The Lovers, Part 1

(「`」つき追記コメです。)


以下、ANSMAL、Reddit、4chan、JOJO'sから引用。(CRで公式に海外配信中)


 30歳 女性 クロアチア ①`
「ケバブを如何に買うべきか」は楽しかったけど、役立つことはなさそう。

セフ 「すまない5人分くれ!(Excuse me. I'd like five of those.)」
店員「5個1000円ね!(Five will cost you a thousand yen.)」
セフ 「えぇっ?千円?(A thousand yen?)」



不明
うちのパキスタン人の父に聞いたら、最初から5~10ドルっていうのが通常価格って
露天は珍しくないそうだよ。(もしかしたら、父はいつもぼられてたのかもしれないけど。)


 21歳 男性 ポーランド
というか、5個150円だったら安すぎだろ!


不明
とりあえず、インフレを考慮に入れなきゃいけない。三部の舞台は80年代だからね。


不明
円が強かった80年代当時の価格設定だからな。:P


不明
3Dのケバブだと?!



 24歳 男性 ポーランド
もう!ケバブが食べたくなってきたじゃないか。


 不明 カナダ
いまみんながケバブを食べたいと思ってるだろうな。かくいう俺もその一人だ。


 19歳 男性 イギリス
ジョセフはパキスタンにおいて(円で)値切る方法を教えてくれた。
そして、ちょっとでも血管を傷つけたらこう叫ばなければならない。OH MY GOD!


不明
アラブ人としては、中東における値切り方法としてこれ以上正確なものはないな。



不明
自分もアラブ人として尻打つくらいわらったけど
正直、食料品だけは値切ることあんまないよね。


不明
確かに。


 不明 南アフリカ
うちでもそんな感じだけど、コレが得意だとしてもいい目では見られない。


 不明 
自分も値切りはするけど罪悪感があるからな。


 不明 サウジアラビア
こっちじゃ値切ること自体しないかな。


 43歳 男性 メキシコ
「何も言わずにこの金を受け取れ」って具合に、 芋だけは絶対に値切るね。


 17歳 男性 イギリス`
幾つか指摘させてほしい。
(俺はイギリス出身だけど、血筋はパキスタンだからその義務があるだろう。)
・ドネルケバブはトルコ料理で、中東ではポピュラーだけど
 パキスタンではギリギリ売ってる、ってレベルにすぎない。
・パキスタンは中東じゃなくて、アジアに入る。より厳密には東南アジアだね。
・ダンの格好はアラブ人みたい。
・値切りパートの描写は的確だった。(笑)

ナレ「日常の値打ちを知らない初めての外国人は一体幾らなのか見当も付かず
    すごくカモられてしまう。しかしこの世界ではカモることは悪いことでは
ない。
    騙されて買ってしまった奴がまぬけなのである。
    (But in this world, such exploitation is not seen as a bad thing.
    The one who was tricked into buying is seen as an idiot.)」




不明
ジョースターによる、値切り交渉の時間だぁああああ!


不明
ジョセフ・ジョースターの交渉術は大いに参考になるね。


不明
いや~値切り方は勉強になった。


不明
ナレーターさん、大活躍だったな。


33歳 男性`
みんな、ドネルケバブがどんなものか疑問に思ってるかもしれないけど
実際にはこんな感じね。



不明
値切り交渉シーンでしばしば静止画を挟む演出が好きだった。


不明`
舞台:中東
人物:イギリス人の客
話題:円建てのビジネスについて ・・・これはどういうことだ。


不明`
それはつまり奇妙だな。


不明`
パキスタンは中東じゃなくて東南アジアだぞ。


 20歳 男性 トルコ`
お腹が空いてきたから、ドネルケバブが食べたくなってきた。



不明
原作からスティーリー・ダンってケバブ屋だったっけ?全然記憶にないんだけど。


不明
そう、最初から彼だね。


 不明 フィンランド`
原作を読んだとき、露天ケバブの店主が
スティーリー・ダンだと気づかなかったから、このエピソードには軽く衝撃を受けた。


不明
はじめからスティーリー・ダンだったなら425円で売ることでどうして喜んでたんだ。


不明
そりゃ、425円分リッチになったわけだからね。


 不明 フランス`
ダンが自分の身を明かした時に思ったけど、普段ケバブを売って生計を立てて
休日はDIOの子分として働いてるって事なのかな。彼がジョセフから余分に金を
だまし取った時点で既に攻撃が始まってるっていうのも面白いよね。

