01286
Eyes Open



以下、AnimeSukiMAL、Reddit、4chan、Crunchyrollより引用。(公式に海外配信中)


 19歳 男性 シンガポール
これを待ち望んでたんだよ!優希の対戦相手もイイキャラが揃ってる。
純はきつい相手だけど、それを美穂子が苦もなく捌いてるのが大好き。

久  「決勝戦は昨日までと違って、一人半荘二回ずつでトータル半荘10回。
    そして、やはり点数は引き継ぐわ。(And the points still carry over.)」

優希「うぇえ!?一人半荘二回?一回分のタコスしか持ってきてないじょ。
    (Two hanchan each?But I only brought enough tacos for one・・・)」

久  「合宿でもミーティングでも話したじゃない・・・
    (I told you at the training camp and our meetings, remember?)」




不明
あのアマがタコスを盗ったときには怒りに震えたよ。


不明
同じく。なんでこんな可愛い少女のタコスを奪うことが出来るんだ。


不明
ジャリタチ(bulldyke)が、タコスのタコスを食べたときは本気で怒り狂った。


不明
それも彼女の作戦のひとつだ。


不明
結局、あの黒いネクタイを着けてるのは女なのか?
今回、胸があることに気付いてはじめてわかった。いままで、ずっと男だと・・・

優希「持ち込んでいい?(Can I take this in with me?)」
係員「開始時間までに食べ終わるなら。」
優希「(タコス一個だと不安だジョ・・・)」
井上「なにきみ、俺のファン?差し入れ??
    (What's with you?One of my fans?You brought me snacks?)」




不明
え?女だったの?マジかよ!?


不明
まず、この大会は男女で別れてるから。


不明
というか、咲には男は存在しないからね。


不明
ただ一人を除いて・・・

咲 「わ・・・」
和 「これは・・・(That's・・・)」
久  「あ~ぁ、やっちゃったわね・・・(Now she's gone and done it・・・)」



不明
ちなみに京太郎は優希の犬なので人間/男ではない。


不明
優希の泣いてるシーンがジンジン響いた。理恵さん、最高だ。


不明
彼女はツンデレでばかり名が売れてるけど
実際は幅広い演技が出来て、実力も裏打ちされた声優さんだからね。


不明
やだ、このコンビ可愛い。

福路「どうしたの?怖いお姉ちゃんにでも苛められたの?
    (What's the matter?Is the big scary girl picking on you?)」

優希「あのノッポがウチのタコスを盗んだジョ・・・
    (Beanpole there stole my tacos!)」

井上「なっ!」
福路「あらまあ。(Oh my・・・)」



不明
タコスを慰めたシーンでキュンときてしまった。


不明
優しくて思いやりに溢れてて、見てるこっちが溶けてしまいそうだ。
それに彼女のキャラデザはあまりに秀逸で、もう逃れようがない。


不明
可愛い上に人間としても魅力的で、心まで綺麗ときてるとかどうしよう・・・

福路「そうだわ。ちょっと待っててくれる?はいどうぞ。(Here, take this.)」
優希「なにこれ?」
福路「私の作ったお弁当。駄目かしら?
    (This is the lunch I made. Is that okay?)」

優希「(タコスじゃなきゃだめだじょ。)・・・あ!はっ!これは・・・
    《It's no use unless there's tacos in it.》(Th-This is・・・)」




不明
しかし悲しいかな、現実には麻雀をプレイしてる女性なんて居ないんだろうな。


不明
画面越しにあのノッポを叩きたい。優希のタコスを食べるんじゃないよ!まったく!


不明
ははは、「タコ」か、なるほどね。

優希「(タコスにかぎらず、名前にタコのつくものはすべて私のパワーになる。)
    《Anything with "tako" in its name can become my power, not just tacos!》
    (お姉さんのお弁当には、それが入ってたじぇ。そう、お弁当の定番タコさん
    ウィンナーだ!しかし勝負は非情なり。お姉さんをきっちりぶっちぎるじぇ!)
    《The linchpin of the lunchbox, the tako-san wiener!But the battlefield
     knows no kindness!I'll kick her butt just like the rest of 'em!》」




 男性 スウェーデン
この戦いは先が読めなくて特に面白かった。今後も期待してる。


不明
井上はいけ好かないが
甲斐田裕子さんの声はもっと聞きたい。本当に色っぽい声だよね。

井上「(起家タコス女の手が進んだ。この流れは断っておきたい・・・)ポン。」
マコ「なんで、そこで[一筒]をポン?」
久  「流れを変えるとかじゃないの?(Isn't she trying to change the flow?)」
和 「非科学的です。(It's illogical.)」
咲 「でも、あのポンがなければ優希ちゃん、聴牌だったね。」
和 「偶然です。たまたまです。(That's just a coincidence, mere chance!)」



