The Empress



以下、ANSMAL、Reddit、4chan、JoJo's Forumから引用。(CRで公式に海外配信中)


不明
この話を見たときの俺の表情。



不明
ジョジョが4クールで、どの話も削らずにアニメ化されることが正式に確認された。


不明
これは夢か?それとも現実か?


不明
今年いっぱいは死ねなくなった。


不明
なんだ、デイビッドが神だったのか・・・


不明
ジョジョを通年でやることは最高のニュースだけど
息子の死を知った後のエンヤにとって、残念ながらそうでもないらしい。

エン「今!わしの息子が死んだ。ヒウ、ヒウ、ヒウウウウウウウ・・・
    ワシの息子J・ガイルに起こった不幸が親子の絆の直感でわかる。」

ネコ「ンナァァ~ゴ」
エン「ウワァアアウォォォヒィィィ・・・かわいい息子よォ(My precious son)
    体中にこんな傷を負って死んでいったのだねぇ~っ!
    おまえと同じこの聖痕の痛みで感じるよぉぉぉぉぉ!」




不明
オーノー!


 24歳 男性 イギリス
あの老女の悲しみを消化する方法はまさしく奇妙だった。


 19歳 女性 ベトナム
もしも医者からジョジョを見るのを止められたとしても、真のジョジョ紳士
(true JoJo gent)らしくジョジョ立ち(MENACING pose)を喰らわす構えよ。

エン「しかし、心の清い誠実なおまえが死ぬなんて、きっとやつらに卑怯なこと
    をされたんだろうねぇぇええええあああぁぁ・・・ちくしょう!やつらめ!
    (Damn them!The bastards!)恐るべき代価を必ずや支払わせてやるッ!
    女帝のカードよッ!・・・退けぇええ!間髪入れず行動にうつるんじゃッ!
    じわじわ殺すおとくいのスタンドでのおお一ッ・・・ルウェェェェェ~
    アウッアウッアウッ・・・悲しいよぉぉぉ~!ブチ殺すッ!ヒヒケケ一ッ!」




22歳 男性
ああもう、ネコはいつだってこんな扱いなんだ。


28歳 男性
ネコを傷つけるなんて、可哀想すぎるだろ・・・というかどんだけ早いんだ、あの婆。

ポル「あのね、こうなっちゃいけね一ぜ!恋をするとなりやすいけどよ!(Listen up.
    You can't end up like this. It's easy to do that when you're in love・・・)
    こういう風に物事見ちゃいけないぜ。冷静に広く見る事が大切だな。(But you
    can't look at things this way. It's important to look broadly, and be rational.)」




男性
ちょっと、待って?ガンジス川でみんな身体も洗うの?明らかに
汚染された水だと思うんだが・・・俺の認識が間違ってることを祈るばかりだ・・・


不明
うん、彼らは汚染された水でも宗教上の理由、そして生活の一環になってること
から気にせずはいってる。産業革命で川の汚染度がどうにもならなくなる前から
何世紀にもわたって続いてる風習だからね。


 31歳 男性 カナダ
ガンジス川が汚れてるのも確かだし、それにみんな構わず入ってるのもその通り。


不明
川の水をあらゆる事につかってるから不潔なのは間違いないけど
ただ入浴するというより、川が神聖視されてるからというほうが近いな。

ナレ「聖なる河ガンジス、聖者・老人・病人・子供・牛・犬・猿・食物・排泄物
    燃える屍体、全てを優しく包み流れつづける河・・・この河には生まれて
    から死ぬまでの全てが縮図としてある。ここ、聖地ベナレスに人は何か月
    いてもあきないといわれるが・・・それはここで出会う風景がきっとその
    人の魂の内なる風景だと感じるからだろう。(That is probably because
    the scenery one sees in this city reflects the scenery of one's soul.)」




不明
よしよし、ここで老ジョセフ(Oldseph)エピソードがきたか。


不明
ジョセフは最萌クルセイダーだよ。


不明
最高のクルセイダーは花京院だけどね。


不明
彼はキメポーズまで一流だからな。



不明
それに、すごくハンサムだからね。


不明
ここにアヴドゥルを愛してくれる人はいないのか。


不明
そもそも彼については、何も残らなかったから・・・

ポル「ん~これ、なんか人の顔に見えないか。」
セフ「おい!冗談はやめろよ、ポルナレフ!(Stop kidding around, Polnareff.)」
ポル「ヘヘヘへ、悪い悪い。(Sorry 'bout that.) 病院付き添ってやろうか?」
セフ「いらん!年寄り扱いするな!(No!Stop treating me like an old man.)」