セフ 「(やった~!半額以下までまけてやったぞ!ざまあみろ。儲けた儲けた。)
    《Take that!I made out like a bandit!》」

ナレ「と思っていると。(And just as you think that・・・)」
ケバ「(いつもは5個で150円で売ってるもんね~!)ばいばい!サンキューね!
    《I usually sell five for 150 yen!》(Bye-bye, thank you!)」




不明
なんでスティーリー・ダンはケバブ屋に扮してたんだ?


不明
完璧な変装だったろう?おそらく、DIOが「隠者の紫」で居場所を突き止めた上で
送り込んだんだろうけど、彼が素性を明かさなければ、全員倒したかすくなくとも
足止めくらいは容易に出来ただろうね。


不明
誰にも気づかれずに体内に潜入できて、遠距離から痛みで殺すことが出来る
スタンドってこれ、姿を現しさえしなければ、ほぼ確実に勝ってたんじゃ・・・?


不明
そもそも、何故彼はケバブに毒を仕込まなかったのかという問題がだな・・・


不明`
スターダスト・クルセイダーズの「旅行パンフレット」みたいな要素がどんどん
好きになってる。今週号は、ドネルケバブと値切り方についての特集だった。


17歳 女性`
人生における有用な教訓を与えてくれる。今回はペテンと値切りについてね。


不明
自分以外のみんなにケバブを奢っているジョセフを見てしまったときの表情。

セフ 「おい!皆、そのバアさん目を醒ましておるぞ!(Hey!That old lady's awake.)」
一同「えッ!(Eh?)」
エン「わ・・・わしは!わしは!何もしゃべっておらぬぞッ!な・・・なぜ
    おまえがわしの前にくる・・・このエンヤが、DIO様のスタンドの秘密
    をしゃべるとでも思っていたのかッ!(Do you think that I, Enyaba,
    would actually tell them the secret of Lord Dio's Stand?)」




不明
エンヤをいじめるのはやめよう。


不明
それは荒木先生に言ってくれよ。


不明
いや、ジョセフは
自分用、承太郎用、ポルナレフ用、花京院とエンヤ用に5個買ったんだろう。


不明
おぉ!言われてみればその通りじゃん!ジョセフはどんだけ好々爺なんだ!


男性 ①`
エンヤ婆がこんな恐ろしい運命にさらされるとは・・・DIOが彼女に肉の芽を
植えるのは予想外だったし、眼から飛び出した触手もおぞましすぎる!>.<
「恋人」もちっちゃいスタンドだけど、それでも危険な相手には変わりないな。
そして、可哀想なジョセフ・・・彼はまさにOh my God!って感じだったな。

ダン「DIO様は決して、何者にも心を許していないということだ!口を封じさせて
    いただきます・・・(I will be making sure you never speak again.)
    そして、そこの4人!お命ちょうだいいたします・・・
    (And as for you four there・・・I will be taking your lives.)」




不明
しかし、エンヤ婆がケバブを食べることはなかった。


24歳 男性
ここまで、今回の対戦相手が、あのミュージシャンを
思い出す名前であることに触れてる人がいないだと。


 不明 (ニュージャージー州)`
イケメンだなぁ、ダン。彼の為にスティーリー・ダン最大のヒット曲を聴きなおそう。


男性`
"OH GOD" "OH NO" "OH MY GOD"と最高の瞬間が詰まった回だな。
それに見ていて、スティーリー・ダンの曲も幾つか聞き返したくなったよ。


