05640
Where Did I Go Wrong?



以下、ANSMAL、Reddit、Random、4chan、CRより引用。(公式に海外配信中。)


 21歳 男性 イギリス
ここまでどのキャラにも感情移入してしまう物語もそうないな。とんでもないアニメだ。

コー  「本当にいいのか?ウェンガ。無理して1人残ることないぞ?
     (Are you sure about this, Wenge?You don't have to stay here alone. )」
チャ  「まあ、流石に合わせる顔ないしな・・・
     (Well, id feel ashamed to show my face there anyway・・・)
     それに建前とはいえ、一応あの弱小卓球部を強化するために雇われたんだ。(Plus,
     I was hired to beef up that weak little club, even if that wasn't the real goal. )」




不明
ウェンガはまだ卓球を続けるんだね。良かった、希望が残されてるぞ!


 不明 中国
コン・ウェンガ、彼は強い男だな。


不明
チャイナがペコかスマイルと友達になったりしないかな・・・?

チャ  「コンニチハ。サヨウナラ。アリガトウゴザイマス。フフ、うまいだろ?
     (I sound good, right?) 唯一の救いは風間が世界でも優勝してくれたことだ。
     アイツがインハイで負けてたら、魔女に頼んでカエルに変身してた所だ。」

コー  「ハハハ。寂しくなるよ、ウェンガ。(I'll miss you, Wenge. )」
チャ  「オレもさ。(I'll miss you, too. )」




不明
風間がユース五輪に勝ったってことは
並み居る中国人を抑えて、彼が現在世界最強なんだろうか。


不明
早熟の天才が必ずしもプロレベルで活躍できるとは限らない。伸びしろ次第だよ。


不明
基本的に中国の「トップジュニア」は16歳までには大人のプロたちに混ざって大会
に出てるから、ジュニア大会で必ずしも競い合うとは限らないんだ。(今、卓球世界
ランキング5位の樊振東も17歳だからね。)

ドラ  「団体、ダブルスではいま一つでしたが、シングルスでの優勝には満足しています。
     しかし、私が一番憂いているのはわが母校、海王のことであります。今、チーム
     全体の総合力は確実に低下しており今後我々海王学園高校が以前のように盤石を
     誇るには片瀬高校の月本選手レベルのプレーヤーが必要不可欠です。」




不明
川澄さんの声がたまらない。

百合 「おめでとう。竜ちゃん凄いね。えみ子伯母ちゃんもすっごい喜んでた。連絡した?
     (Congrats!You're amazing, Ryu. Auntie Emiko was so exited!Did you call her?)」
ドラ  「いや。(No. )」
百合 「してあげなよ。凄い喜ぶ。お客さんにいつも竜ちゃんの切り抜き見せてんだって。
     ・・・おうち?(So, home?)」
ドラ  「いや。まず、じじに挨拶したい。(No, I want to say hello to the old man first. )」




不明
名前は呼ばれるまで、長く伸びた髪、日に焼け、太りぎみな彼がペコだと気付かなかった。


不明
彼の場合、声ですぐわかったよ。中の人も良く馴染んでるからね。


不明
オレの耳は使い物にならないけど、なんとなくペコじゃないかとわかってたよ。
(部活に出てきて初めて、確信が持てたけどさ。)

ペコ  「高っ(That's pricey. )」
女子 「全然、安いよ。(It's totally cheap. ) リゾートビーチ行ったら倍以上するよ?」
ペコ  「いらなくね?(You sure we need these?)」
女子 「パラソルなしじゃ、30分で黒焦げになっちゃうよ。チェアーも絶対ね。
     (I'll burn to a crisp in half an hour without a parasol. And chairs are mandatory!)
     もう砂まみれになっちゃうよ。ねえクリーム塗って。(Hey, rub my lotion on. )」
ペコ  「ちょっと待て。(One sec. )」
女子 「何それ超ウケる。すごいひび入ってんだけど。
     (Wow, that is seriously funny. Your whole screen's cracked!)」




不明
おいおい、ペコになにがあったんだよ!まるで海男の兄弟みたいだぞ。


不明
彼は一度死んでポコとして生まれ変わったのさ。


不明
海さん(Umi san)が苦しんでないだと。


不明
海さん(Umi san)が山さん(Yama san)になるかどうかみんなで話し合おう。


不明
山貴(mountain bro)が出てきたことに歓喜した。

ペコ  「兄ちゃんこっち(Hey mister, over here!) 江上 「あ、はい。(Ah, yas, sir!)」
ペコ  「注文お願い。(Order for me. )」
女子 「えっ?(Huh?)      江上 「何にしましょう?(What would you like?)」
女子 「いらないわよ。(I don't want that crap. )」
江上 「え、はあ?(どうにも海にも水が合わねえってか・・・山行ってみるか)《I guess
     the sea doesn't agree with me either・・・Maybe I'll go to the mountains・・・》」




不明
山男には来週も出番があるんだろうか?