不明
今回の教訓:もしも身体の一部が腫れてあがって
顔のように見えたときは、間髪入れずにその場で状態を確認するべきだ。


22歳 女性
腕が蠅を食べ始めたら、直ぐに医者に行って診てもらった方が良いわね。


不明
そして、やばいくらい色っぽいジョセフ。


不明
あ、あの・・・ドクターさん(doctor-san)・・・



不明
や、やらしい・・・


不明
ジョセフの可愛さが度を超えていて、そろそろ
ジョジョのノンケな冒険(No-Homo Adventure)とは言えなくなりつつある。


不明
なんで、ジョセフはいつもいやらしいんだ?



不明
そろそろ誰かが編集するだろうと思ってた。


不明
ジョセフはそういう星の下に生まれてるからな。


不明
真面目な話、ジョセフの変態画像は1話に1枚くらいのペースで作って欲しい。


不明
ジョセフはいつだってそうだ。出会った女の子とは誰とでもいちゃついたり
母親のことをいやらしい目で見たり、アステカから来たゲイ達と婚約したり。



不明
それにシーザーとのことも忘れちゃいけない。
(訳注:ここではシーザーとの熱烈なキス画像が貼られてましたがクオリティが
    やたら高くてエグかったので、ここにはあえて貼りません。貼りません
.)


不明
違和感がなさ過ぎる・・・


不明
んん?そんなシーンあったっけ?


不明
ブルーレイ版で追加されたシーンだね。


不明
オマケとして承太郎の画像もおいておこう。



不明
科学的好奇心から保存した。


不明
もっと沢山の承太郎画像が必要だよ!


不明
しょこたん、ここで何してる。


不明
ちょっと、このスレのやらしさは俺の純粋な目には毒でしかないんだが!


不明
このスレはちょっとあまりにも。



不明
あれだけ奇妙なモノを目の当たりにしてきた彼らが
顔みたいな形の腫れをまったく不審にも思わないなんて・・・X_X


不明
ジョセフって年の割には目が輝いてるよね。

医者「私、英国で医学勉強したね、モーチョー手術もできるよ!あら、ちょっと
    錆びてるね。(I can do appendectomies, too. Uh-oh. It's a little rusty.)」

セフ「え・・・」
医者「ま、ノープロブレムね。さ、切り取るよ。
    (Well, that's no problem. All right. Let's chop that off.)」

セフ「うぇぇ、なんてこった切られるとこ見たくないわい・・・
    (What the hell?I don't want to watch it being cut off.)」




24歳 男性
俺が病院に行くのを嫌ってる理由が的確に描かれてる回だな・・・


不明
それはつまりいつも医者の頭にメスが刺さる羽目になるってこと?

セフ「おい、まだか?終わったかね?(Hey, are you done?Is it over yet?)」
医者「グェアアアアア!」  [ギャァァアス!:Shriek]
セフ「なにぃいいいい!(What?!)」
女帝「ヘイ、ドクター!あたいを切ろうなんてとんだ馬鹿野郎だね!このとんちきめ!
    (Hey, Doctor!Trying to cut me?You're pretty stupid, you moron!)」




22歳 男性
ジョセフのOH NO!が完璧すぎた。XD


 男性 アメリカ(カリフォルニア州)
ジョースターがオーノー!と言うたびに笑いが止まらなかった。(笑)

セフ「オ、取られちまった!(It grabbed the scalpel!)
    ゲ!オーノォーッ!ギ・・・義手でよかったわい!」
 [スパァッ:Slice]
女帝「てめ一自分を切るのかい!あたいはあんたの肉なんだよ、ジョセフじじい!
    (Old Man Joseph) あんたはもうあたいから逃げられないのさ、ハニィ!」




 25歳 男性 カナダ
ジョセフのオウノー!がツボだった。聞く度に頬が緩むな。(笑)


19歳 男性
誰かほかに病院が、杜王町のマークだったことに気付いたひとっているかな?

