黒いルフへの対抗手段になるのかな。紅玉がアブマドと結婚せずに済んだのも嬉しい。
あと、シンドバッドから尋ねてくる口実を手に入れたのも面白かった。(笑)


不明
民主主義へ移行!少年漫画で外交的な解決を目指す主人公達が、いかほどいるだろう?
マギの長所だと思う。それに、紅玉はシンドバッドとまた会うためにアリババに合意したね。


不明
豚王が自らの報いを受けて何より。彼はもっと早くに引きずり下ろされるべきだった。
カシムは今アリババと戦いたい一心で、反乱軍を進めてるんだろうな。彼は最後まで
何のために戦ってるのか分かってないと思う。ただ、本当にどうなるんだろう。
民主主義については、ウィンストン・チャーチルの名言を引用するにとどめよう。
「民主主義は最悪の政治形態と言うことが出来る。
これまでに試みられてきた民主主義以外のあらゆる政治形態を除けば、だが。」

コレで良いところで切れて終わったりしたら最悪だから、それだけは勘弁して欲しい。


不明
アリババに驚かされたのは自分だけじゃないだろうな。彼は実に的確な解決手段を
提示したし、次の議論にも直ぐに移れたことから、その場の思いつきじゃないことも
示してみせた。ずっと、どうすれば良いか細かいところまで考えてたんだね。

アリババはその手段をとらなかったけど、仮に彼が王になろうとしたなら
シンドバッドも喜んで戴冠の儀式を主導しただろう。アリババが少し前に進み
弱音を吐いていたころも乗り越えて、ここまで来たことが微笑ましい。

それとアブマドも玉座を降りたね。紅玉が去った後は(彼女も政略結婚が破談になって
良かった。)間違いなく言葉が通じないカシムが出てきて・・・どう終わらせるんだろう。
2クールで終わりだから、諸問題がどれだけ解決するのかは怪しいところだな。



女性
来週はカシムの出番になりそうだね。紅玉も議論の見る限りは頭の回転は悪くなさそう。
良い政治家になれると思う。ただ、シンドバッドにうつつを抜かしちゃうから
彼女に全権を委ねることは出来ないけど・・・^^;


canada_50 26歳 男性 カナダ
アリババの働きは認めざるを得ない。この国を取り巻く諸問題を解決するには
彼の対応は最も優れた方法だと思う。現状を根本から変えるために
七海連合に参加することは、国民の権利を回復させ、この国を変えることに繋がる。
煌帝国は仮にこの国を侵食しようとすれば対価を払うことになり、抑止にも結びつく。
それに率直に言えば、このアニメでアリババが旅を続ける為には、王位に就くという
選択はありえないだろう。紅玉姫が結婚を免れるためにも、これ以外の道はない。
彼女の結婚したくないという気持ちを逆手にとって、誘導することも出来たね。
ただ彼女の側も冷静で、シンドバッドが自国を訪問するという条件を引き出した。
あと、残された仕事は狂ったカシムを止めなきゃいけないって事だな。
彼はこの国さえ破壊できれば、どれだけの命が失われようと気にしない人間だからね。


男性
おお~紅玉ちゃん・・・
彼女だけ論点が別にあって、シンドバッドとの親交を得るのが目的になってたな。


22歳 女性
カシムが全てをぶち壊しそう・・・アリババは頑張ったし、紅玉の可愛さも分かった。
彼女はツンデレを越えた存在で、必要とあらば自分を抑えることもできるんだね。


18歳
こんな方法で解決を目指すのは予想外だった。アリババと王の会談は見ものだったし
紅玉が・・・意外に好印象な子だったな。彼女が出てきた当初は暴力的で
実際そういう傾向はあるんだろうけど、アリババやシンドバッドの意見に聞く耳を

持ってくれる所も良かったし、暴力行為に訴えることはさほど支持してる様子でもない。
それにシンドバッドの来訪という個人的な利益のために、意見をある程度聞き入れたのも
妙に愛らしく映った。彼女が顔を赤らめてるシーンもすっごく可愛かった。



女性
紅玉が可愛すぎてうっとりした。


19歳 男性
紅玉が可愛いなんてレベルじゃなかった。でも、煌帝国を担うモノとしての責務も
しっかり果たしてるんだよね。次回は戦闘が白熱しそうだな。


croatia_50 29歳 女性 クロアチア
いや~アリババには本気で感動した。アブマドには皆反感を持ってたんだね。
で、アリババは王になる機会を得たけど、それを断っちゃう!格好良すぎ。
煌帝国の借金を帳消ししてくれるよう願い出たり、シンドバッドの支援を受けるのも巧いね。
バルバッドはこれからどう動いていくんだろう。変化を望まない人との戦いになるのかな。


singapore_50 30歳 男性 シンガポール
紅玉はシンドバッドによって簡単に堕落してしまうから、政治家には向かないと思う・・・
アリババは主役にふさわしい働きを見せたが、彼の構想で王妃モルジアナの夢は断たれた。


gbni_50 24歳 男性 イギリス
まあ、アリババが世界で唯一の王子ってワケじゃないし。^^;


不明
政治的な交渉も良く出来てたし大好きな回だった。共和国制になって実際どんな情勢に
なるのか興味が尽きないね。ローマ、ギリシャ、中世のイタリア他さまざまな都市国家で
導入されたように古代から多くの例が散見する。ただ願わくば、バルバッドがフランス革命の

二の舞を踏むことだけは避けて欲しいな。アリババと紅玉はどちらも明るい表情を
取り戻したな。二人の議論は平行線を辿って、譲歩しないと思ってたけど
結果的にはお互いに合理的な選択を選んだ。紅玉がもっと見られるのも楽しみに

してるんだけど、煌帝国が彼女をそのまま王女にしておくのか、ちょっと疑わしいね。
シンドバッドが来る頃までそのままだと良いんだけど。


french_50 26歳 男性 フランス
共和制の樹立を目指すのは予想外だった。確かに出来ないことはなさそうだな。
バルバッド共和国がシンドバッドの同盟に加われば、国の安定は約束された様なモノだ。
それに紅玉にも惚れたよ。彼女は自分の意志で状況に対処して
相手の要求にも冷静に耳を傾けたね。この完璧な結論は彼女のためでもある。
彼女はあの豚と結婚したくないわけだし、シンドバッド目当てに自由にもなりたいだろう。
父親がそれを許すかは分からないが、もし、シンドバッドと婚姻を結べたら
そちらの方が価値がありそうだよね。カシムは結局何のために動いてるんだろうな
復讐や正義のためですらなくて、血に飢えてるようにしか見えないんだけど。


以上です。アリババ/紅玉の評価がうなぎのぼりですが
政治改革そのものへの評価が高いのも面白いですね。
これから、カシムはどんなふうに動くのかも楽しみです。




大衆の反逆 (ちくま学芸文庫)