01035
Hisan-Iwo (Translation: A High-Grade Fish)

以下、ANSMAL、Reddit、4chan、randomから引用。(CR、Funiで公式に海外配信中)


不明
OPが修正されてるじゃないか!



不明
修正するって何を修正したんだ?


不明
赤ちゃんみたいな手だったんだよ。


不明
Tーレックス・アームのことだね。
元と比べると袖の皺を加筆したみたいだけど、そこは大して問題じゃないような。



不明
いや、手の大きさもちゃんと直ってる。


不明
ああ、ホントだ・・・たしかにその通り。


不明
よかった。これでようやくOPをまた見ることが出来るようになった。

川藤「納得いかねえよ、半田君。(I'm not happy with this, Handa-kun.)」
先生「ん?なにが?(With what?)」
川藤「せっかく五日間も休みを取って島に来たのにやったことと言えば、お前の
    家を探し回って知らないおっさんたちに飲まされた挙げ句二日酔い・・・
    休みをかえせ。(I want my vacation back.)」

先生「自業自得だろ。(You brought it on yourself.)」



不明
お転婆娘ちゃんがクロックスを穿いてるなんて・・・もう見るのやめる!

先生「ほら、しっかり掴まえろ。(Come on, grab it!)」
なる「高すぎ!下げねえ!(It's too high!Let it down!)」


不明
島民達の訛りがたまらない!


不明
真面目な話、今期でもこのアニメほど声が馴染んでるアニメってないな。
すべての素晴らしい「音」に驚嘆させられてる。


不明
なるも信じられないほど愛くるしくて
・・・彼女に声を当ててる子が色んな役で活躍してくれることを祈ってる。

ヒロ「俺は海の男ぞ。アジなんてレベルじゃないんだよ。狙うはひさんいを。」
美和「ひさんいを!(Hisan-iwo!)」
三人「ひさんいを?(Hisan-iwo?)」
なる「ひさんいを!(Hisan-iwo!)」
ひな「ひさんいを!(Hisan-iwo!)」



不明
Hisaniwo!


不明
康介は結局、最後までよくわからないキャラだったような。

康介「なんて強い引きだ!大物に違いない!僕って書道だけじゃなくて
    釣りも天才なんだ!見てろ愚民共!格の違いを見せてやる!」

美和「せ、やね。(It's stuck in the shoal.)」
康介「せ?(Shoal?)」
美和「地球ば釣りあぐっち流石ばい。(Reelin' in the Earth, huh?Yer real good!)」



 25歳 男性 (テキサス州)
今回、ようやく、なるがEDでも装備してる伝説の棒を見つけたな。


不明
EDはどうしても直視できなくていつも飛ばしてしまうんだ。胸が押し
つぶされる気分になって、不思議な液体が目から湧き出すからね。


22歳 男性
EDを見てるとき、雨に降られただけなんだ。
心が痛むのもただの胸焼け。そうに違いない。


 25歳 男性 (テキサス州)
自分もEDを見るたび同じ症状に襲われるからわかる。どうもアレルギー
みたいだね。しかし、それでもあのEDを愛していることは揺るがないよ。

なる「あ、アマメのおった。ん!(Look, wharf roaches!)」
ひな「!!」
なる「ひええええええええ!バリおった~!(Gobs of 'em!)」



不明
YADA!


不明
DAIJOBU


不明
ひながマジで可愛すぎる。

なる「確保!ひな、手ば出して。(Gotcha!Hina, hold out yer hand.)」
ひな「やだ!(No!)」
なる「大丈夫。大丈夫ば~い!(It'll be fine.)」
ひな「やだ!あばれふぁうぁ!(No!No!They bite!)」



不明
(寝室の戸を叩く音に目を覚ますと、そこにはひなが立っている。
「怖い夢を見たの。いっしょに眠ちゃだめ?」
そう言う彼女をベッドに寝かせ、優しく抱きしめながら朝まで過ごす。)
ということが、我々に起こることは決してないのだ・・・


不明
涙が・・・涙がとまらない・・・


不明
俺の人生ってなんなんだろうな。



不明
安らかに眠れ、新八。


 30歳 女性 クロアチア
清舟の友達も、島の魅力に囚われたみたいね。彼らがこの島での生活を味わう姿
にもほんわかしたし、釣りはまさにそれにうってつけの方法だったと思う。^^
なるはどんな時だって愉しんでるね。

康介は泣き虫な子供みたいになってたけど彼がこの島に来たのもスランプが
原因だったのね。残念ながら、二人はすぐに帰ってしまったけど、今回も
楽しい回だったわ。^^ (自分用メモ:なるは絶対に怒らせないように!)