不明`
ジョジョのなかに散見されるスティーリー・ダンオマージュが大好きなんだ。
(エイジャ、スティリー・ダン、ペグ、フェイゲン&ベッカーの細かいネタ。) 
作品の多くを占める音楽要素を見ても本当に先生は良い趣味してると思う。


不明
スティーリー・ダン(Dan of Steel)って、いやこの字幕はねえだろう・・・

エン「う・・・うう、うそ・・・う・・・うそじゃ・・・DIO様がこのわしに
    こんなこと・・・するはずが・・・ない・・・(L-L-Lies・・・Lies
    ・・・It's a lie・・・Lord Dio would never do this to me・・・.)」




不明
その字幕のせいで、俺の腹筋が隣接する別の宇宙まで吹き飛んでいった。


不明
その字幕はむしろ笑えるからアリだな。


26歳 男性
ふふ、Dan of Steel。スティーリー・ダンが使えないんだったら
ダン・スティーリーならいけたのかな。それか、ダンリー・スティールとか?


不明
Dan of Steel・・・彼らはスペイン語字幕でも同じことをするんだろうか。
(訳注:CRの公式配信では英語字幕の他にも
    スペイン語、ポルトガル語、フランス語、ドイツ語を選ぶことが出来ます。)



不明
Dan de acero


不明
一応、書いておくけど、アメリカのローカライズ版JOJOは一貫してその名前だよ。


男性`
前編という意味では鬱憤のたまる展開だけど、エンヤは安らかに眠って欲しい。
根本的には悪い老婆じゃなかったと思う。まあ、俺はおばあちゃん子だから余計
そう思うんだろうけど。^^

花京「ばあさんの体から出ているのはスタンドじゃあないぞッ!実体だッ!本物
    の動いている触手だ!(They're real!They're real, moving tentacles!)」

エン「あの方がこのわしにこのようなことをするはずが・・・肉の芽をうえるはずが
    ・・・DIO様はわしの生きがい・・・信頼し合っている・・・(He would never
    do something like this to me・・・He would never plant a flesh bud・・・
    Lord Dio is my reason to live・・・We trust each other・・・)」




不明
エンヤ婆、敵ながら見事な最期だった。 最期まで忠義を貫いたんだね。


男性
エンヤ婆、安らかに眠れ。彼女のことを嫌っていたけど
それと同じくらい、彼女は強烈な思い出を残していった。


不明
そういえば何故、CRはエンヤ婆をGranny Enyaじゃなくて、Enyabaにしてるんだ?


不明
そりゃあエンヤだけにしたら、元ネタの歌手の著作権にひっかかりかねないからな。


 男性 チリ`
ここで気になるのはDIOがここまでしてでも敵に渡したくない情報
があるってことだな。場合によっては、物語の鍵になってきそうだ。

ダン「エンヤ婆・・・あなたはDIO様にスタンドを教えたそうだが、DIO様があなた
    のようなちっぽけな存在の女に心をゆるすわけがないのだ!(But there is
    no way that Lord Dio would ever trust a little old woman like yourself.)
    それに気づいていなかったようだな。(It seems you hadn't realized that.)」




不明
三部でいちばんの難点はスピードワゴンが欠けてることだな。


不明
萌える相棒(moe sidekick)ポジションにはすでにポルナレフが収まってるじゃない。


不明
どうも勘違いしてるようだけど、萌える仲間には老ジョセフ(Oldself)が収まってる。


不明
だな。もしジョセフが可愛いうぐぅガールだったら、みんな彼を俺の嫁と言っていたと
思う。あの「OH MY GOD」にも母性本能をくすぐられるし、萌える相棒で間違いない。