不明
今回の麻雀には忍者が関わってた気がする。

優希「(あれ?いま、南場だっけ?)」
久  「(う~ん、さっきの[一筒]鳴きから龍門渕に流れを持ってかれたわね。)
    《Ryuumonbuchi took control of the flow after she called that 1 of circles.》」

井上「ツモ、2700オール!」
優希「(東場なのに全然和了れないジョ)《It's the East wind, but I haven't won at all!》」



不明
やっぱり下着をつけてないように見えるなぁ。


不明
あんまりタコスを苛めないでくれよ!

優希「(このままじゃ駄目だジョ。このままじゃ・・・タコスを食べられただけじゃ
    済まないジョ!このままじゃ・・・なにもかも、持ってかれてしまう・・・)
    (I can't go on like this・・・At this rate, all I've accomplished is getting
    my tacos eaten!At this rate・・・she'll end up taking everything!)」




 21歳 男性 イギリス
優希はナイトに救われたけど、結局負けてしまったな。(笑)

久  「大丈夫、そろそろナイトが到着よ?
    (Don't worry. Her knight will be arriving shortly.)」

優希「まさか、東場で一度も和了れないなんて・・・」
京太「おい、なにしょぼくれてんだよ。(Hey, why so down?)」
優希「ちゃ?京太郎・・・(Huh?Kyoutaro?)」



usa_50 26歳 男性
優希って前にタコスを食べてないと
人間としての形を保てなくなるとかなんとか言ってなかったっけ。


20歳 男性
風越が大幅にリードするとは思わなかった。いや~優希のタコスパワーをもって
しても飲まれちゃうか。美穂子の左目は青だけどどうしてもギアスを思い出すな。XD

優希「お前は使える犬だ!(That's a good doggy.)」
京太「えぇ~・・・いぬ?(Doggy?)」
優希「とにかく偉いぞ!京太郎!(Anyway, you're awesome, Kyoutaro!)」



不明
なんと、京太郎も呪われた血族だったのか・・・


18歳 女性
メキシコ人に謝れって。(笑)


mexico_50 男性 メキシコ
メキシコ人として一応言っとくと、タコスを食べて麻雀が強くなることはないよ。

京太「ま、まぁ俺もタコスは嫌いじゃないからな・・・」
優希「なぬ?お前もタコス好きの呪われた血族か?(So,
    the cursed blood of the taco-lover runs through your veins as well?)」

京太「呪われてねえよ。メキシコの人に謝れよ・・・お前・・・
    (I'm not cursed. And apologize to the Mexican people.)」




不明
咲の学校って、眼鏡っ子をキャプテン・デスとトレードすべきじゃないか?
(訳注:8話において風越の部員達が「雑務をしてたのは?」「キャプテンです。」
    「掃除をしてたのは?」「キャプテンです。」というやり取りを繰り返したせい
    で福路美穂子の名前がネタも込みで「キャプテン・デス」扱いされています。)



不明
その発言でふと気付いたけど各チームにはそれぞれ一人ずつ眼鏡がいるんだな。


不明
なんでみんな、デス、デス、言ってるですぅ?


不明
もしかしたら、キャプテンの名前がデスなのは翠星石へのオマージュ
なのかもしれないな・・・語尾がですぅではないが彼女もオッド・アイだ。

和 「よかった・・・(Thank goodness.)」
咲 「間に合ったんだ!京ちゃん!(Kyou-chan, you made it!)」
久  「でも、彼また出かけてもらわないと駄目なのよね。」
咲 「え?」
久  「お昼ご飯の買い出し・・・(He needs to pick up lunches for us.)」
マコ「鬼じゃのう。(You're just evil, man・・・)」



不明
みんなは咲ってかわいいと思う?


不明
いや・・・


不明
宮藤さんのこと?普通。


不明
みんな、私がヘロイン(heroin)だってこと、忘れてない?


