02186
Not So Holy Christmas Eve



以下、ANSMAL、Reddit、4chan、randomから引用。(CRで公式に海外配信中)


 23歳 男性 カナダ
一期のOPが流れ始めたときは、面食らっちゃった(threw me off)よ。

マー「様々な困難にも負けず、よくぞここまで・・・お疲れ様でございました。
    目の前の安寧を受け入れる権利がきっとお客様にはあるのでしょう。いま
    は心と体を休め、幸福に浸られるのも悪くないとのかもしれませんね。
    (For now, perhaps it wouldn't be
    such a bad thing to rest both soul and body, and wallow in bliss.)」




22歳 男性
自分の見てるモノが正しいのか確認するのに
一旦、フルスクリーンを解除する必要があった。


 30歳 男性 プエルトリコ
OPには本気で焦って見てるのがP4GAなのか確認する羽目になった。


22歳 男性
「Key Plus Words」をここで持ってくるか~!やってくれるじゃないか!


 17歳 男性 
ゴールデンでの出来事は殆どマリー関連だからそれを
忘れてしまった以上、一期のOPが流れるのも必然だな。


不明
マリーを皆が忘れてるのにOPにいたらちょっと変だし
その反対にEDからも悠や仲間達が消えてるんだよね。粋な演出だと思う。

鳴上「24日、予定あるか?(The 24th・・・do you have any plans?)」
千枝「24日?空いてると思うよ?(The 24th?I think I'm free!)」
鳴上「よかった、じゃ空けといてくれ。(Good. Then keep it open, okay?)」
千枝「オッケー!(Okay!)」
鳴上「よろしく。(Counting on you!)」



不明
マリーは故郷の星に戻ったために、皆の記憶から消えてしまったんだな。


不明
千枝!ぐはああああ!


19歳
もう!先週の予告に騙されたよ!悠が四人に声をかけるのはわかってた
けど、まさかクリスマス・パーティーって事実を言い忘れただけだったとは。

雪子「え?に、24日?いいけど・・・(Th-The 24th?It should be fine・・・)」
鳴上「じゃあ、空けといてくれ。(Then keep it open, okay?)」
雪子「あ、どうしよう・・・(What should I do?)」



 27歳 男性 イギリス
今回のベストパートをGIFにしようと試みたんだが
どうしても24分の長さのものしか出来なかったよ。


 24歳 男性 フィリピン
いやあ~クリスマスの予定についてああいう聞かれ方したら
女性陣がシンプルにデートだと受け取るのも無理ないよな。


不明
とりあえず、全員満更でもないという事実が分かっただけ良しとしよう。

りせ「うん、空いてる!もちろん、空いてるよ!
    (Yes, I'm free!Of course I'm free!)」

鳴上「そ、そうか。じゃ宜しく。(I-Is that right?Then I'm counting on you.)」
りせ「もう先輩!案外大胆!(Oh, Senpai!You can be unexpectedly bold!)」



21歳 男性
おいおい、これは流石に不注意すぎるぜ、悠。
あと今回は直斗がベストガールであることを遺憾なく発揮してくれる回だな。


不明
え?!あの探偵って結局、本当に女の子なのか?ずっと男だと思ってた。

直斗「空いてます、けど・・・(Well, I am free, but・・・)」
鳴上「よかった。じゃあ当日よろしく。」
直斗「先輩!あの・・・(Senpai!Um・・・)」
鳴上「どうした?(What's the matter?)」
直斗「なんでもありません。(Nothing.)」



hellenic_50 25歳 男性 ギリシャ
8話はゴールデンだった。というか、直斗が女の子だって初めて知った。O_O
初めから死人が出そうな筋書きだけど、流石に男性陣がみんな遅れてくると
は思わなかったね・・・悠は無情なビーストだよ。なんでもほしいモノをくれる
と言ってる女の子に鮭を買ってくるよういうだなんて!あの後も見たかった
からそこが残念だけど、悠はどう説明して、みんなどんな反応をしたのかな。


男性
ちょっと待って、もしかしてP4Aは見てないでこれ見てるのか?