セフ 「わしはDIOを倒さねばならんッ!たのむ!言ってくれッ!教えるんだァ
    ・・・ッ!DIOのスタンドの性質をおしえるんだァ・・・ッ!」

エン「DIO・・・様・・・は・・・このわしを信頼してくれている。言えるか
    ・・・(Lord・・・Dio・・・He believes in me. I can't tell you・・・)」

セフ 「Oh, God!」



17歳`
これで海外で売り子とやり合うことが出来るな。ありがとう、ジョジョ。ジョセフが
いつも命を脅かされてるのは気の毒になるけど、いま自分が欲しいのは彼の
"OH GOD"を集めた動画だ。


24歳 男性
こんなおぞましい方法で死ぬなんて・・・


22歳 男性
説明の途中で殴る承太郎にウケた。(笑)


不明`
ジョスター達は露天で食べ物を買うときすらスタンド攻撃に晒されずには
できないんだな。(笑) そういえば、スティーリー・ダンって、ジョースター達が
くるのを待っている間に、自分の店をオープンさせたって認識で良いのかな。

ダン「悲しいな・・・くくっ・・・どこまでも悲しすぎるバアさんだ。
    (How sad・・・How truly sad that old woman was.)
    だが、ここまで信頼されているというのもDIO様の魔の魅力の
    すごさでもあるがな・・・くっくっくっ・・・」

ポル「おれはエンヤ婆に対しては、妹との因縁もあって複雑な気分だがてめーは殺す!」
花京「4対1だが、ちゅうちょしない!覚悟してもらおう・・・
    (It'll be four against one, but we won't hesitate. Prepare yourself.)」




26歳 男性
承太郎にダンの説明を聞いてる暇なんてないから即座に窓までぶっ飛ばされてたね。


24歳 男性
結局、エジプトに行くまであらゆる動くモノをぶちのめしていくのが1番効率良いよな。


20歳 男性`
実際、注目に値するスタンドだと思う。いかに弱くとも二つを結ぶ能力は
「恋人」と呼ばれるのも納得だ・・・で、これから俺達はジョセフ・ジョースターの
内部を探検することになるのか?まったく予想がつかない展開って、やっぱり
楽しいよね。承太郎がスティーリー・ダンを粉砕する瞬間も心待ちにしてる。


不明
個人的には承太郎が相関関係に気づかずに
「何やってんだ、爺」とか言いながら、延々オラオラしてる展開も見てみたかった。

承太「てめーがかかってこなくてもやるぜ!
    (Even if you won't attack us, we're going to fight.)」

ダン「どうぞ。だが君達はこの鋼入りのダンに指1本触る事はできない。(Do as you please.
    But none of you will be able to even lay a finger upon me, Dan of Steel.)」

承太「おらあッ!」



不明
その場合、ダンが途中で音を上げるか、ジョセフが力尽きるかの二択になるな。


32歳 男性
ジョセフが自分の身体に波紋をうったら、肉の芽だけでも排除できないかな。


 20歳 男性 カナダ`
鋼入りのダンの異名の通りだな。
どれだけの人間がスタープラチナのパンチを受けてすぐ動けることやら・・・


 52歳 女性 イギリス(スコットランド)
この物語はフィクションであり、登場する人物、団体、場所、法律および
名称等などは実在のものとは一切関係ありません。って注意書きがいいわ。
ええ、確かにその通り。全然関係ないわ。

ダン「おい小僧!駄賃をやる、そのホウキの枝でわたしの足を殴れ!
    (Hey, brat. I'll give you a tip, so hit my leg with your broom.)」

セフ 「はっ!ま、まさか・・・(I-It can't be・・・)」
ダン「殴れッ!(Hit me!)」



不明`
スティーリー・ダンはいまいましいほど魅力的なクソ野郎だった。


20歳 男性`
そんな!あの触手がジョセフの脳に入り込んじゃうなんて!
ダンはうっとうしいけど、来週、こわされることを確信してる。


 不明 パキスタン`
ダンが箒少年になげたお金は、確かに実際の紙幣だったね。
カラチに住んでるからよく知ってる。ちなみにこれがその紙幣。

(訳注:100ルピーは約103円)


