01577
The Strong Three



以下、AnimeSukiMAL、Reddit、4chan、Crunchyrollより引用。(公式に海外配信中。)


 21歳 男性 フィリピン
(CRの)サムネだけで悪夢にうなされそうなんだけど・・・



20歳 男性
サムネが恐ろしすぎる。


 31歳 男性 カナダ
御堂筋は悪夢が具現化したような存在だよ。画面に彼の目が映るたびに
お風呂にでも入って、何か可愛いものを抱きしめたい衝動に駆られる。


男性
いままでこのアニメを見たことなかったけど、不気味な顔してるキャラが気になって
見にきてしまった。そしたら意外と話にも惹かれてるから、1話から見てこようと思う。
(ほんと、あの不気味な彼が大好きだよ。)

巻島 「後方の集団で脚をためてゴール狙いに飛び出すのはレースの定石っショ。
     (Saving your energy in the pack and kicking for the finish is formulaic.)
     だがギリギリすぎる。あのタイミングじゃ余裕がなさすぎるっショ。
     (But he's cutting it too close. He doesn't have enough time.)」

田所 「判断ミスか、それとも元々3位狙いか?」  「だといいけどな。(I hope so.)」
坂道 「強いです。京都伏見御堂筋くん・・・あの人は、あの人は強いです。」




18歳 男性
いつからあったのか知らないけど水着シーンが最後にあることに気付いた。素晴らしい。


男性
あの軟体人型少年が好きになれない。


 22歳 女性 アメリカ(ミネソタ州)
御堂筋は居るだけで私の背筋を凍り付かせてるわ。>.<

御堂 「予定通りやん。レースに勝つ為に必要なものはなんやと思う、弱泉くん?(Just
     as planned. What do you think you need to win races, Weakizumi-kun?)
     それはな勝利の事だけ考える事や。(It's a focus on winning.)ゴールの位置、地形
     距離、人数、実力、速度を計算してそれだけ狙って走る事や。ボクはなこのレース
     くだらないファーストリザルトや、山岳リザルトははじめから捨てとったんよ?」

今泉 「くだらないだと・・・くだらなくはない!(Worthless?They're not worthless!)」




french_50 20歳 フランス
一瞬、今泉は御堂筋のお尻に昇竜拳を喰らわすつもりかと思った。(笑)


不明
彼は大きいギアを使わないように自らの指を覆っていたわけだけど
これだけは言わせてくれ・・・べつにそこまでする必要ないでしょ!


不明
だよね。実際、色んな地形で(下り坂なんかで)ギアを
アウターにできなかったのは面倒くさかっただろうな。


不明
シフトレバーを操作できないようにするなら、もっと多くの指を縛らないと意味ないような
それこそ二本を縛っただけだと、ほとんど一本の時と変わらない感覚で操作できちゃうよね。


不明
あれは頸椎カラーみたいなもんで
実際に物理的に固定すると言うより、それを意識するための象徴みたいなもんなんだよ。

御堂 「ああ、あとつけ加えるなら(Also, if there's one more thing,)
     自分のとっておきは最後の際まで見せたアカンということやな。
     (it's keeping your tricks hidden・・・until the end of the race.)」

今泉 「アウター!?まさか封じてたのか、いままで!
     (He's shifting to an outer gear?Has he been holding himself back?)」




不明
御堂筋の驚くほど長い体躯で、自転車へ乗ることについて色々ツッコミ所があるけど
あの身を大きく乗り出すスプリントスタイルまでいくと、前方に投げ出されそうだよね。


不明
前輪に殆ど体重が乗ってる形だから、後輪駆動の効率を下げるだけになってる気が。


不明
プロまではいかないまでも、俺と友人は真剣に自転車に取り組んでるんだが
・・・ちょうど乗りに行く前に二人でこの話を見て、あの乗り方に笑いまくったよ。
でも、俺達は彼の乗り方が気に入ってるんだ。


男性
アニメではものすごく誇張されてるけど、実際小さいフレームを選んだり
長いステムをとることで、積極的な姿勢を好むライダーっているからね。



不明
ピンク色の自転車用具一式っていうのも可愛いもんだな。:-p


不明
まあこれはアニメだから結局の所、面白ければそれで良いのさ。


 37歳 男性 ヨーロッパ
いや、驚かされたよ。はじめ、きもい彼のことが嫌いだったのに
気付いたら彼がキャプテン達に追いつき、勝つことを願ってしまってる自分が居た。

御堂 「ひゃっはああ!欲しいのは勝利。なら差詰めんのはぎりぎりで十分や!予定通り
     ゴールほんの手前で追いつくでエースのお二人!(Cutting it close is more than
     enough. Just as planned, I'll catch the two aces just before the finish line.)」




男性
奇妙筋君(Midouscary-kun)は他にも隠し玉をもってたりするのかな??