川藤「なんでも、かんでも、自分の目線でしか見られねえのか?
    だからスランプなんかに陥るんだよ!(This is why you're in a slump!)」

先生「スランプって・・・お前書けないのか?(A slump?You can't write?)」
川藤「このまえのお前の字見てからな。半田は下手になってない。下手なら準賞
    どころか入賞もしない。康介は今までお前の字を意識して書いてた。だから
    お前の字が変わったことで見本になる人間が居なくて不安になったんだ。」




 不明 カナダ
金髪君が、館長のスタンドを出したところがいちばん好きだな。

川藤「若いものの役目は失敗することを恐れず、新境地を開くことにあるのだ!」
二人「館長!(The director!)」
川藤「記録よりも記憶に残れ!試合に負けて勝負に勝て!ナンバーワンより
    オンリーワン!賞を取るより売れる物を!」

先生「最後のはお前の願望だろ?!(That one's your wish!)」



不明
ひなは純粋に心臓発作を誘発する存在だな。彼女がもっと話すところが見たい。


不明
ひなの表情をみるだけでも俺は溶けちゃうよ。


不明
真面目な話、僅かな間だけ見せたあの上目遣いの破壊力は半端じゃないよね。

ひな「先生、美和ねえから習ったの。これ使って?(Use this.)」
先生「へえ、ひなが結んだのか。(Wow, did you tie that, Hina?)」
なる「先生、なるのも使って。(Sensei, use mine, too.)」
先生「お前も作ったのか?(You made one, too?)」
なる「なるのはスーパーウルトラぞ。ばり釣れるやつ!
    (Mine is super-ultra. It'll catch gobs!)」




不明
ひなが我々のために仕掛けを用意してくれることはない
という事実をどう受け止めればいいのか・・・


不明
ひなって、いちばん美人さんじゃないか?


不明
おまけに今回の彼女はいつも以上に可愛かった。


不明
ひなが成長したら、美和とタマ両者の魅力を受け継いだ女の子に成長するだろうな。

先生「おい、あんまり笑うなよ。子供のやったことだろ。(笑)」
康介「だって、あまりにも単純だから。(笑)」
なる「むうううううう・・・うぉおおおおお!タ~ックル!(Tackle!)」
康介「この・・・ガキ!(You・・・brat!)」
なる「ふ・・・今日はこのくらいにしといてやるぜ!(I'll let you off for today.)」



 18歳 男性 カナダ
なるはたいあたりをした。こうかはばつぐんだ。
一貫して続く半田の成長を愉しんでるし、心が暖まって満たされるアニメだ。


不明
なるを苛めないようにしましょう。さもないと、彼女に海に突き落とされます。

美和「結局、ここでも習字ん話んしようよ。下手とか下手じゃなかとか。うまい
    もんはうまいで良かろっち感じ。(In the end, they've just been talkin'
    calligraphy here, too. All this about bein' bad or not. Ain't it enough
    for someone good at it to be good?)」

ヒロ「極めだしたら先はなかっちゃろ。
    (I guess when ya reach the top, there ain't nowhere left to go.)」




不明
(先生ほど高い水準で競ってるわけじゃないにせよ)芸術分野に身を置く
者としては、このアニメが本当に深く響くんだよね。それこそ、おそらく
クリエイティブな趣味をもつ人なら誰しも共鳴できるアニメだと感じてる。

(自分にとって「銀の匙」や「ひだまりスケッチ」も同様の効果があったけど)
美和が外の視点から「うまいもんはうまいで良かろっち感じ。」と看破した
ときには目から鱗が落ちた。

芸術家はいつだって己を変革して、新たな可能性を見いだすために並々ならぬ
熱量を費やしてるけど、ここで浮き彫りにされてるのは、何故そうする必要がある
のかってことなんだよ。

