01549
雪が解け、そして雪が降るまで(前編) (Until the snow melts and then falls again・・・)
01060
雪菜は不幸が映えるという感想が以前ありましたが・・・ええもう正直、ゾクゾクしますね。
彼女にずっと春希の帰りを待つ正妻ポジション(薄幸)で居て欲しいです。冬馬は勿論(フフ


以下、AnimeSukiMAL、Reddit、4chan、Crunchyrollより引用。(公式に海外配信中。)


usa_50 31歳 男性 アメリカ(アリゾナ州)
冬馬の事がより一層好きになると共にある意味いちばん素直だった雪菜が
割を食ってることを気の毒に感じる回だった。彼女は冬馬が春希を好きだと
知ってたけど、それでもなにかの拍子に背中を刺しちゃうかもしれないね・・・
00019
雪菜 「日を改めても良いんだよ?わたし、春希君が祝ってくれるならいつでも・・・」
春希 「今日じゃないと駄目なんだ。でないと、俺・・・」
雪菜 「・・・わかった。待ってる。」
00148


18歳 男性
といっても雪菜は、冬馬が傷ついていた状況が自分の立場に置き換わっただけだよ。


22歳 女性
スクールデイズのようにならなくても、心の傷のほうが痛むわ。


不明
守りたい、この苦しみ。


不明
雪菜は今後ずっと苦しみそうな気がするけどな。


不明
雪菜自身、自分が本当に欲しいモノが何か分かってない気がするのは俺だけかな。


不明
前回までで雪菜が捨てられることを恐れている事、そして、かずさと春希は相思相愛だと
彼女が認識していることがわかってた。お邪魔虫で終わるのを恐れたのか雪菜は春希に
積極的なアプローチをしかけた。(この状態で三人一緒に居られるという発想だけは謎だ)
0009000104
さてまずは冒頭から・・・心が痛んだよ。前半の1/3は予想より遙かに胸を締め付けられて
見るだけで辛かった。春希が積極的になったのは嬉しいけど、空回りばかりしていたから・・・
二人の関係が明確になる為に多大な痛みを伴った。彼は無意識にうちにかずさを傷づけた。
0054100542
次に中盤。ここで回想を挟んでくるのか。でも、これは確かに必要だったし、かずさと春希が
どうやって知り合ったのか理解することが出来た。二人はこうして認め合ったんだね。
ところでそのまま終わったのは良いけど・・・我々は誰かを忘れてないだろうか・・・?
0000700165
親友と彼氏がお互いに愛の告白を交わしている最中、誕生日1人座っているようなそんな
人物を忘れている気がする。まあ実際の所、これも「忘れ去られるのを恐れている誰か」
のための意図的な演出だろうね。あぁこれだけは書かなきゃいけないけど、二人の出会いは
0240502410
アニメ史上でも屈指のロマンチックな出会いだったと思う。それこそ終わり方によっては
ただ素晴らしいだけじゃなくて、お気に入りのラブロマンスに分類しなきゃいけなくなるな。


 不明
 重要なのは、春希が雪菜一人だと知らないって点だな。彼女もその事を偽っていたから
 仕方ないけど、それも彼がこの窮地に向かってしまう1つの原因になってる。
 (ああ、彼女は家族と楽しくやってるようだし、少しくらい遅れても構わないだろう・・・)とね。


 16歳 男性
 雪菜は初めから冬馬が来ないことを分かってて、春希と2人きりの夜を過ごすつもりだった
 と思う。ただ春希の方も冬馬を失いたくなくて「自分が居なくても大丈夫なはず」という発想を
 免罪符にしつつ冬馬を迎えに行ってしまった。彼自身そのことに罪悪感を覚えていたからね。
00176
春希 「ゴメン・・・ゴメン、雪菜。」
雪菜 「みんなで先に始めてて・・・か。("The rest of you can get started," huh?)」


