01106
Devil



以下、ANSMAL、Reddit、4chan、JoJo's Forumから引用。(CRで公式に海外配信中)


不明
初めはそうでもなかったんだけど、だんだん家出少女が可愛く見えてきた。

アン  「フン、5日後、落ちあうんだよ!
     どこ歩こうがあたいの勝手だろ。てめ一らの指図はうけね一よ!
     (I can go wherever I want!I'm not taking orders from you guys.)」

アヴ 「あの子、われわれといると危険だぞ。(She'll be in danger if she stays with us.)」
花京 「しかしお金がないんじゃあないのかな。(Maybe she doesn't have any money.)」




不明
なんといっても釘宮さんの声だしな。


不明
まあぶっちゃけ俺が承太郎の立場だったら、とっくにオラオラしてるところだ。


26歳 女性
プライドを傷つけないようにって言ってるのに・・・

セフ  「しょうがない。ホテル代を面倒みてやるか。ポルナレフ、彼女のプライドを
     傷つけんよう連れて来てくれ。(Polnareff, bring her, but don't hurt her pride.)」
ポル 「あいよ!おい貧乏なんだろ?めぐんでやるから、ついて来な!
     (Got it. Hey!You're poor, right?We'll pay for you, so come with us.)」




不明
まさか「clamp in wonderland」要素が増量されると思わなかった。
ありがとう、デイヴィッド・・・ジョウタがでてくるのが今から楽しみだ。
(訳注:CLAMPが描いたジョジョ同人作品に出てくる花京院と承太郎の子供のこと。)


不明
これで花京院が卵を身ごもったわけだな。

セフ  「では部屋を・・・ワシとアヴドゥルでまず一部屋・・・」
花京 「僕と承太郎でもう一部屋を。学生は学生同士と言うことで。
     (Jotaro and I will share a room, since we're both students.)」

アブ  「となると、あと一つはポルナレフと・・・
     (That would mean the last room would be Polnareff and・・・)」




不明
ドアの脇に座ってる男は恐らく意図せずだけど
ヒッチコックのシルエットオマージュみたいになってるな。


不明
手前にいるのはもしかして、ルパンと次元じゃないか?


不明
君がそう思いたいならそうなんだろう。


不明
次元、ちょっと太ったんじゃないか?


不明
次元はアメリカに帰化したんだろうな。

アン  「え゛ぇ?冗談!?誰がこんな奴と!(You're joking!Like I'd room with him!)」
ポル 「はぁ~?」
アン  「い゛~だ!」
セフ  「うむ、確かに子供でもレディには違いない。きみ、部屋を四つ頼む。
     (Well, she is a child, but also a lady・・・Could you make it four rooms?)」




26歳 女性
この戦いの前にデーボは冷蔵庫の中身を全て食べてしまったの。
彼の真の狙いは、ホテル代を少しでも高額にすることだったのよ!


 22歳 男性 ドミニカ
なんて奴だ・・・まるで悪魔だな。


不明
っておい、なんだこの"Soul Sacrifice"って名前は・・・



不明
著作権にひっかかったんじゃないか?


不明
じゃあなんで、ポルナレフは「エッフェル」じゃないの?
(訳注:過去のジョジョゲーでポルナレフが、エッフェルを名乗っていたことがあります。)


不明
ポルナレフはよくある名前だからじゃないかな?


不明
デーボによって今後キャラの名前が変更される可能性があることが明確に示されたな。


不明
いやいや、彼はデーボのままだよ。あくまでも字幕の名前が変わってるだけ。

デー 「なぜ、おれが冷蔵庫の中にいることがわかった?」
ポル 「てめ一頭脳がまぬけか?(Seriously, are you that stupid?)
     冷蔵庫の中身を全部外に出して片づけてね一ぜ!(You took
     everything out of the fridge and didn't bother putting any of it away!)」