不明
(ボクはまだ変身を残しています。)


不明
俺はこの化け物が大好きなんだ。

御堂 「申し訳ないな、弱泉くん。ガンバったのにな!懸命にな!
     (Forgive me, Weakizumi-kun. You worked so hard. So, so hard. )
     ホンマにな!ホンマにおまえ、ホンマにキモイなアアア!
     (Really, truly・・・You're really, truly gross!)」




21歳 男性
浴場でのサングラス着用から考えるに、金城は寝るときもサングラスをつけてそうだな。

福富 「追ってくれば払うだけ。それはお前も同じだ!(I would. He's riding for the finish
     line. But it's not a problem. If he catches up, I'll brush him off. So will you.)」

金城 「当然だ、ゴール前は戦場。生き残るのは1人だ。
     (Of course. The finish line is a battlefield. Only one survives.)」
福富 「オレは勝つ!王者箱学、強さの証明のために!(I will win.
     To prove the strength of the reigning champions, Hakone Academy!)」

金城 「オレは託された仲間の想いのためにゴールを獲る、絶対に。
     (For the hopes my teammates entrusted to me, I will take the finish line!)」
福富 「金城」                  金城 「福富」
二人 「ゴールで会おう。(See you at the finish line!)」




21歳 男性
御堂筋が対戦相手の強さも最終的に認めているのが面白いな。彼の計画も完璧
ではないけど、勝利を得ることも出来た。金城と福富もナイスファイトだったね。:D
しかし、田所の身になにが起こったんだろう。どのくらいレースに支障が出るかな。
二日目がとんでもなく厳しいものになるのは間違いないみたいだね。これからも目が離せない。

御堂 「強いわ、さすがやわ。(He's strong. Of course he is.) 名門箱学の看板背負って
     走っとるだけのことはあるわ。総北も引っぱられて走っとるとだけとちゃう。実力
     ある。けど、ごめん。予定通りやわ・・・ほなとっておき、その2や。いや…まあ
     正確には総北のメガネに見せてもうたからとっておきとちゃうけどなァ~行くで!
     (It's time to reveal my second trick. Actually, since I showed Sohoku's four
     eyes, I've already shown someone. Here we go.) いやっはぁああああああ!」




26歳
予想外の結末だった。現在技術では自転車レースの同着ってそうそう起こらないからね。
クリーパーくん(Creeper-kun)がやってくれた。彼は気味悪く映るけど、見ているだけで
飽きさせない存在だと思う。(授賞式の間、まともだったのが逆に可笑しかった・・・)
真波と小野田の自転車以外に語ることにない関係性も愛くるしい。( ̄▽ ̄)ノ☆*:.。.

実況 「残り50mです!(There are 50 meters remaining!)」
御堂 「あれ?なんで残り50やのにこの人たち前におるん?アカンやろ。(Huh?What?
     Why are they in front of me with 50 meters left?They shouldn't be there.)」




22歳 女性
三人同着は予想外だったけど、二日目が地獄になるのは間違いなさそうね・・・(田所。D:)


 女性 ドイツ ①
み、御堂筋!>_> まさか同着になるとは思わなかった。



不明
何で、Modusjiはこんなに馬鹿強いんだ?
終盤までドラフティングでトップを維持していた両キャプテンに一人で善戦するなんて。


不明
Modusji・・・?


