Birdcage
以下、ASMAL、Reddit、RC、4chanより引用。(Funiで公式に海外配信中。)


 男性 
今回だけでも、独特な白い髪の人間が何人か出てきたけど
対グール用に特殊な手術/訓練でも受けるとそうなるのかな。
(カネキの髪が白くなるのも、そのせいじゃないかと踏んでるんだが・・・)

有馬「君には真戸さんの下について貰おう。
    (I'm going to place you under Mr. Mado.)」

亜門「はい!(Yes, sir.)」
先輩「真戸さんか。新人なのに大変だな。(And you a newbie. Tough break.)」
先輩「無茶する人だから振り回されないようにな。
    (He gets a little crazy, so be sure not to let him push you around.)」




男性
亜門を直視できない。だってあの眉毛を見るだけで笑っちゃうんだもの。(笑)


不明
亜門の髪が短いせいもあるし
あの眉毛が表情豊かなせいで「返し」にばっかり目が行っちゃう。


不明
亜門がいまは髪を伸ばしててくれて良かった。もしこのままなら
眉毛ばっかり気になって、大事なことを見落としてしまうだろう。

亜門「か、勘?!(l-lnstincts?)」
真戸「勘は馬鹿にならんぞ?亜門君。私は勘には自信がある、ふふふ。(Instincts
    are nothing to sneeze at, Amon. I'm pretty sure of my instincts.)」

亜門「(本当に大丈夫なのか、この人・・・)《Is this man really all there?》」



不明
結局、二人って何年くらい組んでたんだろ。流石にここまでズボラ
ではないものの、亜門の初々しさって今でもわりと残ってるよね。


不明
真戸の年齢がわかればどうにかなりそうだけどな。今と比べて
特別ツヤツヤしてるわけでもなく、そんな時間も経ってなさそう。


不明
個人的には回想シーンのほうが皺は少ない気がするような・・・

亜門「しかし、重いですね。ここまでよく一人で・・・(I must say,
    this is heavy. I'm surprised you got it this far alone・・・)」

村松「婆あつかいしてんじゃねえぞぉ?!小僧・・・
    (Don't go treating me like some old lady, kid!)」




 不明 アラブ首長国連邦
おばちゃんが倒されたけど、残念ながら影が差して何も見えなかった。


 不明 ドイツ
真戸はあのおばちゃんグールの頭を切り落としたってことで良いのか。

真戸「君の熱意、私は高く評価するよ?だが、一つだけ良いかな。敵を
    前にしたら手足をもがれても戦え、それが捜査官というモノだ。」

亜門「はい!(Yes, sir!)」



 男性 
初任務の時の亜門はいくらなんでも不注意すぎたね。


不明
亜門が以前、同じ頃卒業した女性がすでに二人とも殉職したと話してたけど
もしかしたら、彼女達もこのぐらいあっさり、何でもないことで死んだのかもな。


不明
(体力的な問題もあるだろうけど)真戸ぐらい年齢がいってる捜査官をあまり
見かけないことや特等の若さから察するに、上から下まで捜査官の損耗率
って滅茶苦茶高そうだな。1年目の捜査官の生存率とかあったら見てみたい。

亜門「真戸さんに会いに。(I was going to see Mr. Mado・・・)」
篠原「そうか、四十九日か。(That's right. Fourtynine days, huh?)」
亜門「ええ。(Yes.)」



不明
エリートでもこれだからな。
人間だけどグールと同じ水準に立って初めて、捜査官として生き残れる。


男性
相棒を失った亜門に心から同情する。俺も真戸のことは好きだったから。


不明
CCGは悪だとはならず、グールと両方失ったモノを示してるのがいいね。

篠原「なあ、亜門。あいつはお前を誇りに思っていたよ。
    (Say, Amon・・・He・・・was really proud of you.)」

亜門「・・・はい。私もです。真戸呉緒は私の誇りです。
    (Right. As was I. Mado Kureo was my pride.)」




 30歳 女性 クロアチア ①
真戸と亜門の過去から入ったけど、当初の亜門は素人同然で繊細だったのね。
一方、ヒナミもよく堪えてたけど、これはトーカがルームメイトで寂しさを感じずに
済むのが大きいみたい。


不明
ヒナミの変装姿が狂おしいほど可愛かった。


不明
わあ!ひなみだ!HNNNNNNNGGGGGG!