不明
小木曽にとって「true tears」の乃絵よりも、優しい終わり方をすることを切に願ってる。
(あれも意見が別れるラストだけど、俺の中の乃絵は桟橋に行ったきり戻ってこなかった)


 usa_50 20歳 男性 アメリカ(カリフォルニア州)
 乃絵が破れたことについては、つい一年前に見たくらいの気持ちでいまだに腹立たしい。


 不明
 乃絵が負けたことは別に構わないんだけど
 比呂美があんまり出番もないのに、最後かっさらっていったのがいちばん謎だった。


 usa_50 男性 アメリカ(カリフォルニア州)
 「true tears」は比呂美が好きだったけど、それでもあの終わり方に胸が痛んだからな~
 乃絵が好きな人がどれだけ回復できずに恨みを引きずってるかよくわかる。
 ああ、このアニメも荒んでいきそうな雰囲気が・・・(揉み手しつつ)漂ってるね。
0021900230
冬馬 「どうしてここが?(What are you doing here?)」
春希 「曜子さんに会った」
冬馬 「それでか。(So that's why?)」   春希 「思ったよりずっといい人だった。」
00235


不明
結局、前回の冬馬はどこに飛んでたんだ?


不明
ピアノのテストのためにヨーロッパに行ってただけだろう。


15歳 女性
ガールフレンドの誕生日会を欠席しちゃう気なの!?>_>


canada_50 21歳 男性 カナダ
たとえ親友の誕生日でも欠席するなんて、死をもって償うしかないだろう!
春希の大罪に正義の鉄槌が下ることを要求する!


34歳 男性
北原が悲劇的に命を落として冬馬と雪菜がくっつく百合エンドが一番良い解決策だな。
0025400260
冬馬 「年取ったな、あの人も。昔みたいに周りを全部敵に回すようなパワーがなくなった」
春希 「見た目は化け物級に若いままだけどな・・・(She still looks unbelievably young.)」
冬馬 「あんな普通の母親をずっと憎んでたなんてな。なんか馬鹿みたいだ。あたし。」
00298


不明
しかし、親友を追いかけるためにガールフレンドに嘘をついて涙ながらに告白なんて
春希も中々酷いことするよね。彼の思いやりに満ちたイメージが崩壊する勢いだよ。


 usa_50 不明 アメリカ
 言いたいことはわかるけど、彼が雪菜のために買った贈り物を掴んだとき
 に見せた表情で明らかなように、自分がいかに愚かな事をしているか
 彼はよくわかってるからね。それに本来、彼が計画したとおり動いていれば
0038000387
 冬馬をパーティに連れ出せるはずだったし、雪菜も喜ぶだろうと信じていた。
 (事実、彼のガールフレンドへの嘘も、彼女を喜ばせるためなら相殺されるはずだった。)
 春希が良心の呵責を感じてなかったら、確かに責められるべきだと思うけど、そうじゃない。


  16歳 男性
  彼も苦しんでたのは明らかだったからな。電話を終えたときの悲痛さを見ても分かる。
  個人的にはむしろ本当に雪菜の為を思うなら、彼は今ここで冬馬を選ぶべきだと思う。
  彼の立場としては、もはやどう動こうとも誰かを傷つけることになる。
0040000408
  しかし、本当の自分の気持ちに素直に選んだなら
  それがいちばん綺麗に収まるだろう。
  彼はここで冬馬を失えば離ればなれになることを悟って、自ら会いに行ったわけだからさ。
00441
冬馬 「だから疲れてるんだって・・・だいたい、雪菜ならお前が居れば・・・」
春希 「そこで正直に話すんだ。来月から母親と一緒に住むって。ヨーロッパに行っちまうって」


australia_50 23歳 男性 オーストラリア
春希は冬馬への気持ちが捨てきれないから彼女の方に向かったわけだしね。


32歳 男性
すべて春希の責任かと言われるとちょっとそれも違うような。


23歳 男性
春希が言われがちだけど、それを言い出すと冬馬も同じくらいまずかったって話になる。
冬馬には伝える機会は幾らでもあったのに最終的に逃げてしまった。それこそ、彼女は
二人に気持ちを分かって欲しかったと言いながら、自分は伝える努力をしてないからね。