不明
彼は心から自転車を愛してるんだよ。

御堂 「いや~やっぱエースやわ。年季がちがうで。50m手前で抜けるはずやったん
     やけどな・・・でもま、エエわ・・・結果は結果や。(They truly are aces.
     They've trained long and hard. I was supposed to be able to pass them
     50 meters before the finish line. Well, whatever. Results are results.)」




 26歳 男性 中国
三人ともそれぞれにチームを導くため、それぞれの戦略や哲学を持ってるんだね。
次の二つのレースの勝者は誰になるだろう。


15歳 女性
田所っちの無事を祈ってるけど、これは鳴子にスポットライトが当たる展開が来るかもね。

田所 「冗談だ、休んどけ。おまえにとっちゃ初めてのインターハイだ。緊張と疲労で
     体は自分が思ってる以上に疲れてる。けど、ここからでいい。表彰式はちゃん
     と見とけよ。同着1位、上等じゃねーか。胸を張れ・・・誇りを持て。お前達が力
     を出しきって俺達が想いを繋いで手にした。あれが勝利の形だ!(Tied for first.
     Notbad. Hold your heads high. Take pride in what you've done. Because
     ofyourefforts, our hopes became reality. That's what victory looks like.)」




22歳 男性
御堂筋は授賞式の間は大人しくしてるんだね。


 30歳 男性 アメリカ(カリフォルニア州)
箱学を潰すと言ったのに、同着だったわけだから、いま多くを語る事は無いだろう。

田所 「目に刻んどけ!あれを3日目。オレたちが単独で手にするんだ。(Burn
     this into your eyes. On the third day, we'll be the only ones up there.)
     見ろ、この会場で総北が表彰台に立つなんて予想してたヤツは1人もいねェ。
     皆、偶然か何かだと思ってる。いいじゃねェか。こっからだ!あと2日!
     偶然なんかじゃねェ!オレたちの本当の力。見せてやろうぜ!」
二人 「はい!(Yes, sir!)」
坂道 「田所さんの言葉にはいつも力をもらえる。
     (Tadokoro-san's words always give me strength.)」




不明
田所先輩の股間に目が行ってしまう。

田所 「おい!これを聞いてるスプリンター共!このグリーンゼッケンが欲しいか!だっ
     たら明日のレースかかってこい!勝負してやる!この田所迅が蹴散らしてやるぜ!」
坂道 「田所さん・・・凄いな・・・(Tadokoro-senpai's amazing.)」
鳴子 「なんか今、ワイあのひとめっちゃシバキたおしたいわ。
     (I really want to knock him on his ass.)」




男性
今泉が少し可哀想になった。彼がリベンジを果たせるよう願うばかりだ。東堂が
小野田を認める時もホッとしたよ。これで小野田に二日目の重要性が伝わったな。

東堂 「巻ちゃん出てきてくれ、巻ちゃん!(Maki-chan. Come on up here, Maki-chan.)
     この山岳はおまえとの闘いで!いわば2人で獲ったものだ!」
巻島 「どいつもこいつもマイクパフォーマンス好きっショ・・・
     (Those guys sure love to take the mic.)」

東堂 「共にステージヘ、巻島裕介!我が生涯のライバルよ!
     (Join me on the stage!Makishima Yusuke, my lifetime rival!)」
巻島 「・・・名前呼ぶなっショ!(Don't say my name.)」




 22歳 男性 アメリカ(カリフォルニア州)
インターハイの初日は同着か・・・
田所の状態が芳しくないようだけど、大丈夫である事を信じてるよ。


24歳 男性
田所っちぃいい!いやぁああああ!T_T


不明
このアニメは本当、どういうところで切れば緊張感が持続するかよくわかってるな。(笑)
今後への期待感も高まってる。


不明
小野田はどうしてこんなに萌えてしまうんだろう。

真波 「どお、調子。(How do you feel?)」
坂道 「うん、大丈夫(I'm okay.)」
真波 「自転車乗ってないと特に話すことないね。
     (There's not much to talk about when we're not riding our bikes.)」
坂道 「あはははは」
東堂 「オレにはあるぞ、メガネくん!やっと会えたな、メガネくん!
     (I've got something to say, four eyes. We finally meet, four eyes.)」
坂道 「あ、は…はい!(Yes, sir.)」




不明
たぶん、それは彼が初期設定では女の子だったせいだな。


不明
もしかして、女の子みたいな外見のキャラがいるのってそれが原因だったのか?