ヒナ「お兄ちゃん!(Big Brother!)」
カネ「ぁ・・・ヒナミちゃん?!(Uh, HーHinami?)」
ヒナ「ヒナミだよ。(That's me!)」



不明
星形の痣があるってことは・・・あの鳥って、JOJOじゃないのか?


不明
その発想、思い浮かんだのが俺だけじゃなくてよかった!


不明
ジョースター家の誰かが、オウムに姿を変えられてしまったんだ!

ヘタ「ネコだよ~ヘタレ!(I'm a cat. Hetare!)」
ヒナ「行ってきま~す!(Off we go!)」
カネ「(あれからヒナミちゃんはトーカちゃんと一緒に暮らすこと
    になり、少しずつ以前の明るさを取り戻していった。)」




不明
一般的に、日本ではオウムが空から唐突に降ってくるものなのか?


不明
村上春樹の小説の中だけなら降ってくるよ。


不明
普通の男子高校生の所に、空から女の子が降ってくるくらいの確率だな。


不明
これが参考になるかも。(以下、JAPAN TIMESの記事「野良インコ」より抄訳。)
>親愛なるアリス、解決したい問題がある。私はよく、都心にある有栖川公園の
>コートでテニスをするんだが、そこには鮮やかな緑色の鳥が多く生息している。
>これらは野性のオウムにしか見えないが、妻にいっても東京に熱帯の鳥がいる
>はずないと、相手にしてくれない。この鳥の正体が何がつき止めてくれないか?

>親愛なるエドへ。貴方も奥さまも間違ってないわ。貴方が見たのはオウムでは
>なくインコなの。熱帯の鳥にとって東京は寒すぎるけど、一部のインコはこれを
>乗り切ることが出来る。彼らはインド南部やスリランカ原産種で、日本ではワカケ

>ホンセイインコと呼ばれてる。赤道付近にいる彼らが、何故、日本にいるのかも
>日本鳥類保護連盟の本社に尋ねておいたわ。そこで聞いた所によるとその鳥
>逃げ出したペットの末裔なんですって。1960年代のペットブームで初めてペット

>を飼った人々が大勢居たんだけど、そのとき飼い慣らされてないインコが逃げたり
>運んでる途中でいなくなったり、飼い主が声の煩わしさから逃がしてしまったそうよ。
>1980年代には東京、大阪、名古屋以外にも新潟から九州まで、野性のインコの
>大群が確認されるようになってる。ただ、これはロンドン、アムステルダムなど
>ペットとしてインコが持ち込まれた他の国でも、同様の問題が起こっているのよ。



男性
ヒナミが鳥が生きてたことに泣き出したとき、俺までウルウル来てしまった。


不明
あの鳥ってオカメインコだと思うんだけど、彼らってほとんど喋らなくない?
一単語でもどうかって感じで・・・うちで飼ってたとき教えることができたのは
歌うことだけだった。(パットとマット、キル・ビルの口笛、スターウォーズとか
そんな感じ。:D) 結局、話すことはなかった。


不明
あれは、もう紛れもなくオカメインコだろうね。俺も飼ってるけど
歌、口笛、話してるのを真似するオカメインコって稀少なんだよ。

トー 「ヘタレは?(Where's Hetare?)」
カネ「店長が奥に。(The manager took him inside.)」
トー 「はぁ・・・あの鳥、絶対うちでは買ってやんないんだから。」
カネ「(トーカちゃんも時々ぼーっとしてることはあるけど・・・)」
トー 「なに見てんだよ、殺すぞ。(What are you looking at?I'll kill you!)」
カネ「あ、ごめん・・・(全てが元通りになったようなそんな気にさえなる。)」



不明
たしかに言われてる通りだ。俺も飼ってたけど、全然話さなかったよ。


不明
インコちゃんはレベルアップした。しかし、名前を言うことは出来なかった。


 女性 
ヨモが黙って手を握ったとき痺れたわ・・・私もヒナミを抱きしめてあげたい。

カネ「(皆、あの悲劇を受け入れながら、悲しいけどそれでも生きていかなく
    ちゃいけないから・・・必死に元の生活を取り戻そうとしていた・・・)
    《While everyone accepts the tragedy though
     we may be sad we still have to go on living.
     So we tried desperately to get our previous lives back.》」