男性
率直に言って雪菜はこの状況を半ば予想してたように思える。かずさが春希にどんな
気持ちを抱いてるかわかってたし、春希がかずさを好きなんじゃないかと疑ってもいた。
ただ、雪菜の告白そのものが間違ってたかと言えば、そうでもないんだよな。
0046400468
冬馬 「で、母さん。」  「ぇ?」   冬馬 「他には何か言ってたか?」  「他って、どんな?」
冬馬 「そっか・・・それくらい自分で言えってか。優しくて冷たいな・・・
     (She wants me to tell you myself. That's kind・・・ but cold.)」
00502


不明
高校時代だと自分なら出来るはずだと過信して勢いですべてをぶち壊し
ちゃうことが当たり前にあるから、あんまり責める気にならないよね。(笑)


usa_50 29歳 女性 アメリカ(ペンシルベニア州)
みんな多少の問題は抱えてるわよね。


australia_50 25歳 男性 オーストラリア
今回のエピソードで俺の中で「WhiteAlbum2」は「True Tears」や「ef tale of memories」
と並んで、賞賛される作品になった。控えめに言っても見てるだけで喜びを感じるアニメだ。
このエピソードは特に感情を揺さぶられるけど、それは彼らの人間としての感情に正当性
0063000662
があるからに他ならない。車輪の表面がはがれ落ちるように蓄積された問題がここにきて
列車事故を引き起こそうとしてる。自分にとっては甘美な悲劇だけど・・・醜い争いになるね。
(注釈:英語では「お邪魔虫=third wheel=第三車輪」なのでそこに引っかけた表現です。)
00673
エレガントで悲劇的でそれでいて美しくて、言葉が出なくなった。今年のアニメの中でも
特にお気に入りだから二期が来ることを祈ってる。さもなければ、死ぬほど怒り狂うと思う。


australia_50 28歳 男性 オーストラリア
気になった事が1つ。冬馬がタクシーを呼び止めた後、春希が断るまではかまわない。
けど最低でも後部座席を閉めるくらいしても良かった。タクシー運転手はいつも不遇だ。


不明
なんで、タクシーのドア閉めないんだ!主人公の事が嫌いになったよ!


new_zealand_50 男性 ニュージーランド
いや、日本のタクシーは運転席から開け閉めできるようになってるから
乗客がドアを閉じなくても気に病む必要はないよ。
(注釈:殆どの国では乗客がドアを開け閉めします。)


不明
日本のタクシーのドアは自動化されてるんだよ。


不明
マジかよ・・・


男性
本質的にはバランスの問題だ。春希の心の中で雪菜の比重は軽いけど、かずさに対しては
重すぎて簡単に動けず、この大爆発に至ってしまった。春希と雪菜の関係が接近する前に
この段階に来ていれば何の問題もなかったんだけどね。
0070000710
春希が雪菜、冬馬の双方にとって大事な存在になったから、今後は苦しくなる一方だろう。
春希 「どうして俺の前から居なくなろうとするんだよ!どうして相談してくれなかった
     んだよ!俺ってその程度なのかよ!おまえにとって、そんなもんだったのかよ!」
0073500751


不明
春希は良くも悪くもお願いを基本的に断れない人物なんだよね。
逆に言えば、そこを雪菜に目をつけられて利用されてしまったんだけどさ。


不明
春希が重大な約束をしたのもでかかったね。


不明
でも、個人的にああいう約束の仕方はちょっとわかる。


不明
雪菜への愛に疑問を抱く前に、どうしようもなくなってたな。
ある意味、アララギが羽川を慕いながらも彼女と付き合わないのに近い。


不明
いや、アラララララギはひたぎとの間に愛を見いだしてるし
羽川のことも尊重しつつ後悔はしてないスタンスだけど、春希にそこまで出来ないだろう。


不明
そもそも、ロリ幽霊や自分の妹たちに性的な嫌がらせをすることに
何の良心の呵責も感じてない男を引き合いに出すのが間違いだな。
00779
冬馬 「ハッ・・・お前はその程度だよ。
     その程度だから何にも言えない。海外に行くことも私がどんな気持ちで居るのかも。」
春希 「友達じゃなかったのかよ!俺たち!」
00794