それに「伝統」と「革新」のせめぎ合いというテーマもあらゆる分野でいつも
関わってくることだね。その点、半田が魚を筆代わりに「鯛」を描くという
新境地への努力も楽しくて、感銘を受ける素晴らしいオチだった。大好きだ。


usa_50 女性 (カリフォルニア州)
私も同じ感想をもった。このアニメは登場人物の関わり合いを通じて、自分の
人生を省みる機会を与えてくれるね。芸術分野の人と話してみても、この作品
で描かれてることと同じ苦悩を多くの人が抱えてる。そういう面でも本作が
「本物」であることがすごく嬉しいわ。

なる「ヒロシ、これ使えば?(Hiroshi, try usin' this.)」
ヒロ「え、なんだそれ、呪いの道具みたいだな・・・
    (What's that?It looks like cursed tackle.)」

康介「くっはは・・・ごめん・・・(Uh, sorry.)」



 17歳 女性 オーストラリア
大好きだし静かで和む作品だけど、どうしても自分の幼少期を思い出して
切なくなる。;_; 康介がなるの仕掛けを笑ってなるが怒ったときの表情に
私も思いっきり笑っちゃったわ。(笑)


不明
Ebisu!

先生「ん?恵比寿って七福神だろう?
    (Ebisu, as in one of the Seven Lucky Gods?)」

美和「ほら、恵比寿様が持っちょっちゃん。ひさんいを。
    ('Cuz Ebisu's holdin' a hisan-iwo.)」

三人「ひさんいをって鯛か!?(Hisan-iwo is snapper?!)」
ヒロ「正確には石鯛だけどな。(Rock snapper, to be precise.)」



不明
釣った瞬間からそのあとの落差が大きすぎて笑いっぱなしだった。(笑)

二人「えっびす!えっびす!(Ebisu!Ebisu!)」
康介「かけ声うるさい!(Quit yelling!)」
先生「よし!(All right!)」
三人「きたあああああ!(We got it!)」
五人「でけえええええ!(It's huge!)」



17歳 男性
釣り針がバラバラになったのと、シリアスをぶり壊した場面はずるいよね。(笑)

ヒロ「なにいまの、すげえ大物!(That sure was a big one!)」
美和「ホントにおったやんね、あんなの!(Yeah, no kiddin'!)」
康介「つうか、ポチャって!大物がポチャンて!
    (And that "plop." The "big one" went "plop"!)」

先生「腹痛え!(My belly hurts.)」
美和「針が空中分解したね!(The hook broke up in midair!)」



poland_50 19歳 女性 ポーランド
もう7話か・・・先生が(もう彼の名前は何でも良いわよね)、書道をしたくなった
って言ったのが印象的だった。自分の事ながら絵を描いてた頃、何かひらめく
わけでもなく、あっという間にイライラし始めては、ただ不快な気持ちを抱える
ばかりだったの。だから、純粋にそうしたいって、本当に素敵なことだと思う。:D

先生「なんかさ、島に来てから無性に字を書きたくなることがあるんだ・・・
    何かわき上がってきて、手が震える。(For some reason・・・Since
    I came to this island, there are times when I really want to write
    calligraphy. I feel something well up, and my hands tremble.)」

康介「僕も今、そんな気分です。(Right now, I feel the same way.)」



usa_50 女性 (カリフォルニア州)
魚釣りってかなり瞑想的なスポーツ/活動だと思うんだけど
今回の話ってまさにそういう部分を描いてるね。
なるの台詞や、仕掛けでそれをよく暗示してる。

型やぶりな方法が、時には(魚という)実体のある成果以上のモノを
もたらしてくれる。半田が成熟していって、自分自身で納得のいく
芸術家になっていくのを楽しみに見守ってる。


男性
わかるよ。あの書は文句なしに素晴らしかったし、独創性もあったよね。


不明
先生の新境地は自分も大好きだな。

なる「隣ん部屋。(Look in the room.)」
美和「ああ。」
先生「また勝手に覗いて。(Peeking without asking again・・・)」
ヒロ「俺も見る。(Me next.)」
美和「よかやん。あたしはもともと、先生ん字好きやけど、これは最高よ。
    (I always did like yer calligraphy, Sensei, but this one's the best!)」




不明
結局、誰を選ぶべきなんだ。男勝りか、腐女子か、愛娘か、それともホモか。


不明
みんなわかってると思うけど、先生は最終的に男を選ぶよ。


不明
そこの腐女子、だまろう。

ヒロ「かんころ餅だよ。(Kankoro mochi.)」
美和「オーブントースターで焼いて食べっとよかよ。」
先生「見ろよ、川藤。八匹雷と書いて、ハッチカンカンと読むらしいぞ。
    ["Happiki Kaminari" (Eight Lightning Beasts)] ["Hacchi-Kankan"]
美和「テレビ石っち石ん革命やね!(These TV rocks are a rock revolution!)」

川藤「ホントに何しに来たんだ・・・(What did you really come here for?)」



不明
しかし、俺もそう考えちゃうんだよな。だって、彼が女の子に対して
興味を示してみたり、えっちな雑誌を持ってたりしたことあったか?