不明
できれば彼には本筋に関係なく毎回出てきて欲しい。


不明
同意見だわ。


不明
彼で外伝を作って欲しい。


不明
海さんが山さんになって、次に彼が行くのはどこだろう?



不明
どう考えても森だろう。


不明
当然、月だね。


不明
彼の声のトーンが普段と比べて心の声になったとき低くなるのがたまらなく好き。


不明
海男が海を去ったあとでも、ペコだけが浜辺に取り残されてくすぶってるんだな。



不明
ビーチパートはペコが彼の人生と同じように意味もなく漂ってることを的確に示してたな。


不明
彼は自棄になって海に浮かんでるけど、波によってすぐに浜辺に押し戻されちゃうんだ。

卓   「まずいな、竜一。まずいだろう。(This bad, Ryuichi. You know it is. )」
ドラ  「おす!申し訳ありません!(Yessir!I'm very sorry, sir!)」
卓   「お前がホントに海王のことを憂いているのは分かんだけど
     インハイでぼろ負けした連中はまだ立ち直っちゃいねえんだし。
     キャプテンが他校の選手ばかり気にしているってのはどうなんだ。」
ドラ  「申し訳ありません!(My apologies, sir!)」




不明
どうしたら、スマイルのスマイルが見られるんだろう。


不明
くすぐる。


不明
いやらしい・・・

猫田 「ロボットみたいなやつらしいで。にこりともせえへんって。」
真田 「月本いいよったか?ともあれ風間のことやけん、迂闊に口滑らせよった
     わけじゃなかろうね。本気でその七三メガネば、うちに引き込む腹ばい。
     (Anyway, if I know Kazama, that wasn't some careless slip.
     he's planning to get that four-eyes with the parted hair on our team. )」
猫田 「せやろな。(Probably so. )」




不明
白髪に不意打ちを食らった・・・


不明
正直、最初「前に見た回想?」って思ってたから、電車のくだりには完全にやられた。


不明
コンが田舎から出てきたときの回想が補完されたね・・・あのあと彼は泣いてたんだな。


不明
色んな理由から、電車内で泣いてるウェンガに心をえぐられた。



不明
チャイナも苦しんでるし、オレも苦しい。母とは数ヶ月顔を合わせてないから。;_;


不明
オレは去年母を見送ったから、ちゃんと会えるうちに会っといたほうがいいよ。


不明
チャイナの列車シーンに打ちのめされた。


不明
これはホントに予想してなかったから涙目になった。



不明
こんな気持ちになりたかったわけじゃないのに!今回、ちょっと悲しすぎるよ!


不明
チャイナを強く抱きしめてあげたい。


不明
彼が母に会いたがってるから尚更ね。;_;


 不明 中国
こころにぽっかり穴が空いた気分だ。悲しすぎる・・・(涙)

小泉 「今日も例のおかっぱ、来とらんね。
     (Your bowl-headed friend didn't come today, either. )」
スマ  「入りましょう。体ひえますよ。(Lets go inside. Well get cold. )」
小泉 「うーん、ああ・・・そうか・・・うん。(Hmm?Ah, right, yes. )」




 不明 中国
才能ある人にとってはどれほど頑張ったかとか
それで稼いだ分なんてどっってことない差なんだよなぁ。


 15歳 男性 トリニダード・トバゴ
こうもやりきれない気分にさせられるとは。しかし、ペコはたばこ吸うんだね。
興味深いポイントだった。あと、スマイルがますます無慈悲になってるような。:(

小泉 「ハロー・エブリバディ。集合したかね?(Hello, everybody. Are you all here?)」
ペコ  「メッス!(Oy-yo!)」         スマ  「少し太った?(Put on some weight?)」
ペコ  「買い替えた眼鏡のせいでそう映るのよ」   
「お菓子(Junk food)の食べ過ぎ。」
ペコ  「俺のポリシーだ。(It's my policy. )」     「たばこも?(The cigarettes, too?)」
ペコ  「えっ?(Huh?)」