不明
春希は完璧超人ではないし、この作品にそんな人物は出てないけど
それ故にこのアニメは完璧になってる。


不明
その感想は実に美しいね。


女性
どんどん盛り上がっていくけど・・・
あぁ~原作をプレイしたい!日本語が読めたら良いのに!


不明
春希は「届かない恋(an unreachable love)」の歌詞を書いた時点でかずさへの
気持ちが決して実ることはないだろうと感じてたんだな。かずさの気持ちを知らなかった
というより、不可能だと決めつけてしまったせいで、この状態を招いてしまったわけだね。
0082400829
冬馬 「ふふ、言いたいことも言えない奴のどこが友達だ?」    「笑うなよ。」
冬馬 「馬鹿馬鹿しい。何が俺の前から居なくなろうとするなだ。」 「だから、笑うな!」
冬馬 「よくもまあそんな痛い台詞が言えるな。何様のつもりだ。」 「やめろよ!・・・」
00841


不明
それでどうしたら俺が冬馬に告白したとき、良い返事を返してもらえるんだろう。;_;


不明
君がお節介でうざったいノンケ委員長だったら可能性はある。じゃなきゃ無理だ。
00845
冬馬 「そんなのはな・・・親友の彼氏に言われる台詞じゃないんだよ!私の前から先に
     消えたのはお前だろう・・・勝手に手の届かないところに行ったのはお前だろう!」


不明
冬馬をあんまり虐めないであげて・・・


gbni_50 31歳 男性 イギリス
春希と馴染むのは、どうしても冬馬のほうになっちゃうな。
もともと雪菜が三人一緒に居たいと頑なに言いだしたのも
冬馬の気持ちが分かった上で春希と一緒に居づらくするための策だったと思えてならない。
00863
冬馬 「手が届かないくせにずっと近くに居ろなんて・・・そんな拷問思いついたのも
     お前だろ。それなのに何で私が責められなきゃならないんだ・・・
     毎日毎日心えぐられて・・・それが全部あたしのせいなのかよ・・・酷いよ・・・」
0087100917


不明
涙、美味しくいただきました。


24歳 男性
また忍者がタマネギをスライスしていったのか・・・(涙)
0098800994
春希 「勝手に空回りして・・・諦めきれなくて・・・情けなくて・・・(I thought it was
     all in my head, and I just couldn't give up・・・I just felt so pathetic・・・)」
冬馬 「何でそんな風に思い込むんだよ、どうして私の気持ちわかってくれなかったんだよ」
春希 「俺なんかに分かるわけないだろ!言ってくれなきゃ・・・わかるわけないだろ!」
00968


42歳 男性
異性に好意を持たれてる人間が別の異性に心動かされる。
いつだって人は傷つけ合ってる。それが人生ってもんだよ。
00976
冬馬 「なんでそんなに馬鹿なんだよ!勉強しか取り柄がないのか!お前は!」
春希 「そうだよ俺は馬鹿なんだよ!
     冬馬みたいな奴が振り向くはずもない詰まんない男なんだよ」

01033


usa_50 21歳 男性 アメリカ(ニューヨーク州)
ああ、人生だな。自分は三人の誰を非難する気もない。
何故なら三人とも混乱してしまっているだけで、本当に失敗を犯したわけじゃないからね。