不明
彼の嫁は書道だから。


usa_50 46歳 女性 (イリノイ州)
郷長が誰を連れて行きたいか尋ねたときに
真っ先になるみたいな子が欲しいと思ったわ。

なる「オモチャが一杯あっぞ!飛行機場っち凄かね!(The airport's amazin'!)」
ひな「サンタークロースの家みたいだねぇ!(It's like Santa Claus's house.)」
郷長「どれか一匹連れてく?(Wanna take one with you?)」
川藤「いや、遠慮しておきます。(Nah, I'll pass.)」



不明
俺なら男勝りちゃんを連れて帰る。


不明
実際、彼女はすごく魅力的だよ。


不明
お転婆娘はいるだけで満たされるからね。彼女を恥ずかしがらせたいよ。


不明
??:ヒロ以外の人を選ぶなんて・・・

康介「ああ!全然可愛くない!(That's totally not cute!)」
ヒロ「ばらもんくん。沢山買って東京で広めろよ。」
康介「ん~・・・友達居ないから自分の分だけ買お。」
ヒロ「なんか、ごめん。(I'm・・・sorry.)」



不明
何故、彼には友達が居ないんだろう。


不明
梶さんの声をしてるからに決まってる。
逆に聞くが、彼の声がするキャラで友達になりたい奴がいるか?


不明
集だったら友達になりたいぞ!


不明
「夜桜四重奏(YZQ)」の秋名はいいだろ。彼のことは好きだよ。

なる「なるもこれば買う!(I'm gonna buy this!)」
先生「買う~!って・・・俺に買わせる気だろ?・・・ん?」
なる「頼むよ、先生!後生だからよ~!
    (I'm beggin' you, Sensei!It's my dyin' request・・・)」

先生「その若さで来世をかけるな。(Don't invoke the next world at your age.)」



女性
頭撫でられてるなるが可愛すぎるわ。

なる「どうしてもこっが、川藤にプレゼントしたか~!」
先生「ったく、お前は・・・よくあいつの好きなもんがわかったな!
    (Honestly, you・・・sure know what he really likes!)」

川藤「好きじゃないよ!(I don't like those!)」



不明
なあ、金属探知機ってそんなに面白いか?


不明
そりゃあ、彼らは田舎者(hicks)だからな。


不明
笑う田舎者.jpg

ヒロ「あはは、眼鏡だ!眼鏡がひっかかたんだ!(His glasses got him!)」
美和「絶対、ひっかかるっち思ったよ!(I knew he'd get caught.)」
先生「お前ら、このために・・・(That's why you wanted to・・・)」
川藤「眼鏡じゃねえ、ベルトだ!(Not my glasses, my belt!)」
二人「あははははは!」



不明
ぴーってなってる!ぴーって!あはははは!ってことだと思う。確かに子供だな。


不明
あれってつまるところ、メシウマ(Schadenfreude)だろ?

康介「いろいろ学ばせて貰いました!(It was very educational.)」
先生「学ばせて貰ったって、修学旅行じゃないんだから・・・同じ道を進んで
    たら、また会うこともあるだろう。会えて良かったと思ってるのは俺も
    同じだ。知らない奴をひがんでるより、顔合わせて楽になることもある
    んだな。また、遊びに来い。(Come visit again.)」

康介「はい!絶対にまた来ます!絶対に!(Definitely!)」



 不明 サウジアラビア
ヒロと美和の二人が笑ってたのは、こっちまでニヤニヤしたよ。

なる「あ!爺ちゃんから預かちょったお土産渡すの忘れちょった!
    (Oh, no!I forgot to give 'em the souvenir Grampa sent with me!)」

美和「まだ間に合う!行け!なる!(There's still time!Go, Naru!)」
なる「およう!ピー!(Ayup!)」
二人「あははははは!」
先生「おい、待てよ。あいつ金属類もってないだろ?
    (Wait・・・She shouldn't have anything metal on her.)」




不明
なるはどうして金属探知機に反応したんだ?ペースメーカーか何か入れてるの?