不明`
スティーリー・ダンの声がすごくいい。


 20歳 男性 ロシア`
岸尾だいすけさんのスティーリー・ダン、良いよね。


女性`
ダンを見てると、もうすぐ屠殺されようとしてる羊と重なるわ。


不明
ダンが格好つけてるときに、子供に叩かれたときは不意打ちを喰らった。(笑)

ダン「同じ場所を数倍の痛みにしてお返しする!もう一度いう!きさまらはこの私に
    指1本ふれることはできぬ!しかも恋人はDIO様の肉の芽をもって入った!脳内
    で育てているぞ!エンヤ婆のように内面からくいやぶられて死ぬのだ!
    (Just like Enyaba, it will eat you from the inside and you will die!)」




不明
俺だって、人を殴るだけでお金が貰える仕事がしたいよ。


不明
大人げないけど子供に軽くイラっとしたから追い払ってくれてせいせいした。


不明`
さよなら、エンヤ。うちの家族も市場でハラルの肉屋で買い物をする時
なにかにつけて値切ってた。そのときのやり取りなんて、まさしくこんな
感じだったから、見てて笑っちゃったよ。(笑)

あとは子供がもう一度殴ったとき
ダンがもう一度やれといつ言った!!と手を上げたときにも吹いた。
ただ、彼はあまりにからかいすぎたからその代償を受けるだろうな。

セフ 「痛っああああッ!(Ow!)」
ダン「いつ2回殴っていいといった?このガキが!(You little brat!) ま、はっきり
    言ってわたしのスタンド、恋人は力が弱い・・・髪の毛1本動かす力さえもない
    史上最弱のスタンドさ・・・だがね、人間を殺すのに力なんぞいらないのだよ
    ・・・わかるかね、諸君!(Do you understand, gentlemen?)」




 21歳 男性 フィリピン
みんな!まずは落ち着いて!さもないとトイレを舐めさせるよ!


20歳 男性
トイレを舐めるのか、トイレに舐められるのか、それが問題だ。


 31歳 男性 メキシコ
やばいくらい楽しかった。それに、ポルナレフがトイレでやられなくてよかった。


 男性 イタリア`
承太郎の怒りが刻一刻とたまってく様子が楽しくてしょうがない。とんでもない
ことになるのは現時点でもわかる。あと今回の色での遊びは格段に良かった。
印象的な場面がいくつもあったよ。

花京「承太郎!落ち着けッ!バカはよせッ!
    (Jotaro, calm down!Don't do anything stupid.)」

承太「いいや、こいつに痛みを感じる間を与えず殺してみせるぜ!(No. I'm
    going to kill him so quickly, he won't have a moment to feel pain.)」

ダン「痛みも感じない間の一瞬か。ほう、いいアイデアだ・・・やってみろ承太郎!
    (Without a moment to feel pain, huh・・・
    That's a great idea. Let's see you try it, Jotaro.)」




21歳 女性
承太郎が祖父を傷つけたことで冷静さに欠いて
いつもの祖父への辛辣さもなくしてるのが愛おしい。


 36歳 男性 (ネバダ州)
いつもは冷たくあしらってるけど、あれでもジョセフを深く思いやってるからね。


 16歳 男性 (ニューヨーク州)`
いや~ぶっとんだスタンドだな。
あとジョセフをまた好きなり始めてるよ。彼はいつだって俺のお気に入りなんだ。


 23歳 男性 (コネチカット州)`
承太郎を怒らせた時点でダンはすでに死んだも同然だし、怒らせるほど
その死は凄惨な物になるだろう。これを理解した上で、スティーリー・ダン
の最期を見届けよう。死ぬにはあまりにも惜しい素敵な名前の持ち主だった。

承太「あまりなめた態度とるんじゃあねーぜ!
    (You don't want to underestimate me.)
    おれは、やると言ったらやる男だぜ!
    (When I say I'm going to do something, I do it.)」




 21歳 男性 チュニジア`
ダンに腹が立ってしょうがない!