26歳 男性
冬馬はずっと前から、春希の事を思ってたんだな。涙を流しながら
彼に告白したシーンは心に響いた。後ろで降る雪とBGMで相乗効果になってた。


24歳 男性
あぁはああああ!ぁあはあああ!ひぃいいい!俺が求めていたのはこれなんだよ!
最高に幸せな気分だ。もうそれ以上に語る必要もない。幸福の中にただ浸るのみ。
いやでもあの路上の冬馬と春希みたいなやり取りをこの手のアニメで見られるとは
0102801032
ホント思ってなかった。コレまで山ほど見たけど、2人のぶつかり合いが頭から離れない。
冬馬 「馬鹿のくせに勝手の思いを否定するな!私がつまらない男を好きになって何が悪い!
     (You are an idiot. So don't try to tell me how I feel!
     What's wrong with me liking a loser?!)」
01037


usa_50 40歳 女性 アメリカ(ハワイ州)
これはどうかと思う字幕を取り上げていいかしら・・・I Like A Loserってちょっと。o_O


usa_50 15歳 男性 アメリカ(ネバダ州)
彼氏と親友にすっぽかされたことを知った雪菜が沈黙で迎える瞬間が楽しみだ。


20歳 男性
冬馬がちゃんと思っていたことをぶつけてくれて良かった。
ただ、誕生日パーティーでひとりになってる雪菜の姿は心に刺さった。


不明
現実的な描かれ方も、ドラマとしても胸に詰まるね。冬馬を嫌いじゃないけど
自分は雪菜の春希への接し方が好きなんだ。彼女はいつも彼に優しく接していたし
普通の人として扱っていた。雪菜はいつだってチャーミングで身振りまで愛くるしい。
0277702788
その点、冬馬の周りへの接し方はやはり乱暴すぎた。これは「ツンデレ」とは違って
いつも春希に冷たく対応していた。それこそ、無視してみたりちょっと嘲ってみたり・・・
(勿論、冬馬のことは好きだけど、どちらを選ぶかと言われれば素直なほうがいい。)
00003
まあ、誰にも心を開いてない謎の少女が主人公に酷い仕打ちをするけど、実はそれが
愛情表現で最終的に結ばれるって言うのもよくあるし・・・自分も雪菜が傷つくことを
嫌がる反面、春希が板挟みになるのは好きだったりするから、これは脚本の勝利だな。
01058


不明
まったく同じ理由で自分も雪菜が好きだよ。


不明
春希もかずさも、雪菜がどういう形で二人を大切に思ってるのか理解してない気がする。


不明
根本的に三人はそれぞれ嘘をついてきたからね。


不明
なんか死にたくなってきた。


不明
他のアニメなら「主人公と既に知ってるヒロインの馴れ初め回想」なんて挟まれたら
割と本気でブーブー言うところだけど、WA2はちょっと普通じゃないからな。それこそ
二人のヒロインを両方応援したくなったり、同時に可哀想に感じられてることに感嘆する。
0122801249
今回一番好きだったのは冬馬が先生からどんな扱いを受けていたか分かるシーンだね。
みんな彼女を腫れ物や、道具程度にしか考えてない。
彼女自身の荒んでいる様子と同じくらい、周りの態度も生徒に対するモノじゃなかった。
0127401290
おかげで主人公を含めて彼女が周囲のモノをシャットアウトしてる理由がしっくりきたね。
これまでも仄めかされてたけど、何故彼女が母のことで顔を曇らせたり
ああいう態度を取ってきたのか明かされて嬉しかった。
0131701339
加えて、春希についても掘り下げられた。普段なら真面目さが取り柄な彼の人間らしい側面
葛藤を三角関係を通して描いた。単純に「二人とも好きだから選べない!」なんて導入より
遙かに哀愁に満ちたシーンを生み出してた。ああ、我々の未来にハッピーエンドはないのか!