 不明 ポーランド
そんな・・・ここでも誰も魔猿のことを語ってないなんて・・・悲しすぎる。
彼ほどの男、伝説として語り継がれる魔猿を無視するのはやめよう。


 女性 トルコ
彼が戦ってる所を見てみたいわね。

古間「そろそろ僕も怒るよ?君たちもこの魔猿の伝説は知っているだろう?
    (You guys do know the legend of the Devil Ape, don't you?)」

ニシ「クソトーカ!(Damn Touka!)」
トー 「クソニシキ!(Damn Nishiki!)」
ニシ「でた、でました、馬鹿の1つ覚え。お前そんなんで本当に受験するつもりか?
    (There it is!That's all an idiot like you knows!
    Do you really think you can pass an entrance exam like that?!)」




 19歳 男性 ポルトガル
真戸のお墓に来てたのが彼の奥さんかな?


 不明 ベトナム
今期ベストデュオの真戸と亜門がどう出会い、仕事をしたのか知れて嬉しい。
真戸の娘?も含め大勢出てきたし、物語の進み方にも興味をかき立てられる。
戦争だ!戦争がくるぞ!あと、ちょっとした会話劇にも、ニヤリとさせられるね。




 不明 カナダ
真戸の墓参りにいった時、亜門がすれ違ったのは真戸が追いかけてたグール?


24歳 男性
カネキがまたイトリと一緒に過ごしてる姿がイイね。
これで、彼のやる気がちょっと上乗せされるはずだ。

イト「レンちゃんのあの頑丈そうな身体を貫いちゃったんだ。カネキチ強いんだね!」
カネ「イトリさん!(Miss Itori!)」
イト「冗句、冗句!あんた、レンちゃんの次ぐらいに冗談が通じないよ?
    (Kaneki, only Ren is worse than you at recognizing my jokes!)」

カネ「あぁ・・・すいません。(Oh, sorry.)」



不明
カネキがバーで話をしてるとき、グラス越しに映る彼の顔に
ちょっとだけ、リゼの顔が重なってるシーンが印象的だった。


不明
ここかな?



不明
多分、彼が言ってるのはその前だ、カメラが
カネキにズームしながらパンするとワイングラス越しに
リゼがちらついて見える。12分5秒~12分12秒あたり。


不明
なるほど、悪い。こっちだったか。



20歳 男性
あぁ、俺もそこは気づいた。認識が正しいか確かめるのに
一旦巻き戻す必要があった。細かいところだけどイイよね。


 男性 カリフォルニア州
目で直接見るより多くのことをグラスは映してしまうんだな。


 男性 ベルギー
カネキの顔にリゼの顔が重なってるシーンがたまらなく好きだった。


 不明 ベトナム
ところで「区」って作中でどういう扱いかわかる人いる?現状、11区と20区が
出てきたけど、特に数字には意味がなくて、単純に地区って理解で良いのか?

イト「リゼは20区に来る前は、11区にいた。この情報は確かよ。(Before she
    came to the 20th Ward, Rize was in the 11th. I'm certain about that.)」

カネ「11区・・・(The 11th Ward・・・)」



 女性 トルコ
回想から何から傑出した話だった!イェイ!ただ、カネキ、スられても
おかしくない所にそんな大切な物を沢山入れとくべきじゃないわ。XD


 不明 
カネキの財布を盗んだ子の声優さんが完璧すぎて、変な声が漏れた。


不明
中の人は誰だったんだ?


不明
釘宮理恵さんだったね。

カネ「な、あぁ、すいません。(Oh, excuse me!)」
ジュ「あぁ・・・こちらこそ、すいません。しばし、我を失ってました~・・・
    それじゃあ、さいなら~・・・そそくさ~・・・(Ah, no, excuse me.
    I lost myself there for a bit. Well, g'bye!Must be going!)」

カネ「(この人、なにか美味しそうな匂いがする・・・)
  《Something about that person・・・smells delicious・・・》」




不明
ちょっと待って・・・冗談だろ?


不明
いや、間違いなく彼女だったよ。


 男性 サウジアラビア ①
ところで、自分だけかも知れないけど鈴屋の声がクギリエっぽく感じなかった?