不明
DIOは何故、こんなアホの子を雇ってるんだろう。
ベッドやクローゼットの下ですらなく冷蔵庫に隠れるって。


不明
彼は見つけてもらった上で、呪いを活性化させるために攻撃も受ける必要があったんだよ。


不明
そもそも隠れる必要があったのか?ポルナレフがアホ丸出しにして
攻撃せずに部屋から出て行ったりしたらどうするつもりだったのかと。


不明
だからこそのジョジョの奇妙な冒険という題名なんだね。

ポル 「あっけねえヤツだぜ!(Talk about pathetic.) こないだの海で出会った
     エテ公(the ape)のほうがよっぽど強敵でおそろしいスタンド使いだったぜ。」
デー 「つ、ついにやったな!ポルナレフ!ンヒヒよくも!こんなんしやがって!ウヘヘ!
     痛ええ一よぉ!とってええもォ痛えよォおお!ハハハハハハ一!(N-Now you've
     done it, Polnareff!How dare you do this to me?!It hurts!It really hurts!)」
ポル 「なんだ・・・こいつ・・・(What's with him?)」




不明
ダイナミックな色の変化によって、いま彼の血液はクランベリージュースのようになった。

ポル 「し・・・信じられん!いつの間に切りやがったッ!
     (I-I can't believe it!When did he cut me?)
     こ・・・攻撃をうけた感覚はま、まったく・・・いや、たしかに!なかった!
     (I-I don't think I felt an attack・・・No, I'm sure I didn't feel it.)」




bahamas_50 19歳 男性 バハマ
ジョジョの奇妙な冒険版 チャッキー


不明
Moshi moshi, Polnareff desu.

ポル 「ジョースターさんか!スタンド使いがおれの部屋に潜んでいた!
     (Mr. Joestar!A Stand user was hiding in my room!)
     ん?お前、アヴドゥルか!?とにかく聞いてくれ!ふ、不可解なヤツなんだ・・・
     (Wait, are you Avdol?!Anyway, listen!He's completely baffling.)
     強いのか弱いのか・・・ぶ、不気味だったッ!
     (I can't tell if he's strong or weak・・・H-He was just creepy!)」




 17歳 男性 アメリカ(テキサス州)
自分だったらこうはならないな。あの人形をホテルの部屋で見かけた瞬間投げ捨ててるもの。


22歳 女性
みんながそう賢いわけじゃないからね・・・XD


24歳 男性
チャッキーみたいなもんだから、燃やすのもアリだっただろな。

ポル 「ああ、なんてこった・・・傷をしばったのは穿いて洗ってないパンツだった・・・
     (Aw, man・・・I got hurt in the pants that I hadn't washed or even worn yet.)
     チクショー・・・(Damn it・・・)」




jamaica_50 21歳 男性 ジャマイカ
いや~ポルナレフ今回、さんざんな目にあってるな。
攻撃されたという連絡をうけたあとに、彼の部屋を見に行かなかったのが驚きだった。


不明
とはいえ、アキレス腱あたりを切られてるのに
1212ではなく、912に集合することを提案しなかった彼自身の問題だからな。


不明
ポルナレフっていつもどこか抜けてるよね。

ポル 「カギがないと戻ってきても入れねえじゃねえか。フロントに行ったらどうにかなる
     か?罰金とかあったっけ?ち、あんな所へ落ちてやがる・・・さっきのドタバタで
     ふっ飛んだか。(There it is. Must've fallen during all the commotion earlier.)
     なにッ!あうっ!い、いったい?う、うああッ!こ、これはシャンプ一!畜生!
     目がッ!な、何者だ?し、しかし!やばい・・・ベッドの下にいるのはやばいぞ!」




usa_50 男性 アメリカ
カギに手を伸ばしたのは戦略的に大きな過ちだった。この状況で自ら逃げ場のない状況
に追い込んで、動きを制限してしまった。どうせなら、スタンドで取るべきだったな。


24歳 男性
安らかに眠れ、ルームサービス・ガイ。
君は画面に1分ほどしか映らなかったけど、別れが辛いよ。


 不明 イギリス
デーボが思いっきり攻撃できるのが恨んでる相手だとするなら
ルームサービスの彼はあの扱いに値することをなにかやったんだろう。
わずかな登場時間でそれだけの恨みを買ってるなんてむしろ末恐ろしい男だった。


不明
ルームサービス男の死はこれまで見た中でも最も血みどろなワンカットだったな。

デー 「ポルナレフ様・・・ルームサービスです!お薬を、お持ちしました。」
ポル 「くるなッーっ殺されるぞッーっ!(Get away!You'll be killed!)」
デー 「え?あっ!ど・・・どうしたのですこれは!」
ポル 「逃げろッ!殺されるといってるだろ一がァ一!
     (Get out of here!I told you, you'll be killed!)」




不明
エボニーデビルの中の人は完璧だった。


不明
人形はエボニーデビルが操ってるだけだったのか、それともスタンド自身だったのかどっち?