 不明
 どっちも応援したくなるのがこの作品の強みだね。すべてのキャラが気になってしまう。
 皆それぞれにもっともらしくて好感が持てるけど、どうしようもない状況に突入してる。
 その中で最善を尽くそうとしても、彼らが人間的であるせいで悲劇は避けられないんだ。


 16歳 男性
 冬馬の長い髪が揺れる中、あの美しいピアノの音色を聞いたときから彼女を
 応援していたけどこの瞬間が来て本当に嬉しい。彼は冬馬の事が好きだったけど
 チャンスにも恵まれなくて、ずっと手の届かない存在だと考えていたんだね。
0137401382
 雪菜から告白されたとき正しい選択をしたと思っていたけど、冬馬が消えたことで
 抑えきれなくなってしまったんだな。彼女がどんな気持ちでいたか明かされた今と
 なっては二人はカップルになるにふさわしいと感じた。雪菜には心が痛むけど・・・
01420
春希 「冬馬、冬馬。悪いけどちょっと起きてくれ。」            冬馬 「・・・(眠)」
春希 「あぁ、ごめんごめん!冬馬かずさよな!?始業式からずっと休んでたよな?!」


canada_50 21歳 男性 カナダ
あの態度が彼女を輝かせてるね!こういう女の子大好きなんだよ!


25歳
冬馬は究極的に壊れてしまったツンデレ天使だな・・・いいぞ、この調子だ!
0142401489
春希 「じゃあ、次は書類の書き方な?ん?どうした?」
冬馬 「うざい。(You're annoying.)」
春希 「よく言われるけどコレは必要なことなんだ。俺がウザイなら一回で覚えてくれ?」
0151801521


22歳 男性
いやいや、ちょっと待って!ここで回想シーンって!本編を進めて欲しいのに!


21歳 男性
回想が本編ということもあるからね。;D


australia_50 18歳 男性 オーストラリア
冬馬と北原の出会いを描いてるわけだから、そのぶん来週捗るだろう!


32歳 男性
春希と冬馬がお互いを知るようになった経緯だから、かなり重要だよね。
01529
冬馬 「いい加減にしろ、お前。えっと~・・・」
春希 「北原春希、一応このクラスの前期委員(class rep)だ。よろしくな?」
冬馬 「・・・触るな!」   春希 「手荒い歓迎だな。(That's a pretty violent welcome.)」
01546


20歳 男性
春希と一緒に過ごしてた冬馬が見られると思ってなかったから、心臓に負担が・・・・ぐは!


不明
親志ってもしかして唯一、3人の関係に中立的な立場の人間なのか。


不明
彼だけ春希の事を考えてくれそうだな。
0171001733
親志 「うぜんだよ、北原!実行委員の俺をシカトして勝手によ!」
春希 「早坂がいつまで経っても動かないからだ。
     ミス峰城は四月から動き出さないと絶対に間に合わないぞ。」     「んだとぉ!」
01791


usa_50 24歳 男性 アメリカ(ケンタッキー州)
WA1と同じような終わり方をしそうな気がしてきたな。
あの主人公も周りに女を沢山抱えてたけど、他の女の子にうつつを抜かして彼女を
ないがしろにするんだよ。彼は色んな人をフって結局戻ってくるみたいな骨子だけど。


不明
流石にWA1と比べるのは色々無茶だと思うぞ。
あれは舞台が大学で、主人公は習慣的にほとんどの女性キャラを抱いてたから。


usa_50 21歳 男性 アメリカ(ミネソタ州)
私と共に雪菜船に乗っていらっしゃる数人のみなさんへ
カップリングを共にできて光栄です。 (注釈:画像は映画「タイタニック」より)
hRyED5H


 poland_50 21歳 男性 ポーランド
 いや、数十人は乗ってると確信してるよ。ちょっと元気がないだけで・・・いるよね?


 usa_50 男性 アメリカ(カリフォルニア州)
 冬馬を愛でつつも、この船に残ってる。今後の針路は彼女がどれだけ必死になれるかに
 懸かってるね。まぁ、どちらにしても険しい航海になりそうだけどさ・・・(乗員の多くは負傷し
 主砲は現在修理中、これ以外の攻撃に晒されたとき、艦長が船を放棄しないよう願ってる)