不明
早くいつものペコが戻ってきて欲しいよ。黒くて太ったペコは好きじゃないからね。


 不明 中国
ひとつひとつの台詞が強烈なうえにゾクゾクくる。

真田 「ちょっと待たんかい、コラ。そげん話聞いて佐久間がどげん思うば
     しよろうかのう。ああ?わしらと苦楽ば共にしてきよった、佐久間がのう。」
ドラ  「その憐憫がわが海王卓球部の名門復活にどう役立つのかと問いたい。世界で勝てる
     プレーヤーでなければインハイをも制することはできない。旧態依然、危急存亡。
     じき冬が来る。(Clinging to old ideas in a time of crisis. Winter will come soon. )」




不明
当初、分割演出があまりに多すぎて効果が弱まっていることが
あったけど今回はその辺、ちょうどいい案配になっててると思う。


 19歳 男性 イギリス
負けたら卓球部から追い出されるのか?個人的にはどってことないようにも
思えるけど、スマイルを除いた全キャラにとって卓球は人生そのものだから
退部はすなわち死刑宣告と変わらないんだよな。

卓   「いずれはマネジャーにでもと思って渋々とったんだが、こいつが十やれと言えば
     百でも千でも続けるような男だった。しかし、卓球は素質が大きく物言う競技だ。
     竜一を目指すには無理があり過ぎる。でも、父さんそいつが好きでな。かわいくて
     仕方なかったよ、ホント。今のチームにしても同じだ。確かに全盛期と比べれば
     戦力は劣るが俺は愛している。できれば竜一にも同じ気持ちであってほしいんだが。」
百合 「なかなか難しいね。思ったとおりにいかないなんて。
     (It's pretty hard when things don't go your way. )」




不明
ウェンガと同じくように、佐久間にもカムバックを果たして欲しい。佐久間が電車を
降りるときも、歌舞伎の囃子(the Kabuki chanting)を受けつつ、武士のイメージと
クロスカッティングされていたね。あそこは極めて洗練されたアニメーションだった。


 34歳 男性 トルコ
銀魂ネタがあったね。


不明
あったか?


 女性 カナダ
武士のイメージは新撰組ね。私は銀魂が好きだから、あの新撰組ネタも最高だった。
海王のコーチが近藤、風間が土方とすると綺麗に当てはまるわ。
でも、佐久間が沖田って言うのはちょっと皮肉が効いててる。
なぜなら、彼は飛び抜けた技術を持っていたけど・・・佐久間は違うからね。

アク  「ええ。負けでもしたら即退部になります。」
小泉 「聞いたか、ミスター?新撰組みたいよ。近藤勇も許可してないのかね?」
アク  「土方にも告げずに来ましたよ。(I didn't even tell hijikata I was coming. )」
小泉 「切腹覚悟というわけだ。OK。Mr. 沖田。われわれの時間を少し君に
     プレゼントするよ。15分で済ませてくれ。残りのメニューも消化したい。」
スマ  「分かりました。(All right. )」      アク  「上等。(Bring it on. )」




20歳 女性
銀魂ネタね。


不明
新撰組は日本史の中で実在した組織だよ。(英語版Wikipedia:新撰組)


usa_50 22歳 男性 アメリカ(ワシントン州)
既に言われてるけど、べつに銀魂ネタではないからね。


australia_50 18歳 男性 オーストラリア
いや明らかに銀魂ネタだよ。近藤、土方、沖田って名前が他にいるなんて偶然が過ぎる。


usa_50 22歳 男性 アメリカ(ワシントン州)
おちょくってるのか?先のリンクを見てくれれば彼らが実在した人物だとわかる。
それに銀魂ファンなら人気投票回でそのことにも触れられてるからわかるだろう?


australia_50 18歳 男性 オーストラリア
やっちゃった。リンク先をみてなかったよ。オレは馬鹿みたいだ。無視してくれ。

アク  「ちっとばっか風間さんに気に入られてっからって調子くれんな。
     (Don't get a big head just 'cause Kazama likes you a little bit!)
     お前の連勝記録も所詮止めマン相手のアソ卓にすぎねえよ。井の中の蛙が水遊び。
     (Your winning streak is in just-for-fun ping pong with a bunch of slugs!  
     you think you're a man, but you're splashing around in the kiddie pool!)」
スマ  「いくよ。(Here I come. )」