不明
すまん、もう一回言ってくれるか。

優希「よし!タコスヂカラ充電完了だぜ!
    (All right!Taco power recharge, complete!)」

京太「うむ!(Right on!)」



不明
百合目当てで見てるけど、タコスと京太郎のカップルは結構好きだったり。


不明
京太郎をセバスチャンが襲ってくれないかな。

井上「タコスより焼き鳥のが似合ってるんじゃないのか?
    (Don't you think yakitori fits you better than tacos?)」

優希「なにを!?(What did you say?!)」
福路「仲良く仲良く。(Play nice now, you two.)」
優希「(アホグチ叩けるのも今のうちだじぇ。)
    《Spout your nonsense while you still can.》」




不明
いい麻雀回だった。そして、ケイタロウとタコスはイイ夫婦だった。あとたぶん
はじめてタコスを心底可愛いと思った回だな。でも、彼女は負けてしまった。
点数計算ができないっていう、誰かさんの懸念がここで効いてきてしまった。

今回の戦いでは銀髪の少女(少年)が、「チートキャラ」なうえに「コンビ打ち」
してくる相手と戦わなきゃいけなくてちょっと不憫になった。ほっちゃんが
無敵モードになってたけど、これはまあいつものことだね。もう一度戦う機会

があったらどういうことになるのかも気になる・・・けど、今回もう一人卓を囲んで
いたモブキャラは完全に空気だったな。あと、マコは来週眼鏡を取るのか?

井上「(またあのチビにいい手の気配が・・・ま、三万点差ならほっといても平気か。)
    《Well, I already got her down 30,000, I guess I can just leave her alone.》」

優希「きたじょ!リーチ!(There it is!Riichi!)」
津山「(現物・・・)《I'll discard the same tile・・・》」
井上「チー!(いや、ほっとけねえ。)《Nope・・・Can't leave her alone.》」



男性
純が単純に先鋒として選ばれてるなら、他の龍門渕の選手たちはどうなんだろう。
風越と似たような感じかな。どうも、先鋒以外の印象が薄くてわからないんだよ。
あとは竹井久とマコの能力の詳細を見るのも楽しみにしてる。


 24歳 男性 ドイツ
優希を罠に嵌めるために流れを変えたり、リーチして怖がらせる戦術は理解し
やすくて良かった。ただ、残念ながらすべて美穂子に持って行かれたけど。XD

藤田「まるで流れが存在していてそれを操ってるようにも見える。(It almost
    looks like she exists as a being of "flow," even able to control it.)」




男性
優希、よくやった。本当に頑張ったよ。
タコスを盗まれて、敵に施しを受けたけど、やれるだけのことはやったからね。XD


不明
ロングキャットは我々が見てることにきづいてるようだ。


不明
いつも気になってたんだが、腰に巻かれてる猫には何の意味があるんだ?
ベルトとしてでも機能してるのかね。

井上「(タコス女《taco-girl》からはもう気配は感じない。これでこの半荘も貰いだ。)」
優希「(また何も出来ないまま南入。なんだろう、この感じ?
    最近こんなことあったような・・・あ!思い出した!)」




不明
猫型のウエストバッグなんじゃないか?


不明
しかも、アレは生きてるみたいだぞ。
優希が何かするのに呼応して、表情が変化してるから。


不明
恋姫の鈴々の髪飾りでも同じ事が起こってた
けど、萌える表現だからやってるだけだと思う。

優希「(取り返せないとか、無理とかそんなことじゃない。いま、自分に出来ること
    をするんだ。部長が言ってた。一歩一歩進んで行けば、きっと何か違う景色
    が見えてくるって。これは団体戦!私の役目は一点でも多く終わらせること!)
    失礼!・・・っ!(Excuse me!)
    (諦めた心では見えないモノも、前に進めば見えてくる!)《As long as I move
    forward, I can start to see things that I couldn't when I felt like giving up.》」




不明
回転して復活するシーンの優希の演出が好き。


不明
キャプテン・ワンアイ、タコロリ、スターチークス、衣と麻雀したい。
もちろん、ここでいう麻雀とはレスリングのことだ。 レズリングだ。

井上「なんだ?(What's this?)」
福路「うふ。」
優希「気合い、入れ直したじぇ!(ここからが勝負!諦めないジョ!)
    (I'm back and rarin' to go!)《The battle starts now!I'm not giving up!》」




不明
優希が気の毒にも感じたけど、彼女にはもともと勝ち目がなかったような気も。


不明
風越の戦術的には、先鋒キャプテン・デス、次鋒猫娘で
咲や衣と対峙する前に他校を飛ばすことを狙うのが一番勝率高そうな気がする。

井上「(鳴いて紛れを起こすチャンスがねえ。)」
優希「(チートイドラ3もいいけど、ここは・・・もっと高めだジョ!)」
井上「(ドラ切りか。テンパイしたし、リーチで脅して止めるか。)リーチ!
    《I'm tenpai・・・Maybe I can scare her off with a riichi?》(Riichi!)」

優希「(・・・あの捨て牌、ドラが切りづらいジョ!)
    《With that discard, it's really dangerous to discard a dora!》」




不明
それで、デス(Desu)さんの目はどんな意味があるんだ?どういう麻雀能力なの?