セフ「こ、この、くそ女ぁ~!たたきつぶしてやるッ!・・・なにッ!
    (Y-You little bitch!I'll crush you to bits!What?)」

女帝「ヘイ!自分の腕なんだよッ!大切にあつかいなよ、くそじじいッ!
    (Hey, this is your arm. Take care of it, you shitty old man.)」




不明
やった~!波紋だ!承太郎にも教えてあげるべきだと思う。


不明
ジョセフが波紋を使ったことにニヤッとしたのも束の間
それが失敗に終わったことで眉をひそめることになった。


不明
ジョセフが波紋の鍛錬をずっと積んでたら
全盛期の波紋と、限度知らずのムチ攻撃で楽しいことになっただろうに・・・


不明
ジョセフが波紋を使うのを待ちわびる。

彼が波紋をようやく使うことに。

オーバードライブ!

しかし、何も起こらなかった。 もう、なんだよ!本当にがっかりだよ!

セフ「久しぶりに・・・こうなったら・・・
    (It's been a while since it came to this・・・)」

警察「おまえッ!何をしている!(Hey!What are you doing?)」
セフ「波紋疾走!(Overdrive!)」



22歳 女性
いいのよ大丈夫、安心して、波紋。私達はいまでも貴方を愛してるから。
この三部が終わるまでにもう一度、その輝きを取り戻せると信じてるわ。


 男性 メキシコ
正直いうと、スタンドよりも波紋の方が好きだったり・・・


 21歳 男性 ブラジル
まあスタンドは嫌いじゃないよ、格好良いしさ。
でも、波紋は心の深いところに響くんだよねぇ。


 20歳 男性 アメリカ(ミシガン州)
波紋あってこその人生だ!

女帝「トンチキ!自分の腕なんだよッ!自分の肉体に自分の波紋がつうじるかい!」
警察「そこの男、動くな一ッ!(You, right there!Don't move!)」
セフ「ならば!隠者の紫!(In that case, Hermit Purple!)」
女帝「ううっ!うおおん!し、しめつけられる・・・(I-It's squeezing me・・・)」
セフ「隠者の紫には、こんな利用法もあるんじゃッ!」



不明
波紋が名残惜しいのもあるし、スタンドを使うことにもう少しシリーズ内で
の意味づけがあったらよかったんだけどな。それこそ柱の男たちは人間
のスタンド能力を抑制していた存在でそれが居なくなったからスタンドも
発現した。そして、これからは波紋に頼る必然性もなくなった。みたいなさ。


 21歳 男性 ジャマイカ
思うに波紋の戦いだと自ずと肉弾戦が多くなるのも良いポイントだったな。


不明
ジョセフの髪型はちょっとボサボサなくらいのほうが彼を色っぽく見せるね。

女帝「何すんだい!暗いじゃないのさ!
    (What are you doing?It's dark in here!)」

セフ「くそ・・・なんてこった・・・」



 18歳 女性 アメリカ
老ジョセフはインディジョーンズを彷彿とさせて・・・年老いてなお色っぽいわ。


 20歳 男性 アメリカ(テキサス州)
「本当の男は大きな事を言わない、それで嘘つきかどうかわかる。」
「俺は過去にこだらない男。」  ー  ジャンピエール・ポルナレフ

ポル「なあ、だからよ、ネーナ!本当の男ってのはでけえ事はいわないものさ。
    (So really, Nena・・・Real men don't talk big.)
    そ一ゆ一所で、ウソツキ男かどうか見やぶるんだぜ!
    (That's how you figure out who's a liar.)」




不明
どうしてジョセフはポルナレフを見失えたんだろう。絨毯が覆う以前に明らかに
ポルナレフが視界に入ってたよ。とくに群衆に溶け込みやすい容姿でもないし。


不明
ポルナレフなんて誰がどう見てもポルナレフだもんな。

ネー「あ、あそこを見てください。あそこの建物、日本人のクミコさんという女性
    が経営してるホテルで、インド人の旦那さんと切り盛りしてるんですが格安
    で宿泊できます。(We can probably get a room very cheap.)」