不明
馴染みすぎてたせいか知らないけど、言われるまで中の人がわからなかった。

ジュ「保険証、図書館のカード、そしてこれは!学生証!金木研君、19歳。僕と
    同い年ですね、肝心の内容物は!残念至極です。(That's a real shame.)」

ヒデ「スリ?(Pickpocketed?)」
カネ「うん。(Mmhmm.)」



不明
こんな青い水玉のサスペンダーつけて歩いてたら目立ってしょうがないよな。


 不明 イギリス
ヒデはカネキがグールであることに気づいてるどころか
現時点でCCGと関わりそうな気配が漂ってるような・・・


 不明 
仮にヒデがCCGに関わろうと、すべてはカネキのためを思ってだろうけどね。


 不明 ロシア ①
ヒデがカネキとグールのことで対峙するのはいつのことになるかな。(まあでも
カネキがもし打ち明けたら、ヒデのことを始末するってトーカにも言われてたし
すぐそうなる可能性は低そうだけど。)

ヒデ「バランス崩れちゃったのかなぁ?(I wonder if the balance has shifted.)」
カネ「え?(Huh?)」
ヒデ「ん?あぁ俺は20区にはグールの組織みたいな物があると思ってたんだけど」
カネ「な、なんでそう思うの?(WーWhy do you think that?)」
ヒデ「他の事件に比べて捕食事件が圧倒的に少ないしな。(Compared to the
    other wards, there are remarkably fewer predatory cases here.)」




不明
ヒデとのやり取りは心臓に悪すぎて何度か止まりかけたよ・・・


 不明 リトアニア
おいおいこれ、ヒデ・・・絶対、知ってるだろ!気づいてるだろ!


不明
実はヒデが隻眼のグールっていうどんでん返しがあってほしい。


 不明 カナダ
20区全体が狂気に満ちようとしてるけど、ヒデは部外者でいられるんだろうか。

ヒデ「大食いとか美食家も捕食が活発になった時期に行不明になってる。て事
    は、グールのやつらがCCGに睨まれそうな連中を粛正したとも考えられる
    し・・・(Which means it's conceivable that this ghoul organization
    cleaned house against the groups that would be on CCG's blacklist.)」




不明
ヒデの立ち位置ってちょっと怖くなるね。
いまは確かに良い友達だけど、彼が正義感に目覚め始めた時に
それが良い方向に転ぶのか、悪い方向に転ぶのか全く読めない。


不明
とりあえずヒデは、コードギアスのスザクみたいな「物語の都合上
邪魔だけしていく幼馴染みキャラ」に収まらなかったら何でもいい。


不明
ヒデはもともと、両サイドを反映してる主人公の友達なだけあって
グール側についたらすぐ死にそうだし
人間側についても小悪党化しそうで、いまが1番安定して見える。



不明
話しすらロクに交わしてないけど
あのシャイな捜査官君はすでに死亡フラグをぶちまけてるね。


不明
誰のこと言ってるんだ?亜門と興奮気味に話してた方のこと?


不明
そう。彼は眼鏡君の生まれ変わり、眼鏡君2.0だと思う。
原作は知らないが眼鏡君と同様、「彼女がフラグをおられたら」みたいな
感じで、既にドス黒い死亡フラグが、頭の上におっ立ってるのが見えてる。

篠原「お前は特別対策班(a special task force)所属になる。」
亜門「特別対策班、ですか?(Special task force, you say?)」
篠原「ん。丸に呼ばれてね。11区、俺と一緒だ。
    (Mmhmm. Marude told me. The 11th Ward, together with me.)」

亜門「11区・・・(The 11th Ward・・・)」



男性
正直、自分はあまり警察パートが好きになれない。時間の浪費に思える。


不明
ずっと無視され続けてる偉大な魔猿がツボだった。


不明
魔猿か・・・興味深いキャラだ。

ニシ「あいつ、鳥苦手なんじゃねえの?
    (I thought she couldn't handle being around birds.)」

カネ「の、はずなんですけど・・・僕、ちょっと見てきますね。
    (That's supposedly true. I'll go have a quick look.)」

トー 「(あいつにも家族がいた・・・)《He had a family, too.》」



不明
魔猿にも家族がいた・・・


 15歳 男性 ペンシルベニア州
なるほど、真戸に家族がいたからトーカは悔いてたんだね。しかし、今度は
彼女の家族が20区に仲間を引き連れ災いをもたらそうとしてるように見える。


21歳 男性
ロリトーカの可愛さと、アヤトの怖がり屋(scaredy cat)な部分に悶えた。
そのあと一転して、現在のアヤトのクールな面が見られたのも良かった。

父親「トーカのお転婆はお母さんにそっくりだな。
    (Touka, you're as much a tomboy as your mother.)」

アヤ「僕は?僕は?(What about me?What about me?)」
父親「お父さんも虫は苦手、絢都はお父さんにそっくりだ。
    (I can't stand worms, either. Ayato, you're just like your dad.)」




21歳 男性
トーカと家族の在りし日の姿にジーンときた。ちっちゃいトーカも可愛かった。


不明
トーカの髪留めがウサギなのもポイント高いよね~


20歳 女性
ふむ、トーカの両親には何があったのかしら?