hellenic_50 25歳 男性 ギリシャ
うん。ペルソナシリーズは1と3しかやってないから、ストーリーも把握
してなかった。ま、駆け足ながら足立の章で大体のことを掴めたけど。

鳴上「みんな大丈夫だって。(Everyone can make it.)」
完二「ほう、よかったっすね。エラい直前だからどうなることかと思ったけど。」
陽介「じゃ、メンツもそろったことだし、あとは当日に向けて準備するだけだな。」
鳴上「あぁ、楽しもう。みんなでクリスマス・パーティー。思い出にしよう。
    (Yeah. Let's enjoy it・・・A Christmas party for all of us!)」




女性
ええ、あの惨劇だけは繰り返しちゃ行けない・・・大谷さんを呼ぶなら別だけど。

完二「クリスマスの買物なら女子にも手伝わせましょうよ。
    (It's Christmas shopping - let's make the girls help out, too.)」

陽介「バカ、お前・・・物体Xの為の無駄な具材で悠んち埋まっちまうぞ。
    (Dumbass!Listen・・・If that happens, then Yu's house will
    be crammed with useless ingredients for manufacturing Object X!)」

鳴上「地獄絵図だ。(That would be a scene from hell・・・)」



不明
カンフー・サンタ・・・?


 18歳 男性 テキサス州
うわ、サンタ強い。

完二「じゃあ女子は食うだけか。それもちょっとうらやましいっすね。
    (So the girls are only gonna eat?Makes you kinda envious, huh?)」

陽介「今頃、明日楽しみだな~とか言って暢気に家でゴロゴロしてるだろうな。
    (Right about now,
    they're lazing around at home, going, "Can't wait till tomorrow!")」




usa_50 65歳 アメリカ
今までそんなクリスマス映画を見たことはないな・・・


20歳 男性
俺も見たことないけど見てみたくなった。XD


不明
千枝ちゃんの髪の毛をぐしゃぐしゃにかき乱したい。

千枝「あわわわわわ・・・あれってやっぱり、デ・・・デートのお誘いだった
    んだよね・・・なんで・・・あたしと鳴上君、友達じゃん・・・
    断る・・・あ、いや・・・でも・・・いったんOKしちゃったし・・・
    なぁ、もう、どうしていいか、ぜんぜん分かんな~い!(No, but I've
    already said yes・・・Oh, man!I have no idea what I should do!)」




不明
雪子と千枝の関係って
他の女同士の関係と比べて「男」ですぐ壊れそうに思えるのは何故だ?


不明
友情が恋愛で壊れるときって、元々の仲が良いほうがこじれるからさ。


不明
ゲーム内でも浮気に対する追求は雪子と千枝がかなり厳しかったしな。

千枝「へえ!肉と着物かぁ!バラエティー豊かだね・・・この雑誌・・・
    (Meat and kimonos, huh?Pretty diverse, huh, this magazine.)」

雪子「そうだね、うん。(Yes, it is!Yes.)」
千枝「うん。(Yeah・・・)」



不明
二人が厳しいと言うよりは、むしろ直斗やりせが甘いってだけだと思う。


不明
ゲームをやった上での私見だけど
雪子や千枝は、本気の修羅場になったら死ぬほど冷静になるタイプで
直斗やりせは、意外にもてんぱっちゃうタイプっていう違いもあると思う。


不明
ま、わからないでもないが・・・少なくとも雪子は命の危険を感じるよね。

雪子「第一、鳴上くんはお友達なのに・・・お付き合いするとか考えられない
    し・・・でも・・・もしそうなったら・・・鳴上君、旅館継いでくれる
    のかな・・・でも、まずは修行から?・・・お料理得意だし、板前さん
    とかなら。(He is a great cook・・・He could totally be an itamae!)」

鳴上「いっちょあがりましたよ!女将!(Here it is, Mistress!)」
雪子「案外似合うかも。(That might actually be up his alley.)」



不明
ああ・・・この中だと雪子のまず人生設計からはいる発想がズシリと来る。


不明
雪子には、伝統的な家業があるから仕方ないと思う。
それに彼女が怖いのはいつもの事。少なくとも今に始まったことじゃない。

りせ「でもなあ、先輩案外天然だし・・・ちゃんとリードしてくれるのかなぁ?
    イヴの日デートなのに、ぜんぜん進展なし~とか・・・寂しすぎ・・・
    はぁ・・・なんか、決め手が・・・ほしいなあ・・・プレゼント?・・・
    サプライズ?・・・ううん・・・胃袋をつかんじゃえ!(A present?
    A surprise?No, no・・・A man's heart is through his stomach!)」




不明
おいおい、直斗はどうしたいんだ?