ポル「あっ、そうなの・・・フ~ン・・・それでホテルがどうかしたの?
    (Oh, really?Now, what about this hotel?)」




 不明 アメリカ(カリフォルニア州)
可哀想なポルナレフ・・・綺麗な便所の次は、綺麗な女の子もか。


不明
純粋に懐かしい気持ちになる話だったな。
どきどきが収まらないよ。彼の戦いを見てると戦闘潮流を見返したくなる。

女帝「チュミミーン!こんなでかくなったわよッ!親のスネかじりいや・・・腕
    囓りと呼んでパパ!(You might say I'm mooching off my parent・・・
    Well, I guess in this case it'd be my parent's arm, Papa.) チュミミン!」

セフ「このブス女が!(You ugly bitch!) ジョセフ・ジョースターが闘いに
    おいて、貴様なんかとは年季が違うという事をこれから思い知らせてやる!」




不明
おっぱい付きのフリーザ・クローンにしか見えない。


不明
わ~い!おっぱいだ!

女帝「もう完璧にあんたをブチ殺せる状態になったわ!ホラ、だってあんたの首に
    手がとどくもんッ!首の頚動脈をプツーンと切っちゃえばお仕舞いですもの
    ねェ・・・(If I bust the carotid artery in your neck, you're done for.)」




不明
この物語は、ジョセフジョースターが、自分の腕と戦う話である。


不明
そして、勝つ話である。

セフ「きさまの息の根をとめるために走ってたんじゃよッ!
    きさまをこれの中につっこむためじゃあ一ッ!(I could dunk you in this!)」

女帝「ボケ老人が!(You senile old man!)」 [ゴボァッ:Blop] [グザッ:Stick]



 男性 メキシコ
ジョセフ・ジョースターは俺にとって
唯一無二の存在なんだ。敵をぶっちぎる姿にも惚れ惚れしてる。


21歳 男性
ジョセフのことは自分も好きだけど、承太郎もだんだん好きになってきた。

女帝「そぉ一れ、もうひとおし。(Just one more push, now.)脳酸化人生
    もここまでだね。チュミミ~ン・・・あんたにゃこの女帝を倒す方法など
    何ひとつ・・・えっ!・・・何ひとつ・・・うう!・・・ゲッ!(There's
    not a single way you can defeat m— Huh?Not a single way・・・)」

セフ「え!何ひとつ、なんじゃと?年とって耳がとおくなったのかの!(What?
    Not a single what?Sorry, my hearing isn't what it used to be.)
    何ていったのかもう1度いってくれ!(Run that by me one more time.)」




23歳 男性
このエピソードは全ジョセフファンに対するサービスみたいな回だね。
「次にお前は~と言う!」なんかも期待通り入れてくれたし!


 36歳 男性 アメリカ(カリフォルニア州)
この戦いはジョジョ史上最も奇妙な冒険に数えられると思う。

商人「お、おいみんな見ろよ!!(H-Hey, everyone look・・・)」
商人「なんじゃ・・・これ・・・(What is this?)」
商人「さっきあの外国人がぶちまけてくれた、香炉灰のつぶが・・・
    (The ashes that foreigner spilled everywhere・・・)」

商人「よせあつまって・・・この街の地図になっているぞッ!
    (They've formed into a map of the city.)」




不明
みんなは結構ガチで戦ってるけど、ジョセフだけなんか風変わりな戦いだね。


女性
それを人は奇妙というのよ。


21歳 男性
そのノリも色あせないよね。

セフ「相手が勝ち誇ったとき、そいつは、すでに敗北している。
    (Once your opponent starts to boast his victory, he has already lost.)
    これがジョセフ・ジョースターの戦い方、老いてますます健在という所かな
    (This is how Joseph Joestar does things. I guess I just get better with age.)
    ・・・そして、スタンドはスタンドでひきはがせる!
    (And・・・A Stand can tear away another Stand.)」




 22歳 男性 アメリカ(ニュージャージー州)
ジョセフが「次にお前は~と言う」という台詞と共に、柱の男達を倒したときと同じく
普通のスタンド戦とは違った戦い方を見せてくれた。幸せと興奮感に満たされてる。


男性
ジョセフがあの台詞を言ったときは満面の笑みになってしまった。

セフ「おまえは、やめてそれだけは、という・・・
    (You're going to say, "Stop, anything but that.")」

女帝「やめてッ!やめて!それだけはッ!うわぁっ!
    (Stop!Stop, anything but that!)」
  [バーン:Bam]