父親「二人とも大きくなったな。
    トーカはお姉ちゃんだから絢都にいろいろ教えてあげるんだよ?」

トー 「うん。(Mmhmm.)」
父親「絢都は男の子だから、お姉ちゃんを守ってあげるんだよ?」
アヤ「うん。(Mmhmm.)」



 22歳 男性 カリフォルニア州
ここでトーカの過去を垣間見ることができたけど
当時は、家族に囲まれて幸せに暮らしてたんだな。


 30歳 女性 クロアチア ②
トーカの子供時代の回想が甘美だったわ。あの弟君が来週来てくれるみたいね。

トー 「あんたの家族はどんな人たちだったの?」
カネ「あ、え、その、父親は物心つくまえに死んじゃってるから。母さんも
    小学生の時に・・・(Oh, well・・・My dad died before I can even
    remember. My mom, too・・・when I was in grade school.)」

トー 「そう。(Oh.)」



不明
プラトニックなヒナミとカネキの絡みが深刻に不足している。;_;


不明
今回はどちらかというと
トーカちゃんの女の子らしい面を掘り下げる話だったと思う。


 女性 スペイン
トーカもカネキにかなり心を開くようになったね。
前だったら、こんな反応あり得なかったと思うわ。


 18歳 男性 ポーランド
カネキが平然と美味しそうな匂いがすると言ってたのがちょっと気味悪かった。
にしても、赤面してるトーカ・・・だと・・・

トー 「なんだよ?(What?)」
カネ「あ、いや。(Oh, nothing.)」
トー 「らしくないとでも思ってるんだろ?
    (You're thinking that's not like me, aren't you?)」

カネ「ううん。単純に凄く上手だなって思って。」
トー 「・・・そうかよ。(lーls that right?)」



男性
カネキの友達って、グールサイドにどこまで関わるつもりなのかな?


 男性 オランダ
ヒデはカネキにグールだと告白する機会を与えてるように見えたな。
無論、彼はその絶好機を逃してしまったし、本当のことを言ってくれなくて
しょぼくれてたようだった。少なくとも自分はあのシーンをそう解釈してる。


男性
自分も同じ事を感じてるよ。ヒデは確実に知ってるよね。どこまで知ってるのか
わからなかったけど、ジェイソンと月山がリゼについて話してるときの彼の驚き
ようからすると、いま起こってることも殆ど把握してるように見える。

ヘタ「ヘタレ!バカカス!クソッタレ!クソッタレ!
    (Hetare!Stupid scum!Son of a b!tch!Son of a b!tch!)」

トー 「てめえ、口悪すぎだろ!馬鹿インコ!カラッと油であげんぞ?コラァ!
    (Why, you!You've got a filthy mouth,
    you stupid cockatiel!I'll deepfry you in oil, you・・・!)」




 男性 カタール
カネキの友達の振る舞いが、ちょっとずつ怪しくなってるような?
特にコーヒーを飲んで苦いと言ってたのは・・・彼もグールじゃ・・・


 不明 
ヒデがコーヒ飲んで苦いって言ってたぞ!彼はグールじゃないのか?!:D


 不明 
いや、普通にコーヒーは苦いモノだし、グールにとってコーヒーは唯一美味しく
感じる人間の飲み物なんだから、むしろ美味しくいただけてない時点で人間で
あることの証明だろう。

ヒデ「苦えな・・・(Bitter・・・)」
??「会ったことはあるのよねぇ?(You've met her before, haven't you?)」
ヤモ「リゼか、あんまり良い思い出じゃないけどねぇ。今度は逃がさないよ。」



 不明 
グールたちは皆、リゼを見つけたがってるけど、彼女は何をしたんだろう?
もし、見つけたら彼女を殺すつもりなのかな?