不明
ちょっと、直斗おちついて・・・


不明
NAOCHANNNNNN!!

直斗「(いや、冷静になれ白金直斗、僕と先輩はそんな関係じゃないし・・・
    いきなり、イヴの日にデートなんてあり得ない・・・もっと別の目的が
    ・・・意図があるはずだ・・・それを見極める・・・大丈夫、僕は探偵
    だ。必ず見つけられるはず・・・真実は・・・)
    《Some other goal in mind・・・I've got to figure out what it is.》」




luxembourg_50 14歳 女性 ルクセンブルク
女の子みんな誤解してたけど特に直斗がいつも最悪のシナリオばかり
考えちゃうのが傑作だったわ。(ちょっと気の毒になるくらい。) あとは
マリーはすぐ戻ってくるとわかってても、すでにすこし名残惜しいわ。:O


 19歳 男性 イギリス
考えすぎて頭がおかしくなってる直斗に吹いた。(笑)


女性
ペルソナファンなら誰もが知ってることだろうけど、雪子が最初に直斗から
怪しまれたのは、彼女がゲームの真犯人になる予定だったからでしょうね。



18歳 男性
俺はいまだに雪子のことを疑ってるけどね。(笑)


不明
雪子の場合、あの包丁でマジで刺しそうだしな。


不明
Nice boat.


不明
包丁を見られたときの雪子は、凶器の見つかった殺人犯みたいだった。

直斗「それは・・・(Is that・・・)」
雪子「ぇ、違うの!(No, no, it's not!)」
直斗「え、でも!(But・・・)」
雪子「何でもない、何でもない・・・からね!それじゃあ・・・ね、また!
    (It's nothing!It's nothing, all right?See you later, then!Bye!)」




 男性 
一週間ほど前からゲームをやってるんだけど
ハーレムに進むべきか、雪子に絞るべきか、真剣な悩みどころだ。


20歳
メインヒロインの中からは誰かを選んだ方がのちのち心臓に悪くないと思う。
(マリー+あい+綾音/結実+メインヒロインから一人って組合わせなら競合
しないけど。)


 23歳 男性 イギリス
明日殺される!って思い込んでる直斗にニヤニヤしっぱなしだった。:)

直斗「(今日の僕は明らかにおかしい。そんなに先輩の誘いで心を揺さぶられ
    ているのか?・・・落ち着こう、食事でも取ってゆっくり休めば・・・
    元に戻るはずだ・・・(I'm going to calm down.
    If I have a meal and take it easy, I should go back to normal.)」




18歳 男性
「IQ2000のKY探偵(the 2000 I.Q. Killjoy Detective)」である
直斗にしては今回、あまりにも抜けている場面が多すぎたな。


20歳
彼女の独白は一貫して支離滅裂だったからね。XD


不明
直斗の場合、探偵としては間違いなく優秀だけど
真実にたどり着くのは、最初ってわけでもないしな。

(たーだいまー!とーちゃん!わかった!)
(なにがわかったんだ?)
(きいておどろくな!しんはんにんはアダチでした!)


不明
菜々子可愛い。


不明
それ懐かしいな。ゲームをやる前にはじめてネタバレ喰らった画像だ。


不明
いや、お前はなんでゲームをやる前に同人読んでんだよ。

りせ「お願い!確実に一撃で仕留められる奴を!
    (Please!Something that can take them out for sure in one blow!)」

直斗「え?!一撃で仕留める?!(Take them out in one blow?)」



 不明 
ゲームをやってるから特に思うんだろうけど直斗の場合、ワトスンみたいな
立ち位置の方が実力発揮できる気がする。助手としては有能だけど主体で
動いてるときどうなるか未知数じゃない?