不明
エボニーデビルが操ってる。

デー 「うけけけけけけけけ一ッよくもッ・・・よくもッ!おれのッ!
     片目をつぶしてくれたなぁあ!ポルナレフーッ!ケケケケケ!」
ポル 「に、人形ッ!こ・・こ・・・こいつがっ!シルバーチャリオッツ・・・」
デー 「ぶぁかかァ一ッてめ一は!おめ一のスタンドは!
     自分の目のとどかねえところで闘えるスタンドじゃあ、ねえだろ一がァ!
     (Are you stupid?!Your Stand isn't one that can fight where you can't see!)」




不明
ああ、そのシーンにスタンドが映ってたのは全然気付かなかったわ。


不明
ポルナレフがベッドの下にとじこめられたら、敵が見えないからシルバーチャリオッツも
戦うことはできないのか。ん~スタンドが見てる景色はスタンド使いにも共通認識として
見えてるモノだと思ってた・・・でも、遠距離スタンドは見えてないと成り立たないよね?


不明
スタンドによりけりってことだね。


不明
というか、スタンドを通じて見ることが出来るからこそ、長距離動けるってことだろう。
シルバーチャリオッツは、そのかぎりじゃないって話だ。花京院はハイエロファント
グリーンの触覚を共有してそうだし、スタンド使いと会話できるスタンドもいるだろう。

デー 「さすがの騎士も見えねえとスイカ割りもできねえみてえだなぁ・・・
     (Looks like even a knight can't cut open a watermelon when he can't see!)
     おめえ勘がッ!ドっにぶィゼィイイッ!ぶきィィィーッ(Talk about dense!)」
ポル 「てめ一っ!いいかげんにしろよ、この豆チビがァ一ッ!
     (You bastard・・・Give a rest already・・・You little shrimp!)」




不明
この味は!・・・フランスパン味だぜ・・・ジャン・ピエール・ポルナレフ。


不明
となると・・・じゃああのシルバー・チャリオッツの眼は何のためについてるんだ。


不明
ヘルメットをかぶっているせいか、いつも彼が悲しそうに見える。


不明
彼は、自分の上官がフランス人だと知っているからね。
(訳注:フランス人=降伏するという典型的な揶揄/冗句があり、それに掛けた表現です。)

ポル 「・・・な・・・なにしてやがるッ!(Wh-What the hell are you doing?!)」
デー 「ククク・・・ヘイ!ポルナレフッ!今からてめ一のタマキンかみ切ってやる
     ぜ一ッ!メーン!(Hey, Polnareff!I'm gonna bite your balls off now, man!)」
ポル 「なんて・・・ひわいな・・・ヤローだ。(What an obscene guy.)」




不明
シルバーチャリオッツって基本的には重い鎧を着けてたと
思ったんだけど、悪魔の噛みつき攻撃程度で傷つけられるモノなのかね。


不明
しかし、考えてみるとわざわざ漏電してるドライヤーを用意するのもなんだよね。


女性
たぶん、シンガポールでは暗殺用のドライヤーが売られてるんだと思う。(笑)

デー 「これからおれは、この漏電しているヘアドライヤ一でその濡れたところへ
     どおおすると思うねぇ一ポルナレフゥ?『乾かしてやる』んじゃね一ぜッ!
     ギャハハ・・・死ね!感電してあの世へ行きな!うらみはらさでおくべきか。
     ・・・ポルナレフ!(This should take care of my grudge・・・Polnareff!)」
ポル 「わざとぶちまけていたのは・・・てめ一だけじゃあねえんだよ!
     (You're not the only one who's been scattering stuff around!)」




 29歳 男性 アメリカ(テネシー州)
剣さえあればどんなことも解決できる。あらゆる生命は剣に始まり剣に終わるからね。
これは真理であり、私の信念でもある・・・いまのところ・・・