不明
卓球のハードコアさを余すところなく感じさせてくれるアニメだな。


不明
卓球は(回転、高さ、コントロール、スピードなど)打ち出した時点でどんな風に
返ってくるかあらかじめ「知っている」ような域でプレイするスポーツだからね。
そういう水準に達する為には、精神面も含めた鍛錬と犠牲が必要になるんだ。


不明
競技カルタを思い出す。アレもはじめ、多くの人が真剣に
受け取らなかったけど、様々なスキルと強固な意思の必要とされるスポーツだった。


不明
あらゆるスポーツにおいてプロレベルで競ってる人はみんなハードコアだと思うんだ。
むしろ、普段軽い気持ちでやるような卓球と同じようなもんだと考えてしまう人が居る
のが疑問なくらい。


不明
「卓球」という単語に対して「ガチなスポーツ」をイメージする人は少ないからな。気軽
に出来る分、その背後に戦術、フットワークなどの奥深さがあることには気づきにくい。

アク  「ちったぁ、成長の跡が見られるじゃねえのスマイル君よ。ヒヒヒ。
     (Hey, smile, It's almost like youve gotten better!)」
部員 「やるな、あいつ。月本の3球目返したよ。」
部員 「やっぱ、海王は違うな。(That's kaio for you. )」
アク  「チッ。」
主審 「ラブツー。ラブスリー。フォーラブ。イレブンワン。ゲームトゥ月本。」
アク  「スマイル、てめえ・・・(Smile, you bastard・・・)」




不明
世間のイメージ的には「反応速度とコントロールは凄くても、何時間もプレイする
わけでもないし、重い怪我することもないでしょ?」くらいな感じだろうからなぁ・・・
それに中国人選手に上位を寡占されてることも(また彼らは他のメジャースポーツで
活躍する機会が少ないことも)卓球のイメージ的に足を引っ張られてる部分だろうな。


不明
ダーツは間違いなくハードコアじゃないけどな。


不明
でも、ダーツを題材にアニメを作ったら確実にハードコアに仕上がると思う。


不明
待て、ダーツも歴とした国際スポーツだよ。
(ESPNでは他に放送するモノが無いとき、穴埋めとして流れてるような印象だけど。)

アク  『あんな単純な回転に引っ掛かんなよ。ボケ。(Moron. )』
ペコ  『うぉーい、アクマやい。スマイルたたくなよ(Hey, Akuma!Don't hit Smile!)』
アク  『でも~よペコ、こいつってば全然駄目なの(But Peco, he just keeps suking. )』



不明
スマイルと戦った相手が次々卓球をやめたがってるけど
相手に最大限の屈辱を与えていたぶるのが彼のプレイスタイルなのか?


不明
スマイルの虚無さにみんながあてられてるだけだよ。


不明
彼は卓球のことをなんとも思ってないことを覚えておいて欲しい。
対戦相手の命そのものと言えるスポーツが彼にとってはただの趣味なんだ。


不明
彼は相手より優れてることを示してるにすぎない。無論、鼻歌交じりに倒された相手は・・・

アク  「(いったいどこで間違えた?いったい何につまずいた?)
     《where the hell did l go wrong?What tripped me up?!》」

医者 『ひどい乱視だね、学君。』          アク  「(どこで間違えた?)」
医者 『これからは目が疲れたら遠くを見るよう』 アク  「(何につまずいた?)」
父親 『この子は私と違って目がいいんだ。ほら学、あれをご覧?違うよ、学。
     あれはポッポ(A choo-choo)だよ。ブーブ(A beep-beep)とは違う。』




不明
今回の話で佐久間が気の毒になったのってオレだけか?


不明
というか、今回は色んな人を不憫に感じる話だったと思う。


不明
スマイルがチャイナには勝ちを譲って、ここではコテンパンにしたのってなんでなんだ?