 不明 
直斗って冷静に見えて、感情に流されて突っ走るから抑え役が必要だよね。


男性
直斗に勝利あれ!


男性
完二の中の人が映画でやられてる役だったから
直斗の誤解も致し方ない部分があるよね。(笑)
しかし、どうしても気になるな・・・邪悪なサンタ。

千枝「あれ?なんだったんだろ。(Huh?I wonder what she wanted.)」
映画「殺せ~いっそ殺してくれぇ・・・(Kill me・・・Come on, kill me!)」
直斗「今の声、巽くんに似ている気がした・・・まさかすでに・・・
    (That voice just now・・・It sounded like Tatsumi-kun to me・・・)」




28歳
直斗・・・君はちょっとハードボイルド探偵モノの話を見過ぎだと思う。
しかし、彼女だったらトレンチコートと中折れ帽はよく似合うだろうな。


 28歳 男性 イギリス
クリスマスや1月、2月で、彼女たちに1番似合う服はどんなモノかと
考えてたけど・・・直斗と千枝は特に今回の衣装が似合ってたと思う。


不明
千枝に支配してもらえないこの気持ちをどうしたら・・・

千枝「うっふふふ。」
完二「殺せ!いっそ殺してくれ!(Kill me!Just kill me, will you?)」


不明
ケイネス?!君なのか!?


不明
俺と同じ思考回路をしてるな。


不明
あぁ・・・この千枝を見てくれ。
雪子より千枝のほうが女帝にふさわしいなんて、考えたこともなかったよ!


不明
千枝がいつも陽介を蹴飛ばしてることを考えると
「女帝」な部分も、確かに内面にはあるだろうね。

直斗「どんな恐ろしいことが起ころうとしてるんだ。明日。」
千枝「明日。(Tomorrow・・・)」
雪子「明日。(Tomorrow・・・)」
りせ「明日。(Tomorrow・・・)」



不明
りせを抱きしめたい。願わくば枕をともにしたい。


男性
自分でも何故かわからないけど、雪子に薄ら寒さを感じるのは気のせい?


不明
狂気に達してる直斗よりも遥かに怖いよね。


不明
それぞれの女の子が、色んな観点から「デート」について思い悩んでるのが
愛くるしかった。千枝は混乱し、雪子は人生設計を考え、りせは悠を喜ばせ
たがり、直斗は妄想を膨らませて、なんとか現状を自分の納得できる形で

把握しようとしてた。誤解の連鎖も傑作で、笑いの絶えない本編だった。
それに、OPの変化(ゴールデンOPではなく、「Key plus Words」が流れた事)
や、モヤがかかり、古い映像のようで寂しいEDもイイアクセントになってたな。



不明
破壊力のあるアイキャッチだった。


 男性 サウスカロライナ州
あまりに「素敵で無敵(swag)」すぎると
人生に悪影響を及ぼすという、まあ滅多に見ることのない事例だった。
(訳注:swagは、他人と違う我が道を行く人の「独特な魅力」や「図抜けた
    感性」を意味するスラングで、悠の代名詞としてもよく使われます。)



 不明 カリフォルニア州
微塵も嫌味のないハーレムっぶりだった。(笑)


不明
悠の無敵さは覆しようのないモノで、シャドウ達まで魅了するからな。



不明
ドイツのポーランド侵攻くらい圧倒的だった。


26歳 男性
悠がまた、持ち前の魅力(swag)をオフにし忘れたのか。


不明
悠が普段の彼らしさを思い出した。今回はただそれだけの話だ。

(ある日、俺は魅力を抑えるのを忘れて眠りについた。
 そして、目が覚めたときにはメスどもに囲まれていた。)



不明
P4GAは最終的にそういう終わり方するだろうな。


不明
あぁ、俺が唯一受け入れられるエンディングだ。


20歳 女性
これを貼らずに居られないわ。

(くそっ!また、魅力を抑えるの忘れてた。) 