不明
次見るときはエピソードを最後まで見るようにしようね。


不明
彼女のお爺さんからのプレゼントの中に仕掛けが入ってたんだ。


不明
そういうことか。ありがとう。

美和「なんか、寂しかなんね。(It'll be lonely without 'em.)」
ヒロ「会ったばかりの俺達が寂しいんだ。先生はもっと・・・」
なる「ジュースずるか~!くれれ~!(No fair!You got a drink!Gimme!)」
先生「えへへ~うらやましいか~!(You jealous?)」
なる「くれれ~!(Gimme!)」
美和「あのひと順応力はんぱなかね・・・(His adaptability's the real deal.)」



不明
このアニメが終わったときにとんでもない喪失感を味わう気がしてきた。

みわ「どがんした?(Somethin' wrong?) ヒロ兄も東京行きたかっか?」
ヒロ「東京に行きたかちいうか
    俺達もいつか島から出て行く日がくっとやろねっち思ってさ・・・」

美和「ん・・・」
ヒロ「俺も高三やし、そういうことが現実的に考えんばち思ってさ。
    (I'm in my last year of high school, so I oughta consider that reality.)」




不明
なるがシリアスな独白に水を差した瞬間が大好き。


不明
それは彼女がもっとも得意とすることだ。その純粋な無邪気さと、笑いによって
シリアスだろうと打ち破ってしまう。(自分のお気に入りである紙飛行機シーン
なんかもそうだったけど)、なるは気楽に生きることを思い出させてくれる存在だ。

なる「あ!」
ヒロ「俺のシリアスシーンだろうがよ!
    (Hey, I was having a serious scene!)」




不明
色んな観点から、飛行機が爆発するんじゃないかと思ってる自分がいた・・・


不明
同じく。今期はちょっと殺伐とした作品が多すぎるからね。


不明
君らはちょっと休んだ方が良いよ。


不明
アニメの日常サイドに来るんだ。もっと穏やかで落ち着いた空間が待ってる。

美和「飛んだ!(They're flyin'!)」
なる「ばいば~い!(Bye-bye!)」
ひな「ばいば~い!(Bye-bye!)」
なる「ばいば~い!(Bye-bye!)」



不明
息子を置き去りにしていくなんて、どんだけ薄情な親なんだ!


不明
女の子と二人っきりにさせてあげてるのに薄情もなにもないだろう・・・

先生「定員オーバーだから。(We'd be over capacity.)」
郷長「川藤君のレンタカー返しちゃったから、バスで帰っておいで。
    (Kawafuji-kun returned his rental car, so take the bus home.)」

なる「ばいば~い!(Bye-bye!)」
二人「あ・・・」



不明
可愛い男勝りな女の子と一緒に家に帰るのを強制してくる親なんて
こんなの、お父さん・オブ・ザ・イヤーだよ。


不明
俺だって、美和と一緒に昼寝がしたいさ。


不明
半田と郷長の最後のやり取りが大好きだった。


18歳 男性
こういう別れ方っていいね。彼らが去って行くのは辛いけど
次に会うのを楽しみにしてる、か。これは覚えておかないと。

ヒロ「おい!(Hey!)」
美和「待て!(Wait!)」
ヒロ「ちょっとは乗れるとこあんだろうが!(There's room for us in there!)」
郷長「友達が帰っちゃって、寂しくなるね。」
先生「いや・・・次に会うのが楽しみです。」



不明
半田と島民何人かで東京を訪れる話しとかないかな。
いつもの力関係なんかもガラッとひっくり返るだろうし。


男性
いつもの眼鏡が金属探知機に反応して手荷物に仕舞ったせいで
あの眼鏡をつけざるを得なくなったって事か?


不明
半田が言ってたように、川藤は単純にアレが気に入ったんだと思う。


不明
川藤があの眼鏡をつけてるシーンには死ぬほど笑った。:'D


女性
あのカラクリ眼鏡が欲しくなったわ。O___O

川藤「またこような。(Let's come again.)」
康介「はい。(次は・・ひとりで来よう・・・)
    (Yes. 《Next time・・・I'll come alone.》)」



        
BD 1 2 3 4    漫画 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10(予約)  はんだくん