 不明
 雪菜船、一等航海士の日誌:55日目
 この海域に入ってから我々の心を反映するように海はずっと霧に覆われている。流石に
 針路を変えることはできないが、晴れ間の見えない航路に乗員の心は荒む一方のようだ。
01832
 この陰鬱な空気の中になにか希望を見いだせないかと、ありもしない奇跡を祈ってしまう。
 我々に今できるのは寄り添いあうことだ。このままの状態で1週間を耐えるしかないだろう。
 いつかここに心躍る話を書き記せたら良いのだが・・・
0184001861
 春希 「だから俺は実行委員じゃないから決定権はないんだって。」
 親志 「んな、堅いこと言うなって、単なる参考意見だよ!」
 春希 「うざいんだけど、親志・・・(You're being annoying, Chikashi.)」
01867


不明
元雪菜船の乗員だけど・・・
もうどうすれば良いのか、自分の気持ちが分からなくなった。(笑)


不明
きみ、武也船って興味ある?


不明
春希を盗まれたことで武也は悔しがってるんだが
もしかして原作には彼のルートもあるのか?是非、やりたいんだけど。
01892
武也 「どんだけ馴れ馴れしいんだよ(How friendly can you be)!?早坂親志~!」
依緒 「ていうか、なんでそんなに悔しそうなわけ~?」


canada_50 18歳 男性 カナダ
冬馬の過去回想でこの話は完成されてる。
いま俺も船を乗り移ろうと思う。じゃあ、冬馬船!よろしくお願いします!


不明
(パイプを嗜みつつ、水平線上を眺めながら優雅に指示を出す)
やあ!栄誉ある乗員諸君!20分にわたり我らが淑女の心情が明かされ
もはや勝利は約束されたも同然だ。見よ。これが輝かしき日々である!!
0193001942
・・・この気の抜けた表情とツンデレさえあれば、地球の果てまで冬馬船は進むだろう!
諸君、我々の夢はいま目前に迫っている!冬馬船は小木曽台風の弱体化に成功した!
(小木曽の誕生日がフイになったのは気の毒であるが)全速前進!我らの旅を続けよう!


 不明
 艦・・・艦長。乗員は眠れないようです。暴風に打ち勝ったという事を信じられずにいます。
 海も航海するものが去るのを惜しむように、痛みと苦悩に身を震えているようでした。
 窓を通して我々をうらやんでいるようで・・・我らが淑女の勝利と、艦長の指揮に栄光あれ!
0196401983
 (しかしどうしても、勝利の余韻に浸るのが怖いのです・・・)
 春希 「とりあえず適当で良い。書いてるときも覗かない。だから・・・って捨てるな。
      ほら、ちゃんと書け~今日中に書いてくれないと家まで取りに行くぞ!!」
0200902021


不明
冬馬船に乗ってるんだけど、これが誕生日に起きてしまった雪菜は素直に気の毒に感じる。


不明
正直に告白すると今回は雪菜の存在が頭から消えていた。冬馬のやり取りで興奮しすぎて
考える暇もなくなり、雪菜が好きになった理由が分からなくなるくらい揺さぶられてしまった。


不明
同じく、最後まで雪菜が頭から抜けていた。
コレばかりは仕方ないと思うけど、雪菜はまた一人ぼっちになる恐怖を味わうのかな。


16歳 男性
この状況で彼女はどう動くんだろう。雪菜と春希が付き合い続けるなら冬馬と一緒に
過ごすことは出来ない。逆に春希と冬馬が付き合う(go out together)場合、すべては
雪菜次第になって愛する人たちと一緒にいられるだろうけど2度と春希は手に入らない。
02026
雪菜が一人っきりになることを恐れているなら、とるべき手段はどうなるだろうね。
春希 「記者?冬馬んちってなんか有名なのか?」    「お前・・・」  「何だよ。」
冬馬 「はぁ・・・そんなにしつこいくせに何も知らないんだな。」  春希 「何が?」
02102