21歳 男性
いいセンスだ。


 28歳 男性 イギリス
初め悠のやってることに困惑したけど、最終的に涙出るくらいウケた。


不明
雪子が嫁度を高めてる一方で
りせは相変わらず、いやらしいことしか考えてない。だが、そこがいい。


不明
恋愛のアルカナの女の子こそ至高だって決まってるからね。

鳴上「しまった、買い忘れたか。買いに行く時間は、ないな・・・おっ・・・
    助っ人か?(Do I have time to go shopping?No, I don't. Helper?)」

りせ「来ちゃった。(I'm here.)」
鳴上「そ、そうか。(助っ人にりせなんて、どういうつもりだクマ・・・台所に
    立たれたら終わりだぞ・・・)(We can't let her go into the kitchen.)」




不明
それは、リサ・シルバーマンもありってこと?


不明
むしろ、そのリサが良いんだよ。


不明
では、リサの汚れっぷりを心ゆくまで堪能してくれ。


不明
同じ事は直斗にも言えるが、ぶっちゃけ、りせの場合は東京に戻った
悠に付いていけるんだからそんなに危機感を覚えなくてもいいと思う。

りせ「だから私、先輩の欲しいもの全部あげようと思うんだ。(So I・・・
    I've decided to give you everything that you want, Senpai.)」

鳴上「(そうか、買い物を・・・)」



25歳 男性
悠はフラグを立てるだけ立てまくってから
何でもないことのように全て踏み折っていったな・・・これは大変なことだぞ!


不明
我々は、りせにほしいモノを全部頼むことも
買い物に行かせることもできないのに何故、まだ生きてるんだろう。


男性
悠が女の子を次々使いっぱしりにする所は非常によく練られてて面白かった。
悲しいかな、最後までその調子ではいかなかったけど・・・まあ、悠が曖昧な
言い方をしたせいでこうなったから抓られたり蹴られるのは自業自得だな。XD

りせ「ねえ、先輩?先輩は私に、一番何してほしい?」
鳴上「まずは新巻鮭(an Aramaki salmon)を買って来てくれ!」
りせ「ふぇ?新巻鮭か、新巻鮭、新巻鮭・・・ジュネスにあるかな?」



不明
女の子達が喜んでるよりも、驚きのほうが勝ってたのが印象的だったが
もしかして、この悠ってマリーのコミュ以外そこまで気にしてないのかな。


男性
このノリのクリスマスイベントを、ゲームにDLCで加えてもらえないかな。

千枝「あのね、鳴上くん。私ね、鳴上君の気持ちを(Listen, Narukami-kun
    ・・・You see, I want to ask you how you feel about・・・)」

鳴上「ちょうどよかった!(Perfect timing!)」
千枝「なんで?(Why?)」
鳴上「すまない、助かる。(Sorry!I owe you one!)」
千枝「お、おう・・・(S-Sure・・・)」



不明
今回の千枝はやたら可愛かったな。


不明
しかし、頼まれごとだと素直に聞いてくれるあたり、みんな良い子だよね。

雪子「(昨日は全然眠れなかった・・・(I couldn't sleep a wink last night.)
    こんな気持ちのまま、夜まで待てないよ・・・
    ちゃんと鳴上君の本心を確かめなきゃ・・・」

千枝「おぉ!これ、自家製なんだ。巧みの業を感じますなぁ・・・
    (Hey, so these are homegrown!I can sense a master's touch here.)」




不明
大事には至らなかったけど、なんで悠は雪子に鍋を委ねたんだろうか。


不明
雪子がただ見てるだけで焦がすと思ったら、平然と寝始めたとき吹いた。

雪子「あ、あのね、鳴上くん。(Um・・・Narukami-kun・・・)」
鳴上「ありがとう、助かった、鍋を見ててくれないか!」
雪子「え?」
鳴上「見ててくれるだけでいいから・・・よろしく!
    (All you have to do is keep an eye on it!Thanks!)」