 19歳 男性 オーストラリア`
ダンが承太郎を怒らせたのは失敗だったね。


23歳 男性
ジョセフが可哀想。(╥﹏╥) それに、承太郎もプライドを傷つけられただろうね。


24歳 男性`
承太郎を怒らせたのがあの不快な野郎の最大の過ちだった。
いまはスタープラチナでボコボコにされることを祈るばかりだ。


男性
ダンでもあのサイズの石を持ち上げられるのか・・・

花京「自分の祖父を殺す気か?
    (Are you trying to kill your own grandfather?!)」

ポル「ほ、本当にやりかねねぇやつだからな!
    (H-He's the type that might actually do it・・・)」

ダン「なめたヤローだ!(You aren't taking me seriously.)」



不明
ところで、「恋人」が自分の身を傷つけないように
タオルを口に詰めて縛るとかじゃダメだったのか?


不明
彼の手首を縛ったりしたら、その10倍のダメージがジョセフに行くんだぞ。


不明
逆に、承太郎がジョセフをいろいろアレな事したら
スティーリー・ダンも汚された気分になるのかな?


不明
残念ながら彼は悦んでしまうから、汚された気分にはならないよ。

セフ 「な・・・なんてことだ孫が殴られて、わしが助かるとは・・・すっかりヤツの
    ぺースだ・・・わしの脳の中にヤツのスタンドがいる・・・若いころ、心臓に
    毒薬をうめ込まれたことがあったが・・・なんとかしなければ・・・なんとか
    しなければ・・・(I must do something・・・I must do something!)」




不明
ジョセフはどちらにせよ動けないだろうし、縛ったとしても
ダンが藻掻くだけでも、ジョセフの骨が折れちゃうと思う。


不明
ハイエロファントグリーンで、ダンの身体を支配しても良かったんじゃないか?


不明
学校の女医にやったのを鑑みるに、ダンの身体を傷つけて
ジョセフまでとばっちりを食らう可能性がかなりあるからなぁ。

ダン「物事というのは短所がすなわち長所になる。
    (But one's weakness can also be one's strength.)
    わたしのスタンド恋人は力が弱いぶん一度、体内へ入った
    どのスタンドより遠隔まで操作が可能なのだ。何百キロもな。」




不明
承太郎はダンをスタープラチナで持ち上げて
なにも出来ないようにしておくだけじゃダメだったのか?


不明
ダンの腕を軽く叩くだけで、ジョセフの骨がくだけるから。


不明
まあでもこの場合は、ジョセフが多少傷つくのを覚悟した上で
ダンの動きを封じるのが最適解だった気がしないでもないな。


17歳 男性`
自分は既に、ダンを気の毒に思い始めてる。


男性`
承太郎はスティーリー・ダンをメチャクチャにしちゃうだろうな。
安らかに眠れ、スティーリー・ダン。

ダン「きさま・・・ジョセフが死ぬまで、このわたしにつきまとうつもりか!」
承太「ダンとか言ったな!このつけは必ず払ってもらうぜ!
    (Dan, was it?I will definitely make you pay for this.)」

ダン「ククク・・・そういうつもりでつきまとうならもっと借りとくとするか・・・
    (If that's why you're following me, maybe I should borrow a little more.)」




 男性 ブラジル`
ジョジョの怒りが目に見える形に具現化しつつあるような気がする。


19歳 男性`
ダン、むかつく野郎だ・・・:/ 承太郎の口直しの瞬間が待ちきれない。


 27歳 男性 (カリフォルニア州)
はやく終わりすぎだろ・・・オーノー!なんてこっちの台詞だよ!