アク  「(どこで間違えた?)」
ペコ  『俺、高校はねったらヨーロッパ行く構えよ。)」
ドラ  「おう、佐久間が先鋒か。期待してるぞ。
     (You're our vanguard, Sakuma?!I look forward to. )」

アク  「(何につまずいた?さあ、学。そこから何が・・・ストレート?いや!)
     《Come on, manabu・・・What can you see・・・?Straight?No!》」




不明
スマイルはチャイナに敗れたことが意味をなさなかったことで
相手に勝たせる戦い方をやめたのだろうか。


不明
だと思う。彼は正直でいようと決めたようだけど
それは佐久間にとってあまりにも苛酷な方法だった。


不明
スマイルは真実を語っただけなんだが、真実とは時に非情なモノだからね・・・
特に佐久間のように認められたい、高みに登りたいと思ってる人には尚更さ。


不明
実際、佐久間が卓球に向いてないことを自覚させない方が酷だと思うんだよ。
続けてた場合、年を経るほどスマイルたちとの差が開く一方になるわけで・・・
それなら、ウェンガと同じく残りの人生で他に得意なモノを見つけた方がいい。

アク  「畜生!どうしてお前なんだよ!?いったいどうして!?俺は努力したよ!お前の
     10倍いや100倍、1000倍したよ!風間さんに認められるためにペコに勝つために!
     それこそ朝から晩まで卓球の事だけを考えて!卓球に全てを捧げてきたよ!なのに!」
スマ  「それはアクマに卓球の才能がないからだよ。単純にそれだけのことだよ。大声で騒ぐ
     ほどのことじゃない。(That's all it is. It's not something worth shouting about. )」




不明
アニメで才能vs努力の図式になることってやたら多いのは何故?


不明
むしろ競い合うなかで努力と才能のせめぎ合いにならないことの方が珍しくない?


不明
スポーツに携わってれば、いつだって出てくる問題だからな。


不明
才能も大切だけど、トレーニングをしなければ意味が無いんだよ。ペコはスマイル
より才能があるけど、訓練を怠った結果、アクマにぼろ負けしちゃったわけだから。


不明
努力と才能のぶつかり合いは競争著しい世界で特によく現れる問題の一つだからな。
どれだけ努力を重ねていようとも、圧倒的な才能の前にはまったく救いがないほどに
あっさりと敗れ去ってしまうことが往々にして起こる。

そしてこれはスポーツにおける最も歪な部分であるけれど、どれだけ努力を重ねても
その壁が絶対に乗り越えられないことに気付き、心が折れてしまう時が必ず来るんだ。
よく言われるように「どれほど君が得意にしてても、必ず君より得意な人がいる」からね。

アク  「ふざけんな・・・そんなことあるわけ・・・(Bullshit. That can't be・・・)」
スマ  「試合続ける気ないなら帰ってほしい。僕もそれほど暇じゃない。(I'm a busy man. )」
アク  「そんな・・・そんなはず・・・(No・・・It can't be・・・)」




不明
そしてそれは、オレがひとつの趣味を数ヶ月以上つづけることができない理由でもある。


不明
(我々が卓球の才能に目覚めることは決してないのだ・・・)


不明
佐久間の中の人も信じられないほど輝いてる回だった。


不明
気持ちが沈みまくってる。佐久間のその後が、あまりにもやりきれなくて・・・彼は素敵な
マネージャーやコーチになれたかもしれないのに。卓球をやめちゃ駄目だ。頼むよ佐久間。

男性 「いってえな、ガキ!どこ見て歩いて・・・うわぁ!
     (Ow!Do you even look where you're walking, jerk?!)」
アク  「うるせえ!どこ見て歩きゃあ褒めてくれんだよ!えぇおい!答えてくれよ
オラァ!
     何見て歩きゃあよ!(Shut up. You gonna compliment me if I do?!
eh?!
     Well?!Come on, answer me!Where should I look when I'm walking?!)」




不明
今回のハイライトは最後のシーンだよな。隠喩の使いかたが素晴らしい。


不明
星野のラケットが月の脇を沈んでいく。(星野は「star」、月本は「moon」なんだよね。)


不明
ペコが自ら望んで沈んでいくなら、そのままにしておくのがいまのスマイルだからな。



 24歳 男性 ドイツ
登場人物の心の動きをここまで繊細に描いてるアニメも珍しいな。


不明
新バージョンのEDテーマいいよね。全般的にBGMが気に入ってる。


不明
EDのリミックスが沁みるよ。

ペコ  「悪いな相棒。成仏してくれよ。(Sorry, partner. Rest in peace, yeah?)」


参考:アリガトウ、ゴクロウサマ。(Thank you, sir. )






ピンポン(3) (ビッグコミックス)