22歳 男性
このジョセフを見るために、三部を見てきたと言っても過言じゃない。


25歳 男性
まさか、三ヶ月もご無沙汰になるとは思わなかった。


 20歳 男性 アメリカ(カリフォルニア州)
ジョセフジョースター、相変わらずクールな男だ。

セフ「だめだな!わしだって痛いんだ!子どもというのはいつまでも親の
    スネをかじってちゃいかん!大きくなったらひとり立ちせんとなあ!
    (This isn't good. It pains me, too. Children can't depend on their parents
    forever. You've got to go out on your own once you've grown big!)」

女帝「オゴオゴ・・・プギッ!・・・」



23歳 男性
え、もう終わっちゃったの?!オウノー!
老ジョセフがいまだに同じ戦いが出来ることを知れて嬉しい。


不明
ぶっちゃけてしまうと死んだのが美女じゃなくて変装した醜女で良かった。
あんな魅力的な女の子を倒さなきゃいけないことにビクビクしてたからさ。


不明
結局の所、女帝がホルホースに言いよってたのって何か理由があるのか?

ポル「そ・・・それじゃあ、ネーナ!愛の誓い、恋人同士のキスをしようか?
    (W-Well, then, Nena・・・Let's swear our love with a kiss.)」

ネー「ゲゲェ一ッ!」
ポル「なんだ!な、な、なんだッ!ど・・・どうした?ネーナ!
    (What?What?What the hell?!Wh-What's wrong, Nena?!)」

ネー「うぅうううう!ギャース!」 [ガバァ:Burst] [ギャース:Gyaah]



不明
ホルホースに惚れるのに理由が必要なのか?


不明
ホルホースは色っぽいカウボーイだった。それだけのことだ。


不明
彼がオレの身体を皇帝で統治してくれるなら、甘んじて受けいれるよ。


不明
それに、二人は女帝と皇帝だったからね。


25歳 男性
全身から血が出るなんて・・・・これはあまり良い兆候ではないな・・・

セフ「こんな醜い女に人面疸がくっついて肉人形と化し
    美人にカムフラージュしていたとはなぁ~?うかつだった。
    (This ugly woman・・・She attached her Stand to me as a tumor
    with a human face, and camouflaged herself as a beautiful woman.)
    まんまとだまされたな、ポルナレフ!(She totally played you, Polnareff.)」

ポル「オ、オエ~・・・(U-Ugh・・・)」



不明
なんで中の人は化粧してたんだろう。


26歳 男性
ポルナレフの人生は苦悩に満ちている・・・


不明
三部では、いちばん酷い目に遭ってる気がする。


23歳 女性
ラストで、なにげなく一緒に月を見上げてる承太郎と花京院に笑った。

セフ「話をつけてきた。(I took care of things.) この車で行けるぞ。
    ポルナレフ、運転を頼む。おい、まだショックを受けてるのか?
    スタンドに襲われたのはワシじゃぞ?」

ポル「いっそ、そっちのほうがよかったぜ。
    (I'd rather have gone through that・・・)」




不明
キーがポルナレフの髪の毛に刺さったときの音があまりにも秀逸だった。


18歳 男性
オーノー!ポルナレフの髪にキーが捕まってしまった!


不明



不明
そのうちポルナレフは、考えるのをやめた


不明
ポルナレフって、そもそも戦いに勝ったことあったっけ?


 34歳 男性 アメリカ(ミズーリ州)
ポルナレフとジョセフ、両者に対して気の毒になる回だったな。
胸焼けを起こしそうだ・・・



不明
ジョセフはベストガールだよ。


不明
残念ながら、その称号はスピードワゴンのモノだ。


不明
ああ、彼が名残惜しい。スピードワゴンだったら最高の反応をしてくれただろうな。


不明
スピードワゴンの全役割はなにが起こってるのか全力で叫び続けることだったけど
それでも彼に会えなくて寂しい。


不明
スピードワゴンはちゃんと幸せに暮らせたし
他のキャラと違って過酷な最期じゃなかった。


不明
ところで、アンの顔が横に広がってる気がするのは気のせいか?



以上です。ジョセフが活躍するだけで、一部スレ
の変態化が著しく進むことを再確認した回でした。