不明
まあ、でも小野田が男の子で良かったよ。少女が少年の自転車部に参加する
ことや、インターハイに男子に混ざって参加する姿は想像しづらいからな。


26歳 男性
東堂から良い目をしてると言われて赤面した小野田に吹いた。(笑)

東堂 「感謝しているよ、メガネくん!巻ちゃんから話は聞いた。キミは優れたクライマ
     ーだ。生き残れ、キミはまだ伸びる。三下と言ったのは取り消そう。いい目だ。
     (I take it back. You're not less than a three. You've got nice eyes.)」
坂道 「えっひゃ!いやいやいやそんなことないです!(Huh?No, no, no!Not at all!)」
鳴子 「照れんなよ!(Don't be embarrassed.)」
東堂 「明日以降もイイ走りを期待してるよ(I expect you to keep up the good work.)」
坂道 「はい!(Yes, sir.)」




不明
巻島が色っぽい女性になるのは間違いない。(女体化注意)



不明
もっとくれ。


不明
残念ながらその一枚しか持ち合わせてない。


 女性 ドイツ ②
東堂が小野田を赤面させててるシーンにキュンときた。でも、田所っち!いやぁああ!


 女性 アメリカ(ノースカロライナ州)
ああ、そんな・・・・田所、お昼ご飯も碌に食べられないなんて。

東堂 「明日からは死闘になるからな。(Starting tomorrow, we'll fight to the death.)
     1日目、箱学と総北と京都伏見が同着1位を獲った。この意味がわかってるか?
     つまり、あれだけの闘いをして優劣がつかなかったということだ。だからオレは
     明日たとえこの赤ゼッケンを捨ててでもチームの為に走るつもりだ!メガネくん。
     もし体調がすぐれないならすぐにでも眠って回復させておく事だ。明日は今日より
     更に過酷なレースになる。(Tomorrow's race・・・will be even more difficult.)」




 26歳 女性 メキシコ
田所っちになにが起こったの?コーンを跳ねたときでさえ、平気そうな顔してたのに。


 42歳 男性 ペルー
力を使い果たして、腹筋が痙攣してるんじゃないか?


不明
奇妙筋君(Midouscary-kun)が汗をぬぐうだけでも、嫌な夢を見てしまいそうな気分だ。
しかし、田所がまさかこんなことになるなんて・・・巻島の表情が全てを物語ってたね。


不明
おいおい、田所・・・熱中症だったらできる限りはやく治療した方が良いぞ。


 28歳 女性 アメリカ(ジョージア州)
最後の田所って熱中症よりも更に深刻な状態に見えるわね
・・・これ以上、悪化しないことを祈ってる。


男性
田所はどうしちゃったんだ?盲腸か?



30歳 女性
なんでサングラスかけたまま、お風呂入ってるのかしら?


 女性 アメリカ(アラバマ州)
そこを疑問に思ったのが私だけじゃなくて嬉しい。
彼は「テニスの王子様」の乾と面識がありそうね。


 20歳 男性 カナダ
もしかしたら「銀魂」の新八みたいに彼の眼鏡が本体なんじゃないかな。


 25歳 男性 アメリカ
そのほうが、よりセクシーだからじゃないか?XD


 30歳 男性 アメリカ(カリフォルニア州)
眼鏡かけてはいるのが普通じゃないのか?!0.o


不明
お風呂の巻ちゃんは白い肌も、長い髪もまるで女性みたいだな。o.O

田所 「インターハイ一日目・・・まずまずのスタートってとこか。」
巻島 「ああ、一時はどうなるかと思ったが一年も頑張ってるっしょ。」
金城 「インターハイはまだ二日ある。この先たくさんの難所が俺たちを待ち構えている。
     一刻たりとも油断は出来ん。(We can't let our guard down for an instant.)」




参考:おいおい!膝プルプルいっとるで、小野田くん。
    (Whoa, there. Your legs are shaking, Onoda-kun.)

    オッサン、アンタ鬼か!小野田くんはもうプルプルで・・・(You
     geezer!What are you, a monster?Onoda-kun's shaking!)

    ん?プルプルなのは、おまえじゃねぇか、鳴子
     (Huh?Are you sure you're not the one shaking, Naruko?)

弱虫ペダル Vol.6 初回生産限定版 [Blu-ray]