22歳 男性
玉は無事だったのか・・・なら、一安心だな。

ポル 「よし、もう一度かかってこい!どうした?てめ一おれのタマキンをかみ切るとか
     いってたなあ、やってろ!この、ド低ゾク野郎が・・・おれはてめ一の・・・
     (Just try it, you vulgar little shit!I'm gonna・・・)」
デー 「ガルルルル一ッ・・・」
ポル 「そこ以外をきり刻む!(slice up everything except your balls!)」




26歳 男性
彼は最期の瞬間をトイレで迎えたのか。まさに、クソみたいな死にかただな。


28歳 男性
今回の相手は手強くて、最期まで肝っ玉の据わった奴だった。

アヴ 「おぉ・・・ポルナレフがようやく来たか。(Polnareff, you're finally here.)」
セフ  「まったく時間にルーズな奴だ。よし、みんな・・・それではさっそくだが
     呪いのデーボに襲われた時の対策を練るとするか・・・」
ポル 「つ、つかれた・・・(I-I'm so tired・・・)」




不明
そして、ポルナレフは考えるのをやめた。


不明
ゴージャス・アイリン・・・

テレ  「我々、の、中に~・・・(There・・・is・・・a・・・)」
セフ  「来た!『われわれの中に』といったぞッ!(There!It said, "There is a"!)」
テレ  「裏、切り、者が、いる!(・・・trai・・・tor・・・among・・・us・・・)」
セフ  「なんだと・・・いまの文章は・・・(What?What did it just・・・)」
アヴ 「『われわれの中に裏切り者がいる』とつながってきこえたが・・・
     (I'm pretty sure I heard, "There is a traitor among us・・・")」




不明
ゴッドファーザーが謎の探偵映画になり、ドラエもんが他の作品に変わったけど
代わりにウーピー・ゴールドバーグと、ゴージャス・アイリンネタが増えてるのか。


不明
それとアイアンスカイ。



28歳 男性
ゴッドファーザーネタもあったと思うぞ。


22歳 男性
老ジョセフがテレビをつけたとき、ポップカルチャーネタがいくつも詰まってたね。


 26歳 男性 アメリカ(カリフォルニア州)
ひとつは「レンとスティンピー」だな。


 21歳 男性 アメリカ(カリフォルニア州)
ドラえもんの著作権的問題を避けるための処置だろうけど、アレは良かったな。
それにトム・ペティも居たね。(笑)

テレ  「カ、キョー、イン、にィイイ!気を、つけろ!DI、O、の、手下、だ!
     (Ka・・・kyo・・・in・・・Beware・・・of・・・him・・・
      Di・・・o's・・・ser・・・va・・・nt・・・)」
セフ  「花京院?な・・・なにィ!(Kakyoin?!Wh-What?!)」
アヴ 「ば、ばかな・・・花京院?が手下ッ?(I-Impossible. Kakyoin is Dio's servant?)」




不明
ジョセフに見られいると知りながら、どうしてDIOは服を着ようとしないんだ。


不明
エジプトは馬鹿みたいに暑いんだよ。


不明
いま見てるアニメがジョジョだとわかってて言ってるのか?


不明
君がほとんどのことができる出来る不死身の吸血鬼だとして
服を着てるかどうかに本当にこだわるのか?


不明
DIOが階段を上っているのを見ているエンヤ。すると突然、DIOは後ろを振り返り
「ジョセフ・ジョースター!きさま!見ているな!」と叫ぶ。辺りは静寂に包まれる。
「DIO様・・・どうかなさったので?」と尋ねるエンヤに
「いやなんでもない。シンガポールのテレビを破壊しただけだ」とDIOは返すのだった。

セフ  「こいつはッ・・・(This is・・・)」
DIO 「ジョセフ・ジョースター!きさま!見ているなッ!
     (Joseph Joestar, you're watching, aren't you?!)」

セフ  「DIO!」
アヴ 「ばれた!あぶないッ!(He found us!Look out!)」




不明
どちらかというとDIOは肉体美を誇りたいタイプの人間だからね。


不明
さあ、来週は○○○○○○○○の時間だ!

セフ  「わしは、花京院を信頼しておる!なにか理由があるはずじゃ!しかし、もし
     彼がDIOと通じているのなら、いつでも我々の寝首をかくのは可能!DIOの
     トロイの木馬ということだ!花京院はどこに居る?」
アヴ 「承太郎と一緒です。(He's with Jotaro.)」











STAND PROUD