 男性 サウジアラビア ②
次に繋がりそうな場面ばかりで、前準備回なのにビックリするぐらい面白い。
みんながリゼに会いたがってるせいで話が動いてるって状況も笑える。XD


 不明 
事細かにそれぞれの背景を描くようなことはしてないけど、こういうキャラの
登場のさせ方で正解だったと思う。(それぞれやるとダレる可能性も高いしな。)
あと、今後は本筋がどう展開するかを追っていけばいいから気が楽になってる。

部下「しっかし、本当にいるんですかね?バンジョーさん。
    (Are you sure this guy's really here, Mr. Banjo?)」

バン「あんていくっていう物好きなグールのやっている喫茶店がある。行くぞ。
    リゼさんはそこに向かったはずだ。(Miss Rize had to have gone there.)」




不明
バンジョーってなんか男前なキャラになりそうな気がするのは俺だけかな。


不明
バンジョーは愛だ!バンジョーは人生だ!


不明
EDでは馬鹿っぽく見えるが・・・


不明
トーカの弟がリゼを探しにやってきた事に興奮してるけど、残り3話で
どこまで出来るのかが心配だな。あんまり無茶しないことを願うばかり。

アヤ「くっそ、あのタコ。これじゃあ、ヤモリとカマ野郎に先越されちまうな。
    (Damn that clown.
    At this rate Yamori and that fairy are going to get the jump on him.)
    よ~し、俺達も20区に向かうぞ?目的はリゼの確保だ。」

部下「はい!(Right!)」



 不明 ナイジェリア
状況は切迫してるな・・・目が回るほど一気に色んな勢力が動き出してる。


 不明 ロシア ②
リゼが、カネキの中にいること、もしくは彼自身がリゼに近い存在である事を
連中が知ったらやっぱりカネキを捕まえようとするのかな。彼は人を傷つけ
たがらないけど、それでも抵抗はするだろうから、行く末が心配になるよね。


 20歳 男性 
姉弟関係は色々と複雑みたいだ。あと、なんとなくアヤトが姉よりも大人びて
見える。そんな中、ジェイソンから捜査官からグールから皆を巻き込む戦争が
起ころうとしてる。その中心にいるのはリゼというか、カネキ。可哀想なカネキ。

アヤ「基本的には平和ぼけした連中の集まりだ。そういや、身内にもいたっけな。
    平和ぼけした奴が・・・(They're basically a collection of peaceaddicted
    wimps. Come to think of it,
    I do still have one relative there. One of the peaceaddicted wimps.)」




不明
月山を一応、生きてると仮定した場合、あんていく、美食家、ジェイソン達
トーカの弟達、バンジョー達、で五グループに別れてるんだよね。最終的に
グール同士の抗争に発展しそうだな。


不明
カネキがどれかに見つかっちゃうところまでは、まあまず間違いないだろう。


不明
というか、あのスリには既にカネキの正体がバレてるみたいだし。

イト「なんだい?決闘かい?(Oh, what is this, a showdown?)」
女性「新参グールとウタさんがやり合うんだってさ、イトリちゃん。」
ウタ「最近、この辺荒らしてるのって、きみ?」
ヨモ「なんだよ、お前。変な眼鏡。(What's the deal with the goofy glasses?)」



男性
ウタってそんなに強かったのか・・・と思った反面
いま心に浮かんでるのは昔のイトリの姿の方だ。


不明
自分はイトリの隣にいた女の子が気になってしょうがない。


不明
皆!シートベルトを締めたかい?ここからは地獄の乗り心地になるようだ!


不明
しかし、シートベルトでは感情までは抑えられない!

ウタ「皆さ、彼が泣くとこ見たくない?
    (Hey guys, you want to watch me make him cry?)」

部下「ウタさんがやる気だ!(Mr. Uta means business!)」
部下「こりゃ四区荒れるぜ!」
ヨモ「あいつ、結構つよいな。(He's pretty strong, huh?)」



不明
エンディングの変化が凝ってて好きだな。


不明
真戸と女の子がエンディング絵に加わってるけど、なんか良い感じだよね。


不明
本編内では顔を描いてないのに、EDで示してるのは妙な面白みがあるね。


不明
良い笑顔だ。願わくばこの笑顔を本編で見せてくれることを願ってる。


    
BD 1 2 3 4       カンバッジ  漫画 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13