不明
今更だけど、冬と雪がヒロインなことに気付いた。


不明
そして、主人公が春なんだよね。


gbni_50 28歳 男性 イギリス
春希には二人とも失う可能性も出てきたような気がする。


netherlands_50 男性 オランダ
自分が三角関係モノが好きになれないのは正にコレなんだよ!もう、ハッピーエンドが
消滅したといえる状況。愛する人を選ぶのは自然なことで冬馬を責める気にもなれない。
0213802144
冬馬 「言っておくけど、お前の言うことを素直に聞いてやるのはコレで最後だ。」
春希 「そっか。じゃあ、俺も素直に引き下がるのはコレで最後にするよ。」
冬馬 「誰がいつ引き下がった!はぁ・・・馬鹿か、お前は・・・     ふっ」
02165


不明
冗談みたいに酷い教師だな。


usa_50 21歳 男性 アメリカ(ニューヨーク州)
この作品って設定的には結構広がりそうだけど、不思議と一定の道筋も見えてくるね。
端的に言えば冬馬×春希の関係を脅かしながら、二人と友情を維持する雪菜みたいな。
彼女は一貫してこの奇妙な路線にひた走ろうとしてる気がする。
0222702237
冬馬 「ちょっと待って今日呼び出されたのって私の成績の話だろ?委員長は関係ないだろ」
先生 「とにかく、もうこれ以上周囲に迷惑掛けるな。話はそれだけだ。帰って良い。」
冬馬 「あたしは何もしてない!あっちが勝手に話しかけてくるんだ!」  「なら、無視しろ。」
02274


不明
今回の冬馬はやたら綺麗さが引き立ってた気がする。


不明
来週、確信を持ってすべて吹き飛ぶと断言できる!冬馬は北原が手の中からすり抜けて
いった事への思いを涙ながらに告白して、北原も自分が彼女にふさわしい人間じゃないと
思っていて、好かれているなんて思いもしなかったことを明かした。
02354
北原は雪菜のことも思ってるけど、それはあくまで冬馬が振り向いてくれなかった前提で
の話だな。二人が流した涙には、挑みもしなかったことへの後悔の念も含まれてるだろう。
もしも今までお互いに少しでも素直であったならば、二人は一緒になってただろうな。
02368
このままいくと皆が傷つく終わりかたをしそうだな・・・勝者は存在せず、涙だけが残される。
冬馬 「このへたくそが・・・もうちょっとだ(You're a horrible guitarist. Just a little more・・・)」


不明
いや、もうそこそこ爆発してるだろう!
来週はドラム缶から、ガソリンスタンド、ダイナマイト工場まで誘爆が起きそうだけどね。


不明
三人が良い友達であるか、複数恋愛(polyamorous)なら三角関係である必要ないよね?


不明
よし、それ採用しよう。


usa_50 25歳 男性 アメリカ
つまり、窓事件よりも前に冬馬は北原への思いを募らせていたのか
・・・これは彼女も春希の権利を主張できるって事かな?(笑)
0244502495
春希 「いや、冬馬こそ・・・休みじゃなくてもあんま学校来ないくせに・・・」
冬馬 「あ、それはただの反抗だ。教師の言うことを素直に
     聞くなんてそんなの不良のする事じゃないからな。」  「なに言ってんだ、お前?」
0256902579


canada_50 18歳 男性 カナダ
ああ、春希はすでに冬馬のモノだったのか!


不明
いや法律的に考えれば、春希の所有権ははじめから雪菜にあった。


不明
日本では奴隷は許可されてないよ。誰かが誰かを所有することは出来ない。


不明
君は日本のサラリーマンについて聞いたことがないのか?


不明
今回の教訓:ツンデレはデレが遅すぎると意味がない。
        (Tsundere doesn't work if you dere too late.)


usa_50 不明 アメリカ(メリーランド州)
やっぱり適度なコミュニケーション能力って大切だ。
0000400006
冬馬 「貸せ(Give me that.)」
春希 「え?」
冬馬 「それ、貸してみろ。(Let me see that.)」
02636


参考:だったらまずは雪菜に伝えろよ
    メールで良いからさ。

    (Then tell Setsuna first.
     Even a text message is fine.)



WHITE ALBUM2 -幸せの向こう側-(通常版)