雪子「ぁ・・・」
鳴上「(クマ、助っ人何人頼んだんだ?)」



不明
ジェットコースターみたいな乗り心地の回だな。クリスマスであることを
女の子達の方が意識して慌ててるのが楽しかった。中でも直斗は良い
リアクションしてたよ。


 男性 オランダ
誇大妄想に取り憑かれる直斗にニヤっとした。:P


不明
直斗が防護マスクと警棒(a night stick)を携えて現れたとき激しく笑った。XD
彼女がこの話をゴールデンにしてくれた。


 男性 メキシコ
いや、これは流石にエビが可哀想だろ・・・

千枝「はっ?え?」
エビ「里中千枝・・・!(Chie Satonaka・・・)」
千枝「え、海老原さん?(M-Ms. Ebihara?)」



不明
ピリピリしてる直斗が、あの格好でうちにも突入してくれないだろうか。


不明
直斗が自分の空想を膨らませて勝手に盛り上がってるところが大好き。
今回だけで彼女の色んな側面を見せてくれて良かった。


不明
直斗が仲間の元に暴動鎮圧用の装備で現れたことに笑った。
悠が現れるまでじゃなくて、そのあとどうなったか見たかったけど。(笑)

直斗「(先輩が僕をクリスマスに、そうい、所謂、デートに誘うなんてあり得
    ない・・・そうだ、これは事件なんだ!・・・どんな危険が待ち構えて
    いようと・・・僕は真実を知らなければならない・・・)《No matter
    what kind of danger lies in wait, I've got to find out the truth.》」




不明
直斗がただただ愛らしい。XD


不明
ところで何故、直斗は心の声になると男みたいな声の低さになるんだ?


不明
それは彼女が性別を隠そうとしてることが心の声に反映されてるんじゃ
ないかな?ブルース・ウェインと同じく、心の中ではブルースじゃなくて
バットマンなんだ。まあここでいえば「男」になりきってるつもりなんだろう。

雪子「あ、千枝?なんで・・・あ、あ、あ!(Chie?Why are you・・・?)」
千枝「え、え、え・・・」
二人「あ、あ、あ!」
エビ「え、え、え?!」
りせ「お、お、おわぁ!」
エビ「う、う、うわぁ!」



18歳 男性
あれだけの修羅場をくぐり抜けた仲間達なのに
直斗は本当に襲いかかってくると思ったんだろうか。


usa_50 不明
あの絶望的なシーンでは、鮭とエビの絶妙な倒れ方が気に入ってる。


不明
「ひぐらしのなく頃に」化するように感じたのって自分だけじゃないよね?

直斗「な、なんだこの惨劇は・・・
    (Wh-What's this catastrophe?)」

鳴上「ん、なんでこんな物・・・あれ、直斗!(Huh?Naoto?)」



不明
これってエビちゃんが断トツで可哀想じゃない?
(康目当てとは言っても)善意で来てくれたのに服を汚された挙げ句
他の仲間と違ってなんのフォローもしてなさそう。


不明
彼女の服は悠が弁償しただろうし・・・放置するほど悠は薄情じゃない。
たぶん、それなりに埋め合わせになるイベントを組んであげたと思う。


不明
大輔と康ってあとから来たのかな?二人が来たならエビちゃんは
問題ないだろう。たぶん、この場を収めたのもあの二人だろうな。



不明
トマトと血液の差に気づかない辺り、直斗は優れた探偵とは言えないような・・・


不明
君がどう思うかは知らないが、俺の嫁は間違いなく日本一の探偵だよ。


40歳 男性
マリーのことは愛してやまないけど、今回は直斗が全部持って行ったな。特に
想像を勝手に膨らませた後で「ゾンビみたいな女の子達に襲われそうになる」
瞬間は神懸かってた。

直斗「せ、先輩!その包丁で・・・
    (S-Senpai!W-With that knife・・・)
    あ、ああ・・・うわああああああああ!」




 27歳 男性 インディアナ州
この調子で行ったら、バレンタインデーにはどうなっちゃうんだろう・・・


不明
悠の足を蹴ってるところが、女の子たちのベストパートだった。(笑)


男性
悠に予定を聞かれて、直斗が全力でとち狂ったのが今回のハイライト
だけど、誤解が解けた後で皆に痛めつけられてる悠はちょっと気の毒。
しかし、熱に浮かされた悠が夢の中でマリーを見る場面は良い感じだ。