 26歳 男性 イギリス
承太郎たちがスタンドを倒したのもつかのま
ジョセフ・ジョースターは脳溢血により、病院で息を引き取った。オーノー!


男性 ②`
花京院とポルナレフはいいチームワークを見せてるね。こういう緊迫した状況下でも
沈着冷静な花京院が好きだよ。承太郎が屈辱を受けるシーンは見てるだけで辛か
ったけど・・・ダンを叩きのめすとの瞬間が待ちきれない。終盤で流れたBGMも大好き。

セフ 「隠者の紫!(Hermit Purple!)」
花京「・・・いた!(There it is!)」
セフ 「オォ~ノォ~!なんてこった!自分の脳の中を見る事になるとは・・・
    (Oh, no!How can it be that I had to see inside my own brain?)」




24歳 女性
スタンドを小さくすることが出来るんだったら
逆に大きくしてすべてを踏みつぶすって戦い方も出来るんじゃない?


 19歳 男性 カナダ`
承太郎を怒らせるとか恐ろしすぎる・・・ダンはスタンドを解除されたら
とんでもないことになりそう。今回はジョセフの可愛さも光ってたけど
まさかこんな風にスタンドの大きさを変えられるとは思わなかったよ。
巨大なスタンドを創り出して町ごと破壊する戦い方はできないのかな。


22歳 男性
ポルナレフ曰く、サイズを変えるにはより多くのエネルギーが必要みたい。


 男性 イギリス
ストレングスなんかは、巨大で場所も作り替えてしまうスタンドだったね。

花京「スタンドはエネルギーのイメージ化した姿だ!小さくなれるはずなんだ!
    (Stands are images made of energy. They should be able to shrink.)」

ポル「花京院!」
セフ 「おい!お手柔らかにたのむぞ!(Hey, take it easy on me.)」



 22歳 男性 (カリフォルニア州)`
ジョセフが劇的に「Oh my God!」と言うだけでツボに入る。(笑)


 18歳 男性 (カリフォルニア州)`
シルバー・チャリオッツも小型化できるという事実は少し引っかかるんだが
「恋人」ホントいいな。承太郎がスティーリー・ダンをやっつけるのも楽しみ。


32歳 男性
ポルナレフのスタンドは人形との戦いの時に、目が見えなかった
けどいま彼のスタンドは脳や血管の中でも制限なく動けるのかな。


16歳 男性`
みんなもこの小さなスタンドの冒険を思う存分愉しんで欲しい。
何故ならこの能力が今後発揮されることは二度とないからね。


 男性 イタリア`
これコンセプト的には楽しい話だけど荒木先生が設定した
原則にも幾つか引っかかる部分があるから仕方ないよね。


24歳 男性`
荒木先生の場合、スタンドにまつわることは時々コインを投げて決めてるんじゃ
ないかと思うことがある。小型化も二度と使われないのはなんとなくわかるしな。

ダン「どうだ?橋になってくれないか?
    (What?You're not going to be my bridge?)」

承太「てめー!なにふざけてやがるんだ!
    (What the hell are you talking about?)」

ダン「橋になれと言ってるんだッ!このポンチ野郎がァーッ!
    (I said, make yourself into a bridge!You ridiculous bastard!)」




 20歳 女性 (カリフォルニア州)
ダンのサディストっぷりは収まりそうにないわね。


不明
血管にスタンドが入り込むなんて・・・まさに文字通り奇妙な冒険だな。


不明
スティーリー・ダンは憎たらしい愛すべき悪役だから彼を倒すのが待ち遠しい。


 18歳 男性 スロバキア
値引交渉も楽しかったし、承太郎がダンをやっつける瞬間を楽しみにしてるよ。


男性`
承太郎は文字通りの意味で、ダンにプライドを踏みにじられてたな。


男性`
ダンはここでやったことの報いを受けることになるだろう・・・この恥辱だからな。


21歳 男性`
今まで長いこと承太郎を見てきたけど、その中でも飛びきり怒ってるな!XD
ダンは最終的に、彼だと判別がつかない状態になりそうなのが気の毒だけど
命令に絶対服従な承太郎を見るのが楽しかったことも認めざるを得ない。(笑)