不明
ギアスだね。


不明
彼女のギアスの能力は何だ?


不明
「コードギアス」のビスマルクと同じ(未来視)だよ。

井上「(恐らく萬子の染め手に振り替わりだろうな。そのまま縮こまってな。)」
優希「(うぅ・・・困ったジョ・・・)《I'm in trouble!》」
福路「(この子の理牌の癖と視点移動から考えると、端の一牌を除いて
    すべて萬子。リーチに対してドラが切れなくて困っているのね。
    大丈夫、道を作ってあげる。)《It'll be okay, I'll create a path for you.》」




不明
JIIIBUUUUUN WOOOOO (訳注:コードギアスのOP1「COLORS」の歌詞)


不明
彼女は場の流れを読むことが出来るんだろうけど、それは特別なことじゃないさ。


不明
いや流れを読むのは純の能力だよ。キャプテン・デスの能力は相手の習性から
弱点を見抜くことで、それによりある程度牌を予想することも出来るし、周囲よりも
半歩先んずることができるんだと思う。

透華「な!そこでドラ!?あの女やばげ!相変わらず、なんかやばげですわ!
    《A dora, there?!That girl's trouble!Always trouble, she is!》」

国広「・・・目が開いてる。(Her eyes are open.)」
透華「あの女、本性を現しましたわね。(She's showing her true self now.)」
井上「(こいつ!)《Damn her!》」
福路「私の視界からはドラ[七筒]は完全に安牌。ね、これは通るのよ?《From what
    I can see, the seven of circles dora is safe to discard. See?This will pass.》」




不明
もしも、キャプテンが干渉してなかったら
優希は完全にあの男女(dudegirl)にやられてたな。


不明
デスが先鋒を選んだのも
昨年の対決で男女(mangirl)で点差がつくことをわかってたからなんだろうな。


不明
mangirlだの、dudegirlだの、皆好き勝手言ってるけど彼女の名前は純だよ。(笑)

井上「なんだ!俺はしくったのか!?(What?Did I screw up?)」
透華「しくりまくりですわ!(You screwed up big time!)」


不明
今のところ、デスさんのチームが点数で勝ってるのか。
まず無理だとはわかってるけど、彼女のところに勝って欲しいよ。


不明
咲が勝つだろうし、咲も和の事も好きだけど
キャプテン・ギアスちゃんに勝って欲しいよね。

井上「(この女、ツキもねえし、流れの気配も希薄だが
    ・・・まさかタコスちびをサポートして俺を削る気か?)
    《Is she planning on supporting the taco shrimp and wiping me out?》」

福路「ふふ?」
井上「(なんだ、あいつの目・・・気にするな。)・・・なっ!(Wha-?)」



 25歳 男性 (ニューヨーク州)
やっぱり彼女は目の能力者だったんだね。
しかし、まさか風越の先鋒として、最強の彼女を出してくるとは思わなかった。


不明
キャプテン・デスはイイおっぱいしてるな。

優希「ローン!リーチ一発面清平和ドラ1つ!
    (Ron!First Round Tsumo Riichi, Concealed Full Flush Pinfu, one dora!)
    裏が乗れば三倍満だじょ!残念、親倍24000点。(If I get a reverse dora
    that's a sanbaiman!Too bad. As East, that'll be 24,000 points.)」

井上「十分、でけえっての・・・(That's plenty big, sheesh.)」



不明
質量の面では和の後塵を拝するけどね。


不明
いや、デスは素敵な胸をしてるってことだよ。


不明
たしかに、彼女の胸は形が美しい。

優希「まさかこのおねえさん・・・味方?(Could she be・・・my ally?)」
井上「(くそっ!風越キャプテンがチビを調子づかせやがる!なんとかこの流れを
    断たねば!)ポン!《I've got to break up this flow somehow!》(Pung!)」




不明
デスとタコスのほのぼのした空間で何故か泣きそうになってしまった。


男性
タコスパワーが通用しなかったのは残念だが、左目を開いた美穂子が
メチャクチャ格好良かったのと、先鋒戦を操作する姿にもゾクゾクきた。


不明
キャプテン・デスは完璧な嫁だな。子供に優しくて、料理、洗濯、掃除が得意
で・・・GONZO、彼女の出番がコレで終わりだなんて言わないでくれよ・・・;_;

福路「ロンです。2000の二本場は2600です。
    (Ron. 2000 in the second bonus hand is 2600.)」

井上「くっ、今度はこっちかよ!(Now it's this one?)」
優希「(ぁ・・・あたしの親が・・・お姉さんもやるじぇ。)
    《My East hand!This girl's not too bad herself.》」




不明
彼女がコンピューターにメチャクチャ疎いとしても、嫁にふさわしい女性だ。


不明
むしろ、コンピューターに詳しくない方が
PC内のアレなモノを見られずに済んでありがたいけどな。


不明
何故、彼女を嫁にしてるのに、そんなものを見る必要があるんだい?