堂島「すまんな、クリスマスパーティ、本当は昨日の予定だったんだろ・・・」
雪子「いえ、昨日は色々あって、どっちみち延期になったので・・・」
千枝「そうだね。色々あって・・・(Right, a lot of things happened・・・)」
りせ「色々ね。(A lot of things, you see!)」
直斗「色々と。(Yes, a lot of things.)」



女性
この話はちょっと痛ましいわ。彼女たちも複雑な気持ちを抱えてるのね。


 男性 ワシントン州
P4の女の子はポケモンみたいなもんだから
捕まえたら全員、満遍なく愛してあげないと。


 19歳 女性 イギリス
クマって本当に自分の毛をむしって、菜々子の為の人形をこさえたの?
それは・・・とっても嬉しいわね。

菜々「わあ!クマさんとそっくり。(It looks exactly like you, Teddie-san!)」
クマ「ちなみに毛はクマ毛です。クマ、本物にはこだわるクマなので・・・」
菜々「ありがとう。(Thank you!)」



14歳 男性
菜々子は運が良いよ・・・俺だってあのクマのぬいぐるみが欲しい。;C


不明
俺は菜々子が欲しい。


不明
ペルソナ4の好きなところでもあるんだけど、ペルソナ3と違ってどのヒロイン
とくっつくのが正規ルート(canon)っぽいのか決まってないのが良いね。XD

一同「あけましておめでとう。(Happy New Year!)」
鳴上「あけましておめでとうございます。」
千枝「雪だ~!(It's snowing!)」



20歳 女性
悠がハーレムを拒んだものの、マリーの夢に涙を流しながら手を伸ばしてる
ところを見ると、いまのところ、悠が最も気にかけてるのはマリーみたいね。


不明
マリーが別れに来たこと、そして大切な友達の事を忘れてしまってることに
悠は泣いてると思うけど、確かに現状で脈ありって言えるのはマリーくらい
なもんだよな。


20歳 女性
あぁ、でも悠のお気に入りリストでトップに君臨しうるのはマリーだけじゃなか
ったわ。菜々子がいるじゃない。シスコン番長(the Siscon Bancho)の称号に
見合った今後を期待してるわ。

菜々「出来た~!(Done!) クマさんだるま!かっこいい!」
鳴上「良い思い出になったな!(We made a nice memory, huh?)」
菜々「うん、また作ろうね、雪だるま!
    (Yes!Let's make another one sometime - a snowman.)」

鳴上「ああ。(Sure.)」



不明
鋼のシスコン番長(The sister complex kingpin of steel)、悠鳴上!


不明
ん・・・?なんで、P4AのOPなんだろう?


 17歳 男性 
マリーのEDに
「古くなったフィルムリール」のエフェクトがかかってたのと同じ理由だろう。

クマ「心配ご無用クマ。クマがお泊まりして、先生の看病するクマ!」
りせ「え~!ずる~い!(Hey!No fair!)」
完二「つか・・・大丈夫かよこいつで・・・」
直斗「それより、まずは布団に移してあげませんか?コタツはちょっと・・・」
クマ「え?!身体が冷えてる時はコタツじゃないの?
    (Isn't the kotatsu the place to be when you're chilly?)」




 23歳 男性 
マリーの記憶を皆が失ってる以上、このOPを選んだのは正しい判断だね。
それにあのEDも・・・


女性
OP/EDも象徴的だったわね。


25歳 男性
今回のエンディングを改めて見てみると
以前はマリーが仲間と会ってたシーンでも皆の姿が消えてしまってるんだよね。


不明
色あせた記憶に見えるように古い映画みたいな処理が加えられて
最後までマリーが仲間の居ないところでひとりだけ佇んでるんだな。


不明
マリーを抱きしめて、何もかも大丈夫だと伝えてあげたい。

マリ 「これが本当に最後、お別れを言いに来たの。君といられて楽しかった。」
鳴上「お別れ?(Goodbye?)」
マリ 「有り難う、忘れない・・・今までも、これからも・・・ずっと、ずっと」
鳴上「待ってくれ!な!・・・なんで・・・(Wait. Why?)」


      
BD 1 2 3       ペルソナ4 ザ・ゴールデン  漫画 1 2 3 4 5 6 7 8 9