ダン「よ~し!なかなかしっかりした橋に、なったじゃあないか・・・
    (Good. You're a rather sturdy bridge, aren't you?)
    ホレホレホレ、ホォーレ!(Aren't you?Aren't you?Aren't you?)
    ホ~レ、ホレ~!(Aren't you?Aren't you・・・)」

承太「クゥ・・・」



 不明 スペイン`
怒ってる承太郎が琴線に響くんだ・・・


不明
OH MY GOD!ジョセフの脳みそにイチモツがあるぞ!


不明
そりゃ、ジョセフ・ジョースターだからそのくらいあるさ。


不明
男は誰だって心にち○こを抱えて生きてるもんだよ。


不明
これどう見ても、ナニだよね。ಠ_ಠ



17歳 男性
目に焼き付いて離れなくなっちゃった・・・;_;


不明
そうとしか見えなくなってきたからマジでやめろ。


不明`
完全に心がおかされてる(mind-f○○k)じゃないか。


不明
ジョセフの脳内にはち○こがあって、2人の男がちょうど生で彼の中に入ってる。彼は
部をまたぐごとにいやらしくなっていく。4部でまた出番があったらどうなっちゃうんだ。

花京「ジョースターさん、敵のスタンド『恋人』は体内の神経の出発点、脳幹と
    呼ばれるところにいますね。僕とポルナレフは耳の奥から静脈にはいって
    血管を泳いで脳幹に向います。ポルナレフ、血管の壁に穴を開けてくれ。
    (Polnareff, open a hole in the wall of the blood vessel.)」




不明
彼の中にはいった男は、その二人が初めてじゃないしな。


不明
そういえば、エシディシとワムウも入ってたっけ。
てことは、彼の身体を通りすぎていった男だけで四人いるのか。


不明
逆にいうと、ジョセフはサンタナの中にはいったこともあるからな。


不明
あぁやっぱり、ジョセフ・ジョースターはいちばん淫乱なジョジョだ。


男性`
ジョセフのオーバーリアクションを愛さずにいられない。今回の話は乗物ごと
小さくして人体に潜入する80年代映画を思い出した。題名は覚えてないけど。


 男性 イタリア`
それは「インナースペース」って映画だろうな。俺の記憶が正しければ
この手の映画の大元は1966年の「ミクロの決死圏」にあるんだよね。

ポル「ちいさいスタンドでいるって結構疲れるぜ。こいつは相当スタンドパワーが
    必要だ。開けるぜ!(It requires a lot of Stand power. Here we go!)」

セフ 「オーマイゴーッド!気分が悪くなってきた・・・
    (Oh, my God!I-I don't feel so well・・・)」




不明
最後のOMGは純然たる勝利だった。


 25歳 女性 メキシコ
ダンは来週、恐ろしい死を迎えるということをここに予言しておくわ。


22歳 男性
予想ではすべて解決した後に、承太郎がダンをこっぴどくぶちのめすと思う。


18歳 男性
その予想は簡単すぎるだろ。


24歳 男性
刻一刻と、承太郎がダンへの殺意を蓄えてるように見えるな。(笑)


 30歳 女性 クロアチア ②`
エンヤ婆が冒頭から驚いてたけど気持ちはわかるわ。DIOには慈悲の心が
ないんだもの。鋼のダンも倒そうとすると、その数倍のダメージが返ってくる
なんて、興味をそそられるスタンドね。変わってはいるけど、有用ではあるわ。
いま承太郎は怒りに煮えたぎってる一方で、スタンドを小さくしてる二人は良い
展開ね。内部から倒すアイデアも面白かったし、これからどうなるのか楽しみ。