不明
おいおい、俺達はいま腹を割って話し合ってるんだ。嘘はナシにしよう。

透華「何故、気付きませんの?!すでに敵は風越のあの女ですのよ!
    (Why hasn't she noticed?The enemy is that Kazekoshi woman!)」

沢村「あの制御・・・(Control of the field・・・)」
福路「そういえば、風越の福路は今日一度も振り込んでないね。(Now that you
    mention it, she hasn't taken any points from Kazekoshi's Fukuji today・・・)」




不明
各校の点数が嫁にしたいランキングの票数に思えてきた。


不明
個人戦があれば良いんだけどな。
キャプテン・デスがそこで勝ち上がってくれたらまだ望みは・・・


不明
みんなと同じくキャプテン・デス(Cpt Desu)を応援してるよ。;_;


不明
キャプテン・デスはどんだけイイ子なんだよ
・・・仲間たちがキャプテンの為に健闘し勝利することを願ってる。

優希「(違う!このお姉さん、味方なんかじゃないジョ!)
    《No・・・She's not my ally at all!》」

井上「(敵はこいつだ。今の今まで流れの中に身を潜ませていやがった。
    嵌められたぜ!)《She's the enemy!She's just been hiding
    in the flow up until now, damn her!She set me up!》」

福路「ロンです。8600。(Ron. 8600.)」



不明
デスは衣と当たるべきだったんじゃないか?華菜でどうにかなるようには
見えない。ただ、わざわざ衣に当てるからには、何か理由があるんだろう。
いまの所、猫になれるくらいしかわからないけど・・・彼女の能力はなんだ?


不明
人をときめかせることができる。残念ながら麻雀で役に立たないだろうけど。


不明
萌え萌えきゅん(moe moe kyun)させられるんだよね。


 男性 (コロラド州)
タコタコキュン!

透華「あの女・・・目立ちすぎですわ!
    (That woman・・・She infuriates me to no end!)」

国広「ま、ボクはこのくらいがイイハンデだと思うけどね~・・・
    (Well, that'll just end up being a good handicap for me, then.)」




不明
実際、日本では池田が人気らしいよ。


不明
日本人は本当に猫耳が好きなんだな。


不明
どのチームにも勝って欲しいんだけど・・・


不明
俺はハマーン・カーンのチームが好きだな。


不明
残念ながらキミは少数派だ。

津山「えと、ロン。2600の4本場で3800です。
    (Um, ron!2600 in the fourth bonus is 3800.)」

二人「・・・」
三科「先鋒戦終了。なんと、なんと、終わってみれば圧倒的かつ一方的。先鋒戦を
    制したのは名門、風越女子の福路美穂子!(The one in control of this lead
    off battle is from the famous Kazekoshi All-girls school, Fukuji Mihoko!)」




 22歳 男性 (アリゾナ州)
明らかに、もっとたくさんのタコスが必要だ!
ギアスガールの倒しっぷりは爽快ですらあったし、今回もワイワイがあった。


不明
ワ~イワ~イ!


 男性 シンガポール
風越の女の子が大好きだから、この試合を支配してたのも嬉しいんだけど、どうも
後続の選手はそこまで凄そうには見えない。(もしも見当違いならそれで良いんが
エースが真っ先に出てきたってことは、これ以上を期待できないってことだろう?)

咲と衣の対決もどうなるんだろうな。衣はちょっとアホっぽいけど、彼女は時計を
破壊する恐ろしい人物だから・・・ああ、来週はマコの出番だね。どうなるかな。

衣 「階前万里。透華はいつも心ばや過ぎる。
    (The walls have ears!Touka is always too impatient!)」

ハギ「衣様に、期待しておられるのです。
    (She is expecting a lot from you, Koromo-sama.)」

衣 「無論、有象無象の下等生物が、衣に勝てるわけもなし!(Naturally!There's
    not a chance that rabble of lower lifeforms can win against the Koromo!)」

咲 「・・・っ!」